新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

中国の二つの決壊

人気ブログランキングに参加してみました。
 中国経済wktk!な方は、↓このリンクをクリックを。
https://blog.with2.net/in.php?636493  

 アメリカがドル防衛の姿勢を明確に打ち出し、ドル防衛の為替介入さえ排除しないとポールソン米国財務長官が発言したせいで、円が安くなってうんざりです。一時は1107円台に突入しましたが、日本の輸出企業が1100円を基準相場に設定しているため、それほど円安にはならないとは思っています。(1105円を超える円安になると、輸出企業が円買いを入れる可能性が高いため)
 しかし韓銀ではあるまいし、まさか本当にFRBが為替防衛のドル買いを実施したりするのでしょうか? 今までも「強いドルが望ましい」レベルの発言は何度もありましたが、実際に手持ちの外貨でドルを買い戻す介入をFRBがしたというのは、わたしの記憶にはありません。そもそも、為替防衛の介入ができるほど、外貨を持っているのでしょうか、アメリカは。
 アメリカ経済もインフレで待ったなしな状況になってきましたが、韓国の方も凄い状況です。
 狂牛病国民対策会議が予定する「6・10民主化構想記念100万キャンドル大行進」が始まろうとしており、まるで盧武鉉大統領を誕生させた五年前の反米デモのような状況になっています。
 しかしもはやアメリカ牛肉問題など二の次で、単なる反政府運動になっていますな。韓国人はわずか半年前に「誰が」投票し、「誰を」大統領として選んだのか、明らかな北朝鮮の扇動に載せられる前に、一度落ち着いて考え直した方がいいと思います。

 世界では今日も様々な事件、騒動がおきていますが、本日のMVPは間違いなく中国です。
 唐家山の地震湖が決壊し、北川曲山鎮が水没。中共メディアは「排水が巧くいった」と報道を繰り返しており、それは確かにある意味間違っていないのですが、それにしても一時は土砂の流出量が1秒当たり10000㎥に近づいたのには、度肝を抜かれました。よくもまあ、全面決壊に至らなかったものです。
 しかし、四川の雨季はこれからが本番で、しかも地震湖には未だに2億鼎鯆兇┐訖紊残っているのです。何度も書きますが、この2億トンという水量は、日本の黒部ダムの最大容量を超えています。
 油断のならない日々が、続くことになるでしょう。
 そして、上海株式。


上海株10日・5日続落――1年3カ月ぶり安値、引き締め懸念で
http://markets.nikkei.co.jp/kaigai/summary.aspx?site=MARKET&genre=d4&id=AS3L1005J%2010062008
【NQN香港=桶本典子】端午節の祝日開け10日の中国株式市場で上海株式相場は大幅に5営業日続落。上海総合指数の終値は前回取引があった6日比257.337ポイント(7.72%)安の3072.333と、2007年3月22日以来、約1年3カ月ぶりの安値を付けた。7日の預金準備率引き上げ発表で中国経済に与える悪影響が懸念された。資源価格を中心にインフレ懸念が強まる中で追加的な金融引き締め策への警戒感も高まり、ほぼ全面安となった。銀行株や不動産株を中心に値幅制限の下限(ストップ安、前営業日比10%安)まで売られる銘柄が続出した。指数は次第に下げ幅を広げ、後場には3045まで下げる場面もあった。
 7日に中国人民銀行(中央銀行)が「6月中に預金準備率を計1%引き上げる」と発表したことについて、市場では「引き上げ幅が大きかったのが意外だった」(大唐金融集団上海事務所の洪海・上海首席代表)との声が聞かれた。銀行株は朝方から軒並み下落し、後場に中国建設銀行や中信銀行などの主力銘柄が新規上場時の公開価格を割り込むと、さらに売りが広がった。預金準備率の引き上げが資金調達に影響しやすいとみられている不動産株も大幅安。
 原油高や資源高を受けて空運株やインフラ関連株もストップ安を付ける銘柄が相次いだ。ベトナム株安や大型の新規株式公開(IPO)の接近による需給悪化懸念も強く意識された。
 12日に発表される予定の中国の5月消費者物価指数(CPI)を見極めたいとの声も多かった。「指数は足元では3000―3200程度で推移しそうだ。3000を下回る場面もあり得る」(洪氏)との見方が聞かれるなど、相場の先行き不透明感を指摘する声が出ていた。』

 上海総合株式指数は07年10月16日に終値で6030のピークをつけました。それからおよそ八ヶ月。本日の終値は3072ポイント。その下落率、実に49%!夢の半価割れも目前です。(グラフはYahoo!ファイナンスが更新されたら、掲載します。三ヶ月レンジが、未だに昨日の終値のままなので)
 以前にも書きましたが、日本の株式バブルのピークから半値を切るまで、およそ九ヶ月。もしも中国が今月中に株価ピークからの半値を切ると、めでたく日本を抜く速度での崩壊ということになります。
 上海株式が本日大きく下落したのは、インフレを恐れる中国当局が金融引き締め策(預金準備率の1%引き上げ)を採ったからです。四川大震災のような災害にあった国は、普通は金融引き締めを躊躇するものですが、さすがは中国共産党です。(四川省は金融引き締め策の例外地域にはなっているようですが)
 
 かつて無い「為替防衛の介入」を仄めかすことでドル安を食い止めようとするアメリカ。韓銀の露骨な為替防衛でウォン安を食い止めようとする韓国。そして震災直後にも関わらず、金融引き締めを行い株価下落を招いた中国。
 三国の政府当局に共通する思いは、インフレーションへの恐怖です。しかし為替防衛による通貨高や、金融引き締めは、今度は失業率の上昇や株式・不動産バブルの崩壊加速を招いてしまいます。これがスタグフレーションの恐ろしいところです。
 各国の必死の状況を見ていると、たとえメディアがどれほど危機説を煽ろうとも、日本経済の立場は贅沢なものだと思います(最大の恐怖である、インフレが無いから)。
 米中韓の当局は、日本を羨ましく見ているかもしれませんね。


 人気ブログランキングに参加してみました。
 中国経済wktk!な方は、↓このリンクをクリックを。
https://blog.with2.net/in.php?636493 

 新世紀のビッグブラザーへ ホームページは↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/index.htm
 新世紀のビッグブラザーへ blog一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/blog.html 

閉じる コメント(6)

顔アイコン

最近、「日経」で
「日本株を持たざるリスク」
という言葉を良く見るようになりました。

「日経」の日本経済への記事は憂鬱系が殆どなのですが、この言葉は正反対の意味ですよね?
比較的安定した株価、例え株価が下がっても実態は悪くないので持ち直すという信頼感から来た言葉だと思われます。
また、インフレに強い体制も評価されているようですね。ずっとデフレで、少々上がっても家計に影響薄いという見通しだとか。

話しは変りますが、後になって考えると、日本にとって当時は悪そうに見えて実は良かった事って無いですか?

国際的な資源・食料高騰で、農業の資材コストは上がっています。
しかし、国産回帰の流れの中で国産農産物の価格も高めで推移していますので、農家としてはまずまずの経営です。
食の安全への意識が高まらないまま農産資材の値段だけ上がったら、日本の農業は本当に終わる所でした。
なにやら、神の廃材を感じ無いではいられません。 削除

2008/6/10(火) 午後 10:24 [ 兄姫 ] 返信する

顔アイコン

間違いだらけです……orz

>国際的な資源・食料高騰で、農業の資材コストは上がっています。

の前に、
「毒ギョーザ事件とその際のお粗末な中国政府の対応による日本人の国産回帰の動き」
と入れてください。

そして、最後の
>神の廃材
は、
神の配剤です……orz 削除

2008/6/10(火) 午後 10:31 [ 兄姫 ] 返信する

顔アイコン

兄姫さん、他にも間違いがあります。

>後になって考えると、日本にとって当時は・・・・
「当時」ではなくて「今」が正しいのではないでしょうか?

2008/6/11(水) 午前 8:58 [ kuw*ku*a196* ] 返信する

顔アイコン

米国がドル防衛宣言ですか。
米国国内のインフレ対策もあるでしょうが、
「強いドル」発言を見るに基軸通貨の地位が疑問視され続けるのは避けたいという部分もあるのかな?

しかし未来の予想とはなかなか難しいですね。
自分も「米国がドル安を容認しなくなる可能性」を検討するのを忘れていました。

米国がどう動けばドル高になるのか見当もつかないですが、何か方法があるのでしょうかね。
特定通貨に対してドル買い介入をしても他の通貨にどこまで影響が出るのでしょうか?
米国がユーロ売りドル買い介入をした場合、円ドル為替でもドル高に振れるの???

素人の私には見当もつかないです。 削除

2008/6/11(水) 午前 9:44 [ かむら ] 返信する

顔アイコン

上海総合は前場に一時3000を割ったみたいですね。
最高价:3064.20
最低价:2992.35

2008/6/11(水) 午後 0:06 [ brownig ] 返信する

顔アイコン

kuw*ku*a196*さま

御指摘の所は間違っていませんが、何か変でしょうか?

毒ギョーザ事件が起こった当時は、間違い無く日本とって悪い事で、早期の明快な解決を望んでいましたが、それは果たされず、食の安全はうやむやにされてしまいました。

しかし、後になって(今になって)考えると、そのような流れになった事で消費者の国産回帰の動きが活発化し、国内産の農差物の価格が堅調に推移し、農産資材高騰分を辛うじて吸収してくれています。
特に、畜産農家は止めを刺されずに済みました。
飼料高騰が半端ではないので、価格が下がったらジ・エンドでした。 削除

2008/6/11(水) 午後 7:28 [ 兄姫 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事