新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

人気ブログランキングに参加してみました。
 中国経済wktk!な方は、↓このリンクをクリックを。
https://blog.with2.net/in.php?636493 

米国市場は続落、ダウ平均は一時弱気相場示す水準に
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-32481620080628
[ニューヨーク 27日 ロイター] 米国株式市場は続落。原油価格が過去最高値を更新し、根強いクレジット問題とともに経済をさらに圧迫するとの不安が台頭した。ダウ平均株価は一時、最高値から20%強値下がりし、弱気相場とみられる水準に足を踏み入れた。
 ダウ工業株30種の終値は106.91ドル(0.93%)安の1万1346.51ドル。一時、1万1331.62ドルを割り込み、昨年10月9日の高値から20%強値下がりした。
 ナスダック総合指数は5.74ポイント(0.25%)安の2315.63。
 S&P総合500種指数は4.77ポイント(0.37%)安の1278.38。
 週間ではダウが4.2%安、S&Pは3%安といずれも6月6日週以来の大幅な値下がりとなった。ナスダックは3.8%安と2月10日週以来の下げ幅。
 原油価格が史上初の142ドル台乗せとなるなか、消費に関する懸念から関連株に売りが出た。プロクター&ギャンブル(PG.N: 株価, 企業情報, レポート)は約3%安。(後略)』

 原油価格がWTI指数で142ドル台に高騰する中、世界中で資源インフレーションが顕著になっています。資源高騰する中では、エネルギー効率が死命を制する可能性が高いため、ここで改めて日本のエネルギー効率について見てみましょう。

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_08.html#GDPoil2004

 6月21日のブログに載せたデータは2001年版でしたが、これは経済産業省に掲載されている2004年版になります。GDP単位当たり一次エネルギ供給量が世界最小水準である日本を1とした国際比較で、他国のエネルギー効率が一目で分かるようになっています。

 欧州とアメリカがほぼ日本の二倍、韓国が3.2倍、中国が8.7倍、インドが9.1倍、ロシアが18倍となっています。特にBRICS四国のうち、中国とインド、それにロシアの供給量が軒並み日本の八倍以上なのが目立ちます。
 エネルギー効率が世界最悪のロシアは、国の面積が広大(つまり国民や貨物の移動距離が長い)であるのに加え、エネルギー生産国というのが大きく影響していると思います。逆にエネルギー生産国であるからこそ、効率が上がらない面も大きいでしょう。
 それに比して中国とインドは厳しいですね。エネルギー効率が世界最悪水準であるのに加え、インフレーションが進行し、CPI上昇率が二桁、二桁寸前にまで上昇しているのです。今後もこれまでのように経済成長を追及するのであれば、規模の拡大ではなく、効率の追求に舵を取らざるを得ないでしょう。
 インドはともかく、
経済成長率に共産党の命運が掛かっている中国に、果たしてそれが可能かどうか、甚だしく疑問です。しかも中国の場合、中央が効率追求路線に転換したとしても、地方が従わない可能性が高いという問題も抱えています。

 さて、中国やインドの経済規模を語るときに、よくPPP(購買力平価)レートのGDPが引き合いに出され、両国の経済規模は日本を超えたなどと言われることがありました。(最近は減ってきましたが)
 上記でご紹介した経済産業省の資料に、このPPP(購買力平価)レートのGDPに関する留意点が記載されていました。


http://www.meti.go.jp/committee/materials/downloadfiles/g70419a07j.pdf
(ページ4)
 PPPレートGDPを為替レートGDPと比較すると、日本のGDPが約3割減、中国のGDPが約4.1倍となり、中国が日本の約2倍の経済規模であることとなる。
 PPPは日本が相対的に高い非貿易財の価格に引きずられ、我が国産業の競争力を過小評価するものとなるおそれがある。
 PPPは、主に物価水準で生活実感を比較するために作られた人工的な指数であり、作成の方法により様々なPPPが存在する(内閣府、OECD等)。


 経済産業省の記載の通り、PPPは人工的に作られた指数で、しかも困ったことに作成方法により出される数値が変わってしまいます。自国に都合のいいように、物価水準や計算手法を決めることができるのです。
 特にPPPレートGDPで日本と中国を比較するときは、以下について注意する必要があります。


1. 中国が購買力平価を計算するときの物価水準が、超適当。2007年まで中国のPPPレートGDPを計算する際に使用されていた物価水準は、何と1986年のもの!
 中国は20年以上も昔の物価水準でPPPレートのGDPを計算し、「中国は日本を抜いた!」とかやっていたわけです。もうね、莫迦か、阿呆かと。


「中国の経済規模、実際より4割過大評価=世界銀行」
http://www.chosunonline.com/article/20071219000044

2. ここ数年は日本は物価上昇率が高くても1%程度だったのに対し、中国はインフレ状態。つまり中国人の購買力が減少した結果、自動的にPPPレートのGDPも減少している。しかしこんな物価水準に左右されてGDPが増えたり減ったりする指数で、本当に国同士を比較する意味があるのでしょうか。

3. 中国は特に食料品に対し補助金を出し、価格上昇を抑え込んでいた。この場合、中国人の購買力が上がるわけだが、購買力が上がれば当然ながらPPPレートのGDPは増えてしまう。補助金で価格を抑えこむとGDPが増えるって、何なんでしょうね、これ。

4. これは何回も書きましたが、日本のPPPレートGDPが高くないのは、サービス業に従事する労働者の賃金水準が高いから。つまりサービス業で貧乏人をはした金でこき使っている中国は、PPPレートGDPが大きくなる。国民の所得が低ければ、GDPが増えるとは、これいかに。


 ここまで読んでも、まだ購買力平価レートGDPに信を置ける人は、ある意味凄いと思います。
 結局、為替レートという市場が決めた通貨水準がある以上、国同士の比較をするときは為替レートGDPで比較するしかないと思いますよ。よく言われるように、中印がPPP(しかも物価水準や計算手法が超適当)レートのGDPで日本を抜いた、とか喜んでも、所詮は発展途上国の自慰行為に過ぎないのです。


人気ブログランキングに参加してみました。
 中国経済wktk!な方は、↓このリンクをクリックを。
https://blog.with2.net/in.php?636493 

 新世紀のビッグブラザーへ ホームページは↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/index.htm
 新世紀のビッグブラザーへ blog一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/blog.html
 

閉じる コメント(6)

顔アイコン

最近このブログ発見しました。大変面白くためになります。応援しています。PPPベースの比較のいい加減さには呆れますね。ともかく本当のことがわかってよかったと思います。 削除

2008/6/29(日) 午後 9:38 [ EguEgu ] 返信する

顔アイコン

中国貴州省で数千人規模の暴動、少女の検視をめぐり住民の怒りが爆発
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2411794/3087647

国中でインチキばかりやっているせいか、
人民の不満が鬱積されているみたいですね。

2008/6/29(日) 午後 10:57 [ brownig ] 返信する

顔アイコン

>中印がPPP(しかも物価水準や計算手法が超適当)レートのGDPで日本を抜いた、とか喜んでも、所詮は発展途上国の自慰行為に過ぎないのです。

そもそもpppレートなんてマヤカシの数値をでっちあげ自体が発展途上国を欺くアメの陰謀じゃないの?

2008/6/30(月) 午前 0:02 [ - ] 返信する

顔アイコン

エネルギー効率の話ですが、上位に並んでいる国を見ると国土面積が比較的
小さい国が並んでいます。グラフにはありませんが、香港、シンガポール、
台湾なども効率良さそう。それに寒い国は不利っぽい。
日本でも北海道だけを取ってみれば、効率は悪いでしょうね。
アメリカはさすがです。広い国土でエネルギーを浪費している様に見えながら、
世界平均を下回っています。
それにしても、国土がさして広くない韓国の効率の悪さが際立って見えます。

2008/6/30(月) 午前 7:07 [ nic*lin**w ] 返信する

顔アイコン

アジア旅行では、その手の旅行に慣れているかどうかで、買い物の仕方が違ってくる。何しろロータリーの入り口と出口とでは、価格差が倍ある。安いと言って買っているのは初心者である。

中国産として売られている売値500円のうなぎの仕入れ値が、50円以下なのだから、とにかく想像を絶する世界なのだ。日本的感覚で安いと思ったら更に、半値を提示して、相手が拒否したら、要らないという、そういう世界なのである。

だから、恐らくそれが購買力による比較を求める理由なのだろう。しかし物によっては、日本で買うよりも高い。つまり三橋さんご指摘の通り、購買力による比較は、どのようにでも細工可能なのだ。それを使って日本経済が、もう終わっていると言いたいそれだけのことだ。

しかし現実は、何時まで経っても、日本経済は、終わることなく、隆々とそびえたままで、途上国は途上国のままなのである。

2008/6/30(月) 午後 1:58 [ 経営者 ] 返信する

顔アイコン

経産省のサイトに行って、
【人口一人当たりのGDP/一次エネルギー供給量(2004年】
のグラフを見るのも面白いですね。

アメリカは、1人当り日本人の倍近いエネルギーを使っているが、稼ぎも多い。

ロシアは広いが、1人当りのエネルギーはむしろ少ない方ですね。稼ぎは低いけど、上昇の余地が有るって感じかな。

韓国は…
設備や社会システムの効率が著しく悪いとか、贅沢してるとかではなく、
製品やサービスの付加価値が低い事が問題だと見えるのは私だけ? 削除

2008/6/30(月) 午後 5:41 [ α145Q4 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事