新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

 コメントで何人の方からご指摘頂いていますが、日本政府の債務について総負債・純負債(わたしの言う、粗債務・純債務)を取り違える財務省プロパガンダについて発言した政治家は、恐らく麻生幹事長が始めてだと思います。

<麻生自民幹事長>財政再建優先論に反論…大阪での講演
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080807-00000092-mai-pol
 自民党の麻生太郎幹事長は7日、大阪市で講演し、国・地方を合わせた財政赤字に関して「800兆円の借金があって大変だという話が出回っているが、あれは総負債だ。総負債と、(資産を含めた)純負債を取り違えるかのごとき話は、不必要に世の中の不安をあおっている」と述べた。麻生氏は財政再建より景気対策を優先させるべきだと主張してきており、政府・与党内にある財政再建が喫緊の課題との意見に強く反論した格好だ。
 麻生氏は「日本は『悪い、悪い』という話が多すぎる」と指摘。「日本人にはいくらでも良いところがあるが、戦後60年間あまり評価の対象にされなかった。もっと自信を持ってやっていくことだ」と強調した。』
借金強調「不安あおる」=麻生自民幹事長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080807-00000160-jij-pol
 自民党の麻生太郎幹事長は7日、大阪市内で講演し、国の財政に関し「『800兆円借金があって大変だ』というのが今一番出回っている話の一つだが、日本は資産もあり、収支は黒字だ。こういう話は不必要に世の中の不安をあおっている」と述べた。』

 麻生氏は確かに物事の本質を見抜く目を持っており、わたしが最も評価している政治家ですが、時々「この人は経済が苦手なのではないか」と思う時があります。麻生氏は自著の「とてつもない日本」において、所得収支と経常収支を混同していらっしゃいましたが(まあ、確かに国際収支はややこしいんですが)、今回の発言「日本は資産もあり、収支は黒字だ」も、日本政府の資産の話と、日本国の経常収支を混ぜてしまっているような気がします。経常収支は、主に日本の民間企業などの海外との経常的経済活動の収支ですから、日本政府の資産の話と並列に置いてはいけないと考えるのです。
 
 もちろん麻生氏の知識の緻密性はともかく、全体的な問題の捉え方は決して間違っていません。
 日本政府の資産規模や負債規模はどのような状況なのか、内閣府の国民経済計算の統計から引っ張ってきましたのでご覧下さい。ソースは内閣府の公式統計です。(リンク先参照)
 面倒なので、中央政府・地方政府は合算しました。そのため、政府の負債総額が例の800兆円より多くなっています。(地方政府分を追加してあるため
 データは残念ながら平成十八年までしか掲載されていないのですが、資産と負債の差額の大きさは、恐らく同年がピークです。(平成十九年以降の政府の金融負債増加のペースが落ちたため)

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_10.html#Shisanhusai01

 この数値から地方政府分の資産と負債を差し引くと、例の「政府の金融資産500兆円超」「政府の金融負債800兆円超」の数値になります。(時間のある人は、内閣府のソースで確認してみてください。)
 最新のデータですが、国の借金・金融資産(地方政府分を抜いてある)については、日本経済復活の会の「借金時計改良版」ですぐに確認できます(推定値ですが)。

http://www.tek.co.jp/p/debt_time.html

 これによると、日本政府の最新の負債額は841兆円、金融資産が548兆円、純債務額が293兆円というところですね。ちなみに、「何だやっぱり債務超過なんじゃないか!」などと言う無かれ。世界の主要国の中で、政府の金融資産が負債を上回っている国など、わたしの知る限りただの一国もありません。
 ちなみに、政府の金融資産の額がGDPに匹敵するほど莫大な国も、日本ただ一国を除いて他にはありません。
 先の内閣府のデータによると、平成18年の国の純債務(地方政府分を資産、負債から控除)は約302兆円。それほど劇的に減少しているわけでは無いですが、純債務は間違いなく減り続けています。理由は上にも書いたとおり、平成19年から政府の負債の増加ペースが落ちたためです。
 これまでに何度も述べてきたように、わたしは以下の全てが満たされている以上、日本政府の債務問題は解決に向かっていると考えています。(安心です、などという気は、さらさらありませんが)

純債務額が減少を続けている
粗債務がGDPに占める割合が減少を続けている

 細かい分析は、以下のエントリーを参考にしてください。

日本の財政は結局どうなのか?(上)
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/11054539.html
日本の財政は結局どうなのか?(下) 前編
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/11114354.html
日本の財政は結局どうなのか?(下) 後編
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/11114651.html

 少なくとも一つだけ確実なのは、上記のようなデータを無視して、殊更に「日本政府の債務総額は800兆円は超えている!日本オワタ!」と煽り立てるメディアや評論家、それに消費税増税を目論む財務省は「卑怯者」であるということです。
 財務分析においては、貸借対照表の資産の部、負債の部を平等に扱い、分析するのが常識(と言うか、あまりに基本すぎて、留意点にすらならない)ですが、なぜ日本政府の財政問題の場合は、負債の部にしか目がいかないのでしょうか? まさか日本の財政問題を語るほど経済に秀でたメディアや評論家の皆さんが、財務分析の基本すら知らない無知で無能な人々なんて、そんなはずないですよね(笑

 いずれにしても、麻生氏のような政治家が出てきたことは、心強いことです。何しろわたしは07年6月発売の「本当はヤバイ!韓国経済」から上記の論を展開していましたが、今年の三月に発売された高橋洋一氏の「さらば、財務省」を読むまでは、同論を展開する書物を読んだことがありませんでした。ましてや政治家がこの手の発言をしてくれる時代になったとは・・・。

 人気ブログランキングに参加してみました。
 日本が大好き!な方は、↓このリンクをクリックを。
https://blog.with2.net/in.php?636493 

 新世紀のビッグブラザーへ ホームページは↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/index.htm
 新世紀のビッグブラザーへ blog一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/blog.html 

閉じる コメント(26)

顔アイコン

上記「たける」さんに同感 「あ、そう。」さんきちんとソース示した発言してね(笑)
麻生氏の問題はむしろ『失言リスク』だと思います(笑)
でも麻生氏は今の政治家のなかで私はかなり高く評価してます。 削除

2008/8/10(日) 午前 1:29 [ Y.T ] 返信する

顔アイコン

>財務分析においては、貸借対照表の資産の部、負債の部を平等に扱い、分析するのが常識

メディアや、メディアに出る識者の方々は、この【負債】を純粋な【借金】としてとらえているように見受けます。
企業活動においては、負債は投資の為の資金調達法であり絶対悪ではありませんが、上記の方々は、これを家計における借金の感覚で捉えているのかなあ、と。

2008/8/10(日) 午前 1:38 [ 如月 ] 返信する

顔アイコン

麻生氏は昔WBSのインタビューで「ヨーロッパ並に消費税あげろ」と言っていたと思います。経済認識については官僚(スタッフ)がサポートし政治家(ライン)は戦略の確立と意志決定と責任をとることのみに集中すべきだと思います。つまり優秀なスタッフの確保をすべきかと。(この辺は集合知等と絡んできます) 削除

2008/8/10(日) 午前 2:08 [ 名無し係長 ] 返信する

顔アイコン

麻生さんは、単なるネラーだと思いますよ。ご自身ではネットをなされなくても、側近にネット専門家が絶対います。という意味で、純負債発言は、まさに三橋さんのブログがソースだと思います。ただ、こういう変節は評価していいと思います。従来のように、マスコミのフィルターをかけた世論だけだと、政治家は流れを読み誤りますが、ネットで批判にさらされて生き残った主張は、本質を突いています。だから、中身を理解していないくても、取り上げることは評価できます。 削除

2008/8/10(日) 午前 3:10 [ タカダ ] 返信する

顔アイコン

関西では今週のサンプロが高校野球のために見られないのです……痛いです。

それより借金時計改良版ですけど、秒あたりの増減幅がかなり変わっている事に驚きました。
2ヶ月ほど前に見た時は、国の借金は約20万増、国の金融資産は約200万増、個人の金融資産はちょっと忘れたけど、それでも数十万の増加はしていたと思う。
でも先ほど久しぶりに見に行ったら、国の借金は約20万増で変わらずだけど、国の金融資産は約2万増程度と大幅に減少してるし、個人の金融資産はいたっては、180万以上と猛烈な勢いで減少してる……。
なぜ?いつからこんな事に?? 削除

2008/8/10(日) 午前 5:55 [ ka2 ] 返信する

顔アイコン

それは円ドルレートの関係だと思います。
金融資産は海外資産が多いからかと。
逆に借金は国内での円建てだからそんなに変わらないと。 削除

2008/8/10(日) 午前 7:13 [ とみ ] 返信する

顔アイコン

他国と比べるとどうなのでしょうか?

日本は、主要先進国で一番ひどいとか、イタリアやより
財政が悪いとかよく聞きますが、これも
間違い?

2008/8/10(日) 午前 7:46 [ iwa*a*ippp ] 返信する

顔アイコン

>日本は資産もあり、収支は黒字だ
確かにそうなんですが、資産の評価は難しいですからね。
今では、売れない資産が多くて借金が多い企業は結局駄目、
という観点から、キャッシュフローが重視されています。
日本国のキャッシュフローはどうなんでしょ。

2008/8/10(日) 午前 7:57 [ nic*lin**w ] 返信する

顔アイコン

イタリアに関して一言書きます。確かユーロ流通にあたり条件があって1)単年度の財政赤字はGDPの3%以下 2)累積赤字はGDPの60%以下 という基準があり、守られているかはともかく赤字削減の圧力が働いているのは事実です。 削除

2008/8/10(日) 午前 8:39 [ 名無し係長 ] 返信する

顔アイコン

そもそも物の価値なんて流動的なもので、円という存在に対して
ドル債権、土地の価格等は変動していきます。資産も負債も
一つの基準にしか過ぎず、「目安」程度のものと考えています。
本当に資産と負債だけで判断されるというなら、ドルはとっくの
昔に崩壊していると思います。問題は、借金があるから円は信用できない
というのではなく、「借りた金を返すという信用」なんだと思います。
破綻といいますが、どんな生活をしようとも借りた金は必ず働いて
返す日本という国がある限り、日本円は死にません。
ドルが最近信用されないのは、アメリカという国が他国に対し詐欺まがいの
金融商品をばら撒き、本気で借金を返す国なのか疑われているからだと
思っています。 削除

2008/8/10(日) 午前 8:42 [ uhaokw ] 返信する

顔アイコン

(うわ!凄いコメント数・・・)
名無し係長さん、
徴税の公平性を高めるという点で、消費税を上げる(同時に所得税を下げるか、全廃する)という論には一理あると思っています。(昔の小沢氏も、同じ主張を展開していた)

但し、バランスシートについての説明責任を果たさず、ただ「借金が莫大、だから増税」という財務省や与謝野氏の主張には、絶対に同意することはできません。麻生氏の財政再建優先論への反対も、この辺がポイントなのだと思います。

2008/8/10(日) 午前 9:04 [ tak**kimit*uh*shi ] 返信する

顔アイコン

麻生さんはどっちかと言えば増税派よりですけど、与謝野さんよりも話がわかる人ですね。きわめて現実主義的です。 削除

2008/8/10(日) 午前 9:31 [ あかさたな ] 返信する

顔アイコン

レスありがとうございます。これから所得税を払わない層の増加が考えられますので誰もが払う消費税増税には一理有るとは思います。しかしその発言の前置きで「自分は国際派で世界を知っているヨーロッパは皆高い、日本も国際標準に追い付くべき」と言う趣旨を言っていました。ヨーロッパだけが世界か と思わずツッコミ入れました。 削除

2008/8/10(日) 午前 10:36 [ 名無し係長 ] 返信する

顔アイコン

スレ違い(と言うのだろうか)ですが、イタリア経済関係です。

【IMFがイタリアの財政悪化を警告、迅速な対応求める】
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPnTK817996120080509
【イタリア経済が失速、第2四半期は前期比マイナス・前年比ゼロ成長】
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-33156620080808?rpc=175

●外務省データ
http://www.mofa.go.jp/Mofaj/area/italy/data.html
●他国との比較も出来るサイト
http://dataranking.com/country.cgi?LG=j&CO=14#go

日本の方が悪い指標も有りますし、イタリアは良くなって来てましたが、数字の上では、依然イタリアは厳しそうです。

もっとも、この国を見て個人的に思うのは、経済と幸福は必ずしも正比例ではない、って事だったりします。 削除

2008/8/10(日) 午前 10:37 [ α145Q4 ] 返信する

顔アイコン

麻生幹事長の発言「やっと言う人が出てきたか」という感があります。
ただ、今の日本の社会で早急にただされなくてはならんのはやはり「日本経済は外需依存」という幻想のほうでしょう。
これをなんとかしないと、今後の日本経済運営が斜め上な方向に突っ走ってしまうことにならないだろうか、と思います。 削除

2008/8/10(日) 午後 0:20 [ sdi ] 返信する

顔アイコン

バーナード・コノリーは、AIGの世界戦略担当なのだが、「我々は欧州経済通貨統合の信用泡がまさに弾けようとしていると考えている」と語った。

経常赤字はスペインとポルトガルで対GDP比10%、ギリシャでは14%に達している。格付機関からも同諸国の銀行の健全性について山のように警告が出されている。

米ドルは調整周期の底をうったようだ。米は今や超競争力を手にしている。エアバスとフォルクスワーゲンは、工場を大西洋の向こう側、つまり米に移転している。米の家具や繊維製品の会社は、支那に外注するのを止めて、国内に戻りつつある。

国際通貨基金は、丁度1980年代終盤のように、ドルは世界的に25-30%安くなったとしている。当時もドルが死ぬ死ぬと騒ぎ立てる声が沢山あった。しかし結果的には、逆のことが起こった。米は復活したのである。

現に、去年は7%あった米国経常赤字の対GDP比は、今年度初期は5%を切った…いや、原油急騰の調整後なら、4%に近い。

「状況は絶望的だが死にはしない」を地で行く頑張りで、気がつけば、米の一人勝ちと言うことに?「今日の覚書」さんちから、引用要約。

2008/8/10(日) 午後 4:28 [ 経営者 ] 返信する

顔アイコン

アメリカは経常収支黒字国になる可能性さえあると、個人的には思っています。その場合、ドルは安ければ安いほど都合がいいわけですよね。
その程度の狡さは、アメリカは普通に持っていると思います。

2008/8/10(日) 午後 9:10 [ tak**kimit*uh*shi ] 返信する

顔アイコン

麻生氏、この辺の話はかねてからの持論なんですよね。
確か前回幹事長になった時も「複式簿記って知ってる?」とのセリフと共に、この辺の話題をされてたはずです。上げ潮派・在世再建優先派、どちらでもイイですが、個々の検討よりも、党内の政局がらみでのゴシップ的扱いばかりなのが不満でありますね。

2008/8/11(月) 午前 1:26 [ kac*u1*6* ] 返信する

顔アイコン

麻生氏は消費税上げて、社会保険料・年金等を完全にここから出すという政策を打ち出したことがありますが、消費が落ち込んでる時期に、増税するのは馬鹿だとも言っています。
現状で増税派というのは、理解できませんが。 削除

2008/8/11(月) 午後 10:34 [ you ] 返信する

顔アイコン

2003年に日本国破産という本を書いた浅井隆って奴がいたな。
本買ったけど金と時間の無駄以外の何者でもなかった。
世の中にはいまだに浅井隆の阿呆に騙されている奴がいるんだな。
危機を煽っている役人の給料と無駄遣いを減らせば、間違いなく危機は回避できるんだけどね。

2008/8/11(月) 午後 11:30 [ nig**or ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事