新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

 ウォンが連日下落し、1ドル1100ウォンも目前の今日この頃、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。お蔭様で「ドル崩壊!」の販売の方は好調を維持し、発売からそろそろ一週間が過ぎようとしているにも関わらず、未だにamazonで二桁ランキングを維持しております。
http://www.amazon.co.jp/dp/4883926583

 さて、本日は「毎日変態新聞倒産への道 その6」ということで、いよいよ変態新聞を叩き潰すためのコンサルティングフェーズに入りたいと思います。
 まずはこれまでの分析フェーズの整理をしなければなりませんが、ここはオーソドックスにSWOT分析といきましょう。SWOT分析とは、企業の環境について内部環境である「S:強み」「W:弱み」、外部環境である「O:機会」「T:脅威」の四象限で整理をし、企業の戦略を策定するための前提を可視化する手法です。
 う・・・、今一分かりにくいですね。まあ、この手の話は説明するよりも、実際に行うところを見て頂いた方が理解できると思います。

■毎日変態新聞のSWOT分析
------S:強み------
・公称393万部のレガシー(遺産)購読者
・柳田邦夫に代表される、飼い犬の存在
・記者クラブという情報カルテルの存在
・スポニチなどと連結になると、経営指標が改善する(+謎の一千億円の売上)
・上場していない(安定株主の存在)
・ゲンダイに代表される、お仲間の屑メディアの存在
------------------
------O:機会------
・インターネット広告というビジネスチャンス
------------------
------W:弱み------
・WaiWai問題という、一切の申し開きが不可能な不祥事
・業界最悪の経営指標(単体)
 ◆業界最低の収益性:売上対純利益率 0.12%
 ◆負債比率720%という借金体質
 ◆毎年数%ずつ減少する売上
 ◆売上原価や販管費の削減
 ◆一部辺りの売上が\37,850と、業界最低
・年々減り続ける購読者(2007年は10万減)
------------------
------T:脅威------
・WaiWai問題に関する日本国民からの攻撃
・インターネットという新メディアの登場
・スポンサーへの日本国民からの攻撃
・競合としての同業他社や、インターネットメディアの存在
------------------

 通常のコンサルティングの場合、SWOT分析を行った後、「強みを機会にぶつける」「強みで弱みを補い、脅威を避ける」が基本戦略になります。が、今回は毎日変態新聞を潰すことが目的ですので、「弱み」を「脅威」にぶつけることで戦略が出来上がります。逆に「強み」は無視するか、使えないように潰し、「機会」を掴ませないことが基本路線になります。
 つまり基本戦略は、
WaiWai問題という一切申し開きが不可能な不祥事を活用し、損益分岐点を下回るまで、具体的には172,250人の購読者を減らす(後述)
WaiWai問題という一切申し開きが不可能な不祥事を活用し、スポンサー、同業他社への攻撃を継続する
柳田やゲンダイに代表される確信犯の擁護派は、無視する
 特に,ポイントになると思います。損益分岐点とは、毎日変態新聞の売上で固定費を賄えるぎりぎりの売上高、購読者数です。これを下回るということは、要は毎日変態新聞が営業利益段階で赤字に落ち込むということを意味します。
 実は毎日変態新聞の購読者数を、損益分岐点以下にするのは結構簡単です。わずか172,250人に対し、変態新聞の購入を止めさせれば達成できるのです。
 以下、損益分岐点(購読人数)の計算方法を以下に示します。(32期決算の数値が対象です)

売上=1487億円
売上単価=\37,850
変動単価(一部辺りの売上原価)=860億÷393万=\21,883
固定費≒販管費=600億円
売上=X*\37,850 (X=購読者数)
総費用=X*\21,883+600億円
37,850X=21,883X+600億円 

 上記から、毎日変態新聞社の損益分岐点(売上で固定費を賄えなくなる)となる購読者数「X」は、3,757,750人(或いは部)となります。つまり、毎日変態新聞の購読者が現状(393万人)から、わずか172,250人減少すると、毎日変態新聞は営業利益段階で利益を上げることができなくなるわけです。
 損益分岐点を下回り、毎日変態新聞がどうあがいても赤字化が免れなくなれば、毎日変態の危機が社会問題化し、他のメディアも重い腰を上げることになるでしょう。
 現在の毎日変態新聞は放っておいても毎年10万人購買者が減っている状況ですから、口コミやビラ、ネット上での攻撃で、この程度の数字は軽く達成できると確信しています。
 その期間、他の大新聞社(読朝経産)については、なぜこの件を取り上げないのか、恒常的に攻撃を続ける必要があります。何しろWaiWai問題が一切の申し開きが不可能であるため、四社は沈黙するしかなく、反論はしてこないでしょう
 柳田やゲンダイのような確信犯は、無視すればいいのです。どうせ殆ど影響力はありませんし、相手をするだけ時間の無駄です。
 わたしが今考えている具体的なタスクの一つに、日々の毎日変態新聞の購読者数減少をヲチし、ネット上でカウントダウンすることがあります。日々購読者数が減り続け、売上が損益分岐点に近づく毎日変態新聞の苦悶が数字で確認できるので、毎日変態新聞に怒りを感じている日本人の皆さんを大きく力づけることでしょう。
 ということで、本日の毎日変態新聞関連記事(一応、ブログランキングのニュースに所属しているので)

毎日新聞「WaiWai」メガ炎上事件から学ぶこと
http://www.techworld.jp/channels/other/102195/
WaiWai」メガ炎上事件とは?
 毎日新聞の英語版ニュースサイト「Mainichi Daily News」にあった「WaiWai」というコラムコーナーが大きな批判を浴びた事件をご存じだろうか。
 もともとこのコラムは「日本の日常風俗を英語で世界に紹介する」ための企画だが、実際に掲載された記事はゴシップ週刊誌の真偽不明のネタを基にした、「誇張」どころか「デマ」レベルのものばかりだったのだ。具体的に引用するのもはばかられるので、詳細は「まとめサイト」などを参照していただきたいが、例えば「日本人の母親は息子の勉強前に性処理をしてやる」だとか「日本の主婦は皆売春をしている」「自衛隊はロリコン漫画を使ってオタクを勧誘している」といった低俗な記事を、およそ5年間にわたり海外に発信してきたのである。
 2008年4月ごろからネットで強い批判の声が上がり始め、一部ネットメディアが報道したことから火の手が大きくなった。毎日新聞は6月にようやく当該記事の削除や担当者の更迭といった処分を実施、謝罪文を掲載したが、この間の毎日新聞社側の対応があまりにまずかったために、「メガ炎上」と言ってもよいほどの騒ぎとなっている。
 毎日新聞社への「攻撃」は、電子メールや電話によるクレームは当然のこと、毎日新聞のWebサイトにバナー広告を掲載している企業への執拗なクレーム、また直接的に毎日新聞社を「名誉毀損」で訴えるという動きすら起きている。さらに草の根の運動として、問題をより多くの人に周知するために、問題の概要をまとめたチラシのPDFがあちこちにアップロードされ、それを印刷して会社や学校、マンション、病院などで配布する人が出始めている。もちろん、こうした動きの中核には、事件の経緯や当該記事のアーカイブなど、さまざまな情報が集積されたWeb上の「まとめサイト」がある。
 これだけの攻撃を受けてしまうと、さすがに大手メディアといえども疲弊は隠せない。(後略)』

 (後略)以降も長いので、続きはリンク先でご覧下さい。

 人気ブログランキングに参加してみました。
 毎日変態新聞は廃業しろ!と思う方は、↓このリンクをクリックを。
https://blog.with2.net/in.php?636493 

 新世紀のビッグブラザーへ ホームページは↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/index.htm
 新世紀のビッグブラザーへ blog一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/blog.html 

閉じる コメント(89)

顔アイコン

面白いことになっていますね。「毎日新聞ネタからもういい加減離れて、専門である経済分野におとなしく閉じこもっていてくれよ」という方向に誘導したいんでしょうね。もう一つ思ったのは、一連の意見が毎日新聞関係者からのものだったとしたら、挑発の可能性もあるということです。一連の意見に対して口汚く罵るコメントがもし出されたら、ことさらにそれを自分の新聞紙上で取り上げ、「ネットに群がる連中はこういう罵り言葉を言って、異論を排除する。自由な空間とは看板だけの閉ざされた世界だ」だから、「毎日新聞への攻撃はいわれなき中傷である」という主張するための材料集めをしたかったのかもしれません。皆様罵り言葉はあまり使われずに冷静に反論されていますが、これからも、ハートは熱く、頭はクールに反論していきましょう。相手の意見の立脚点とその根拠を常に求めていく姿勢を忘れずにいきましょう。 いずれにせよ、よほどこのブログが目障りになってきたことは、間違いないですね。 削除

2008/8/28(木) 午前 0:25 [ NYAO ] 返信する

顔アイコン

あはは、本当にヘタな工作をしてくる連中ですね。
ここの愛読者たちは毎日新聞問題を「ネタ切れ」とも「食傷ぎみ」とも感じていませんから。
それに、お上品にメディア一般を論じてなんになる?――ですよ。
メディアに散々だまされてきた日本人たちの怒りを甘く見るな、ですよ。
こうなったら、なんとしても毎日新聞を廃業に追い込んでやろうじゃありませんか。
ああ〜wktk(*^_^*)

2008/8/28(木) 午前 1:23 [ kum*for**er ] 返信する

顔アイコン

倒産への道という強烈なタイトルですが、中身をよく読むと、
毎日新聞の問題点が数値を使って洗い出されているので、
受け止め方によっては、裏返しに、再生への道と読めない
ことものないとことろが、面白いブログですよね。
毎日新聞の中の人がこれを見て、自ら改革されることが
期待されているように感じます。毎日にとっては、変われる
チャンスだと思うのですが、既得権益にまみれてぬるま湯に
つかっている人たちには無理なんでしょうかね。

2008/8/28(木) 午前 3:49 [ - ] 返信する

顔アイコン

>日本と言う国は20年もすれば存在しなくなる

2015年ですか。あとわずかですねw
使徒でも攻めて来ますか、李鵬閣下。

少し擁護しておきますと、かの新聞社の中にも大変今回の事件を起こっている人も少なくないし、非常に「日本大好き」なかたも多いです。
これはA新聞もおなじことですが。
ただ全体的な方針として、やや左的な立場をとって、自称「進歩派」の固定読者をおさえておきたいようですね。

ただ新聞界全体がここ数年、重大な事態に陥っているのも確かです。
その対抗策としてネット活用が焦眉の課題なのに、ああ言うことしては首をしめるみたいなものです。 削除

2008/8/28(木) 午前 5:49 [ 通りすがり ] 返信する

顔アイコン

そりゃいるだろう。毎日新聞も、まともな論調の記事を何度も読んだ。(最近N+にあげられる記事は、全てアレだが)
問題は、そのまともな人たちが発言する機会を(J-Castなどの記事によると)ネット君臨派、つまり朝比奈派が封じ込めていることだな。
これこそが、言論封殺だよ。

2008/8/28(木) 午前 7:19 [ azu**shi*a ] 返信する

顔アイコン

賛否両論あるみたいですが、私はこのネタ面白いと思います。
ただ、毎日新聞の文中の呼称を毎日変態新聞と表記すると、冷静さに欠けた意見のように思えるし、「変態」という言葉のインパクトが薄れるので、普通に毎日新聞って書けばいいのかなと思うんですが。
日刊マイニチでもいいですけど。(質はゲ○ダイと同レベルって意味ですが)

2008/8/28(木) 午前 9:10 [ うひゃ ] 返信する

顔アイコン

molder3333 さんには同感です。

討論する場合は何がどうしてなぜいけないのかってのを根拠を示してはっきり言わないとどこが悪いのかさえ掴めません。

新しく大きく思想、システムが変わるとき 権利で利益を受けてきた人は激しく抵抗します。
一方的に流される情報と自分できちんと調べる事が出来る情報では信じ具合に重みが違います。かつては知る事が出来ませんでした。しかし今はググレば簡単に嘘か本当か知る事ができます。
自分が信じて来た物が実は虚偽が多かったと 長年信じていればいるほど精神的な苦痛を伴います。それを避けるにはどうするか?
反対意見を頭ごなしに否定するぐらいしかありませんよね。気持ちを切り替え新しい思想に簡単に乗り換える事ができるほど 人間できちゃいませんwww
時代が変わったって事に気がついて欲しいです。

実は本当の所 情報が溢れ過ぎていて 整理がつかないだけだったりして…
全て公開してあとは読者に判断させるようにしたら 楽になれるのに… 2CHになりますね(爆
金貰って 商売しているのですから責任のある仕事をして貰いたいものです。

2008/8/28(木) 午前 10:50 [ 極楽蜻蛉 ] 返信する

顔アイコン

>少し擁護しておきますと、かの新聞社の中にも大変今回の事件を起こっている人も少なくないし

私は全国紙広告営業(最終肩書きは広告組み付け主任)だったのですが、広告の現場では「編集のヤツラ」という言葉が普通に使われていました。「アイツラは人間じゃない」と罵倒する人もいましたが広告の現場では何ら問題視されませんでした。

社内での温度差は相当にあります。編集が基地外集団だという認識は1990年代には多くの新聞社内にすでにあったのです。

2008/8/28(木) 午前 10:59 [ tsh*r*uto99* ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。

毎日新聞を…ひいてはそ知らぬ顔をしているその他のメディアを追求していく姿勢や趣向は、素直に賛同できます。
ですが、追及していき崩壊に追い込む論調は様々な場所で見受けられますが、そろそろその先の"再生"についても言及すべき時期に来ているのではないでしょうか?

正直なところ、追求だけで終わってしまうと「煽りたいだけ」「叩きたいだけ」の人達も便乗しやすく、このコメント欄で否定的にも取られる書き込みをされている方々も、そのあたりを危惧しているように見受けられます。

買い手である私達が「なぜ毎日新聞を買わないのか?」「なぜ潰れて欲しいとまで思っているのか?」については、ほぼ出尽くしていると思います。
ならば「どうすれば買いたいと思うようになるのか?」について、メディアに私達の意思を突きつけるのが、本当に重要な"次の一手"ではないかと思うのです。
そういった視点での内容も、こちらのブログで取り上げて頂ける事を期待しております。

以上、駄文・勝手な言い分にて、失礼いたしました。m(_ _)m

2008/8/28(木) 午後 2:06 [ chi*aru**oya*a_200* ] 返信する

顔アイコン

chi*aru**oya*a_200*様

煽りになったら失礼致します。
再生についてのヒントは常日ごろ書いておられるのですが、本当に読んでおられますか?
プログを全部読んで見てください。いつも書いていますよ!

情報を扱う上での危機管理 企業倫理 コンプライアンス ダメコン 消費者へのサ−ビス 仕事の協力者への配慮 全てにおいて失敗しています。再生の道を毎日自らが潰しています。ある意味見事です。
よって今回の件ははっきり言って手遅れですねwww

2008/8/28(木) 午後 3:41 [ 極楽蜻蛉 ] 返信する

顔アイコン

極楽蜻蛉 様

情けない話ですが、私自身も読解力の弱さ・読み込みの浅さに関しては日々自覚する事が多く、恥じ入るばかりです。申し訳ありません。
まだ読者となって日は浅いですが、この「毎日変態〜」シリーズに関しても、その1から全て読ませていただいております。
ただ、ご指摘いただいた内容については、やはり「負の部分」を指摘するレベルに留まっているのではないかと言う感想を持ったので、先のようなコメントをさせていただきました。

正直なところ、それらの負の部分を解消しても、やっと「企業として存在を許される正規レベル」でしかなく、そこからさらに「積極的に買いたい・読みたい」と思える付加価値のあるレベルの新聞社にはならないと思うのです。
暴論ではありますが、人間に例えれば「病んだ部分を治して健康体になる」だけではなく「魅力を磨いて好かれる」ようになって初めて、本当の意味で購買意欲が沸くのではないでしょうか。(続きます)

2008/8/28(木) 午後 4:50 [ chi*aru**oya*a_200* ] 返信する

顔アイコン

個人的にも、すでに毎日新聞に自浄能力はないと思っています。その上で「廃業すべきだ」との意見にも賛同いたします。
また、その結果を受けて他社が自浄へと向かってくれる事を願っておりますが、それだけでは足りないとも思うのです。
企業としての健全化に向かったとしても、特定の思想に偏った報道や恣意的な情報隠し、捏造や曲解などの歪んだ情報を生産し続けるのであれば、わざわざ購読する意味が見出せません。また、報道業界の中で「良識派」と呼ばれる方々であってもなお、その"常識"が、購読者である我々世間一般の"常識"と隔たりがあるのを、ここ数年で実感してもいます。

私自身、つい最近まで紙メディアやテレビ、ポータルサイトのヘッドラインレベルの報道しか見てこなかった情報弱者です。
紙メディアとテレビだけが情報源の人も、まだまだ沢山います。

上手く纏められずに申し訳ありませんが、三橋様にそういった方向へ向かう為の発信源になって頂けるのではないかとの期待から、長々と書かせて頂きました。
重ねての駄文、失礼いたしましたm(_ _)m

2008/8/28(木) 午後 4:50 [ chi*aru**oya*a_200* ] 返信する

顔アイコン

なんだなんだ、祭りか?
17万という数字は具体的すぎたんですねw

田舎にはドル崩壊がまだ来ません・・あったと思ったらドル帝国崩壊でした>< 削除

2008/8/28(木) 午後 9:09 [ 元イナゴ ] 返信する

顔アイコン

http://quote.yahoo.co.jp/q?d=c&c=&k=c3&t=1y&s=4324.t&l=on&a=&p=&z=m&q=l&x=on

これは電通の株価と日経平均を比較したものです。電通株価は日経をアンダーパーフォームしています。さらにPBRが1.07。これには笑えますね。

私が全国紙に入った時の入社式での訓辞が「新聞は斜陽産業である」でした。上のチャートを見るかぎり広告も斜陽産業のようです。

こういう事を書くと電通の最大の資産は「人質」として企業役員や政治家、官僚の子息を採用してることだと反論を受けるかも知れませんが、電通が支配している媒体(新聞とTV)が崩れてきている今、電通を恐れる理由はさほど無いように思えます。

電通を崩すには「戻し」の違法性に関して訴訟で異議を申し立てれば良いのです。訴訟をおこすための「証拠書類」は存在するかも知れないよw

電通、頑張って変態新聞を支えろ、毎日と心中するくらいにな・・・

2008/8/29(金) 午後 8:34 [ tsh*r*uto99* ] 返信する

顔アイコン

赤字神様


いつも楽しく拝見しております。

私個人の考えですが、北朝鮮研究家である鈴木琢磨氏は毎日新聞のかなりの強みだと思います。
この前も佐藤優氏と対談本をだしており、調査対象国の言語も知らない評論家はエセ評論家だと(あくまで主旨です)言っており、なかなか鋭い考え方を持った人物だと思います。
その点、赤字神様はあくまで韓国との共通言語である「数字」をつかって分析を行っておりますので、この方とある程度は同じ考えを持っていると思いました。
まぁこういう方はさっさと移籍できるのでしょうけどw 削除

2008/8/29(金) 午後 10:18 [ itumohaROM ] 返信する

顔アイコン

会社ぐるみで、日本人に分からない様に、日本つぶしを行っている毎日他に脅威を感じています。出来ることをやっていくつもりです。あきたとか、マンネリとか火消しのために書き込む工作員がいても、知ってしまったものはどうしようもありません。

2008/8/30(土) 午後 5:35 [ にゃあこ ] 返信する

顔アイコン

毎日変態新聞倒産への道 その4に押し紙問題を取り上げておられましたが、購読者が減少してもその負担が販売店に押し付けられそうな気がして、部数の減少が効いてくるまでタイムラグがありそうな気がします。毎日変態新聞を確実に倒産へ導くには、各自でできることをこつこつ継続することに加えて、謎の1000億円(聖教新聞の印刷他)の出所を調べて、毎日新聞の生命維持装置というか工作機関紙化させている組織に打撃を与えることが重要かと思います。
また、経済環境的にはサブプライムの影響も本格的に現れつつあり、マスメディア広告費のカットが進行しており、毎日新聞倒産に向けては追い風だと思います。(トヨタ自動車がマスメディア広告費3割カット、毎日新聞だけ全面広告なし GJ!)
謎の1000億円と工作機関化させている黒幕を突き崩したいですね。

2008/8/30(土) 午後 8:56 [ pez**a ] 返信する

顔アイコン

毎日新聞はこの件が持ち上がる前ですでに一年当たり10万部減っていますね。毎月どのくらい減ったのかウォッチしていきたいですね。 削除

2008/8/31(日) 午前 3:13 [ ttkk ] 返信する

顔アイコン

>外から財務状況を調べると言っても限界があるしね。
>そりゃネタ切れするよね。

>世界経済は動いているからそっちの方がおもしろい。
>ドル崩壊に合わせてアメリカ経済の動向に絞ったほうが
>いいんじゃないかね。
>毎日が倒産しようが繁栄しようが世界経済では枝葉末節なことよ。

普通の一般人の見識はこの通り。決算書も監査法人しだい。
淡々と経済論議をするほうがブログ主にあっている。

2008/12/27(土) 午後 11:50 [ - ] 返信する

顔アイコン

↑ちょwwwww

2009/11/14エントリーのリンクから飛んで全て読んでみたら
記事公開から4ヶ月後に往生際の悪いコメントが入ってるwww

2009/11/14(土) 午後 4:26 [ nen**9des* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事