新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

「ドル崩壊! 今、世界に何が起こっているのか?」再々重版決定!m(_ _)m 感謝! amazonの在庫も復活!
http://www.amazon.co.jp/dp/4883926583
9月19日(金)発売の撃論ムック「猟奇的な韓国」に「崩壊進行中の韓国経済の病理」を寄稿しました。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4775512609

 ドル崩壊の二章の終わりに「経済的な多くの事象は諸刃の剣である」、つまり、良い影響もあれば悪い影響もあると書きました。日本のメディアは何事も「だから日本経済はおしまいです」と結ぶのが好きですが、実際には物事はそんなに単純ではありません。
(何か好評みたいなので、「メディアのダブルスタンダード 経済編」再掲)
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_12.html#DSE0808

 上記「メディアのダブルスタンダード 経済編」では、円高について「輸出企業壊滅で、日本経済はおしまいです。」、円安について「円安⇒ドル建てGDP減少で、日本経済はおしまいです。」と書きましたが、実際には円高も円安も共に良い面もあれば、悪い面もあるのです。

09年3月期利益見通し上方修正の企業が増加、原料安などで
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-34641320081030
 円高進行が企業業績を直撃する中、製品の値上げや原料安の効果を背景に09年3月期の利益見通しを上方修正する企業が増えてきた。
 世界経済の減速懸念は輸出数量の減少に結びついている面があるものの、国際商品市況の大幅な下落も呼び、収益に反映されるようなまとまった規模の原料安が国内企業に恩恵をもたらしてる。政府・日銀内には、世界経済減速による輸出へのマイナス効果がコスト減によるプラス効果を上回るとの悲観的な見通しが多いが、個別の企業決算を見ると、こうしたマクロ的見通しとは別の風景が見えてくる。
 30日の株式市場では、後場立会い中に住友金属工業が2009年3月期の営業利益を従来予想の2300億円から2800億円(前年比0.6%増)に上方修正すると発表、これを受けて同社株は買い人気化した。(中略)
 株式市場の地合いが軟化している時は、輸出産業の円高デメリットなど悪い材料に株価は反応しがちだった。しかし、相場が落ち着いてきたことで「今後はこれまで評価されていると言い難かった原料安、値上げ効果、内需企業の円高メリットなどが注目される可能性もある。収益悪化を少しでも食い止める材料として、原油などの原料安効果が材料視されていくのではないか」(大手生保系投信運用担当者)との見方も出ている。』

 企業の収益一つとっても、輸入コストが多い企業であれば円高はコスト削減効果のメリットの方が多くなるでしょうが、輸出依存が高い企業はデメリットの方が大きいでしょう。そもそも「日本は資源を海外に依存している!資源価格高騰で日本は大ダメージ!」と主張するのと全く同じ人たちが、「円高は日本経済を破滅させる!!!」と叫んでいたのですから、おかしな話です。(少し前までの日経新聞が、もろにそうでした。)
 ちなみに、いつもは外需依存度、すなわち「輸出対GDP比率」の話ばかりしているので、本日は「輸入対GDP比率」について見てみましょう。この手の比較をするときに常に登場する六カ国、アメリカ、日本、イギリス、ドイツ、中国、韓国の六カ国について「輸入対GDP比率」をランキングしてみます。

【輸入対GDP比率 主要国比較(07年)】※データソースはJETRO
第一位 韓国 37%
第二位 ドイツ 32%
第三位 中国 29%
第四位 イギリス 22%
第五位 アメリカ 14%
第六位 日本 13%

・・・な、何と、意外や意外。日本の輸入対GDP比率はアメリカよりも低いんですね。パーセンテージではなく輸入金額で見ても、アメリカはもちろん、イギリスより少ないのです、日本は。
 もちろん、資源や食糧については海外依存度が高いとか、個別に見ると「日本は輸入に頼っている!」は別に間違いではありません。しかし輸入する製品・商品を特定せずに「日本は輸入に頼っている!」は、マクロ数値から見ると明らかな間違いなわけです。
 昨年から今年にかけて円高が進行したため、ドル建ての輸入金額は益々下がることになるでしょう。
 別に「日本に輸入は不要である!」とか極論言う気は全くありません。要は「(   )については、日本は(   )である!」と正しい文章を使いましょう、ということです。
 ロイターの記事の「個別の企業決算を見ると、こうしたマクロ的見通しとは別の風景が見えてくる。」と類似した構造なわけですね。
 ちなみにアメリカが金利を0.5%引き下げたことで、株高と円安が進行していますが、これは昨年も散々経験した短期的な株価・為替効果と同じだと思います。そもそも、アメリカが利下げをしたことで、日米金利差がわずかに0.5%にまで縮小したにも関わらず、円安ドル高が進む時点でおかしいでしょう。
 中期的に見ると、やはり円は上昇路線を進んでいく可能性のほうが高いと思います。また、個人的には、明日の金融政策決定会合における日銀の利下げは無い、と読んでいるのですが、はてさて、どうなるでしょうか。

おまけ:どうした上海総合株価指数
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_13.html#SS081030

 本当に買い手が少なくなっちゃったのでしょうか?

 人気ブログランキングに参加しました。
 韓国経済冗談抜きでwktk!な方は↓このリンクをクリックを。
https://blog.with2.net/in.php?636493 
 ※現在、人気ブログランキングの「ニュース部門」で某ブログと激しいトップ争い中です。皆様のご協力を、何卒。。。

 新世紀のビッグブラザーへ ホームページは↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/index.htm
 新世紀のビッグブラザーへ blog一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/blog.html

閉じる コメント(127)

顔アイコン

>報道規制の次は元売り外貨買い規制、外貨持ち出し規制と続くのかな。
無茶〜強引ですが 中国の人民くらい人口いたら 内需拡大の最終手段かもしれません。民主主義ではないですからねwww
韓国は普通やったらいけない手ですが 既にwww

2008/10/31(金) 午後 3:21 [ 極楽蜻蛉 ] 返信する

顔アイコン

中国の報復、来ました。
http://j.people.com.cn/94476/94673/6524987.html
「日本製造の醤油やわさびからトルエンと酢酸エチルが検出」(人民日報 日本語版) 削除

2008/10/31(金) 午後 3:56 [ ] 返信する

顔アイコン

食料は工場農業と、法人の大規模農業へ転換。
農家の方には、ノウハウの提供をしてもらい
安定した、適切な報酬を差し上げる。

外国は、国が不安定になり労働者自体の
生産意欲激減。

早急に日本の管理体制のもと、日本資本の
海外農業基地確保!

個人的な勝手な思いです。 削除

2008/10/31(金) 午後 4:07 [ 810 ] 返信する

顔アイコン

現在、肥料の多くは鉱物資源より人工的に製造されているんですよね。カリウム鉱石やリン鉱石などから。アメリカの戦略物資(たしか8品目)の中で2項目が上記鉱石だったと思います。

それが、肉食文化の広がりなどから世界的に需要が高まり(なぜなら、牛などが食べる穀物を作るため)、需給バランスが崩れたことが昨今の化学肥料価格の高騰の原因です。

肥料不足から今後は収穫が減少する可能性があり食糧不足に拍車がかかるといわれています。今後、糞尿などを肥料にする時代に戻るかもしれませんね。 削除

2008/10/31(金) 午後 4:29 [ ぴん ] 返信する

顔アイコン

江戸時代、天明や天保の飢饉のとき、東北では人肉を食ったということだが、このとき諸藩はどうしたか?ーーーお賄い料として一人300文と米5合を与える代わりに、年貢をすべて取り上げた。これによって飢え死にする人間はまったくいなくなったが、非常に不評だった。ーーー日本人は昔から自立すること、工夫することがすきだった。

2008/10/31(金) 午後 4:29 [ log*m ] 返信する

顔アイコン

> eug*ne_*p* さん

『日本鉄源協会』でググってみれば、そのサイトに鉄スクラップの市況や価格動向が確認できますよ。

鉄スクラップ市況
国内
2008年10月第4週3地区平均の鉄スクラップ価格(鉄源協会モニター調査)は14,076円/トンで、前週に比較して4,033円/トンの大幅な値下がりとなり、4週連続の値下がりとなった。地域別では、対前週で、関東が6,500円/トン、関西が4,000円/トン、中部が1,600円/トン、それぞれ値下がりし、3地区とも4週連続の下落であった。この水準は2003年7月第4週3地区平均(13,957円/トン)以来の最低値である。

上記のとか。あと表やグラフもありますぞ〜。
自分の工場からはタングステン・アルミ・超耐熱合金・SUS・鉄などなど、いろいろとキリコや廃棄工具が出るんですが、それぞれ一番高く引き取ってくれる業者さんに引き渡しています。
上の価格動向を確認して『○○さん、市況よりもあれだけど、どう?』とかwww。 削除

2008/10/31(金) 午後 4:48 [ 伊予柑 ] 返信する

顔アイコン

>ぴん様
リン鉱石については、中国が輸出を制限したことが大きな要因のひとつだったと記憶しています。
また、この肥料高騰を受けて、割安な堆肥などへの関心が高まっているそうですが、供給量の不足、化学肥料と比べて施肥の手間が増えるなどの理由から、簡単に置き換えることは難しいようです。 削除

2008/10/31(金) 午後 5:09 [ 詠人不知 ] 返信する

顔アイコン

穀物価格は肥料の価格に左右されます。肥料の価格は石油の価格に連動しています。
あと数年後には、食料価格は下がると思いますよ。中国産の食品を全く輸入しなくても。 削除

2008/10/31(金) 午後 6:33 [ 縄文人 ] 返信する

顔アイコン

反日勢力を斬る(2) より

増税はブラフ(脅し)だ!
http://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/26269898.html

>テレ朝「スパモニ」(2008/10/31)
>大谷昭宏
>「ブラフ(脅し)だ。3年後に上げると言ったらみんな慌ててマンションを買う。
>3円(%?)から5円(%?)になった時どれだけみんなが買い込んだか。
>景気対策をしておいて、ブラフかけて3年後を見てみろと、
>慌てて買うと、それで景気が上がったじゃないかと。そんな手口あるか!!」


給付金、高速値下げ、ローン減税…27兆円の追加経済策
http://www.asahi.com/politics/update/1030/TKY200810300452.html

住宅ローン減税と相乗で消費拡大を狙えるんじゃないかな?
政策で内需拡大を狙うのなら普通にありな路線だと思うのだが。

どの道、消費税は上げざる得ない。
単に不景気のこの時期にするのが反対なだけで。

2008/10/31(金) 午後 6:49 [ Antithesis2 ] 返信する

好景気と言われた過去五年間で上げられなかった経緯から、今後日銀が再び金利を上げることはなさそうな気がするんですが、仮に金利が0%になるとどういう経済状況になるんでしょうか?

個人的には、あまり日本にとって良い状況になるとは思えないんですが…

2008/10/31(金) 午後 7:04 [ tak*n*ko_*uk*suk*1023 ] 返信する

顔アイコン

大手企業だったら、円高で金利が0%だったら
海外拠点を広げられるかもしれませんね。

これから日本が、世界の手助けをする立場になるとすれば
チャンスだと思います。

国内の雇用が減るだろっ!って心配は


国内では革新的な分野で雇用創出を期待します。 削除

2008/10/31(金) 午後 8:49 [ 810 ] 返信する

顔アイコン

>極楽蜻蛉様・sdi様
喜んでいただけて光栄です。

>810様
> 早急に日本の管理体制のもと、日本資本の
海外農業基地確保!

ウクライナの黒土農地争奪戦で日本は負けてしまいました。
(NHKスペシャル・食料危機より) 削除

2008/10/31(金) 午後 9:08 [ 杏仁豆腐 ] 返信する

顔アイコン

>リン鉱石
リン。東京湾、伊勢湾、大阪湾に大量に眠っています。
今まで流した汚水が溜まっているのです。
汚水処理場からリンを取り出すことが出来れば、原料には困りません。
実現すれば、ある意味江戸時代とおんなじですね。
江戸時代はある意味、究極のエコライフですからね。

2008/10/31(金) 午後 9:39 [ nic*lin**w ] 返信する

顔アイコン

この円高、政府がまずやるべきは海外で油田や天然ガス田を買うことです。エネルギー関連はこの機会に可能な限り確保しておくべきではないでしょうか。

2008/10/31(金) 午後 9:51 [ nob*tak*n*ko ] 返信する

顔アイコン

amanokawa様 ご指摘ありがとうございます。明治以降戦前までをはっしょって書いてしまいました。「植民地」は日本の場合、あまりなかったですね。戦前の言葉で言えば「外地」がふさわしいのかもしれません。医薬の進歩もあったでしょう。でも増えた人口を食わすと言うのも難儀だったはず。増えすぎた人は北海道では収まらず、北米、南米に移民そこがシャットアウトされて満州に流れ込んだのではと考えます。穀物の需給はどうなるんでしょうね。バイオに向かっている穀物需要が食用に戻れば、需給緩和ですが、その場合アメリカから市場開放圧力がかかってくるでしょうね。 削除

2008/10/31(金) 午後 9:54 [ NYAO ] 返信する

810さん返信ありがとうございます。

海外投資には良いかもしれませんが、国内に資本が還流されなければ(利益として回収されなければ)、カウプシングみたいにデフォルトでなくてもタダでやることになるのでは?
そうだとすると、円を借り受ける支払い能力の審査などの必要がほとんどなくなる。(借りる側としては定期的に支払う利子もなくなる)

またデフレへの対処と円の価値が暴落する可能性はあり、そうした場合、身動き取れなくなることになる。

円高だと投資に有利になるでしょうが、今後この円高を軸にした経済活動が円安に振り向くと金利0%が重しになるのかと。


資本が無ければ雇用創出も新たな産業も生まれない訳で、国内への資本還流がなく流出し続けることになることを懸念しています。
国際協調という美名で他国を肥やし自国は疲弊なんてなったら目も当てられない。

と心配しています。

2008/10/31(金) 午後 9:58 [ tak*n*ko_*uk*suk*1023 ] 返信する

顔アイコン

tak*n*ko_*uk*suk*1023さんへ、
詳しく解説して戴きありがとうございます。

今後の情勢が、まだハッキリしていないんですよね。

今は世界が日本に期待を、寄せてくれていると思いますので、
円高が続き、世界に貢献できて、さらに円高基調が続く。

この状況ですと、確かに国内にはメリットが無いですね。

かなりの低金利で貸した利子と、逆輸入で車等が安く買える等、
わずかな利益程度でしたら、望める方法はあるかもしれませんね。
*逆輸入は運搬コスト次第だと思いますが。

今は、なんとか国内で、新しい産業が立ち上がる事を願います。

車以外でも、小型旅客機、コロニー建設等。。。

経済の専門用語が解るレベルに達していないので
素人の希望的発言として、お返事させて戴きました。 削除

2008/10/31(金) 午後 11:28 [ 810 ] 返信する

810さんへ

愚にもつかない意見に耳を傾けて下さっただけで私にとって大変嬉しく思います。

三橋さんがおっしゃるように、何事にも良い面と悪い面があると思いますし、810さんのおっしゃられたような良い面をもう少し考えてみます。

2008/11/1(土) 午前 0:36 [ tak*n*ko_*uk*suk*1023 ] 返信する

顔アイコン

「何事にも良い面と悪い面がある」について、最近話題になっている産科の問題を連想しました。
昔日本の大学医学部には医局なるものがあり、「白い巨塔」などで批判の対象となっていました。
そして医局が解体されると、田舎に医者がいないわ等々の問題発生です。
今からみれば、医局にも何らかの長所があったのでしょう。
まあ某掲示板だったらこことは違って無遠慮ですから、「山崎豊子プギャー」の声殺到でしょうが。 削除

2008/11/1(土) 午前 2:13 [ yutaro ] 返信する

顔アイコン

はじめまして(一応)。イナゴのころからROMってました。
出版計画前からです。
本話題は日本経済を議題にしていることから御ブログもこれから
拝見させていただきます。
政治的な話として・・・・・
経済素人ですが、円高・円安の一長一短はあるはずとは経験として持っていました。日本の場合、為替の急変動画無ければそれなりに何とかなるのかなと楽観視してました。(為替については)
某Mr.円氏が1米ドル:80円でもも大きな混乱はない
<資源を低価格で輸入できるため、輸出企業も大丈夫!>
との発言はある程度信憑性がありそうですね。
政府の経済対策がどのくらい内需拡大に向かうのか期待しているところです。
現在の世界的な金融危機の中2007年程度の成長率であれば合格点かな
正常なインフレになれば、世界的な金融危機の緩和もありえますし、
各国への発言力も強化されるのでは?と期待しています。

個人的には、投資・投機が痛いですけど。
これから、色々と参考にさせていただきます。
(当然自己責任ですw) 削除

2008/11/2(日) 午前 0:42 [ いなご ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事