新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

「Voice 12月号 特集 金融危機を突破する法」に「特集供‥譽▲献△隆躙韻焚仄錙韓国経済は崩壊寸前だ ウォン暴落、純債務国化−悪循環は連鎖する」(長いタイトル・・・)を寄稿しました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B001IUMRZW/
「撃論ムック 米中発・世界大恐慌」に「Q&A基礎から分かる世界大恐慌(P26)」及び「リーマン・ショックで韓国経済は破産(デフォルト)する(P129)」を寄稿し、更に冒頭の「特別座談会 金融グローバリズムの崩壊と日本の未来」にも出演しています。
http://www.amazon.co.jp/dp/477551279X/

 久々にこのタイトル・シリーズです。毎日変態新聞社の社員は、このタイトルで書かれることが心底から嫌で嫌でたまらないだろうから、今日のコメントもきっと荒れ、いやいや、盛り上がることでしょう。まあ「倒産への道」と書いているくらいだから、毎日変態新聞社が倒産すればやめます。
 大変不本意ながら、最近の毎日変態新聞面白いです。いやいや、皮肉じゃなくて。
 面白さのポイントは二つあります。
 一つ目は、存続の危機に晒されている中で、反自民(と言うか、反麻生)&親民主路線をあからさまに打ち出し、民主党政権誕生に全面協力することで生き残りを図っている点です。長野でも毎日の変態社員が民主党から立候補するそうですが、あれも同じ流れでしょう。
 幾つか、典型的な報道を列挙します。

毎日世論調査:麻生内閣支持36% 9ポイント下落
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081020k0000m010055000c.html
 
 他の新聞社の同時期の調査では、麻生内閣の支持率の平均は45%前後で、40%を切った新聞は一社もありませんでした。一般に、支持率40%が政権の分水嶺と言われていますが、一社だけこのラインの下で持ってくるとは、露骨過ぎでしょう、毎日変態新聞

麻生首相:就任1カ月 有名ホテルなどで連夜の会合
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081023k0000m010091000c.html
麻生首相:夜の会合…ホテルがだめなら公邸で
http://mainichi.jp/select/seiji/aso/archive/news/2008/11/07/20081107k0000m010153000c.html
麻生首相:ホッケは煮付け?焼き物?…なじみ薄露呈
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081111k0000m010089000c.html

 麻生首相は失言が多い割に、今一突っ込みどころというか、弱点がありません。(失言しても、すぐに撤回したり謝ったりするので、引っ張れない。)結果、毎日変態新聞&民主党連合がたどり着いた結論が、麻生首相の「庶民性の欺瞞」を突き続けることでした。
 民主党の議員が麻生氏に超くだらない質問をし、それを毎日変態新聞が取り上げ「麻生首相はちっとも庶民的ではない。だから解散しろ!」と意味不明な煽りを繰り返すのが、一種のパターン化しているように見えます。
 正直、麻生氏がどこで飲もうが、400円のカップ麺を食べようが、ホッケを煮付けにしようが95%以上の日本人にはどうでもいい話です。そこを延々と突き続ける民主党と毎日変態新聞(以下、面倒くさいので「変態」に省略)は、自らの信用を日々貶めていっているだけだと思います。
 それ以前に、変態と民主党は大きく勘違いしています。恐らく漫画好きの麻生氏が若者から圧倒的な支持を得ている点を、麻生氏の「庶民性」が若者に受け入れられている秘訣であると、大きな勘違いをしたのでしょう。つまり麻生氏の「庶民性」の仮面をひっぺがえしてしまえば、人気も凋落すると浅はかにも考えたのだと思います。
 いかにも時代遅れの、朝比奈変態新聞社社長やネット君臨派が考えそうなロジックです。
 朝比奈及びネット君臨派に忠告しますが、今や日本はエリートや非エリート、あるいは高給取りやフリーターに関わりなく、漫画・アニメ・ゲームなどのコンテンツを大っぴらに楽しむ時代です。サラリーマンも自営業者も、官僚も政治家も、企業経営者も派遣労働者も、誰もが社会的立場の区別なくコンテンツを楽しみ、お金を払うことで日本のコンテンツ産業は興隆しているのです。
 つまり、エリート政治家のオタクが存在しても、むしろ当たり前だし、麻生氏を熱狂的に支持している世代は、当初から麻生氏を「オタクのエリート政治家」として認識してきました。と言うか、オタクのエリート政治家であることも、麻生氏を支持する理由の一つなのです。
 朝比奈に代表されるネット君臨派は、日本のコンテンツ産業が国内にとどまらず、世界中の人々を熱狂させている現実が見えておらず、未だに「漫画なんか、大人が読むものじゃない」という固定観念に束縛されている気が切に致します。
 固定観念を打破するためにも、朝比奈&ネット君臨派には、「ハレ晴レユカイ」のダンスを習うことをお奨めいたしましょう。きっと世界が変わりますよ。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%8F%E3%83%AC%E6%99%B4%E3%83%AC%E3%83%A6%E3%82%AB%E3%82%A4&lr=

 さて、いい歳をしたオジサンたちが「ある〜晴れた日〜のこと〜♪」に合わせて踊っているイメージが浮かび、げんなりとしたところで、最近の毎日変態が面白い二つ目の理由です。 
 毎日変態が「ぶら下がり取材」から文字起こしをして掲載している「首相VS記者団」。これが麻生首相になってから、俄然面白くなってきたのです。なぜか毎日変態は、麻生氏が「いや、おれの質問に答えてくれ」と畳み掛けたり、返答に困った記者が「・・・」と口ごもるところもリアルにそのまま載せています。

拉致問題「立場変えることはない」 10月22日午後0時ごろ〜
http://mainichi.jp/select/seiji/primeminister/news/20081022mog00m010025000c.html
空幕長の論文「立場が立場だから、適切じゃない」10月31日午後8時1分〜
http://mainichi.jp/select/seiji/primeminister/news/20081031mog00m010051000c.html

『記者:(田茂神航空幕僚長の論文問題でについて)これについて総理のお考えを。
麻生首相:くっくっく(苦笑)全然知らない。おれ、それ読んでない、読んでないから知らないけれども、それは何? その田母神、何?

 ・・・。
 最も知恵や文章のスキルを使わず、ただひたすら首相と記者のやり取りを起こした記事が一番面白いって、ある意味凄いですね、毎日変態新聞社。とりあえず、毎日変態新聞社記者は不要であることが明確になったんじゃないですか? 全員リストラして、首相VS記者団の文字起こしに専念した方が生き残りを図れると思います>朝比奈
 まあ、そうしなければ倒産一直線だろうから、個人的にはどっちでもいいですけど。

 人気ブログランキングに参加しました。
 毎日変態新聞は即刻廃業しろ!と思う方は↓このリンクをクリックを。
https://blog.with2.net/in.php?636493 
 ※現在、人気ブログランキングの「ニュース部門」で二位に転落中でございます。皆様のご協力を、何とぞ m(_ _)m

 新世紀のビッグブラザーへ ホームページは↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/index.htm
 新世紀のビッグブラザーへ blog一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/blog.html
 

閉じる コメント(131)

顔アイコン

初めてのカキコです。いつも楽しく拝見させていただいております。
ありがとうございます。

一昨日の深夜、たまたま毎日変態新聞で韓国の主Leeのインタビュー記事を発見し読んでみると、なんとなく怪しい気配が感じられたので、続けてgoogle-USヘ飛び「japan」で検索してみるとありました、たった4分前にUPされたばかりの「天皇陛下への謝罪を求む」のThe Timesの記事。
あはん…やっぱり。
そして…なるほど。

最近せつに思うんですが、右も左も、上も下も、東も西も、貧乏も金持ちも、ぐちゃぐちゃの、まさに同時代の現象はスゴクまっとうで正常な事ではなかろうか。

個人的に、政治は世事の混沌の整理と成文化にあるとも思うので、なんとなくタフで分析が得意そうな麻生氏や三橋氏に期待すること「大」であります。

益々の奮闘をお祈りしております。

ps.ITって私にとっては面倒なことも多いけど、いい世の中になったなぁーと感じることも又事実なり。 削除

2008/11/12(水) 午後 2:19 [ taki7500 ] 返信する

顔アイコン

>雨太氏


いや、そのさかな、キムチとマッコリ、ホンタクで息や身体全体が臭いし、脳髄まで逝かれている。
食ったら、感染症や基地外になるから、嫌だ。


>さかな


あれ〜w
段々口調が戻ってきてるな〜w
また、マッコリ呑みすぎて、足元フラフラ、目充血、皮膚黄ばみまくりになっているな〜w
メタボ検診受けてきたら〜?w
あと、黄色い救急車呼んでやろうか?入院費タダだから、無保険でも大丈夫だそ〜w 削除

2008/11/12(水) 午後 2:44 [ ちんけいうん ] 返信する

顔アイコン

アニメ、漫画はアメリカがIT戦略を打ち出したのと同じで
国家戦略になります。時代は実際の戦争から経済戦争へと移り、
次は文化戦争になります。要は、今の英語覇権から
どれだけ日本語が普及するかどうかです。

アニメ、漫画というのは単なる産業としても魅力ですが、
言語や文化を広めれば、それだけ国家の安全保障に繋がります。 削除

2008/11/12(水) 午後 3:09 [ uhaokw ] 返信する

顔アイコン

taki7500さま

The Timesのインタビュー記事ですが、インタビュアーのRichard Lloyd Parry ってのが、これまた反日のトンデモ野郎なんですよ(笑)。
この記事も(いつものように)トンデモParryの好き勝手にテキトーに書き飛ばされたっぽいですね。
李明博もいい迷惑……でもないかな。反日飛ばし記事と言えば、朝鮮メディアじゃ365日やってることですしね。

2008/11/12(水) 午後 3:10 [ kum*for**er ] 返信する

顔アイコン

スレ違いですが、最近相手の国旗を燃やすあの国がよりによってコーランを燃やしていることを知りました。
うちの地元でもコーラン捨てた馬鹿がいましたが、なんか大きな敗北感を感じます。
ここまでするかよ普通・・・・
グローバル化の意味を考えさせられました。 削除

2008/11/12(水) 午後 4:16 [ 名無し係長 ] 返信する

顔アイコン

>> The Timesのインタビュー記事ですが、インタビュアーのRichard Lloyd Parry ってのが、これまた反日のトンデモ野郎なんですよ。

ブログがありました。
http://timesonline.typepad.com/times_tokyo_weblog/japan/index.html
読むまでも無く、「日本の異常性」に焦点を当てて記事を書くイギリス人記者ですね。まぁイギリスはこれから大変だろうから、ゆっくり虐めさせてもらうよ。 削除

2008/11/12(水) 午後 4:47 [ Astroboy ] 返信する

顔アイコン

uhaokw様
>日本語が普及するかどうか

アサピーの1年前の記事で申し訳ない
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200711170108.html

約300万人は居るんでしょうかね。

ついでに「国際交流基金」のページ
http://www.jpf.go.jp/j/japanese/survey/country/2007-2008/index.html

わたしゃ、アフリカでも日本語を学ぶ人が居ると知って驚愕しました。

ただね、英語覇権っておっしゃいますけど、日本語が英語に取って代わる事は、まず無いと思いますよ。
だって、
漢字・カタカナ・ひらがな・音読み・訓読み
よほど日本語を学ぶ必要性が無いと習得は大変だと思う。

(反日国の人が日本語を学ぶ理由も良くわからんけどね)

2008/11/12(水) 午後 5:07 [ - ] 返信する

顔アイコン

論理的に反論ができなくなると「右傾化」を口にして議論を断絶させようとするのは低脳左翼の悪い癖だ。 削除

2008/11/12(水) 午後 6:01 [ 。。。 ] 返信する

顔アイコン

外国政府に歓迎されるのは、なめられているか、組しやすい人物。
外交を担うものは、海外から嫌われたり恐れられて何ぼ。
民主の某氏が、韓国大統領に国を売り渡す気満々だった…。 削除

2008/11/12(水) 午後 6:19 [ 夏神 ] 返信する

顔アイコン

そもそも新聞社の始まりは政治結社ですよね。
イデオロギーのかたまりとみていいんじゃないか。
中立性を詐称するのは、そうしないとニュースを信じてもらえないからでしょう。
人工着色料は使ってません、と言わないと売れないのと同じ。
読者はそれとは知らずに紅ショウガに染め上げられているわけだ。

しかし、変態読者もおめでたいね。金出して洗脳してもらってるんだから。

2008/11/12(水) 午後 6:23 [ なかむら ] 返信する

顔アイコン

夏神様
もしかしてハニ―ちゃんがいるのかも?

2008/11/12(水) 午後 6:23 [ 極楽蜻蛉 ] 返信する

顔アイコン

>名無し係長氏

あれ?射水なのかい? 削除

2008/11/12(水) 午後 6:36 [ ちんけいうん ] 返信する

顔アイコン

yok*ta2*0*様
日本語の完全習得は外人には無理でしょう。日本語の性格で
言語を出来るだけ省略し、その意味を文化、風習で補完しながら
意思疎通を図りながら日本人は暮らしています。よって日本語は
日本に生活しないと、完全には習得できないようになっています。

ただ、それでも日本語を学びたいと思う人は出てくるでしょうし、
ある程度使える人はこれから増えてくるでしょうし、インターネットの
発達で、我々と会話することで、日本語を習得する人も増えるでしょう。
地味でも日本の思想が世界に広まることは、日本人にとって住みやすい
世界を作る上で重要だと思います。

英語は論理的な体系をもっていて、確かに日本語から見ると
広まりやすくてうらやましいです。ただ、言葉ではなく
相手を思う心や察する精神が日本語から伝わればよいかと思います。 削除

2008/11/12(水) 午後 7:10 [ uhaokw ] 返信する

顔アイコン

極楽蜻蛉様
横レス失礼します

つ【美女に迫られた男の本能】

自衛官ですら、やられちゃうんですから。
河野親子、2代で骨抜きにされてる姿を想像してしまいましたわ。
ま、宴席上うるうるした瞳で見つめられたら、余程精神力強くないと「轟沈」ですな

uhaokw様
私もね、日本語を学ぶ外国人が増えることは嬉しいです。
でも、日本人の根本にある「和」、「真・善・美」などについて彼らが学ぶか、と言えば残念ながらそうではない。
日本語を学ぶ理由は何か、という事をまず考えるべきでしょう。
言葉を学ぶということ=精神を学ぶ
という事ではないのです。
たとえば、英語であっても新渡戸稲造の「武士道」に感銘を受ける外国人は居るのです。

2008/11/12(水) 午後 7:53 [ - ] 返信する

顔アイコン

yok*ta2*0*様
>つ【美女に迫られた男の本能】
これ男性だけではないんですよねw
寒流に燃えたおば様みたいに女性も弱いのです。
やっぱり本能には勝てないのでしょうか?orz
いっそイスラムみたいな制度にしてしまえば 無敵になるのかもしれませんねwww
外国人が勉強するのはずばり金です。
日本人と全然違うんですよね。うちのスタッフにも勉強させるのですがすぐにそれとなしにそれお金になるの?ってな感じの答えが返ってきます。
目先なんですよね〜www

2008/11/12(水) 午後 8:03 [ 極楽蜻蛉 ] 返信する

顔アイコン

国籍法改悪反対。どの程度効果があるか分かりませんが、署名してきました。気分的にスッキリします。皆様もいかがですか? 削除

2008/11/12(水) 午後 8:26 [ white ] 返信する

顔アイコン

極楽蜻蛉様
>イスラム
一夫多妻でつか・・
私事ですが余計に女性と縁遠くなりそうです。orz
>勉強するのはずばり金
ええ、全てではありませんが、台湾や山東省に在任期間中強く感じました。
スキルアップやビジネス上のコミュニケーション・ツールとして日本語を学んでいる若者が多いような気がいたしました。
日本人が外国語を学ぶ姿勢とそう、変わり映えしないなと。

2008/11/12(水) 午後 8:55 [ - ] 返信する

顔アイコン

>95%
……多い 削除

2008/11/12(水) 午後 8:57 [ へぇあんたもナナシ(以下略 ] 返信する

顔アイコン

yok*ta2*0*様
勉強=金ですからね〜
少しは日本でもあるのですが物凄い露骨です。
>私事ですが余計に女性と縁遠くなりそうです。orz
私事ですが南国はいっぱい余ってるのですがwww

2008/11/12(水) 午後 9:03 [ 極楽蜻蛉 ] 返信する

顔アイコン

kum*for**er さま

そうでしたか。トンデモParryなんですか(笑)。
記事自体は、どうでもいい内容でしたから特に感想はないんですが、ただK国にとってたいへん重要と思われるこの時期に海外反日激賞メディア集めていったい何やってるんだ!とあきれるやら憐れむやら…。

明らかな作為があったと考えるべきかな、と思った次第。
ありがとうございました。 削除

2008/11/13(木) 午後 8:39 [ taki7500 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事