新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

三度目の何とやら

イメージ 1

イメージ 1

 本日発売の「SPA 11月25日号」P4に、インタビュー記事が載っています。内容はIMFと日本の1000億ドル資金供給についてです。 http://spa.fusosha.co.jp/
「夕刊フジ 11月14日版 韓国経済“崩壊”危機…止まらぬウォン安、年末要注意」にインタビュー記事が載りました。
http://www.zakzak.co.jp/top/200811/t2008111445_all.html
「Voice 12月号 特集 金融危機を突破する法」に「特集供‥譽▲献△隆躙韻焚仄錙韓国経済は崩壊寸前だ ウォン暴落、純債務国化−悪循環は連鎖する」を寄稿しました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B001IUMRZW/

【お詫び】
 Voice12月号の「韓国経済は崩壊寸前だ ウォン暴落、純債務国化−悪循環は連鎖する」に誤値がありました。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20081117-00000003-voice-pol
 のYahoo!版で言うと、下から9行目
誤:2007年の韓国の貿易黒字総額1150億ドル程度に対し
正:2007年の韓国の貿易黒字総額150億ドル程度に対し
 韓国の貿易黒字が1150億ドル(10兆円)もあるわけないですよね。何でチェックの時に見逃したのか(わたしは数字系については、意外にミスを見逃さないのです)不思議に思い、改めてVoiceの雑誌版を見直してみて分かりました。漢字で「一一五O億ドル」と書いてあったのですが、最初の「一」と後ろ三文字の間で改行されていたからです。う〜む・・・、大変申しわけありません。
 ところで、本日発売のSPAにもインタビュー記事(例によりP4です)が載っていますが、既に校正終了した雑誌系が一つ、校正中の対談もの雑誌が一つ、更に執筆予定の雑誌が一つと、三橋は専業でもないのに、わりと忙しい日々を送っています。意外なことに、この四つの中で半分は韓国経済関連ではありません。相変わらず韓国経済もののご依頼は多いのですが、その他のお仕事もご依頼頂くようになり、大変嬉しく思っています。
 いや、韓国ものを書くのが嫌というわけではないんですよ、もちろん。しかし、さすがに五連続で韓国経済ものとかになると、「韓国なんて、別にどうでもいいんです」などと言っておきながら、何を情熱傾けて韓国経済の話を書いているんだと、後ろから画面を覗き込んでくるゲッペルドンガーさんが現れるのです。まあ、楽しいからいいんですけどね。
 なんてことを書いておきながら、今日もやっぱり主役は韓国経済さんです。

ウォン・ドル相場(18日)1448.00ウォン
http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2008/11/18/0500000000AJP20081118002800882.HTML
ソウル外国為替市場(18日)
1ドル=1448.00ウォン(前日比39.00ウォン安・終値)
100円=1497.71ウォン(前日比36.84ウォン安・午後3時現在) 』

 人間の慣れというのは恐ろしいもので、そろそろ1ドル96円台も普通に感じられるようになって来ました。今の状況から、1ドルが三桁に戻ると、「円安過ぎ!」と感じるでしょう。
 同様に、韓国ウォンも1ドル1400ウォン台がすっかり板についてしまい、特にウォン安とは感じられなくなってしまいました。感覚が完全に麻痺しています。
 また、六日間連続の下落も、パーセンテージで一日3%近い下落も、いやいや。あの十月十六日の一日10%下落を見てしまうと、むしろ物足りなくさえ感じられてなりません。
 とは言え、韓国経済が日々厳しい状況に一歩、一歩進んでいるのは間違いないところです。
 さて、十月の韓国ウォンは、二度の1ドル1500ウォンライン接近を、それぞれサプライズにより回避した、と言うかドルウォンを1200ウォン台に叩き落すことに成功しました。(添付) 
 しかし本日のドルウォン為替市場で、三度目の1500ウォン挑戦が明らかになったわけです。韓国銀行は、今度はどのようなサプライズで1500突破を回避するつもりでしょうか。
 昨日のエントリーで掲載した、韓国企画財政省の申斉潤(シン・ジェユン)次官補の記事で、いみじくも明らかになった通り、韓国のウォン防衛ラインには外貨準備(流動性、不明)と、アメリカとの通貨スワップ協定しか準備されていないのです。いよいよ手駒がなくなってきた感じです。 
 いっそ、韓国の個人・法人を問わず「ウォンの外貨への両替禁止(あるいは制限)」くらいのラディカルな対策が必要な時ではないでしょうか。通貨暴落に対するオーソドックスな対策は、言うまでも無く利上げですが、韓国の場合、実体経済の悪化が顕著になり、利上げどころか利下げを繰り返している有様です。
 外貨への両替禁止があまりにもラディカルで嫌と言うのであれば、韓国人のビジネス目的以外の海外旅行、及び海外留学の禁止などはいかがでしょうか。真面目な話、この程度のラディカルな対策を打たねば、ウォン下落の趨勢は押しとどめられないと思います。

 さて、アメリカ経済に目を移すと、ビッグスリーの問題がいよいよ正念場を迎えようとしています。

〔焦点〕米ビッグスリー救済の行方に注目、破たんが招く雇用喪失に懸念
http://jp.reuters.com/article/wtInvesting/idJPnTK831517720081118
 米自動車業界が救済されればリーマン・ブラザーズ破たんが市場に大きな衝撃を与えた事態の二の舞は避けることができるかもしれないが、市場の抱える問題を払しょくできるとは考えにくい。
 世界の金融市場はゼネラル・モーターズ(GM)の動向に極めて神経質になっており、GMが破たんするようなことがあれば投資家の信頼感が一段と悪化しかねない。
 米民主党はそれを念頭に、GM、フォード・モータークライスラーのビッグスリーに対して総額250億ドルの融資を可能にする救済策を上院に提出した。法案によると、融資の期間は10年で、長期にわたる企業存続を確実にするために資金を用いることができる。
 しかし、ナイト・エクイティ・マーケッツ(ニュージャージー州)のマネジングディレクター、ピーター・ケニー氏は「GMに今週何かがおきた場合、それが何であろうと、市場に悪影響を与えるという見方に異論があるとは思えない」とした上で、「債券保有者が保護されなければ、市場には受け入れられないだろう」と語る。(中略)
 それに加え、自動車業界や部品業界など関連分野で大量の雇用が失われるという実体経済に及ぼす悪影響も懸念されている。
 GM、フォード、クライスラーのビッグスリーは議会に対し、彼らが25万人を雇用している上、直接および間接的に全米で400万人以上の雇用を支えているため、企業の健全性が米経済にとって重要な意味を持つと訴えている。
 そのため、ビッグスリーは3社とも、連邦破産法11条の適用申請は考え得る選択肢ではないと表明している。(後略)』

 今のビッグスリーには融資ではなく、アメリカ政府の資本投入が必要です!今更、財政赤字が少々増えたところで、別にいいじゃないですか。400万人が雇用を失うことに比べれば、数兆円を出資するくらい、どうということもないと思えます。しかも今回は、製造業の労働者を救うためで、ウォール街の高給取りを救うためでも何でもないのです。
 ビッグスリー破綻でアメリカで数百万人が職を失うなど、本当に勘弁して欲しいものです。911以上の衝撃を世界に与えます。

 人気ブログランキングに参加しました。
 ウォン下落が洒落にならない韓国経済wktk!な方は↓このリンクをクリックを。
https://blog.with2.net/in.php?636493 
 ※おかげさまで、人気ブログランキングの「ニュース部門」で首位奪還致しました。皆様のご協力に感謝します m(_ _)m

 新世紀のビッグブラザーへ ホームページは↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/index.htm
 新世紀のビッグブラザーへ blog一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/blog.html

閉じる コメント(140)

顔アイコン

IMF一人当たりGDP(USD)
2008.11.17現在 ()は2007年の順位

1(1) ルクセンブルク 97,186.45
2(2) カタール 72,829.06
3(3) ノルウェー 70,364.50
4(6) スイス 58,267.71
5(5) アイルランド 55,638.28
6(7) デンマーク 53,187.83
7(11) アメリカ 45,845.48
8(9) フィンランド 43,268.64
9(10) オランダ 42,951.86
10(16) UAE 42,849.65
11(8) スウェーデン 42,253.38
12(13) オーストリア 41,949.51
13(22) 日本 41,602.48 削除

2008/11/19(水) 午後 3:45 [ HRS ] 返信する

顔アイコン

14(17) ベルギー 39,513.01
15(18) フランス 38,542.04
16(14) カナダ 38,073.89
17(19) ドイツ 37,524.67
18(21) シンガポール 34,745.91
19(12) イギリス 34,220.69
20(15) オーストラリア 33,893.15
21(20) イタリア 33,306.62
22(4) アイスランド 29,730.96

日本はすごいなー(棒) 削除

2008/11/19(水) 午後 3:46 [ HRS ] 返信する

顔アイコン

>本日は迷勝負でした。
>KRWUSD 1444.9 -2.1 (-0.15%)
>KOSPI 1015.91 -20.25 (-1.95%)

韓国ネバリますね・・・て、自国の命運が掛かっているんだから必死で当たり前ですかね。明日の勝負に期待したいと思います(笑)

2008/11/19(水) 午後 3:59 [ mol*e*3333 ] 返信する

顔アイコン

HRS様
EU、中東は外国人労働者も沢山いるので国民一人当たりにすると反則ですねw
特にカタ−ル、UAEなんて国民20%に対して外国人労働者80%ですからねwww

2008/11/19(水) 午後 4:07 [ 極楽蜻蛉 ] 返信する

顔アイコン

>極楽トンボ氏

今日は、雷雪が酷いから、多分パソコン開けないかも(;^_^A
晴れた日でおk? 削除

2008/11/19(水) 午後 4:21 [ ちんけいうん ] 返信する

顔アイコン

極楽蜻蛉 様
カタールはこの7年間で一人当たりGDPが2倍以上ww
外国人労働者は良く出る話ですが。
2000年の1人あたりGDP順位(この時、日本は3位)に戻るとき
世界はどうなってるかなw 削除

2008/11/19(水) 午後 4:30 [ HRS ] 返信する

顔アイコン

HRS様
カタ−ル、UAEは崩壊始まったばかりだから数字はまだ下がらないかも…
ちんけいうん様
例の件だよ〜 色々悩んで絞ったw
2択だから一つ選んでください。

2008/11/19(水) 午後 4:37 [ 極楽蜻蛉 ] 返信する

顔アイコン

極楽蜻蛉 様
ドルペッグ制をいつまで維持できるかな?
北欧の通過防衛もそろそろ・・・。
ルクセンブルク、スイスもwktk。 削除

2008/11/19(水) 午後 4:44 [ HRS ] 返信する

顔アイコン

次世代戦車「黒豹」段階的導入、1段階では400台
http://www.wowkorea.jp/news/Korea/2008/1119/10050758.html
>軍が数段階に分けて「黒豹」を導入するのは、最近の景気停滞のためだけでなく、

韓国の役所の中の人、言い訳っぽいけど、正直に言えば完全に景気が悪いから予算が取れないと思う。
記事を見ると1台あたり5.5億円。
軍事の専門家じゃないから、この黒豹の実力がどんなもんかわからないですが、お得意様のトルコに輸出すれば外貨が稼げそうな気がするんですがねぇ。 削除

2008/11/19(水) 午後 4:45 [ ] 返信する

顔アイコン

南鮮ネットの論客ミネルバが警告を発しています。以下要約。
http://stock.moneytoday.co.kr/common/article_print.htm?no=2008111815311111595
ーーーーー
「現状が続けば、南鮮は年末あるいは来年3月までに破局を迎え、日本資本に編入されることもありうる」

「銀行は資金確保のために譲渡性預金証書CDを乱発しており、この大部分を日本資本が買い取った。その満期が来年1月だ」「すでに銀行は自己資本比率を低下させており、これ以上の融資は不可能。これから、銀行などすべての産業で倒産が起きるだろう」

「日本は、自主的にIMFに資金供給を申し出た。これは南鮮の債務不履行に対して、通貨スワップでなくIMFを通して対処すると言うことだ」

「今年の株価の底値については、KOSPIは500、ダウは5000だ、と思う」「不動産は今の半値になり、不況は2010年まで続くだろう」

当局の年金の株式市場への投入は「年金資金を半減させた」「実物経済は、資金注入によって一瞬で良くなるようなものではない」

2008/11/19(水) 午後 4:48 [ 経営者 ] 返信する

顔アイコン

HRS様
我々愛する韓国は何処にいったのでしょう?w
横様
肝心のトルコも金がないwww
経営者様
>南鮮の債務不履行
IMFに出したのは正解ですね。しかし中国も直接投資してませんでした?

2008/11/19(水) 午後 4:54 [ 極楽蜻蛉 ] 返信する

顔アイコン

極楽蜻蛉 様
韓国?出荷される前のフォアグラじゃなかろうか。 削除

2008/11/19(水) 午後 5:05 [ HRS ] 返信する

顔アイコン

極楽蜻蛉様
そうでした・・orz
しかも戦車を作る鋼材も高値・・orz

経営者様
>日本資本に編入
韓国の人は、どうしても日本が韓国を「併合」すると思っているのですね。厄介ですね。
近代脳のまんまと言う事なんでしょうか。
どうして中国やロシアが併合すると考えないのか不思議です。

HRS様
横レス失礼します。
キムチ臭漂うフォアグラを想像してしまいました。
マズソーダorz 削除

2008/11/19(水) 午後 5:39 [ ] 返信する

顔アイコン

>>雨太様曰く、「日清日露防衛戦争の再現回避のため、不本意ながら緩衝地帯温存せねばならない?笑っていられるうちが花かな。一体どうしたらいいのかな。」

IMF自動介入ラインを通貨と株に設定し、韓国が崩壊しそうになると、強制的にIMF経由で蘇生させれば良いとおもいます。
韓国がこの強制蘇生を呑むことを次の融資の条件になるように日本は努力すべきです。
このため、IMF融資を繰り返しうける国に関しては自動救済(自動介入)の受け入れることを融資の条件とするよう、日本は提案すべきだとおもいます。
許さず、逝かさず、手放さず。韓国のゾンビ化を進め緩衝地帯として活用しましょう。 削除

2008/11/19(水) 午後 6:16 [ 電脳物流 ] 返信する

顔アイコン

>横さま
黒豹という戦車、軍板では『ニダレルク』と呼ばれております。
あの国の工業製品の例に漏れず、中身はフランス製のパーツで構成されています。
フランスの主力戦車『ルクレルク』→『ニダレルク』という訳ですな。トルコに輸出するというのにも裏事情がありまして、トルコはクルド人問題で米国・EU諸国から武器禁輸処置を食らっているのです。
つまり、トルコに武器を売りたいフランスが迂回輸出を企んでいる訳ですよ。
当然、利益はフランスが吸い上げてしまいます。
日本が手を出さない武器ビジネスでの鵜飼い経済だったりします。 削除

2008/11/19(水) 午後 8:27 [ 西 ] 返信する

顔アイコン

>極楽トンボ氏


楽しみ(o`∀´o) 削除

2008/11/19(水) 午後 9:33 [ ちんけいうん ] 返信する

顔アイコン

韓国へは中東諸国が直接投資してくれれば
一番いいんだけどね。韓国は建設や造船と
いった中東が欲しい技術やノウハウを持っ
ていて、中東諸国は金と石油は持ってるの
で補完関係が成立する。
なにより中東諸国は奴隷の扱いに長けてるw
真面目な話、韓国人は本当の隷属というも
のを、一度知ったほうがいいと思うんです
よ。 削除

2008/11/20(木) 午前 7:18 [ ant ] 返信する

顔アイコン

いつもさかなさんのユーモアに感心して笑っています。
さかなさんは50代の日本人って感じがしましたね。
それにしてもこの正体不明のユーモアはネットならではですね。 削除

2008/11/20(木) 午後 8:58 [ FISH ] 返信する

顔アイコン

やれやれ、あからさまだな。
あとからこっそり擁護コメントか。 削除

2008/11/20(木) 午後 10:39 [ wktk ] 返信する

顔アイコン

>ビッグスリー破綻でアメリカで数百万人が職を失うなど、本当に勘弁して欲しいものです。911以上の衝撃を世界に与えます。

アメリカの不況は、米軍の配置にも影響し始めている。
ビック3の中でGMが潰れただけでも300万人の失業者が発生する。

実はアメリカ国内は、ホームレス急増で大変な事になっている。
失業者急増の為、治安も悪化している。 全米のあらゆる都心部にはホームレスのテント村が出来ている。

そのため既に外国に展開してる米軍を国内の暴動阻止のために呼び戻してる。

イラクの反米ゲリラや北朝鮮どころではないのだろ、アメリカ様は。
自分のヘマの尻拭いで精一杯、

だったら、日本は自主防衛・核武装で自分を守るべし!
その第一歩として、竹島紛争でもいい、日韓戦争、乙! 削除

2008/11/21(金) 午後 3:00 [ 自主防衛 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事