新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

ドル崩壊への道

SAPIO 12/17号に「[通貨危機]ウォン大暴落で借金国家に転落した韓国の土壇場」を寄稿しました。
http://www.zassi.net/mag_index.php?id=55
11/25 20:55〜21:20 J−WAVE(FMラジオ・81.3・首都圏ネット)「JAM THE WORLD」に生放送出演しました。
http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/cgi-bin/minutes/form.cgi?event=open&start=1
「SPA 11月25日号」P4に、インタビュー記事が載っています。内容はIMFと日本の1000億ドル資金供給についてです。 
http://spa.fusosha.co.jp/backnumber2008/cat_20081125.php

 サブプライム危機、厳密には08年9月のリーマン・ショック移行、世界経済、特にアメリカ経済はその姿を、それまでとは全く異なるモノに変貌させてしまいました。かなり崩れかかってはいたものの、それまでの市場中心主義はもはや跡形も無く消え失せ、残されたのは金融危機に悲鳴を上げ、政府に対し救済を求める米国超大手金融企業たちの姿でした。
 既に07年後半から、アメリカは大手金融企業たちを支えるため、新型証券融資制度を開始していました。すなわち(FRBの)窓口融資の枠を広げ、市場中心の金融政策」から、かつての日本のように「窓口中心の金融政策」へと大きく政策転換しようとしていたのです。そしてこの流れ(アメリカ金融政策の転換)は、リーマン・ショックにより決定的になり、もはや後戻りができない段階に至りました。

悩める中央銀行 膨らむ資産、劣化の恐れ 新たな懸念に警鐘(日本経済新聞2008年11月27日朝刊)
 米連邦準備理事会(FRB)ダラス連銀のフィッシャー総裁。全米に十二ある地区連銀のトップで最もインフレを警戒する「タカ派」だが、懸念がもう一つ加わった。FRBのバランスシート(貸借対照表)膨張だ。
「新年までにFRBの資産が三兆ドル(288兆円)に膨らんでも不思議はない。米国内総生産(GDP)の20%という額だ」。今月初め、そう警鐘を鳴らした。
【FRBは2.4倍】
 リーマン・ブラザーズが破綻する直前の九月上旬に九千四百億ドル(90兆円)だったFRBの資産規模は、わずか二ヶ月半で二兆二千億ドル(211兆円)と2.4倍に膨らんだ。金融機関や市場への資金供給を増やす目的で、証券や債権などの買い取りを拡大したためだ。
 二十五日には最大八千億ドル(77兆円)の住宅ローン担保証券や個人ローン債権を金融機関から買い取ると発表。借り手となる個人や金融機関の支援が狙いだが、買い取った債権はFRBの資産に計上され、バランスシートを膨らませる。早くも"予言"された「三兆ドル」が視野に入る。
 FRBの支援はまさに大盤振る舞いだ。▼ベアー・スターンズに二百九十億ドル(約2兆8000億円)▼アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)に千百億ドル(10兆円強)▼企業からのコマーシャルペーパー(CP)購入に二千七百臆ドル(約26兆円)・・・。(後略)』 

 かつて、サブプライム危機以前のFRBも、アメリカ国内の商業銀行に対して「米国債」を担保に窓口融資を行っていました。これが今や、対象の金融機関は投資銀行を含み(五大証券会社は無くなってしまいましたが)、住宅ローン担保証券(RMBS)や個人ローン債権を買い取ってまで、金融市場にドルを供給しようとしているわけです。しかも、企業のコマーシャルペーパー(短期の約束手形)まで買い取るとは・・・。まさしく隔世の感といったところです。
 リーマン破綻前には90兆円だったFRBの資産規模が、わずか二ヵ月半で211兆円にまで膨らんだわけですが、量の拡大もさることながら、質の低下も相当にデンジャラスです。かつては(新型証券融資制度スタート前は)FRBの資産の九割を占めていた米国債の割合が、今や二割にまで低下してしまったのです。残りは新型証券融資スタート後に新たに受け入れてきた、信用力の低い債券などで、価値が今後目減りしていく可能性を誰も否定できません。
 この状況で、アメリカはGCC(湾岸協力会議)による共通通貨「カリージ」導入(2010年予定)を迎える予定でした。ご存知、アメリカのドル機軸通貨制度が成り立っている理由の一つは、米国債の格付けがAAAだからです。そしてもう一つは、原油のドル決済、もっと言えばサウジアラビアがドルで原油を売っているからなのです。
 先日、アメリカはGCCに対し、共通通貨導入の先送りとドルペッグ維持、米国債の購入を要請し、GCC諸国は基本的にはこれを(安全保障強化と引き換えに)受け入れる意向のようです。しかし裏を返せば、ドルがいかに危うい状況にあるか、アメリカがGCCに「共通通貨導入を先送りしてくれ」と言わねばならないほど深刻な事態であることが分かり、寒気を禁じ得ません。
 また、GCCの共通通貨導入が先送りされたとしても、FRBの資産拡大、質の低下は止まりそうにありません。なぜならばアメリカ実体経済の悪化が加速する様相を見せているからです。

米消費、大幅落ち込み 1.0%、7年ぶり減少率
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20081127AT2M2603Z26112008.html
 米経済の内需不振が一段と鮮明になってきた。米商務省が26日発表した10月の個人消費支出は季節調整済みの年率換算で10兆399億ドルとなり、前月に比べ1.0%減少した。マイナスは4カ月連続で、米同時テロが発生した2001年9月(1.2%減)以来、約7年ぶりの大幅な落ち込みを記録した。住宅販売や耐久財受注も低迷しており、米景気後退は深刻化する可能性が出てきた。
 10月の消費支出の市場予想平均は前月比0.7%減。減少率は予想を上回った。9月中旬の米証券大手リーマン・ブラザーズの破綻以降、金融危機の広がりを背景に実体経済の悪化に拍車がかかったことを裏づけた。
 個人消費は米国内総生産(GDP)の7割程度を占める内需の柱。10月の消費支出が大幅な落ち込みを記録したことで、10―12月期の米経済成長率は年率換算でマイナス0.5%成長だった7―9月期に続き、2.四半期連続でのマイナス成長となる公算が大きくなった。』

 最後の買い手として世界経済を下支えしていたアメリカの個人消費支出が、四ヶ月連続でマイナス成長と落ち込みを続けています。
 十月のアメリカの経済指標は、個人消費の悪化に加え、住宅販売が前月比5.3%減、1991年以来、約十八年ぶりの低水準、更に耐久財受注が前月比6.2%減と、まるでいいところがありませんでした。特に耐久財受注は、自動車関連が対前月比▲4.5%、航空機関連(民間)が同▲4.7%、航空機関連(国防)が同▲10.1%、産業機械が同▲6.8%、家電・電子機器類が同▲5.3%と、まさに総崩れの様相を呈しています。
 アメリカ実体経済が悪化を続ける以上、金融の回復は望みがたいですし、不動産価格の下落はRMBSなどの価値を、時間の経過と共に毀損していきます。
 想像を絶するFRBの資産劣化、資産の不良債権化が進む中、米国債は果たしていつまでAAAを維持していられるでしょうか。政治的に格付け機関をコントロールできたとしても、米国債の市場価格が暴落したり、市場で売れなくなればそれまでです。
 上記「悩める中央銀行」の記事の最後に、日銀の元理事による懸念のコメントが載せられていました。
「通貨を発行するFRBが損失を負えば、ドルの信認低下は必至。政府が穴埋めしても、今度は財政が悪化し、やはり同じ結果になる」
 ドル崩壊(アメリカ機軸通貨制度の崩壊)の物語は、未だ佳境を迎えることなく続いているのです。

 明日は、韓国の10月の国際収支と純債務国化(9月末時点)、そして櫻井よしこさんについて。 

 人気ブログランキングに参加しました。
 アメリカ経済mjdkdk!と思う方は↓このリンクをクリックを。
https://blog.with2.net/in.php?636493 
 ※人気ブログランキングの「ニュース部門」でいつの間にか一位に復帰していました。皆様のご協力に御礼申し上げます。m(_ _)m 

 新世紀のビッグブラザーへ ホームページは↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/index.htm
 新世紀のビッグブラザーへ blog一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/blog.html

閉じる コメント(90)

顔アイコン

caj**orec氏

金(gold)だって交換価値を除けば漬物石か文鎮位の価値しかありません。それで古代ローマ以降2000年やってきたのだから、人の精神はいつまでも耐えられます。

# 半導体産業では金は必需品ですよ。20世紀以降の話ですが。 削除

2008/11/29(土) 午前 10:45 [ ace ] 返信する

顔アイコン

ちなみに金もダイヤモンドも価値下落のこと考えなければたっぷりあってホントに漬物石にするくらい供給は出来るのだとか
塩が共通通貨だった地域もかつてあったそうですしこれから何が起きるとしても何らかの形で貨幣経済は残るでしょ 削除

2008/11/29(土) 午前 10:55 [ ス内パー ] 返信する

顔アイコン

ス内パー 様
ダイヤモンドは物凄い量が存在し、いつただの石の価値になるかわからないくらい量があるそうですね。
今回のロシアの通貨下落もそこらの報復攻撃だと噂されています。デビアスもヴィトンと組まなきゃ価値を維持できなくなっちゃってるんですよね。w

2008/11/29(土) 午前 11:05 [ 極楽蜻蛉 ] 返信する

顔アイコン

でも金本位制は復活できませんよね? 削除

2008/11/29(土) 午前 11:19 [ アノマロカリス ] 返信する

顔アイコン

wis*tu*b*720 様
なにを買うかと言うとJGB日本国債です。国債買いまくればいいんです、景気対策バンバンやりましょう(道路・箱物建設は反対です)
円高なんですから、円安基調になるまでがんがん買いまくればいい。
私は定額給付金をもっと大々的にやればいいと思います。低所得者限定に一人100万円くらい配ったらどうですか?3000万人×100万円=30兆円(対象は日本国籍保有者だけです)。その名も人生出直し給付金。

2008/11/29(土) 午後 0:22 [ こう ] 返信する

顔アイコン

極楽蜻蛉様
コメントありがとうございます。

管理人さんの記事の表題は「ドル崩壊への道」
「ドルがどんどん紙くずへと近づいている」という内容のようですが・・・
管理人さんの著書名はズバリ「ドル崩壊」。
ドルに対して、「暗い未来」以外書かれておりません。

中東経済もヤバイし、中国は一年遅れで韓国を追っかけているような状態。
残るは日本だけですが、ドルは日本の通貨ではありません。
日々毀損していく、他国の通貨を支えられるとは思えないのですが。

2008/11/29(土) 午後 0:29 [ caj**orec ] 返信する

顔アイコン

「円」の基軸通貨化はヤバイんではないでしょうか。

基軸通貨特権なんぞ持ってしまうと、自国通貨さえあれば世界中から安い物資を
買いあされますが、それをやると古代ローマや現在のアメリカのように国内の
健全な農業、工業基盤が解体されてしまうのですよね。単にモノとしてのインフラ
がさびれるだけでなく、社会階層としての農民層、職人層といったものが完全に
解体され、根無し草の無産階層になってしまいます。

そして「恒産なければ恒心なし」です。

基軸通貨特権というのは、とーっても口当たりの甘い猛毒だと思います。

覇権国家など偉くなりたい田舎者に任せて、(どうせ今後もスペイン→オランダ
→英国→アメリカの様に担い手は変わるでしょうが)日本はその間ずっと世界第二
の経済大国で居る、というような性格の悪い国家戦略でいくのがいいと思います。 削除

2008/11/29(土) 午後 0:45 [ CatSit1 ] 返信する

ダイヤモンドの価値は美しさなんかよりも「安定した資産」である事が重要だと聞いています。
つまり暴落しないような生産調整も結構やっているという話です。
最初に知ったのはゴルゴなんですが結構ありえるネタだと思います。

2008/11/29(土) 午後 0:56 [ 三つ子のキャットシットワン ] 返信する

顔アイコン

CatSit1様
>「円」の基軸通貨化はヤバイんではないでしょうか。

軍事力という保証がない通貨ですから実現しないんじゃないですか?
ついでに資源等の裏付けもない。(領海資源はおいといて)

ドル崩壊がどの程度の影響があるか分りませんが、貨幣経済の崩壊は
日本にとって本物の危機でしょうね。

2008/11/29(土) 午後 0:59 [ Antithesis2 ] 返信する

顔アイコン

CatSit1様

>「円」の基軸通貨化はヤバイんではないでしょうか。

そのとおりだと思います。
戦争の出来ない日本政府にそんな能力、覚悟、度胸はありません。
(根拠は示せませんけど・・・)
めんどくさそーだし。

2008/11/29(土) 午後 1:09 [ caj**orec ] 返信する

ただ基軸通貨の条件として「軍事力」「資源」があるとすれば、将来の基軸通貨はルーブル、あるいは中国ロシアあとインドかイランが同盟をすれば(上海条約機構)連中が覇権を握ると言う事でしょうか?
まぁ個人的には所詮狐と狸の化かし合いだとは思いますが。
何故かシャングリラと言う小説を連想してしまった。
炭素の排出権が経済の基盤になっているお話なんですが。

2008/11/29(土) 午後 1:09 [ 三つ子のキャットシットワン ] 返信する

顔アイコン

53人内定取り消しの日本綜合地所
1年前には1862円だった株価が、現在135円ぐらい。下落率92.7%。内定取り消しになってかえってよかったんじゃないのと思いたくなる下落ぶりです…。
ちなみに、モリモト
上場した2月25日の株価は2980円(終値)、昨日の株価425円。下落率は、85.7%。 削除

2008/11/29(土) 午後 1:13 [ 夏神 ] 返信する

顔アイコン

名無し係長 様

>中国ロシアあとインドかイランが同盟

2番目くらい大事な「信用」がないような気がします。
ついでにEU以上にまとまりのない共同体でしょうね。

特に露中印はお互い国境に問題を抱えていますね…

2008/11/29(土) 午後 1:18 [ Antithesis2 ] 返信する

ぶっちゃけ内定が53人って多くないですか。
たしか自分が昔うけたフコク生命なんかも採用予定が50人くらいだった気がしますよ。
会社の規模を考えると元々アレだった気がしますよ。
ところでCatsit1さんの名前ってあのCatshitoneですか?
自分もボタやパッキーは好きですよ。
特にボタは大好きです。おいしそう

2008/11/29(土) 午後 1:22 [ 三つ子のキャットシットワン ] 返信する

顔アイコン

三橋様 おめでとうございます!
あの「博士に独り言」が三橋様のSAPIOの記事を引用されていました。掲載記事の写真付きですよ。勿論、お隣の純ナントカでです。
取りあえずご報告♪ 削除

2008/11/29(土) 午後 1:34 [ bikuni ] 返信する

顔アイコン

夏神様

以前「ガイヤの夜明け」でやっておりました。

禿の一味が、投機目的で無理矢理つくった建設ラッシュ。
ミニバブルといったつまんねー名前がついておりました。
例の件を言い訳に、金も払わずトンズラ。

禿ってホントにロクデモネーやつらだぜ。

2008/11/29(土) 午後 1:52 [ caj**orec ] 返信する

顔アイコン

こちらのブログにはまだ程度の低い工作員しか来てませんね。
三橋さんもまだまだって思ってるんでしょうか?
最近の活躍からしてもそろそろもうちょっとレベルの高い工作員が来てもよさそうなものですが。

ところで、定額金給付についてダイヤモンドオンラインで散々批判しといてたんですが、どうやらドイツもやるようでトーンダウンした感じでニュース配信してましたね。
この政策はどうか自分にはわからんのですが、日本政府はまあやることは結構やってるなと思います。
日本政府の過去のバブル崩壊処理と今のサブプライム処理で日本のやったことの評価というか、そういった先見性みたいなものを解説していただけたらなと思います。
政府マンセーな訳ではないんですが、政府のやることって何でもかんでも批判しかされてないような気がするので、特に最近はひどいですよね。 削除

2008/11/29(土) 午後 2:22 [ 名無し ] 返信する

顔アイコン

<名無し係長様
HPによると社員147人で53人だったので、36%増するのは無理だろうと思ったので、それで書こうとおもったのですが、グループ企業だと500人以上いました。それでも10%程度の増なので、人事戦略が無茶じゃないのとは思いました。もっとも、離職率が異常に高い可能性もありますが…。内定取った人ももう少し調査したらどうなんだろうとは思いますが…。内定(内々定)が出た4月ごろでさえ4〜5ヶ月で株価が1000円下がってますからね…。確か、その頃もうすでに不動産業はかなり危険な状況だったと思うのですが、どうして6社も内定とってここ選ぶかなと思ったりしますが、よっぽど待遇がよかったんでしょうか…。
<caj**orec様
今の状況では、よっぽど大手じゃないといくら値下げされても買えませんね。だって、アフターケアーする前に潰れてしまうリスクが高いですから…。私の住んでいる家から川の向こうにマンションがどんどん建つのがここ2年ぐらい見えたのですが、私の住んでいる地方都市では、マンション買う資金があれば一軒家が土地付きで買えるのに、誰が買うんだろうと不思議に見てました…。 削除

2008/11/29(土) 午後 4:31 [ 夏神 ] 返信する

顔アイコン

購買力の底上げという意味で、定額給付金は有効な手段だと思います。先のバブル不景気においては、消費の先細り→物価の減少(デフレ)→企業の業績悪化→賃金の低下→消費の先細りとなっていました。今回はドルの価値下落があり、それに伴う信用の低下で外国人が保有していた株の現金化を行うことで日経平均株価の下落が起こり、景気感の後退が懸念され消費(国内)が落ちてきています。
これらに共通するのは消費の低下による景気後退で、これの解消には公的資金の市場への投入が必要です。しかしながら、これを行うには多額の財源が必要でかなりの負担になります。日本政府には、底までの財政出動を行う体力はないと思われます。(マスゴミが誘導する世論の影響など)また、財政出動を行っても日本人の場合は貯蓄に回ってしまい、あまり効果が見込めません。
しかし、日本の特徴として個人の貯蓄額が多いことが挙げられます。この為、この貯蓄を切り崩させることができれば政府の財政出動などよりも、遙かに効率的に内需の拡大ができるわけです。この様な側面から定額給付金という話が出たのだと解釈しています。 削除

2008/11/29(土) 午後 4:36 [ とも ] 返信する

顔アイコン

>アメリカはGCCに対し、共通通貨導入の先送りとドルペッグ維持、米国債の購入を要請し、GCC諸国は基本的にはこれを(安全保障強化と引き換えに)受け入れる意向のようです。>
アメリカのジャイアニズムですね。日本にも米国債の買取要請が来ない事を祈りますし、すでに日本は米国債を2004年から売却し続けています。中国が最大の米国債保有者です。
> ドル崩壊(アメリカ機軸通貨制度の崩壊)の物語>
これを避けるには、アメリカが、FRBを国有化すればいいのでは?
まあ〜財政赤字の拡大は避けられませんが。 削除

2008/12/2(火) 午前 2:41 [ 自主防衛 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事