新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

「人民元安に舵を転じた中国共産党 前編」からの続きです。
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/21155713.html

牽引役一転。世界の重荷 中国、不動産低迷 来年ゼロ成長も
http://www.business-i.jp/news/bb-page/news/200812030013a.nwc
 中国の急成長地区の深セン、広州で住宅価格が急落し、世界のGDP(国内総生産)成長率を半減させる心配が出てきた。
 不動産会社サヴィルズの調査によると、上海の住宅価格は7〜9月に前四半期比で19.5%下落した。中国の輸出品の約3割を生産する広東省で、最も急速な成長を続ける深センや広州では、集合住宅の価格が下げ足を早めている。
 マッコーリー証券によると、中国の民間建設は10月に前年同月比32.5%増を記録してから少なくとも16.6%減に落ち込んだ。景気後退局面にある日本や欧米諸国向けの輸出需要が減る中で、すでに成長の伸びが鈍化している中国経済に建設ブームの冷え込みが追い打ちをかけている。中国にとって建設は成長の最大の牽引(けんいん)役であり、GDPの4分の1に相当。7700万人の雇用を支えている。(後略) 』

 上海の住宅価格が前四半期比で19.5%下落って、さすがに嘘だろ〜っ!!!と言いたくなります。対前年比の間違いじゃないか、と言いたいところですが、中国のことだから分かりません。
 中国人民銀行(中国の中央銀行)は先月の26日に、政策金利を6.66%から5.58%へと、1.08%(何でこんなに細かい数値でオペレーションやっているのでしょう?)引き下げました。この引き下げ幅は、実はアジア通貨危機以来のものですから、中国当局の危機感をまざまざと感じ取れます。
 ところで、記事のタイトルのゼロ成長は、中国の不動産あるいは総固定資本形成がゼロ成長の意味かと思ったら、違いました。記事の後半に、以下の記述があります。

『アジアノミクスの主席エコノミスト、ジム・ウォルター氏は「中国は今や世界の景気減速の中心的存在となった。世界の成長が来年は恐らくゼロに近い水準に落ち込むという意味だ」と警告。同氏は来年の中国の成長率をゼロから4%と予想。30%の確率でマイナス成長の可能性もあるとみている。 』

 散々語りつくされてきましたが、毎年新たに市場に参入する新規労働力を吸収するためには、中国は年間8%以上成長しなければなりません。マイナス成長やゼロ成長どころか、4%成長であっても共産党は重大な危機に追い込まれます。
 先日、香港紙で中国の十月の成長率が5%にまで低下したという、微妙にディスインフォメーションっぽい報道が流れました。もしもあれが事実だとすれば、来年の中国の経済成長率が4%未満に落ち込むことは、可能性として充分にありえるでしょう。
 そこで中国のGDP構成の話に戻りますが、「純輸出」「総固定資本形成」「政府消費支出」「個人消費支出」というGDPの四項目のうち、個人消費支出を拡大させることはとりあえず望み薄です。インフレと失業率拡大が続いているというのもありますが、大本の社会保障制度の問題が解決しない限り、中国人の貯蓄率が下がるとは思えません。中国にまともな社会保障制度を構築するには、もう一度共産革命でも起こさない限り不可能でしょう。
 そして総固定資本形成(具体的には、対不動産バブル崩壊)対策としては、中国当局には利下げを繰り返すくらいしか手の打ちようがありません。世界的に信用収縮が起きている状況で、不動産バブルの夢よ、もう一度などと、超リアリスト揃いの中国共産党上層部が考えるわけないです。ついでに書くと、昨日のエントリーにも書いたように、中国不動産バブルの中心だった上海の人気が、大きく落ち込んでしまいました。要は、上海不動産市場はリスクが高すぎて、投資家に嫌気がされているわけです。
 そうなると、中国の頼みの綱は「政府消費支出」になるわけですが、中国政府が57兆円の景気対策をぶち上げたのはご存知の通りです。
 ところが、この57兆円の景気対策も、相当眉唾モノのようです。

実は10兆円? 宣伝で先手 中国57兆円景気対策の内実
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200811120103a.nwc
 中国政府が9日、総額4兆元(約57兆1360億円)の一大景気対策を発表し、アジア株が急騰したが、過剰な期待は禁物だ。“真水”の新規事業は半分以下になりそうだし、財源も不明確だからだ。(中略)
 既存事業・計画分を割り引けば、純然たる新規の景気刺激策は4兆元の半分以下から3分の1にとどまりそうだ。とすれば日本円で単年度10兆円程度にとどまり、騒ぐほどでもない。(後略)』

 総額や真水分、それに財源の問題もありますが、いずれにしても政府支出が景気拡大に貢献するには、ある程度のタイムラグが必要です。ついでに書くと、汚職まみれの中国では、「真水分」対支出総額の比率も他国よりも低くなることは確実です。
 こうなると、結局は元に戻って再度「純輸出」の拡大を図るということになり、冒頭の人民元安誘導となるわけです。
 しかし、現在の世界経済はアメリカを中心とした「需要の収縮」が最大の問題なわけであり、中国の人民元安誘導が輸出拡大に貢献するかどうか、正直疑問です。なぜならば、通貨暴落状態になっているにも関わらず、輸出が対前年比で減少してしまった韓国という存在があるからです。
 もちろん中国共産党のことですから、韓国の現在の苦境をじっくりと凝視、観察した上で、人民元安誘導を選択したのだとは思うのですが。
 
 ところで、前述の「57兆円の景気対策」の財源に絡み、「中国は世界最大の外貨準備がある」などとアホな論調があるので、付け加えておきます。中国が溜め込んだ膨大なドルを内需拡大(具体的には政府支出拡大)に使用するには、当然、ドルを人民元に変えなければなりません。10兆円でも20兆円でも別に構いませんが、これほど膨大なドルを人民元に両替したら、一気に人民元高圧力が強まり、折角の人民元安誘導も元の木阿弥です。
 また、人民元安は中国への輸入価格を押し上げ、インフレ要因となります。加えて政府の景気対策に外貨準備を使用せず(するわけないですが。日本の民主党じゃあるまいし)、人民元を市場に供給すれば、これまたインフレ要因です。
 現状、外需縮小の煽りを受け、沿海部の失業率が急上昇(既に今年初めから二千万人の失業者が出たという報道もありましたね)していますが、ここに不動産バブル崩壊と建設不況が重なると、恐らく数千万人単位の失業者が生じます。
 インフレーションが収まらない中、失業率が急上昇し、沿海都市に数千万人の失業者が溢れたら・・・。スタグフレーションという双頭の蛇は、中国という巨大な存在を容赦なく締め付けて、食い尽くそうとしているのです。

 人気ブログランキングに参加しました。
 中国経済もカウントダウンが始まった!と思う方は↓このリンクをクリックを。
https://blog.with2.net/in.php?636493 
 ※人気ブログランキングの「ニュース部門」でいつの間にか一位に復帰していました。皆様のご協力に御礼申し上げます。m(_ _)m 

 新世紀のビッグブラザーへ ホームページは↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/index.htm
 新世紀のビッグブラザーへ blog一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/blog.html
 関連blogへのリンク一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/link.html

閉じる コメント(118)

顔アイコン

反日活動している在日朝鮮人は一部だと思うが。
その一部がプロフェッショナル的に激しく活動している。
たぶん本国の支持で工作員として頑張って職務を遂行中なんだろう。

ただ日本人としては。
普通の在日がもっと声を出して、そんな反日の在日を批難してほしいと思う。

日本人には全在日が一丸となって日本の破壊活動をしているように感じる。

2008/12/6(土) 午前 2:42 [ dok*ch*200* ] 返信する

顔アイコン

なんとなく・・・。

中国は徐々に民主化して日本的になり。
日本は徐々に主体化して朝鮮的になり。
朝鮮は徐々に共産化して中国的になる。

ような気がする^^。

嫌な感じのフォーメーションだなぁ〜。

2008/12/6(土) 午前 2:48 [ dok*ch*200* ] 返信する

顔アイコン

フォーメーションじゃなく、ローテーションだった。

2008/12/6(土) 午前 2:52 [ dok*ch*200* ] 返信する

顔アイコン

>川西氏


だから、『民主』とした。 削除

2008/12/6(土) 午前 4:50 [ ちんけいうん ] 返信する

顔アイコン

以上の理由から中国は分裂してくれるとありがたい・・・

(裂してるような国は休戦協定を結ぶまではいつ戦争になってもおかしくないわけですから、外国からの投資はガクンと減るはずです。当然、国力は落ちます。(但しこれは対外戦争でも同じだが)
地政学から考えれば分裂中国はいかに日米と仲良くするかが大事になります。彼らが地政学を知らないはずはありません。よって全勢力が反日になることはありえない。(感情で動く朝鮮人とは違う)
C羚餾濬擦遼人の安全について。外国人を人質にとるような真似は国際社会からの信任を放棄する行為ですから即ち国際舞台から退場=敗北となりその勢力は正統中国を名乗ることはできない。
WW2戦勝国という立場を失い(どこかが引き継ぐかもしれんが)、内乱で起きるであろう自国民に対する人権蹂躙により日本を非難する資格さえ失う。
13億市場の看板を失う。 削除

2008/12/6(土) 午前 7:33 [ るきあ ] 返信する

顔アイコン

横様

>企業の利益は株主価値を高めるために存在していますから、利益が出れば
(1)配当金を支払う
(2)借金の返済をする
(3)新しい成長分野に投資するために内部留保する
(4)自社株買いをする

教科書のようですなw
あの、日本企業のBSがぴかぴかなのはブログ主も
何回か書いている通り。借金の返済はいまや優先
事項ではありませんよ。

<加速する自社株買い>
http://www.business-i.jp/news/kinyu-age/news/200812040012a.nwc
<自社株買い企業一覧>
http://www.toushi-radar.co.jp/finance/jisyakabu.htm

そもそもこの利益国内還流政策は、日本国内での投資や
研究開発を促すため。もちろん、その狙い通り、国内
投資が活発化すればそれがBEST。ただ、すぐに投資
案件が見つからない企業はそのお金をどうしますかとい
うこと。今の流れは自社株買いですよw 削除

2008/12/6(土) 午前 7:36 [ 八方愚人 ] 返信する

顔アイコン

>横様
また、カントリーリスクを述べられていますが、元々海外の子会社の利益を親会社に還流する緩和策なので、すでにリスクはとった上で利益を得ていると考えられます。
ですから、子会社のある当該国に対して工場等を増強したり、収益を上げるためさらに上位の技術移転などをすれば良い、と考える経営者も出てくるでしょう。

そもそも、何で海外に利益が滞留しているのか?
その国での有力な投資案件や追加投資がないからですよ。
また、第3国に投資しようとしても、カントリーリスク
が大きいですよね。

で、「海外に滞留している利益」をどうするか?という
話。基本的に日本に還流させようとしているわけです。
恐らく私と横様との論議の前提が違っているようですね。 削除

2008/12/6(土) 午前 7:48 [ 八方愚人 ] 返信する

顔アイコン

<物価高都市番付>北京が香港を抜く、日本はアジアNo.1―中国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081206-00000001-rcdc-cn

コメントがすごい 削除

2008/12/6(土) 午前 8:11 [ 夜勤バイト ] 返信する

顔アイコン

定額給付金1万2千円、中止のお知らせです。
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org22358.jpg
701万人が見てる国籍法改正案まとめサイト
http://www19.atwiki.jp/kokuseki/pages/30.html 削除

2008/12/6(土) 午前 8:46 [ 国籍法改正案 ] 返信する

顔アイコン

普通にPER1を割る株が沢山あるんだから、日本人は株買うべき
なんですけどね。円キャリーの巻き戻し資金が日本に溢れている
はずで、その資金で株を買い支えれば、単に株主が外資から
日本人に変わるだけになります。 削除

2008/12/6(土) 午前 9:39 [ uhaokw ] 返信する

顔アイコン

uhaokw 様
>円キャリーの巻き戻し資金が日本に溢れている
はずで、その資金で株を買い支えれば・・・

で、何でそうならないのかw
分析キボンヌ 削除

2008/12/6(土) 午前 10:04 [ 東方愚人 ] 返信する

顔アイコン

三橋様、毎回読ませていただいております。
門外漢にも分かりやすい解説、勉強になります。

ブログ形式ではありませんが、リンクいただければ幸いです。
「電脳てむじん」
http://www2.tba.t-com.ne.jp/Temzzin/
同人(W)と評論のページです。歴史の裏話、認知論、論理階梯論、不正行為の習慣化などの考察をしています。毎日問題や押送する中国様の分析もあります。 削除

2008/12/6(土) 午前 11:02 [ てむじん ] 返信する

顔アイコン

関係ない流れですいません
韓国ウォンに12月危機説 アイスランドのアジア版か2008年12月号[ビジネス・インサイド]
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20081127-00000000-facta-int
暴落した韓国の通貨ウォンが、年末にかけて再び急落するという「12月危機説」が広がっている。(中略)現在の韓国を支えているのはシンガポールとみられるが、12月には手を引きそうなのだ。97年に韓国を救った国際通貨基金(IMF)も今はアイスランドなどで手いっぱい。14日にワシントンに集まった日中韓財務相が会談、スワップ枠拡大などで危機を乗り切ろうとしている。
文中、シンガポールが韓国を支えているという記述がありますが、これどういう背景があるのか御存知の方おられますか? 削除

2008/12/6(土) 午前 11:04 [ NYAO ] 返信する

NYAOさん、普通に韓国とシンガポール、ブラジル、メキシコあたりがスワップ協定結んでいるらしいです。

2008/12/6(土) 午後 0:17 [ 三つ子のキャットシットワン ] 返信する

顔アイコン

田母神元航空幕僚長
「たかじんのそこまで言って委員会」放送終了後懇談
http://jp.youtube.com/watch?v=-uMkYoMSDao&feature=related

前に紹介した番組終了後の動画です。全部で6分弱とあまり長くないので、最後まで見てください。それにしても田母神氏のボケは最高ですね!私は好きです。この様な方がどんどん出演するようになれば、テレビ局の評価も上がるのにねぇ・・・ 削除

2008/12/6(土) 午後 1:01 [ 大和朝廷 ] 返信する

顔アイコン

八方愚人様
無理やり取引会社にして隠している資金も相当あります。
>第3国に投資しようとしても、カントリーリスク
が大きいですよね
これは当たってますね。何処の国も国益が大事ですから…

2008/12/6(土) 午後 1:30 [ 極楽蜻蛉 ] 返信する

顔アイコン

大和朝廷様
またまた痛快な映像ありがとうございます。
まずは最近横柄になり、おもしろく無くなった、太田光と対戦させたい。
中身でも、ギャクでも田母神さんが圧勝だと思います。
太田光、この話があがったら敵前逃亡?

2008/12/6(土) 午後 2:43 [ caj**orec ] 返信する

顔アイコン

2008年11月度車種別車名別新規登録台数
http://www.jaia-jp.org/j/stat/nc/200811shasyu.htm

やったねパパ、先月は27台もヒュンダイが登録されたよ!w

2008/12/6(土) 午後 5:28 [ hi_*o*on*7 ] 返信する

顔アイコン

名無し係長様 ありがとうございます。 削除

2008/12/7(日) 午前 0:09 [ NYAO ] 返信する

顔アイコン

>政策金利を6.66%から5.58%へと、1.08%

1/15 → 1/17 ではないでしょうか?

すると次の引き下げだと 0.88%下げて 5% = 1/20 とか 削除

2008/12/7(日) 午後 4:58 [ 擁護派(今日の当番) ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事