新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

三橋貴明診断士事務所を開設しました。お仕事のご依頼はこちらから http://takaaki-mitsuhashi.com/
SPA12月30日号にインタビュー記事が掲載されています。(P6です。) http://spa.fusosha.co.jp/
集合知プロジェクト 進行中! http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/folder/1158306.html

 新年早々、メディア凋落のニュースが立て続けに報道されています。まあ、基本はJ-Castですが、このこと自体が、2009年を象徴しているように思えます。ちなみに、わたしは2009年は、日本のマスメディアの「リセット」元年になると確信しています。
 アメリカや韓国では、いち早くネットメディアがレガシーメディアよりも社会に大きな影響を与える状況が進み、レガシーメディアの淘汰が始まっています。(果たしてNYTは生き残れるのでしょうか) 
 日本におけるマスメディアの凋落は、確かに捏造情報やミスリードを繰り返す、極めて質の悪いメディアの蔓延が理由の一つですが、それ以上に彼らレガシーメディアのビジネスモデル崩壊の方が、原因としては大きいでしょう。そしてビジネスモデルの崩壊である以上、例えば毎日変態新聞の朝比奈が退陣し、よりネットに迎合する経営者がトップについたところで、流れを変えることは不可能であるということを意味しているのです。
 既存の広告モデルが崩壊しつつあることもありますが、やはりレガシーメディアのモデル崩壊の最大のポイントは、情報の拡散性のスピードが劇的に上がったことと、及びそれに伴い消費者のニーズが多様化し、速報よりも分析にシフトしてきていることです。
 新聞の本来の意義は、文字通り「新しい聞」、つまり新しい情報を届ける事でした。ところがネットの発展により、重要なニュースは新聞よりも数時間、下手をすると数日も速くユーザの間に広まるようになり、「記者が書き⇒紙に印刷し⇒販売店が配る」このモデルでは太刀打ちできなくなったのです。
 ユーザにとっては既知の情報ばかりを、紙に印刷して配ったとしても、そんなものにお金を払う人はいません。しかしそれが、現在の新聞のビジネスモデルのそのものなのです。
 もう一つ、ユーザのニーズが多様化し、分析にシフトしている点ですが、情報化社会と言われてすでに久しく、現代社会では膨大な情報が駆け巡っています。そんな中で、一般の消費者は自分に必要な情報(のみ)と、その情報が自分にどのように有益かにまで踏み込んだ分析記事を強く欲しています。
 しかし現実には、新聞記者には、少なくとも消費者のニーズを満たすレベルの質を伴った分析は不可能なのです。なぜならば(これは実際に元某新聞の記者さんから聞いた話ですが)新聞記者はそれこそ社会で日々発生する、様々な事件や現象について追いかけ、記事を書かねばならず、深い分析など行う時間も無いし、そもそもその能力さえ持っていないのです(別にけなしているわけではありません。人間の能力には限界があって当たり前です)。
 要は専門性に欠けるわけですが、これは記者が一人の人間である以上、当たり前の話です。例えば日夜、新しい話題を追いかけ続ける新聞記者が、「ドル崩壊!」クラスの金融の細かいプロセスに突っ込んだ記事を書けるはずが無いです。時間的にも能力的にも無理でしょう。
 わたしは以前も書いたように、「メディア業界」が無くなるなんて、一度も思ったことはありません。メディアは新しいビジネスモデルを構築し、しっかりと生き残るでしょう。近々、消滅するのは、旧ビジネスモデルに固執しているレガシーメディアだけです。
 消費者のニーズを真正面から見据えれば、次世代メディアのビジネスモデルは何となく分かります。
 専門的な記事や分析はその道の専門家に任せ、それを巧みに結びつけ、デジタル速度で配布するモデルであれば、消費者はお金を払う価値を認めるでしょう。要するに、小さな(それこそブロガークラスの)メディアがネットワークで結び付けられ、互いの長所を活かして一つの「新聞」を作り上げるモデルです。そしてユーザ側は、自分が必要なコンテンツだけを選択し、ペイパーリードでお金を払うのです。
 韓国発のオーマイニュースは、新しいモデルという点で方向性は正しかったのですが、少なくとも日本のユーザは素人が書いた記者の記事にでお金を払うことはないでしょう。(オーマイニュースは広告モデルでしたが)ペイパーリードでお金を払うということは、コンテンツの筆者に継続性が無ければならず、次から次から登場する素人記者ではダメなのです。
 また、メディアのビジネスモデルが変化するに従い、これまでのように「情報を獲得する」行為も、記者の特権ではなくなっていくでしょう。アメリカではすでに、有名ブロガーがレガシーメディアの記者と区別されず、当局に対し質問をする機会を得ています。今後の日本でも、今までのような巨大なメディア企業のモデルではなく、より小さなメディア(しかも継続的に書き続ける、専門性が高いプロフェッショナルのメディア)の有機的な結合が、消費者の支持を獲得しえる有効なモデルになるのではないでしょうか。
 メディアのフラット化ですね。

 ところで、未来のメディアのモデルは置いておいて、日本の五大新聞と言える読売、朝日、毎日、産経、日経の五社も、ビジネスモデルが崩壊する中、それぞれ独特の対応を示していて、診断士としては大変興味深いです。
 ■ネット興隆に対し、合従連衡で乗り切ろうと試みているANY(朝日、日経、読売)
 ■ネット興隆に対し、それを機会として捉え、新たなビジネスモデルの模索で生き残りを図っている産経
 ■ネット興隆に対し、頑なに背を向け、ネットを敵視する姿勢を崩さない毎日変態新聞
 彼らのそれぞれのソリューションの結果は、確実に今年中に明らかになるでしょうが、とりあえず一番下の変態は破綻するでしょう。先日、「誰が給料を払ってくれるのか?」というエントリーを書きましたが、毎日変態新聞は「誰が給料を払ってくれるのか」を理解していないどころか、「給料を払ってくれる人」を敵に回しているのです。
 改めて考えると、凄い新聞社です、ここは。

後編に続く
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/22494239.html

閉じる コメント(28)

顔アイコン

実際に「正しい」ってのは難しいでしょうね。きっと。保守派と呼ばれる人たち、左翼と呼ばれる人たち、「真ん中」と称する人たち、そして無関心な人たち、、、それぞれにとって「正しいこと」の意味は異なります。
例えば憲法問題で言えば、「改正すべき」「改正すべきでない」と二つに分けても「改正すべき」「改正すべきでない」という意見の中にも技術的に細かく分かれるでしょうし。結局「正しい」の定義はきっと個人の認識に近いものじゃないでしょうか。
「正しい」とは何なのか。正直自分にとって「正しい」とはセンセーショナルな要素がなく、イデオロギーに染まらず、プロパガンダでもない一次資料に基づくもののみ、淡々と伝えられるものと思います。それが意図的に脚色されて、報道自体が嗜好品のごとき「商品化」してしまったことがレガシーメディアの失敗なのかなと思います。嗜好品であれば好みである程度作りかえられますから。

2009/1/3(土) 午後 4:42 [ 古の碧き泉より ] 返信する

顔アイコン

テレビなんかも、チャンネルひねれば(表現が古いw)無制限に無料で番組が見られる、というスタイルが長い間続きましたけど、
今後は本当に欲しい情報を視聴者が労力と金を払って選択しなきゃならなくなるんですかねえ。
既存のメディアはリテラシー能力の無い人か貧乏人しか見なくなるような気が・・・

「悪魔のマーケティング」というタバコ業界の暗部を突いた本のオビの文句で
「タバコなんてもんはガキと貧乏人と黒人と、あとバカに吸わせとけ」
ってのがあったんですが、メディアにもあてはまりそうですね。

「テレビなんてもんはガキと貧乏人とバカにでも見せておけ」
バカってのはアカと差し替えても可かなw

2009/1/3(土) 午後 4:54 [ toz*nf ] 返信する

顔アイコン

ふーん 明らかに事実に反する捏造記事を撒き散らしたり、自分達の主義主張に反する事実を隠蔽して印象操作を図った結果読者が離れてしまい、なおかつ押し紙で販売店の経営を圧迫し責任を取ろうともしないメディアを国民の税金突っ込んで救済するんですか…

すごい国ですね、こんなコトされてもその国の国民は怒らないなんて。少なくとも日本ではありませんね。どこの滅亡国家なんだろう。 削除

2009/1/3(土) 午後 5:01 [ nanasy ] 返信する

顔アイコン

>toz*nfさん
>今後は本当に欲しい情報を視聴者が労力と金を払って
>選択しなきゃならなくなるんですかねえ。

たぶん世の中の99%の人は専門外や興味の無いない分野の知識なんてマスコミの受け売りですよ。全ての分野でそんなことをするほど暇な人はそれほど居ないでしょう。 削除

2009/1/3(土) 午後 5:17 [ あかさたな ] 返信する

顔アイコン

赤子神様、明けましておめでとうございます。

>アメリカではすでに、有名ブロガーがレガシーメディアの記者と区別されず、当局に対し質問をする機会を得ています。

電凸もある意味、正常な流れということですね。 削除

2009/1/3(土) 午後 6:06 [ 日丁 ] 返信する

あれ?さかな発見!(o`∀´o)
今のマスゴミのほうが、嘘捏造だらけなんだけどな(´・ω・`)
もう、公器を自称する便器。中身は糞まみれ、と言って過言でないけど(´・ω・`)

2009/1/3(土) 午後 6:33 [ ちんけいうん ] 返信する

顔アイコン

新聞の崩壊と言うよりも
『販売店システムの崩壊』かも知れません。
誰かが取材し、情報をまとめることは必要です。
それをどんなメディアで流通させるか、が
時代によってかわってきます。

今後は「高価で有益な情報」と
「ただで低俗、不確かな情報」に
二分していくかなあ。
情報格差社会つうやつでしょうか。 削除

2009/1/3(土) 午後 6:34 [ キモ通 ] 返信する

顔アイコン

最後の点、変態の給料について。
「給料を払ってくれるもの」に配慮をした行動はしていたと思いますよ。
ただし現在、そいつに金が無くなったので、給料が入ってこなくなっただけですが。
それプラスで、今まで日本人からの「搾取」が難しい方向になっている、ということで。
(ある意味日本人向けのものじゃないので、日本人から料金を取るという行為は「搾取」と呼んで良いでしょう)

まあ、どの点においても、日本人であれば変態に金を払う類のことは「してはいけない」というところで。

2009/1/3(土) 午後 7:27 [ Percomboy ] 返信する

顔アイコン

毎日つぶれると生協新聞の印刷はどこに行くのだろう、親和性から言ってチョウ日ですか? 産経の配達は毎日の販売店がしてるから,これもどっかにかえないと行けないですね。 ま、いらないメディアがなくなる事に賛成。今年の9月迄選挙しなくていいよ何でマスゴミはそんなに急ぐのかね。 削除

2009/1/3(土) 午後 7:29 [ Japan ] 返信する

顔アイコン

>専門的な記事や分析はその道の専門家に任せ、それを巧みに結びつけ、デジタル速度で配布するモデルであれば、消費者はお金を払う価値を認めるでしょう

もう一つ。
『小額の料金を徴収するシステム』が必要です。
ネットでビジネスがうまくいかないのは、このためです。
そのためには、通信事業をNTTに統合してしまうべきです。
そうすれば、料金に『情報料』を上乗せすれはいいわけだから、この問題を解決できます。 削除

2009/1/3(土) 午後 9:13 [ 徳島県民 ] 返信する

顔アイコン

>徳島県民さん
要するにダイヤルQ2だとか、iモードみたいにですか?
確かに良いアイディアですねえ。 削除

2009/1/3(土) 午後 9:57 [ あかさたな ] 返信する

顔アイコン

>要は専門性に欠けるわけですが、これは記者が一人の人間である以上、当たり前の話です

橋が崩壊したときに取材を受けた教授曰く、
「マスコミは正しく書いてくれない。問題はそんなとこじゃないんだ」
嘆いておられました。

2009/1/3(土) 午後 11:55 [ mute ] 返信する

顔アイコン

賢い人は他人も賢いと思い、主体的な人は他人も主体的であると思いがちですが、それは間違いです。
何時の世も主体的な人は少数で、多くは流されて生きる人々です。流される人々は、最新の情報も必要としませんし、自分で考える事もしません。新聞というメディアはスポーツ芸能新聞的要素を強くしながら生き残ると思います。
毎日新聞の目指すべきは駅売りエロ夕刊紙のビジネスモデルだと思います。 削除

2009/1/4(日) 午前 1:29 [ 電脳物流 ] 返信する

顔アイコン

外国だとジャーナリストとしてブロガーが認められつつあるわけだけれど
あくまでも個人としての動きなわけで
ここで提唱されている集合知というのは、非常に日本人的だなぁ、と思ってはいた
これをもっと先鋭化させてビジネスモデルとして定着させろ、て事かぁ?
それ何てAll About?
あんまり成功しているようには見えんのだが…
利用者側がどう利用していいのかいまいちわからない、ていうのが問題な気もするー
自分が何を知りたいのか、理解してないと答えは探せない
利用者にも知識が要求されるとなると、根付くまでに時間かかりそーだなー

2009/1/4(日) 午前 1:32 [ りんくる ] 返信する

顔アイコン

silobraker見たいなのが今後伸びそうな気がします
http://www.silobreaker.com/ 削除

2009/1/4(日) 午前 2:20 [ snowman ] 返信する

顔アイコン

これは故山本夏彦氏が何度も述べていたことですが、「大新聞は宅配制度維持が出来なくなった時点で崩壊する」と、

私の周囲の狭い範囲の見聞では、どうも、その時機が到来しつつあるようでして、既に私の地域でも、「読売」でさえ単独の宅配は出来ず、数社の共同で宅配を維持しています。窓口は「日経」の店です。誤配・遅配のトラブルは頻発しています。

現在の新聞の発売部数の減少は今後止まる事はないでしょう。各新聞社にとって本当に深刻な事態であるのです。

宅配が無くなった時、誰が、相も変らぬ「反体制」「反日」「媚中」の今のようなシロモノを、コンビニやキオスクにわざわざ買いに出かけるでしょうか

2009/1/4(日) 午後 0:22 [ jeromekjerome ] 返信する

顔アイコン

新聞を取ることが「世の中についていく」的なイメージが崩れつつある。実際にインターネットが自分の周囲にあんまり発達していなかった頃は情報を選択できなかった。新聞しか。

2009/1/4(日) 午後 1:38 [ 古の碧き泉より ] 返信する

顔アイコン

アンケートです。おいておきますね。
http://www.vote-web.jp/cgi-bin/read.cgi?guid=ON&dir=eastasia&num=4 削除

2009/1/4(日) 午後 2:08 [ 檸檬之介 ] 返信する

顔アイコン

三橋様&皆様

遅れましてのおめでとう御座います。
今年も皆様のご教授賜らせて頂きます。

>メディア業界」が無くなるなんて、一度も思ったことはありません。メディアは新しいビジネスモデルを構築し、しっかりと生き残るでしょう

そりゃ、そうですわな。情報を取得するには、メディアという存在がなければ、暮らしに忙しい人が、自ら情報を掻き集めるのは容易ではないですしねぇ。人それぞれ、果たす役割があるという事でしょう。
しかし、今の今まで、このメディアがクソ過ぎた・・・。
情報を独占するばかりか、情報に毒を混ぜて我々に流すという悪逆ぶりwさっさと、旧来のメディアは、舞台から引き摺り下ろしたいですな。

>>市民さん
社会の便器たる新聞社がそんなに大事なら、北鮮か支那にでもいってらっしゃい。大変、気持ちよく生活出来るから。
あ、そうそう、鮮人たる君は迫害されるでしょうから、ダメかもねw 削除

2009/1/4(日) 午後 2:31 [ ゴブ ] 返信する

顔アイコン

赤字神様

要するにIZA!の有料課金版といったところでしょうか・・・ 削除

2009/1/8(木) 午後 0:30 [ よっしー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事