新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

外需依存と内需拡大

三橋貴明診断士事務所を開設しました。お仕事のご依頼はこちらから http://takaaki-mitsuhashi.com/
SPA1月13日号にインタビュー記事が掲載されています。(P4です。) http://spa.fusosha.co.jp/
集合知プロジェクト 進行中! http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/folder/1158306.html
 
 先日、中々良い質問をメールでくれた方がいたので、この場を借りてご回答いたします。

Q:外需依存度とは、GDPの成長に対し外需がどれほど寄与しているかという意味ではないのでしょうか。成長に対する寄与という点で見れば、日本は外需依存度が高いと言っても良いのではないでしょうか?

A:外需依存度は本来は「輸出対GDP比率」ですが、GDP成長への寄与度として使っている人もいます。
 それはそれで別に構わないのですが、もしも成長への外需(純輸出)の寄与度を「外需依存度」と定義するならば、少なくとも今の日本は外需依存国ではありませんし、「日本の外需依存度は高い」とは口が裂けても言えないことになります。
 なぜならば2008年のGDPにおいて、外需は成長に全く寄与していないどころか、逆に成長の足を引っ張っている有様だからです。例えば08年第三四半期を見ると、
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/qe083-2/rhikaku.pdf
 「財貨・サービスの純輸出 成長寄与度⇒マイナス0.2%
 また、2008年第1四半期から第3四半期までの純輸出の額を見てみましょう。
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/qe083-2/gaku-mg0832.csv
 2008年Q1 1兆5769億円
 2008年Q2 4450億円
 2008年Q3 ▲4450億円
 純輸出の成長率を対前期比で見ると、2008年Q1が-25%、Q2が-72%、Q3が-200%となります。
 対前年比の成長率で見ても、2008年Q1が-28%、Q2が-76%、Q3が-118%となります。
 少なくとも2008年は外需(純輸出)は全く成長に寄与していないわけです。よって2008年は外需依存度を「輸出対GDP比率」で捉えようが、「GDP成長に対する外需の寄与度」で捉えようが、両方とも「嘘」ということになります。
 恐らく、元々は外需依存度を本来の意味「輸出対GDP比率」で使っていたのが、実は日本の外需依存度が他国に比べるとそれほど高くない、むしろ低いという事実が広まってきて、困り果てた日経新聞などが「外需依存度は、GDP成長に対する外需の寄与度で使っているんだ」と、定義変更にトライしたのではないでしょうか。ところが、その定義の場合でも2008年には「日本は外需依存度が高い」は明確に、もうこれ以上無いほどに明確に「嘘」「出鱈目」ということになります。
 日経新聞は昨年末時点でさえ、「日本の外需依存度は高い」を繰り返していたので、一切言い逃れが不可能なレベルのミスリードと言うことになりますね。
 ちなみに、色々調べると外需依存度を「純輸出対GDP比率」で定義している人もいます。まあ、その定義であっても日本の外需依存度は(他国と比較して)無茶苦茶低いわけなんですけどね。
 例えば日本の外需(純輸出)が±0になると、日本の名目GDPは2%減ります。
 それに対し、中国でもしも同じことが起きると、GDPの9%が消滅することになります。
 さて、外国の需要に頼らなければGDPを維持できない、外需依存国はどちらでしょうか。

インタビュー:日本は内需拡大への改革必要=三井住友FG社長
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-35768320090108
 三井住友フィナンシャルグループの北山禎介社長は、ロイターとのインタビューで、現在の世界経済は構造変化が進行しており、日本は早期に輸出主導型から内需主導型システムに転換する必要があるとの考えを示した。
 金融機関もその前提を踏まえてビジネスモデルを再構築する必要があるとし、2009年は将来の成長戦略のための布石を打つ年になると位置付けた。
 また、08年4―12月期業績は計画の範囲内で推移しており、09年3月期業績予想を変更する状況ではないと説明。ただ、与信関係費用は通期想定の3700億円から若干上振れる見通しとした。
 インタビューの一問一答は以下の通り。
 ――世界経済の動向をどうみるか。
 「米国の住宅市場の先物価格を見ると、今は2010年の秋が底値だ。4カ月前は10年6月ぐらいが底値だったことを考えると、逃げ水のように先に延びている。10年のどこかのタイミングで底値を打つのではないか。それを考えれば、09年中に株式マーケットは底を打つかもしれない」
 ――日本経済への影響は。
 「今回起こっていることは、非常に大きな構造変化だ。米国の経常収支の赤字を日本や産油国などの黒字国が埋めてきた。そのお金で大きくなった米国の消費バブルがはじけ、今後、米国は赤字を、日本などは黒字をそれぞれ減らさなくてはならない。米国に直接、あるいは中国経由で輸出をしてきた日本の産業構造が崩れる。スピード感を持って内需でけん引できる経済構造を作り上げなければならない。構造改革の挑戦状を日本は突きつけられている」(後略)』

 ようやくこの手の声が、真っ当な内需拡大論が、日本の大手企業から聞こえてくるようになりました。一年前は「日本は円高、内需拡大戦略に転換せよ!」なんて言っていたのは、自分以外にはほとんど記憶がなく、非常に寂しかった印象を覚えています。
 あんまり書くと、またネタばれになってしまうので控えめにしますが、アメリカ人がホームエクイティローンなどで借金(要は将来の所得の先食い)をしてくれる需要拡大期に、日本は(アメリカにマネーを還流させることで)円安が続いていたわけです。これはもはや、輸出企業にとっては天国のような状況だった違いないのです。
 その分、日本国民や国内の中小企業は円安で購買力を奪われ、寂しい思いを続けていました。
 恐らくこの構造が輸出企業にとってあまりにも心地が良いので、冒頭の「日本は外需依存国家」伝説に繋がったのではないでしょうか。
 
 ところで「日本は内需拡大へ」とか書くと、また「少子化で内需縮小がどうのこうの」と言ってくる人がいると思いますので、予め書いておきます。世界には人口が毎年数十万人規模で減少していながら、ここ数年、GDPが毎年5%を超える経済成長をしている国があるのですよ。しかも内需の成長中心で。(さて、どこでしょう?)
 別にその国の真似をする必要はありませんし、日本とは国家のモデルが全く違うので、そもそも真似ることはできませんが、要は最初から「○×だから、ダメ」と決めつけるべきではないということです。きちんと情報・データを集め、分析し、事例を調べ、戦略代替案を幾つも検討した後ならともかく、当初から「どうせダメだから」と勝手に思いこみ、トライもしない人には、何かを成し遂げるのは難しいと思います。
 どうなるかではなく、どうするかなのですよ、結局は。
 
 人気ブログランキングに参加しました。
 日本経済、中韓と別の意味でwktk!と思う方は、↓このリンクをクリックを。
    https://blog.with2.net/in.php?636493 
 ※人気ブログランキングの「ニュース部門」で一位を継続中です。皆様のご協力に御礼申し上げます。m(_ _)m 

 新世紀のビッグブラザーへ ホームページは↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/index.htm
 新世紀のビッグブラザーへ blog一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/blog.html
 関連blogへのリンク一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/link.html

閉じる コメント(166)

顔アイコン

ローグ様
とっても良い事なのですが…
世界が壊れますw

2009/1/10(土) 午後 1:57 [ 極楽蜻蛉 ] 返信する

顔アイコン

>極楽蜻蛉さま

そうですね、壊れてしまっては…
とどめを刺すにはいい手ですが、多くの国にも迷惑が掛りますね
でも麻生総理の危機脱出宣言は、金利の引き上げをもってしたらいいのになぁ
ちょっと独りよがりで、失礼しました 削除

2009/1/10(土) 午後 2:42 [ ローグ ] 返信する

顔アイコン

>ローグ様

独りよがりじゃないですよ。新帝国主義の時代において、日本も生き残りをかけて
あらゆる手を打たなければなりません。
現実に実行に移すかどうかはともかく、わが国にはそのようなカードがあるということをもっと世界に周知させればよいのです。
なぜなら将来はともかく、憲法9条の縛りがある今日のわが国において、経済カードはもっと有益に使わなければならないと考えるからです。

ところで取り急ぎご報告を。
わたしのところにも麻生総理から礼状が届きました。
麻生総理ならびにクリスマスカード送付キャンペーンを呼びかけられた管理人様に
この場を借りてお礼を申し上げさせていただきます。
マスゴミという余計なバッファを噛ませずに、直に国民と政治をつなぐ機会を与えてくださり、本当にありがとうございました。
皇紀2669年は、米国でも支那でもなく、日本人の日本人による日本人のための政治経済をさらに進めていきましょう! 削除

2009/1/10(土) 午後 3:21 [ ブラックホーク ] 返信する

顔アイコン

面白いブログ発見!
定額給付金も(消極的だけれども)誉めてるし!

異をとなえん
http://munya.12.dtiblog.com/

国家論
経済
科学技術
都市地域論……
勉強になるとはこの事! 削除

2009/1/10(土) 午後 3:32 [ ヒルネスキー ] 返信する

顔アイコン

ローグ 様
>ちょっと独りよがり。
とっても良い事なのですが 日本は世界の債権を握っています。もし金利を上げたら 日本にお金が集中し極度の円高になってしまい 世界中が日本に借金返せなくなり 踏み倒されますw
何事もバランスが大事かと…

2009/1/10(土) 午後 3:39 [ 極楽蜻蛉 ] 返信する

顔アイコン

http://dallas.bizjournals.com/dallas/stories/2009/01/12/story3.html

コダックがアメリカ国際貿易委員会にサムスンとLGの携帯は特許を侵害してるとして米国内での販売差し止め請求を出した模様。展開次第では両社脂肪

2009/1/10(土) 午後 4:07 [ cer**jo696* ] 返信する

顔アイコン

ふと思ったのですが、製造業がゼロになったとしたら
(就労人口比率15%、GDP比率20%が大まかな数字)
日本はやっていけるのでしょうか?金融やサービス流通
(含む公務員)
うちのいなかはそんな感じでも回ってましたが。。
もしその解があれば内需拡大も十分かのうでしょうね。 削除

2009/1/10(土) 午後 4:23 [ 自然体 ] 返信する

顔アイコン

自然体氏
絶好の例がある。イギリスだw
恐らく正解は、製造業も金融もサービス流通も何でもバランスよくあり、稼ぐ。だと思う。

2009/1/10(土) 午後 4:56 [ azu**shi*a ] 返信する

顔アイコン

ここの所、サヨクが「年越し派遣村」なる反政府やらせパフォーマンスに走っているのは、政府と麻生首相の足をなんとしても引っ張ろうという工作ではないかと疑ってみたり。

正直、日本は工作されまくりだよなぁ……。このサイトを見て、「日本の実際の姿(よい意味で」を知れば知るほどそう思います。マスゴミめ、魔女の婆さんに呪われてしまえ。ネットが無ければ、どこかの中国人が言ったとおり日本は無くなっていたかも知れないとガクブルしてみたり。 削除

2009/1/10(土) 午後 5:08 [ 無名子 ] 返信する

顔アイコン

訂正

上のコダックがサムスンとLG製携帯の米国での販売停止を求めている件はITCが12月17日にすでに調査を開始してました。ニュースではないです。通常45日以内にITCは調査結果を発表するので遅くとも今月中には結果がわかると思います(汗

2009/1/10(土) 午後 5:37 [ cer**jo696* ] 返信する

顔アイコン

内需喚起のためには、相続税の下限を大幅に引き下げて税率も
高くしたらどうかといつも考えています。所詮、子孫に引き継げない
金なら、取りあえず使ってくれるのではないかと。老人層の資産が
消費に廻れば、とてつもないインパクトになるのではないかと思いますが。

2009/1/10(土) 午後 5:44 [ chu*an*s*ke ] 返信する

顔アイコン

上のほうで韓国車について書かれていた方がいましたので私の経験を書いてみます。韓国には10年近く住んでいまして,1991-1999、私も家内も当然韓国車を運転していました。

家内は5年中古のHyundaiのポニーのあだ名で親しまれていたエクセルに乗っていましてある日近所のスーパーの前に停車していたところ通行人が知らせてくれました。「ガソリンがもれている」と。燃料パイプが破裂してガソリンがダダ漏れでした。

私の経験。Daewooのエスペラという新車を会社が使わせてくれていたのですが慶州から釜山に運転していく途中高速道路ではるか前方の車のブレーキランプがついたので私も何気なくブレーキを踏んだところ何の抵抗もなく床にペダルがついてしまいました。幸い前を行く車ははるか前方を走っていたのでギヤーをシフトダウンして路肩に止めることができました。

今でも二人ともよく無事ですんだと思います。 削除

2009/1/10(土) 午後 9:32 [ nak1 ] 返信する

顔アイコン

dok*ch*200* さん

イギリス人の諧謔って毒が強いので、割り引いて受取る必要があります。
なにより、民族資本の自動車は全滅して、そんな韓国車程度のものすら
作れなくなった現実があるのですから 削除

2009/1/10(土) 午後 10:02 [ KAZ ] 返信する

顔アイコン

(原料を)輸入できるだけの外貨を稼がねばなりません。・・・特に輸出と限定したつもりではなく、何らかの手段で稼がねばならないと言ったつもりでしたが。それにしても、金融に頼るのはどうもアイスランドを思い出して・・・。それに経常収支が赤字になったら円安になってしまうのではないですか。・・私、1ドル360円で日本が米国におもちゃを輸出してわずかなドルを稼いでいた時代に某製造会社で技術屋をやっていて、当時は圧倒的であった米国の技術力を恐れながら必死で研究し輸出を増やす努力をしていましたので、・・経済は素人ですみません。 削除

2009/1/10(土) 午後 10:23 [ 老犬 ] 返信する

顔アイコン

老犬氏
その「外貨を稼がねばならない」という表現止めた方が良い。要は両替できれば良いだけだから。
それと、例により資本収支と所得収支をごちゃ混ぜにしている。
日本は所得収支が黒字なので、経常収支が赤字になることはまず有り得ない。
アイスランドが黒字だったのは、資本収支。アイスランドの経常収支は真っ赤だった。
一度、きちんと国際収支の各項目の関係について調べた後に、書き込んだ方がいい。はっきり言って誤解を広げているだけで、今のマスゴミとやっていることが何ら変わらない。

2009/1/11(日) 午前 8:51 [ azu**shi*a ] 返信する

顔アイコン

■インタビュー:世界経済の構造変化進む、日本は内需拡大への改革必要=北山・三井住友FG社長−やはり内需拡大は当然の理屈か?しかし?
http://yutakarlson.blogspot.com/2009/01/blog-post_10.html
こんにちは。内需拡大は当然の帰結だと思います。私は、ここ当面半年から1年くらいは、道路を整備するなどのばら撒き型の従来の内需拡大策も功を奏すると思います。ただし、いつまでもそれだけではいずれ行き詰ると思います。やはり、20世紀末から全く別次元の社会に突入してしまった、新たな社会に対する新しいインフラやシステムの整備をすべきであると思います。政府に関しては、インフラなどの整備はできますが、そのインフラの上で実際にシステムをつくりあげるは、民間企業だと思います。特に社会問題の解決にあたるNPO(民間非営利企業)が大活躍する必要があると思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

2009/1/11(日) 午前 11:13 [ yut*k*rlson ] 返信する

顔アイコン

其の所得収支がいつまでも、今のように大きな黒字をつづけていられますか、それを心配しているのです。外国に工場を作るにしても技術がなければ稼げません、日本の技術基盤が揺るがないためには、国内での製造を通じて、優れた技術をキープすることが大切ではないですか。中には研究だけで製造を全部外国に委託できるものもあるでしょうが。・・・私は経済は素人と断っています、ピンとはずれなこともあるでしょうが教えて欲しいのです、どうかお願いします。 削除

2009/1/11(日) 午後 3:03 [ 老犬 ] 返信する

顔アイコン

老犬氏
所得収支は日本の対外資産からの収益なので、対外資産が増加する、すなわち経常収支の黒字が続く限り減少することはない。日本の経常収支が赤字化するには、所得収支の黒字を上回るほどの貿易赤字にならない限り、有り得ない。
所得収支の黒字を稼ぐには、対外資産が増えれば良いだけで、技術云々は必ずしも必要ではない。
と言うか、もういい加減鬱陶しいので、少し勉強してから書き込んで欲しい。

2009/1/11(日) 午後 3:43 [ azu**shi*a ] 返信する

顔アイコン

追加
そもそも所得収支対GDP比率が世界最大のスイスに、碌な技術は残っていない。貿易黒字もごくわずか。

2009/1/11(日) 午後 3:46 [ azu**shi*a ] 返信する

顔アイコン

日本は内需中心ってネットではそこそこ昔から言われてきたことだけど、
けれどもその企業に関係する企業のことも考えたら日本も外需だって
って声も最近は聞こえる。
それで
「じゃあどこが内需国なんだよ?」
「アメリカが内需国。それ以外は全部内需国じゃない。」
みたいな議論が最近2chのビジネスニュース+あたりでよく起こってる。
実際はどうなんでしょうねぇ…。 削除

2009/1/17(土) 午後 10:09 [   ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事