新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

多面的分析 (前編)

三橋貴明診断士事務所を開設しました。お仕事のご依頼はこちらから http://takaaki-mitsuhashi.com/
 Voice3月号に、筆者(紙媒体)初のシミュラフィクション「1ドル70円台の日本経済」が掲載されています。
 http://www.amazon.co.jp/dp/B001QCGI1Q/
 また、本シミュラフィクションをお読み頂いた方は、是非とも以下のPHPのメールアドレスまで、感想を送って下さいますようお願いいたします。
PHP研究所Voice編集部 voice@php.co.jp

 「麻生内閣の国民対話 〜強く明るく これからの日本〜」で内閣府が意見を募集しています。
http://www8.cao.go.jp/taiwa/theme20090219.html
 本ブログで知ったこと、気がついたことを参考に、経済対策、マスメディア対策などなど、応募して頂くと大変嬉しいです。

 唐突ですが、昨日、経済産業省の依頼で、同省で日本経済に関する講演をしてきました。タイトルは特に決めていなかったのですが、アジェンダは以下の通りです。

 ■日本は外需依存国家という誤解
 ■円安になれば日本輸出製造業は助かるという誤解
 ■日本の国家モデル
 ■日本は財政破綻するという誤解

 要は、これまでの日本の国家のモデルは「日本は外需依存国家だ!」「円安こそが日本のためだ!」「日本は財政破綻する(から政府支出を増やすな!)」といった様々な誤解、いや、むしろ空気の中で育まれてきた。それがサブプライム危機を切っ掛けに成立しなくなり、日本は新たなモデル構築を迫られている、といった内容です。
 この種の講演であればいつでもお引き受けいたしますので、ご興味がある方は一番上の「三橋貴明診断士事務所」までご連絡ください。
 もちろん、わたしの講演なので数値データを前提にした(面白おかしい)話が中心になります。先述の、主にマスメディアにより醸成された「空気」を覆すには、数値データに基づいた「事実」を活用することが、最も適切だと思っています。
 実際、日本人の「誤解」は数値データに裏付けられたものではないので、数字を出せば一発でひっくり返せます。
「円高は日本経済にとって良くないことだ!」
どうして?
「日本は輸出国だからだ!円安のほうが良いに決まっている!」
じゃあ、日本の輸出産業は日本経済全体、例えばGDPの何%なの?
「・・・」
 これだけの話です。「何%?」と聞かれて、すらすら数字を答えられる人は、まずいません。もしもいたとしたら、その人は日本の輸出産業がGDPに占めるシェアを知っている、すなわち日本が外需依存国でも何でもない事実を知っているはずです。
 この種のやり取りを、きちんとしたシミュラフィクションに仕上げたのが、冒頭の「1ドル70円台の日本経済」というわけですね。マスメディアに染まって日本経済破綻論、悲観論を喚きたてる人たちには、この「数字を聞く」という手法が極めて有効です。
 あるいは、日本の財政問題について言えば、
日本政府はお金を使いすぎだ!だから経済成長率が落ちるんだ!
 といった意味不明な主張を展開するマスメディアもあります。実態は全く逆で、日本は「公的債務」こそ確かに増えていますが、「政府の支出」は全く増えていません。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_16.html#Seifusisyutu
 「政府の支出」はGDPの「公共投資」や「政府最終消費支出」に当たりますので、単純に言うと政府の支出を増やせばGDPは最低でもその金額分成長します。実際には乗数効果があるので、もっと増えますが。
 GDP(支出面)=民間最終消費支出(個人消費)+総固定資本形成(公共投資、住宅投資、設備投資)+政府最終消費支出+在庫変動+純輸出
 恐ろしいことに、1994年から2006年に掛け、日本の政府支出(政府最終消費支出+公共投資)はほぼ横ばいを続けているのです。同じ期間、公的債務のみがなぜか増え続けています。ちなみに日本以外の主要国は、政府支出と公的債務は同じペースで増加を続けています。
 なぜ、日本のみが公的債務と政府支出の増加率に差異が産まれているのでしょうか。というよりも、政府支出が増えていないにも関わらず、公的債務が増えているのはなぜでしょうか。ちょっと考えただけでも、二つ理由を挙げることができます。(他にもあるとは思います。)

 政府支出が抑えられ、GDP成長率が低下した結果、税収が減少し、国債発行額が増えた
◆ ̄濆睨瓢澆琉拌慍霪(主に2003年と04年)のために、政府短期証券を発行し、円安誘導を行った(政府短期証券の残高は約100兆円)

 以前も書きました、円高防止の為替介入を行うと公的債務(マスメディア風に言うと、「政府の借金」)は増えます。しかし、GDPは直接的には増えません。それはもちろん、円安により輸出は増えるかも知れませんが、所詮は世界の需要次第です。現在のような需要縮小期には、通貨が暴落したところで輸出は増えません。
 もしも日銀が為替介入に使った100兆円を政府支出として国内に使っていたら、最低でもGDPが100兆円増えます。さらに乗数効果が働くわけで、水物の輸出よりも確実にGDP成長率を高めることができたはずです。
 しかし、日銀が為替介入を行わない、すなわち円高が進行することは、「一般の日本国民」以外の誰かにとっては、大変都合が悪かったのです。
 果たして誰にとって都合が悪かったのか。その答えについては、近々に扶桑社から出る新刊「崩壊する世界 繁栄する日本 『国家モデル論』から解きあかす」までお待ちください。すでに筆者は校了していますので、まもなく発売日等をお知らせできると思います。
 また、GDPと公的債務、政府支出などの関係について詳しく知りたい方には、廣宮氏の「国債を刷れ!」をお奨め致します。

国債を刷れ!「国の借金は税金で返せ」のウソ  廣宮孝信著(彩図社)
http://www.amazon.co.jp/dp/4883926788

後編に続く
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/24640775.html

閉じる コメント(21)

顔アイコン

「国債を刷れ」読みました♪
日銀の発行銀行券のところ、驚きました!?

2009/2/19(木) 午後 1:05 [ 鉄人4号 ] 返信する

顔アイコン

GDP(支出面)=政府最終消費支出(個人消費)+総固定資本形成(公共投資、住宅投資、設備投資)+政府最終消費支出+在庫変動+純輸出

2009/2/19(木) 午後 1:11 [ 雨太 ] 返信する

顔アイコン

ここに政府最終消費支出が2回出てきます。片方は民間消費だと思うのですが。

2009/2/19(木) 午後 1:12 [ 雨太 ] 返信する

顔アイコン

すみません・・・orz

2009/2/19(木) 午後 1:14 [ tak**kimit*uh*shi ] 返信する

顔アイコン

6!

2009/2/19(木) 午後 1:15 [ 古の碧き泉より ] 返信する

顔アイコン

7

2009/2/19(木) 午後 1:26 [ - ] 返信する

ハチ公。

2009/2/19(木) 午後 1:30 [ ちんけいうん ] 返信する

顔アイコン

傑作ですねー!

2009/2/19(木) 午後 1:43 [ nya*hog* ] 返信する

顔アイコン

ここは迷惑でないことを祈ります。

100兆円は1兆ドル。外貨準備は為替介入分?
93円に安くなりドルを売るはず。売れば外貨が無くなる?
儲かる。今度それを国内に100兆円gdpを増やす?

100兆円は為替介入に使って残ってないのだ。
何とダイナミックな。税収50兆円の2年分!
他の使い道もあろうに。
都合が悪いのは誰だろうか。気になる。

2009/2/19(木) 午後 4:45 [ xya*0* ] 返信する

顔アイコン

>xyav00
すげえ迷惑だ。お前は外貨準備の意味も、政府短期証券の意味も、為替介入の意味も全く分かっていない。
はっきり言って、大学の授業に幼稚園児が紛れ込んでいるようなレベルだ。マジで、退場しろ、自分の書き込みに一切責任を取らない屑。

2009/2/19(木) 午後 4:48 [ azu**shi*a ] 返信する

顔アイコン

xyav00氏

すみません、前々から思っていたのですが…

日本語で書き込んで下さい。意味不明で文章になっていません。

2009/2/19(木) 午後 5:54 [ hoi**n856 ] 返信する

経産省の講演行きたいです!

2009/2/19(木) 午後 6:42 [ ジョージ ] 返信する

顔アイコン

国民にお金を配って通貨安になっても株式分割と同じで、日本国の時価総額は変化しない。
大金持ちは通貨安で相対的に資産が減るが、貧しい人は資産が増える。
通貨安と同時に国民の円ベースでの資産を増やせて、所得格差の是正にもつながる。

為替介入は日本からお金が流出するから、日本国の時価総額が減少。
為替介入するくらいなら、国民にお金を配ることで通貨安にすべき。

2009/2/19(木) 午後 7:12 [ nig**or ] 返信する

顔アイコン

今こそ財務大臣にリチャード・クーを抜擢して不人気を吹っ飛ばせ!

2009/2/19(木) 午後 8:56 [ tam**oro*919 ] 返信する

顔アイコン

ここはどじな亀でも歩けるかと思います。
ぐっと大人しくします。お願いします。

hoiton様 すみません。意味が分かるよう努力します。
azushia様
エチケットを知らず失礼しました。
困らせようと言う意図はありませんでした。初心者です。
レスとはレスポンスですか。思わずレスを多く頂き初体験の私は非常にうれしい。
端っこを ゆっくり歩かせて下さい。幼稚園児が うるさく妨害してしまった。
すみません。静かに でも黙らず投稿させて下さい。園児の声も貴重です。
大学生が園児に屑と言わないで下さい。傷つきます。

生活の現場で庶民が不況に喘ぐ、その声を発した。厳しいと。
証拠を見せろと言われ 証明できなかった。悔しかった。
日銀は家計に及んできたと言う。当然だが後から言う。
日銀の判断より早く分かって欲しい。ので声を発していきます。
麻生さん第一声はスピード。わが意を得たり、そうだ そうだと叫んだ。
ねじれが邪魔です、日本だけ。遅くなってます。
庶民の声を発します、急いでもらうため。
これもミクロの闘いだ。

よろしくお願いします。

2009/2/20(金) 午前 7:59 [ xya*0* ] 返信する

顔アイコン

>xyav00

いい加減うるさいです。ROMという言葉がありますが、貴方以外にも多くの人が読みに徹して勉強しています。

「感想を言うことは自由」というのを錦の御旗にしているようですが、ネット社会も普通の人のつながりです。みんなが共通の話題で話したり議論している時に、全く見当違いの話題を延々と続けられたらみんな迷惑するでしょう? 自分の知識や経験よりずっと踏み込んだ話題を話しているなら、とりあえず聞き役に廻るでしょう?

>すみません。静かに でも黙らず投稿させて下さい。園児の声も
>貴重です。

貴重でも何でもありません。迷惑です。

>庶民の声を発します、急いでもらうため。
>これもミクロの闘いだ。

闘いでもなんでもありません。荒らし行為です。

いい加減自分がやっていることがどれだけ回りに迷惑をかけているか理解してください。それから読みに徹して勉強することもこのブログに参加していると言う意味がある行為です。それに徹することが出来ないならもう来ないで。凄い迷惑。それこそ朝鮮人並に。

2009/2/20(金) 午前 8:29 [ tit**_ae8* ] 返信する

顔アイコン

庶民って言葉の意味は、辞書でいうならば、社会的特権を持たない諸々の人となります。
で、社会的特権を持つ身分って何でしょうね。すっげー曖昧。
社会的特権の意味も不明です。社会性をもつ特権って?
庶民って何でしょうね。マスコミも「庶民の声」をあげる人々も何を基準にして庶民を語るのでしょう。最近、そこに違和感を感じます。

2009/2/20(金) 午前 9:59 [ 川西 ] 返信する

顔アイコン

xyav00 さま
ご自分のblogでやってください。
あなたのポエムが読みたいひとも中にはいるでしょうが、
ここでは多数派ではないでしょうから。

2009/2/20(金) 午後 3:12 [ nao_969 ] 返信する

顔アイコン

皆々様
結局 迷惑なだけでした。すみません。
どうか広い心でお許し下さい。
気に入ってます。
読みに徹します。
ウズウズして投稿しても スルーして下さい。
極力しません できるだけ。努力します。
本当に申し訳ありませんでした。
いろいろ興味と意見は園児でもあります。
園児も人です。
なるべく 良い言葉でいきましょう。
いろいろ ありがとうございました。

2009/2/20(金) 午後 5:50 [ xya*0* ] 返信する

顔アイコン

「国債を刷れ!」買いました。
近所の書店じゃ手に入らなかったので、仕事帰りにジ○ン○堂に寄ったらあっさりと入手。
・・・しかし! 仕事持ち帰っていて明日中に上げにゃならんのでじっくり読むのはしばらく後になってしまいそうです。
ま、苦あれば楽ありじゃないですけど、仕事上げたらの楽しみということで。

2009/2/21(土) 午後 11:34 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事