新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

日本の貧困の話

 2006年7月20日に、OECDが日本の相対的貧困率はOECD諸国の中でアメリカに次ぎ、二番目に悪いと発表しました。これを受け、各メディアが大喜び。格差やら二極化と絡めて報道を繰り広げました。

 読売新聞の記事は、まだリンクが残っていました。

非正社員増加が背景…日本の貧困世帯率ワースト2
http://job.yomiuri.co.jp/news/jo_ne_06072111.cfm

 これだけ見ると、「ああ、日本は貧しくなったんだ・・・」と誰でも思いますよね。
 果たして、日本は本当に貧困者が多い、惨めな国なのでしょうか?

 まず、貧困云々を語る前に、この「相対的貧困率」についてご説明します。
 相対的貧困率とは「年収が全国民の年収の中央値の半分に満たない国民の割合」を示します。
 例えば、国民の年収の中央値が500万円であれば、その半分、250万円に年収が満たない国民の割合が相対的貧困率になります。
 ということは、新卒の年収が低く、年を経るごとに年々年収が上がっていく傾向が強い日本人(つまり殆どの日本人)の場合、若年層と高齢層の所得に大きく差が出てしまう。そりゃ、相対的貧困率が他国より高くて当たり前でしょう、というのが一点。
 自慢じゃないですが、わたしの初任給は月に20万円位でしたので、相対的貧困率で言えば、確実に貧困層でした(笑)。大学時代は(当然)更に年収が少なかったので、相対的貧困層どころではないです。だからと言って自分が貧しいという意識は皆無でした。

 次に、日本で相対的に貧困な人が、果たして世界的に見ても貧困層と言えるレベルなのか?というポイント。
 下記は、2002年調査の、各国の人口の下位10%貧困層の平均年間所得と、同じく人口の下位10%貧困層の年間所得の合計です。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_03.html#Jinkou

 日本の人口の下位10%貧困層の年間平均所得は、$12,894で、ルクセンブルグやノルウェーに次いで、堂々の第三位。
 都市国家や人口の少ない国々を除き、人口5000万人以上の国々で見ると、日本の貧困層が圧倒的な高所得である事が分かります。人口5000万人以上の国では、他にドイツとフランスが何とかベスト15に入っているだけです。
 $12,894と言っても、日本は物価が高いから暮らしは貧しいだろ、などの理屈を言うなかれ。
 デフレと価格破壊を経て、ビッグマック指数でも見たように、日本国内の物価は諸外国に比べると、安くなっているのが現状です。「日本は物価高」など、もはや世迷言でしかありません。少なくとも日本国内における$12,894は、物価高に悩むヨーロッパにおける$12,894よりも、はるかに価値があります。 
 また、貧困層平均所得のベスト15に、発展途上国の中国や韓国が入っていないのは分からないでもないですが、アメリカや英国までもが入っていないのは、注目するべきでしょう。ちなみに、アメリカの数値は$6,730、英国は$5,504でした。
 一応人口大国である日本が、人口の下位10%貧困層の平均年間所得がベスト3であるため、年間所得を合計すると巨額になります。さすがに人口が二倍以上のアメリカにはかないませんが、それでも合計金額が16%程度しか差が無いのです。
 つまり、日本の貧困層(に位置づけられてしまう人々)の所得は、世界的に見ても圧倒的に高く、生活レベルも他国の(真の)貧困層とは比較にならないのです。

 このように、貧困層(と位置づけられる人々)の所得や生活レベルが比較的高い日本を、相対的貧困率「だけ」を見て「貧困だ!貧困だ!」と騒ぐのはおかしくはないでしょうか?

 何もわたしは、日本に貧困問題が無いとか、格差は問題ではないとか、極論を言うつもりは全くありません。上記のように、多面的な視点を国民に提供するのが、本来のメディアのお仕事ではないか、と言いたいのです。
 OECDのリリースを丸写したり、自分に都合の言いように書き直すだけなら、誰でもできますよ。わざわざ新聞刷らなくても、ブログでいいんじゃないですか? ね、メディアさん。
 

閉じる コメント(7)

顔アイコン

そのとうりです。特に朝日新聞なんかは、鬼の首でもとったような記事ですね。高収入の社員の給料を減らし新聞代を安くしてほしい。 ジニ係数というのがあって、数年前には世界で二番めに平等な国でしたが。−−−働かない若者とズルイ生活保護者の増加が問題ですね。

2008/3/5(水) 午後 5:13 [ log*m ]

顔アイコン

おお、偶然も、次のテーマはジニ係数です。
お楽しみに。

2008/3/5(水) 午後 11:39 [ tak**kimit*uh*shi ]

こんばんわ。「相対的貧困率」ですか。
思うに本当の「貧困」というのは、今日明日の食糧にも事欠くような、
所謂「極限の生活」なのではないですかね?
普通に食べてはいけるがあまり贅沢はできない、というような層は、
世界的に見れば、かなり恵まれているのではないかと。
貧困層の年収が約133万なら、生活保護などで家賃等の補助があれば、
少なくとも餓死する事はないでせう。社会保障を本人が拒否しない限り、
最低限の生活を国が保証してくれる。そんな訳で、深刻な貧困問題というのは、
極めて稀なケースを除けば、我が国には存在していないのではないですかね。
つまり、貧困率のデータを外国と比較して論じること自体が無意味だと思われ。
貧富の差は、資本主義国では単純に、個人の努力の差を反映した結果
であることも事実ですから。

各種のデータを紹介するのはマスコミの仕事。読売の記事の問題点は、
>格差問題について、海外からも警鐘を鳴らされたことで、
>改めて抜本的な対応策を練り直す必要がありそうだ
という世論誘導と政権批判の一文に尽きますね。

2008/3/9(日) 午後 8:59 [ 経済神弟子見習い ]

顔アイコン

勉強になりました。ありがとうございます。

2009/7/20(月) 午後 1:20 [ 鄒湧 ]

顔アイコン

ミクシィで他の方の日記に対するコメントに、こちらのURLが紹介されているのを見て、拝読させて頂きました。
不勉強な私でも、今回の報道(毎日新聞の記事がミクシィニュースに掲載されているもの)を見て、相対的貧困率から“子供手当”に論を展開する長妻大臣の発言に違和感を感じていました。
今回の三橋先生のブログを読ませて頂き、私が感じていた違和感の“元”が、とても明快に説明されており、とても納得出来た次第です。ありがとうございます。
(私もミクシィ日記に、この報道に関しての違和感について、ジニ係数やビッグマック指数などについても少しだけ織り込んで書いたところでした。)
やはり、いろいろな(意図を持って選り出されたものだけで構成された)情報を鵜呑みにするのではなく、多方面から冷静に考えてみることが大切なのだと思います。

2009/10/20(火) 午後 8:11 [ har*_d*ntal*off*ce ]

顔アイコン

■日本の貧困率は15.7% 厚労省が初公表−貧困への道を自ら望んでひた走る若者が増加しつつある!!
http://yutakarlson.blogspot.com/2009/10/blog-post_20.html
こんにちは。私は、貧困率そのものよりも、旧来型の貧困とは異なる貧困が増えていることのほうが心配です。いわゆる、貧困のために教育の機会がなかったなどではなく、自らその道をひた走る若者が増えてきています。従来型の貧困であれば、お金をばら撒くことでもある程度解決はできますが、新しいタイプの貧困はそうはいきません。このタイプの人々は、自業自得というところもありますが、それでも、こうした型の貧困者が増加すれば、社会不安を巻き起こすことには変わりありません。やはり、精神(考え方)を変えるといった意味で、社会常識・規範、住居、職業まで含めた包括的支援プログラムを提供することが重要になってくると思います。詳細は、是非私のブログをご覧になってください。

2009/10/21(水) 午前 10:13 [ yut*k*rlson ]

顔アイコン

相対的貧困率は相対可処分所得とでも言えるものを考慮しないと意味がないと思うんですね。例えばドイツでは東西統一後様々な税金により収入の40パーが持って行かれますが、これは可処分所得が低いということです。収入と可処分所得の違いくらい解るでしょうに、と思います。また、相対貧困率を言うなら「相対福祉充実率」でも指標に加えないと低収入者が多くても税が高くても福祉が充実した国などのことは考慮から排除されてしまいます。一人親の家庭を記事では問題にしていますが、これは福祉政策の問題です。都市部では幼稚園が不足しているせいでワーキングマザーが低収入の仕事にしか就けない問題がありますが、これが結局母子家庭の女性の正社員雇用を妨げています。私立の幼稚園は公立の3倍の費用がかかると言われていますが、これは中高や大学なども同じなので仕方ないかもしれません。それなら普通に公立幼稚園を増やせばよろしいかと。公立幼稚園は世帯収入によって費用が変動します。ベビーブームのとき新校舎を建て増しして今少子化で校舎が余っている学校が山ほどあります。そういった設備を公立幼稚園に転用すればいいのに、と思います。

2009/11/14(土) 午後 6:30 [ yam*no*c*i1123 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事