新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

「財務省 国の財政は夕張以下 試算示す」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080419-00000005-maip-bus_all
「財務省は18日、国の財政が財政破綻(はたん)した北海道夕張市よりもはるかに悪化した状況に置かれている、との試算を財政制度等審議会(財務相の諮問機関)に示した。地方自治体の財政健全度を測る指標の「実質公債費比率」を国に適用すると、04〜06年度の3年間の平均値が80.4%となり、国の財政の悪化度合いは夕張市(38.1%)の倍以上のレベルになるとしている。09年度の予算編成に向けて国の財政が極めて厳しいことをアピールすることで、地方自治体からの地方交付税増額要請をけん制する狙いがあるとみられる。」

 と、Webページに借金時計を張ったのに続き、またまた財務省が日本政府の債務問題で暴走しています。実質公債費比率と言えば聞こえは良いですが、日本政府の債務額だけを取り上げ、莫大な金融資産を無視しているのはいつもの通りです。
 日本政府の債務問題と言えば、最近、素晴らしいWebページを教えて貰いましたので、是非ご覧下さい。

http://www.tek.co.jp/p/debt_time.html
「日本経済復活の会 借金時計改良版」

 この借金時計改良版を見ると、日本政府の借金の対GDP比が、刻一刻と減り続けているのが分かります。なぜ政府の債務が増え続けているのに、対GDP比で減少するかと言えば、日本のGDP増加率が、債務増加率を上回っているためです。その上、日本政府の金融資産が刻一刻と増え続けているため、日本政府の純債務はどんどん減少していっています。
 いつの間にか、日本政府の金融資産は600兆円目前に迫り、GDP比で100%を越えてしまいました。
 ちなみに、ヤバ韓にも書きましたが、これほど莫大な金融資産を政府が保有している先進国は、日本しかありません。アメリカ政府の資産は対GDP比で12%、イギリスが34%です。
 日本政府の債務をネットで見ると、わずか240兆円にまで減ってしまいました。06年末の時点では、300兆円程度だった記憶があるので、もの凄い減少率と言えます。
 その上日本の場合、GDP成長率が債務増加率を上回っており、政府債務対GDP比率が減少を続けているわけです。
ゞ睛算饂困増加し、純債務が減少していっている。
∈通柿加のペースをGDP成長率が上回り、政府債務対GDP比率が減少していっている。
 この二つ、日本政府の債務問題を語るときには、決して無視してはいけない要因だと思いますが、財務省も日本のメディアもスルーして、
「実質公債費比率が夕張を上回った!日本はもうおしまいだ!」
「国民一人当たりの借金が○×円を越えた!日本はもうだめだ!」
 といった、所謂「日本ダメポ論」を叫び続けています。
 どこの世界に、「政府」の債務を「国民」で割り、「国民一人当たり!」などと騒ぎ立てるメディアがいるのでしょうか。その政府の「債務」の債権者は、一体誰だと思っているのでしょうか。(前にも書きましたが、債権者は日本国民です)
 どこの世界に、保有する資産の額を無視して、債務額だけを騒ぎ立てるメディアがいるのでしょうか。債務と資産で、何かお金の価値や種類が違ったりするのでしょうか?
 財務省の場合は、「消費税を上げたい!」という最低な動機が見え隠れしていますが、メディアがこんな基礎的な統計さえ調べようとしない理由が分かりません。
 例えば企業を例に取ると、幾ら負債が増え続けていても、それ以上に売上や利益が伸びていれば、誰も心配しないでしょう。しかも、資産の方もどんどん増え続けており、資本の額(資産−負債)が増加していっている企業を、誰が心配するのでしょうか?
 借金は全て悪!と考えている人がいるとしたら、その人は資本主義をゼロから勉強し直した方がいいと思います。
 日本政府の金融資産が600兆円に迫り、純債務が凄い勢いで減少してる事実、及び日本政府の債務の対GDP比率が減少している事実。この二点を無視して「日本ダメポ論」をメディアが展開しているのなら、メディアは正しい情報を伝えていないという点で、日本国民を裏切っていることになります。もしもこの二点について把握していないのなら、メディアは能力が無いということになります。
 前と同じフレーズを使わせて頂きますが、
 果たして日本のメディアには、裏切り者と無能者と、どちらが多いのでしょうか。

閉じる コメント(5)

顔アイコン

(表3) 公債依存度の推移〈当初予算ベース〉
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/46houko/h20/h20b.htm
一般会計歳入予算に占める公債依存度も見所ですよね。

過去の推移
http://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/sy62c.PDF
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/saimukanri/2006/saimu02b_02.pdf

去年度のGPDの名目成長率は、政府の当初見通しよりは下がりそうですが、それでも政策金利と比べれば名目成長率が上まわっていますから、プライマリーバランスの改善が進むことになりますね。

2008/4/20(日) 午前 1:02 [ nan*k*do7 ]

顔アイコン

おはようございます。
メディアは無能でしょうが財務省はそうでもないかも…
周りが破綻の危機を迎えているので 儲かっていると口が裂けても言えないのでしょう。貸してくれと言ってきて踏み倒されるのは目に見えています。
数字的には正しいので外国に文句あるか?だから貸せないんだよ!と突っぱねる事もできるでしょう。
中国へのODA終了しましたよね。あの巨額のお金はどこに使われるのでしょう?

2008/4/21(月) 午前 9:15 [ エルゴノメトリクス ]

顔アイコン

日本経済復活の会の借金時計の金融資産の増え方があまりにも多く感じたので電卓で計算してみました。

金融資産の増える額から国の借金の増える額を引くと1秒間に約200万円増えています。これを年間にすると約63兆にもなります。あまりの金額にびっくりしました。

そこでヤバ韓のp238,239を再度参照したら、2006年末時点の債務残高が832兆2631億円に達したが「純債務」は330兆円程度しかないと書いてありました。

2007/01/01〜2008/05/04 19:38 迄を計算すると84兆1221億6000万円になります。 2006年末の純債務330兆円−84兆円=246兆円。

借金時計改良版の2008/05/04 19:38 時点の純債務は約237兆662億円でしたのでいつ改良されたのかはわかりませんがこの時計の信憑性は高いのではないでしょうか。ただ不思議なのはこの運用利回りが個人の金融資産の利回りに比べるとあまりにも高いことです。 なんで?。次回作にはぜひこの件も盛り込んでいただきたいものです。

2008/5/4(日) 午後 9:48 [ お返事する猫 ]

顔アイコン

運用利回りと書いてしまいましたが社会保障等の積み立ての自然増があるのをうっかり忘れていました。それを考えると、別に驚くことでもないのかな?。

政府予算が確か83兆円ぐらい。それにしても凄い増え方ですよね。

2008/5/5(月) 午前 0:17 [ お返事する猫 ]

顔アイコン

お返事する猫様、面白い視点をありがとうございます。
もし日本のメディア本を書くとすると、このテーマは最大のポイント、逆に言えば最大のプロパガンダですので、じっくりと調べ、整理していきたいと思います。

2008/5/5(月) 午前 10:02 [ tak**kimit*uh*shi ]

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事