新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

 人気ブログランキングに参加してみました。よろしければ、↓このリンクをクリックを。
https://blog.with2.net/in.php?636493 

 昨日から今日に掛け、ハイブリッド型スタグフレーションのニュースが、主に日経新聞などで目白押しでした。
 まずはこちら。

『中国:4月の消費者物価指数、8.5%の高い上昇率
http://mainichi.jp/select/biz/news/20080513k0000m020077000c.html
 中国国家統計局は12日、4月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比8.5%上昇したと発表した。食品価格の22.1%上昇が全体を押し上げ、11年9カ月ぶりの高水準となった2月の8.7%に次ぐ高い上昇率になった。
 上昇が目立ったのは、昨年夏以来の供給不足が続く肉類及び製品の47.9%で、このうち豚肉の上昇率は68.3%に達した。野菜類と穀物もそれぞれ13.6%、7.4%上昇した。
 また、中国人民銀行(中央銀行)は12日、金融機関の預金準備率を20日から0.5%引き上げ、16.5%にすると発表した。引き上げは今年4回目。
 預金準備率は、金融機関が保有する預金の一部を強制的に人民銀に預け入れる比率。市中に出回る過剰な資金を吸い上げることで、投資の過熱や物価上昇を抑える意味がある。』

 豚肉(中華料理の中心素材)の上昇率が68%!中国の一般庶民の負担たるや、想像を絶するレベルです。
 実は中国の4月の消費者物価の高騰は更に問題を抱えています。前回のブログでも書きましたが、農村部の物価上昇率が都市部を上回っているのです。4月の農村部の物価上昇率が9.3%と、二桁寸前にまで高まりました。農村部の物価上昇率は、1995年12月以来、12年4ヶ月ぶりという高水準です。余剰労働力を1億人以上抱え、都市部と比較して遙かに購買力のない農村の物価上昇率が、都市部を上回っているわけです。共産党政権の国らしいと言えば、らしいのですが。
 続けて、日経新聞(2008年5月13日朝刊 国際面)「フードクライシス グローバル危機の構図」から。
 
『食糧難が世界を覆っている。途上国では価格高騰で治安が悪化し、波紋はインフレ懸念となって先進国まで広がった。国連は12日ニューヨークでグローバル食料危機タスクフォースの初会合を開催、6月の食料サミットへ向けて具体策の準備を急ぐ。グローバル化する食料難を解決するため、緊急援助などに留まらない、国際社会の政策総動員が求められる。
 先週のシカゴ商品取引所でコメ先物相場は値幅制限いっぱいまで買われる日が続いた。9日には1時100ポンド(約45キロ)当たり23.50ドルまで上昇、四月下旬につけた最高値(25.07ドル)に迫る勢いを見せている。材料はミャンマーを襲ったサイクロン「ナルギス」だ。(後略)』

 更に食料問題について。日経新聞(2008年5月13日夕刊 総合・ビジネス面)「なるほどビジネスMap」から。

『主要なコメ生産国の輸出余力が低下している。輸出大国のアジア各国が経済成長に伴う国内消費の伸びを背景に、輸出を規制せざるを得ないためだ。国際指標となるタイ米の輸出価格が年初から二倍に急騰するなどコメ需給の逼迫が鮮明になってきた。(後略)』

 ここまではスタグフレーションの「インフレーション面」についてですが、スタグフレーションにはもう一つ、「不況面」の顔があります。
 日経新聞(2008年5月13日朝刊 15面)「トヨタ失速 米国変調」から。

『先週のトヨタ自動車の決算は少々ショッキングだった。今期の営業利益予想が三割減というのは想定の範囲で、驚きではない。円高や原料高の逆風が吹く中で、むしろトヨタの底堅さを示す数字と言える。
 衝撃は2008年1-3月の四半期決算で、これまでドル箱だった北米の営業損益が124億円の赤字に陥ったことだ。07年4-6月期は1602億円の黒字で、わずか一年足らずの間に北米での収益基盤は大きく弱体化した。
 金融関連の評価損など特殊要因も効いたが、根底にある理由はきわめて単純。高い車が売れなくなったことだ。(中略)
 もしかすると、米経済が日本化するのではないか−。経済学者のポール・クルーグマン教授が米紙のインタビューでこんな仮説を唱えている。住宅バブルの崩壊で資産デフレが進行し、それを機に10年単位の長期に渡って経済が活力を失う。米経済の先行きを見通したとき、こうした最悪シナリオを排除できないと教授は言う。
 この見解が正しいかどうか、現時点では分からないが、自動車に限って言えば米国の「日本化」は間違いなく進んでいる。(後略)』

 現代の資本主義社会において、こと製造業の収益性の面では間違いなくトップを走るトヨタが、北米市場で赤字化してしまいました。勿論、トヨタの技術力や経営力に翳りが出た等の問題ではなく、単にアメリカ人がガス食いの自動車を買わなくなっただけです。
 アメリカの消費者は、折からの資源高で、一斉に燃費の良い小型車やハイブリッド車などにシフトしつつあります。残念ながら、自動車業界は未だに「小さい車は利益が小さい」という常識から逃れることができていません。
 資源高までもが工業製品の小型化、安値化を促進し、この面でのデフレーション、つまり不況は徐々に拡大していくでしょう。
 その反面、資源と食糧はますます高騰していくという、世界経済は大げさも何でもなく、資本主義始まって以来の危機的局面を迎えようとしています。20世紀初頭の大恐慌では、農産物が供給過剰となり、あまりの価格低下にアメリカの農民たちが軒並み破産しました。1970年台の石油危機は、原油高騰を主因として工業製品が軒並み価格高騰に見舞われました。
 工業製品が供給過剰で、明らかな不況局面であるにも関わらず、投機マネーにより食糧と資源価格が高騰していくというのは、わたしの知る限り例が無いはずです。(もしも似た事例を知っている人がいたら、コメントに書き込んで教えてくだされ。)

 そして、冒頭の記事にある、中国。
 中国の食料品価格が上昇していく原因は幾つもあるのですが、その一つに、昨年から天災が続き、国内の農産物収穫量が落ち込んでいるというものがあります。
 そこにきて、まるで歴史の教科書に書かれるようなタイミングで、四川省(旧チベット領)で大震災が発生しました。人命の損失も凄まじい限りですが、この地域は中国の中でも穀倉地帯の一つです。今後、中国の農産物の供給不足が加速し、食料価格を更に押し上げていくことは容易に予想がつきます。
 恐らく5月のCPI上昇率は、全国的には9%台、農村部では二桁に到達するのではないでしょうか。その中で、アメリカという世界最大の需要家の規模的縮小が続くわけです。
 
 そして、この国家的大災害の真っ直中にありながら、福建省竜岩で予定通り聖火リレーを強行する狂った中国共産党政府。聖火を掲げ、笑顔を浮かべながら走る中国人リレー走者。

 我々は今、もしかしたら本当に歴史が動いている現場を目撃しているのかも知れません。

 人気ブログランキングに参加してみました。よろしければ、↓このリンクをクリックを。
https://blog.with2.net/in.php?636493 

 新世紀のビッグブラザーへ ホームページは↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/index.htm
 新世紀のビッグブラザーへ blog一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/blog.html
 

閉じる コメント(7)

顔アイコン

中国の食料品のインフレはすさまじいですね。
自分は農業関係の仕事をしているのですが、米が足りないこのご時世
に、生産調整(作りたくても作らせない政策)を実施している日本の
状況や、国内で売れもしない(売れても大損な)ミニマムアクセス米
を77万トンも輸入せねばならない(すでに過去の在庫が152万ト
ンで、1年間の保管費用は1トン1万円。つまり、現状で保管費用は
年間152億円……)日本の現状は、世相に逆行しているという以外
何と言っていいか分かりません。(半分は日本の責任ではないですが)
ミニマムアクセスは、正当な理由があれば買わなくてもいい事になっているので、今こそその権利を発動すればいいのに。
そして、浮いた保管料で国産米を買い取り、海外援助に回すべし!
しかし、日本のような大国になるとなかなかそういう小回りは難しい
んでしょかね? 削除

2008/5/13(火) 午後 9:53 [ 兄姫 ] 返信する

顔アイコン

食品のインフレが凄いな。
30代前半の自分の意識の中では、日本の物価は超安定というイメージで、
多少も上がり下がりはあったけど、インフレと呼べる価格上昇は経験してないので、
中国の現状がまったく実感できない。(^^;

国民を飢えさせないのが国家の基本。
その基本を踏み外そうとしている中国は今後どうなるかな。
日本人の自分としては冷たいですが
「中国国内で何やってもいいから日本に迷惑かけんな」
って感じですが。 削除

2008/5/13(火) 午後 10:06 [ かむら ] 返信する

顔アイコン

それからヤバ中本日購入して先ほど読了しました。
密林で予約してたけど遅いので大手町地下の地下道内にある小さな本屋で購入。
平積みどころか棚に立てかけて陳列していたので、小さい本屋でも売れ線扱いしているみたいでした。
全体としてサブプラ問題や国際収支の入門書としても行けそうですね。
とりあえず早く適度な円高→庶民の収入回復となって欲しい〜。(^^;
あと終盤の日本への経済影響のところは少し安心感がもらえてよかったです。

でも本当に北京が力を失うとしたら、経済以上に難民が心配。
内戦状態なら受け入れ拒否は難しいし、経済難民でも強制送還は難しそう。

余談ですが、買って帰宅したら密林から発送メールが届いてた。
見事密林の罠にはめられた〜。(++
こうなったら読んでくれるかわからんが、定年退職済みの親父に一冊渡すかな〜。(^^; 削除

2008/5/13(火) 午後 10:07 [ かむら ] 返信する

顔アイコン

先日、胡錦濤国家主席が来日した際に、中国へのコメ輸出解禁で合意したようですね。
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/K2008050701410.html?C=S
日本のコメは非常識に高いので、中国に輸出されても中国人民の大多数には関係の無い話ですが…
2007年4月に一部解禁されたときに中国に輸出されたコメは、富裕層に人気が高く完売したそうですので、新たな市場として中国を開拓することによって、日本の農業が少しでも良くなる事を祈ります(日本の農業の一番の問題は、儲からない点らしいので)。

2008/5/14(水) 午前 1:02 [ brownig ] 返信する

顔アイコン

こういう形でのスタグは無かったのではないか、と書かれてますが、何かの話しで、江戸時代後期の日本は米基本安で、しかしそれ以外は完全な物価高という時代があったと聞き及んだことがあります。
確かそれで米を金に換えて生活していたサムライや藩がその波をかぶったとか。

この時代は基本作物だったわけですが、似たようなケースがなかったわけでもないかと・・・ 削除

2008/6/4(水) 午後 3:35 [ にょだぴょ ] 返信する

顔アイコン

ふむ。面白いですね。
しかし、食べないと死ぬ米が安価というのは、今の「食糧・資源高&工業製品安価」よりはマシですね。何しろ、工業製品は食べられませんからねぇ。

2008/6/4(水) 午後 6:31 [ tak**kimit*uh*shi ] 返信する

顔アイコン

いえ、江戸時代米は基本作物ではなく、基本通貨のような存在だったわけですから。
この場合米安は今でいう通貨安だと思えばいいです。
つまりサムライを一つの国として考えれば、米でほかの物を輸入しているわけですから、自分たちの通貨だけが完全安でほかはみんな高騰していると考えてみてください。深刻な話しですよ、彼らほかに換金する手段をもってないわけですから。
それにこのような流れにその当時のサムライたちは相当苦心して取り組んだと言われているので、案外今あるそれらの問題に対して解決の手段やヒントがあるのかもしれませんしね

あの時代を経済の視点から見ると、なかなか面白いと言われています。 削除

2008/6/5(木) 午前 11:22 [ にょだぴょ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事