新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

全体表示

[ リスト ]

毎日新聞への質問状

 人気ブログランキングに参加してみました。よろしければ、↓このリンクをクリックを。
https://blog.with2.net/in.php?636493 

 人気ブログランキングの影響なのか、本ブログをご訪問頂く方が、日々増え続けています。本当にありがとうございます。
 わたしのプロファイルや、これまでの活動などについてご存じない方がいらっしゃいましたら、是非、一番下にリンクが貼ってあるホームページをお訪ね下さい。

 ところで、わたしがこれまで読んだ日本の新聞の中で、最も莫迦記事だと評価(笑)しているのは、この毎日新聞の「ふー、びっくりした」、俗に言う、サイレント魔女リティの記事でございす。いい機会なので、ホームページの方にも同記事をアーカイブしておくことにいたします。何しろ日本という国が存在している限り、永遠に残し、語り継ぎたい迷記事でございますゆえ。

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_06.html#Silentmajo

『中国、韓国と仲良くした方がいい?しなくてもいい? (2006/10/31 毎日新聞)
◇ふー、びっくりした
 うーん、今回は簡単だとぼくは思っていた。
 だって、中国と韓国はおとなりの国だものね。これからもずっとつきあっていかなければならないのだ。この質問のこたえなんて考えるまでもない。けれど、最近の東アジア情勢を、みんながどんなふうに感じているのか、それが探りたくてこのテーマにしたのだ。
 するとあらら、不思議。寄せられたのは厳しい反韓国・反中国のメールばかりだった。なぜなのかしら ん? というわけで、今回は多数を占める「しなくていい」派からいってみよう。
「近隣国と友好関係をつくるのは『望ましい』ことであって、『なすべき』ことではない」(住所不明・匿名さん)。
「都合のよいときだけ、新時代にむけて新しい関係をといいながら、なにか起きると過去の清算だ、教科書問題だという国となぜつきあわなければならないのか?」(大阪市都島区・嫌人さん)。
「隣国とは仲良くしたほうがいいに決まっているが、日本側から頭をさげてまで仲良くする必要はない」(海外在住・匿名さん)。
「友情ごっこのような関係ならいらない。中国・韓国とは必要があれば協力し、なければ距離をおくくらいでちょうどいい」(北海道旭川市・優子さん)。

 ふー、びっくりした。でも、反対派の意見はほぼ一点に集中している。
 中国や韓国は反日だから、仲良くする必要はないというもの。それ、ほんとなのかなあ。
 今回のこたえは数字のうえでは「しなくていい」派が圧倒的だったけれど、応募しなかった多数のサイレントマジョリティを考慮にいれて決定させてもらいます。

 中国・韓国とは仲良くしたほうがいい。

石田衣良』

 2006年10月末にこの莫迦記事が毎日新聞に掲載されるや否や、インターネット、特に2ちゃんねるなどの掲示板は嘲笑と爆笑の渦に巻き込まれました。瞬く間に「サイレント魔女リティ」というキャラが誕生し、アニメ「サイレント魔女リティ」の宣伝サイトまで誕生する始末でした。石田衣良は「サイレント魔女リティ」という迷キャラを誕生させる事で、日本の歴史上に輝かしき名を刻んだのです。良かったですね。

 ふー、びっくりした。

 真面目な話「中韓と仲良くした方がいいですか?」というアンケート調査を行い、「仲良くする必要はない」という回答が多数派を占めたからといって、「応募しなかった多数のサイレントマジョリティを考慮に入れて、決定させてもらいます。中韓と仲良くした方がいい」と結論づけるなど、まるで三歳児の屁理屈並に低次元な言い草です。
 自分の望まないアンケート調査結果が出たからといって、「サイレントマジョリティが含まれていない」などと反駁するくらいなら、最初からアンケートをやらなければいいのです。日本の所謂「知識人」の知性のレベルの低さが、如実に分かります。こういう記事を読んで、読者がどのように考えるか、少しは想像できないのでしょうか。まあ、できないからこそ、こんな記事を掲載したのでしょうが。
 この記事を載せた以上、今後、毎日新聞はどんな世論調査を報道しようとも、「毎日新聞の調査には、サイレントマジョリティが含まれていない。よって、調査結果は嘘、ということで決定させて貰います。ふー、びっくりした」と言われても、文句は言わないんでしょうね。
 さて、この歴史に残るサイレント魔女リティの報道により、自ら信用できないメディアであることを高々と宣言した毎日新聞が、またもややってくれました。

『アジア通貨の盟主争い=潮田道夫
http://mainichi.jp/select/biz/ushioda/news/20080511ddm008070118000c.html
「日米中のうち一番大事なパートナーは?」と外務省が東南アジア諸国連合(ASEAN)6カ国で世論調査した。中国が30%、日本28%、米国23%の順。
 振り返ると、かくのごとき中国台頭のキッカケが、97年のアジア通貨危機であった。米国がバカをやらかしたのだ。
 米国はその3年前、メキシコの金融危機では救済に奔走した。ところがアジア通貨危機の第1号のタイの危機には知らん顔。東南アジア諸国は米国の薄情を知り、以後、米国離れを強める。
 日本提案の「アジア通貨基金」構想も「円経済圏を作る気か」とつぶしてしまった。中国も反対に回った。あのころの日本は金融力で中国を圧していた。それを封じて、中国の台頭を許した。米国の短慮のきわみ。
 まあ、日本だって大きな顔はできない。三洋証券の倒産で外貨が取れなくなった邦銀は、韓国から1兆7000億円も資金を引き揚げた。韓国を金融危機に追い込んだ責任は日本にもある。
 中国だけが人民元の切り下げをせず頑張ったと褒められ、以来グッと重みを増すに至った。
 危機の後、日本の呼びかけでアジア諸国は2国間の資金融通協定を結んで為替市場の混乱に備えた。これを今度、多国間の協定に衣替えし資金枠も800億ドル(8兆5000億円)に4割近く拡大するという。ASEANと日中韓の財務相会合で決定した。
 これは、つまり、アジア通貨基金ではないか! 日本人は悲願成就に快哉(かいさい)を叫ぶべきか。さてね。逆かもしれない。
 日中が拠出額1位の座をめぐって譲らず、容易に決着しない情勢だ。10年前なら議論の余地なく日本だったのに。両国がこだわるのは、それがアジアの通貨盟主の座にほかならないからだ。
 ちゃんとした国際機関に、という話もある。しかし、本部は日本? 総裁は日本人? イヤな予感がする。(論説室)
潮田道夫(うしおだ・みちお)毎日新聞 論説委員長 』

 ハードカレンシーでさえない人民元が、アジア通貨の盟主になど成り得ないことぐらい、今時の中学生でも分かると思います。が、この毎日新聞論説委員長が自分の無知により妄想を振りまくのは、別に構いません。恥をかくのはご本人ですし、未来の話ですので、もしかしたら人民元がハードカレンシーになる日が来るかもしれません。
 看過できないのは中国の話ではなく、この過去の韓国に関する部分です。

『まあ、日本だって大きな顔はできない。三洋証券の倒産で外貨が取れなくなった邦銀は、韓国から1兆7000億円も資金を引き揚げた。韓国を金融危機に追い込んだ責任は日本にもある。』

 この韓国の通貨危機について言及した部分、明確な嘘、出鱈目、捏造です。拙著「トンデモ!韓国経済」を執筆した際に、この部分は徹底的に調査致しました。
 面倒なので、僭越ながら拙著から引用させて頂きますね。

『トンデモ!韓国経済 P48〜
 ちなみにこの当時から、韓国の通貨危機は、日本の金融機関が韓国から資金を引き揚げたために起きたという、いわゆる「日本責任論」が、まことしやかに流されていた。
 これは後に、韓国の国会聴聞会で検証される政治問題にまで発展した。だが、韓国の金融当局の資料に、金融危機時に日系金融機関が最後まで協調融資に応じるなど、韓国市場に義理を果たそうとした事実が記載されており、「日本責任論」は明確に否定された。
 ところが、一部の韓国人は今でも「日本責任論」を信じている。逆に、日本が通貨危機の際に、一国としては最大規模の援助を韓国にしたことを信じていないし、認めてもいない。これも一種の「日本隠し」であろう。
 韓国人は、IMF管理に陥ったことを恥と考えており(確かに、大恥だが)、それが自分たちの無能が原因であったことを認めたくないため、日本に責任を転嫁しているのである。経済発展のようなポジティブな出来事は、全て自分たちの手柄、経済破綻のようなネガティブな出来事は、全て日本のせい。これが韓国人の基本的なマインドだと思っておけば、まず間違いない。(以上、引用終わり)』

 このように、日本の金融機関が韓国から資金を引き揚げたために通貨危機が起きたという説は、「韓国の国会聴聞会」で検証され、否定されました。
 こういう事実がありながら、韓国の自業自得の通貨危機の責任を日本に押しつけようとする、潮田道夫論説委員長の意図は何なんでしょうか。日本人に韓国に対する罪悪感を持たせるための、悪質なプロパガンダだとしたら、この潮田道夫氏は日本国民に対する裏切り行為を働いていることになります。もしも、わたしごときでさえ調査できた、韓国の国会聴聞会の件さえ知らなかったのなら、潮田道夫氏は無能ということになります。
 久々にこのフレーズを使わせて頂きます。
 毎日新聞へ質問です。潮田道夫氏は、裏切り者と無能者の、どちらですか?

 人気ブログランキングに参加してみました。よろしければ、↓このリンクをクリックを。
https://blog.with2.net/in.php?636493 

 新世紀のビッグブラザーへ ホームページは↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/index.htm
 新世紀のビッグブラザーへ blog一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/blog.html
 

閉じる コメント(9)

顔アイコン

1ヶ月ぐらい前に、当ブログを発見して以来、毎日欠かさず訪問しております。今では、毎晩就寝前に記事を拝読するのが日課となりました。

ずっと気になっていたのですが、引用部分をハイライトしたり、段落を付けるなどして、見やすくしていただけると、非常に嬉しいです。(^^;

今後も益々のご活躍を期待しております。 削除

2008/5/14(水) 午後 9:26 [ 佐藤 ] 返信する

顔アイコン

う・・・。それは戸締役様のブログの様に、カラーやハイライトを使うべきということですね。実は自分でも気になってはいたのですが・・・。

やり方が分からないのです orz 勉強しますので、少々お待ち下さい。

2008/5/14(水) 午後 9:30 [ tak**kimit*uh*shi ] 返信する

顔アイコン

ここに載っているやり方で出来ると思います↓
http://help.yahoo.co.jp/help/jp/blog/blog-47.html
コメント欄はできないようですが・・・ 削除

2008/5/14(水) 午後 9:58 [ kou ] 返信する

顔アイコン

ふーびっくりした。

書店の入荷の方が早そうだと「ヤバ中」買いに行きましたが、すでに「次回入荷未定」になってました。Σ( ̄O ̄;Oh,my buddha!
(一次データ分析・執筆お疲れ様でした。替わりに密林で注文しましたので、あと半月で手に入りそうです^^)


中国・韓国に限りませんが、外国とは「仲良くしなくてはorしなくていい」というより先に、「どれくらい信義をおける政府か」ということが重要でしょうか。

2008/5/14(水) 午後 10:37 [ 悠久浪漫 ] 返信する

顔アイコン

>中国だけが人民元の切り下げをせず頑張ったと褒められ、以来グッと重みを増すに至った。

これ、切り下げをせずに頑張ったのではなく、
どの国も自国通貨を買い支えるのに苦慮する中、中国だけは取引規制のおかげで元が下落せずに済んだという状態だったような。

2008/5/15(木) 午前 0:34 [ fede ] 返信する

顔アイコン

韓国経済wktkの中の者デシ
毎日楽しくブログを拝見しています。
今日やっとヤバ中が届きました。
早めにアマゾンに頼んでいてよかった!
ところで潮田道夫氏って何ですか?この人。
毎日新聞 論説委員長って役職はモーレツに思想が偏っていて
分析能力がなくても慣れるんですかねぇw
こんな人に外交の事を論説して欲しくはないですね
言論誘導も甚だしい!

2008/5/15(木) 午前 1:05 [ tam**oro*919 ] 返信する

顔アイコン

潮田道夫は、↓こういう記事を書くアホです。
http://mainichi.jp/select/biz/ushioda/news/20080427ddm008070123000c.html 削除

2008/5/15(木) 午前 9:03 [ aa ] 返信する

顔アイコン

やっとアマゾンからヤバ中届いて読みました
103ページの注意書きにニヤリとしてしまいました
経済疎い私には大変面白かったです
これからも応援しています 削除

2008/5/15(木) 午後 6:45 [ out ] 返信する

顔アイコン

>毎日新聞へ質問です。潮田道夫氏は、裏切り者と無能者の、どちらですか?

だがちょっと待って欲しい。
無能で且つ裏切り者のの可能性が大きいのジャマイカ?

2008/5/17(土) 午後 0:45 [ 如月 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事