新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/21003579.html
「100万アクセス感謝申し上げます 前編」 からの続きです。

■08年7月(2008年7月1日「韓国経済と呉善花さんの新著」2008年7月31日「文書化と『ドル崩壊!』について」まで
 この月は毎日WaiWai変態報道祭りに尽きるでしょう。 毎日の祭りに絡め、「集合知」という概念を取り上げたところ、瞬く間にネットに広がって吃驚した記憶が残っています。
 民放に初出演(サンプロ)したり、初めてのラジオ生出演(静岡SBSラジオ)もありました。一見、華やかに活動しているように見えたかも知れませんが、実際にはこの時期、裏では「ドル崩壊!」の修正・校正作業が果てしなく続いていました。

■08年8月(2008年8月1日「真剣に危機迫る韓国経済」〜2008年8月31日「運命の九月、きたる!」まで
 今にも続く「毎日変態新聞倒産への道」シリーズが始まりました。毎日変態新聞が倒産すると、このシリーズは終了するわけですが、あと何回書けるかな?
 八月は金融機関の疑心暗鬼が高まり、市場からのドル枯渇が顕著になった月でした。新興経済諸国からの資金引き上げである「レパトリー」という単語も初めて登場しています。
 この月の最後のエントリー「運命の九月、きたる!」は、あくまで「韓国経済にとっての運命の月」というつもりだったのですが、まさか世界経済にとっての運命の月になってしまうとは・・・。

■08年9月(2008年9月1日「本当に九月が運命の月になるのか?」〜2008年9月30日「悪夢の九月、終わる」まで
 この月は9/15の「リーマンが破綻した日」に尽きるでしょう。リーマンが破綻し、メリルリンチがバンカメに救済買収され、AIGが米政府に救済され、ゴールドマンサックスとモルガンスタンレーが投資銀行業態を捨てました。アメリカのウォールストリートから世界の金融を支配した投資銀行が消滅したのです。現在も続く世界的な金融危機は、基本的にはこの「リーマン・ショック」の延長線上の事象と捉えて構いません。2007年夏に始まったサブプライム危機は、リーマンショック前と後に明確に分けられるのです。
 この月の終盤では、韓国の漢字廃止にまつわる「本当にあった怖い話」というエントリーも反響が大きかったです。

■08年10月(2008年10月1日「美田は小作人に返す」〜2008年10月31日「日経新聞の陥落」まで
 十月は円高も凄かったですが、それ以上にユーロ・ポンドなどの欧州通貨の凋落振りが凄まじかったです。十月下旬にユーロは一時120円を切りましたが(今も切っていますが)、わずか三ヶ月前の七月には、ユーロ円は168円だったのです。個人的にはユロ円の適正価格は130円程度と考えていましたので(物価感覚から)、正直(「ドル崩壊!」の最終章に「ユーロバブル崩壊のときは近い」なんて書いておきながら)狐につままれた思いを味わいました。
 また、韓国ウォンを初めとする新興経済諸国の通貨も、対ドルで暴落をはじめ、日本人だけは全くピンと来ない「ドル高」という言葉が新聞紙上を賑わせました。
 
■08年11月(2008年11月1日「双子の赤字 再来!」〜2008年11月30日「続 ドル崩壊への道」まで
 十一月の主役は完全に韓国経済になっています。30回(同日の前後編は1エントリーとカウント)のエントリーの内、何と半分近くが韓国経済危機に関するものです。
 日本経済について見れば、円高を利用し、内需を拡大することで成長していこうという、路線の転換に関する記事が一般でも増えてきました。(榊原英資の変心には、呆然とするものがありますが)
 目立ちまくる韓国経済と対照的に、中国経済に関するエントリーがめっきり少なくなってしまいました。上海株が低位安定しているというのもありますが、これだけ世界中が様々な危機報道で溢れかえると、元々中央統制の強い中国の情報は埋もれてしまいます。本当は日米中韓についてバランスよく書きたいんですが。

 ところで本ブログのコメント常連さんが、次々にご自分のブログを立てられている件について、大変嬉しく思っております。皆様が立てられたブログが人気を博し、互いの相乗効果で物事を変えるパワーを産み出せたらなあ、などと考えております。
 アクセス数が200万に達したら、次は12月以降について振り返りたいと思います。今後とも何卒よろしくお願い致します。

 人気ブログランキングに参加しました。
 日本が大好き!と思う方は↓このリンクをクリックを。
https://blog.with2.net/in.php?636493 
 ※人気ブログランキングの「ニュース部門」で一位を維持し続けております。皆様のご協力に御礼申し上げます。m(_ _)m 

 新世紀のビッグブラザーへ ホームページは↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/index.htm
 新世紀のビッグブラザーへ blog一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/blog.html

開く コメント(146)

SAPIO 12/17号に「[通貨危機]ウォン大暴落で借金国家に転落した韓国の土壇場」を寄稿しました。 http://www.zassi.net/mag_index.php?id=55
11/25 20:55〜21:20 J−WAVE(FMラジオ・81.3・首都圏ネット)「JAM THE WORLD」に生放送出演しました。 http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/cgi-bin/minutes/form.cgi?event=open&start=1
「SPA 11月25日号」P4に、インタビュー記事が載っています。内容はIMFと日本の1000億ドル資金供給についてです。http://spa.fusosha.co.jp/backnumber2008/cat_20081125.php

 おかげさまで当ブログが昨晩、目出度く100万アクセスを突破しました。これも全ては当ブログをご訪問頂き、盛り上げて下さった皆様のおかげです。本当にありがとうございました。
 100万アクセス突破を記念し、本日は今年三月のブログ開設以来の出来事やエントリーについて、月ごとに振り返って見たいと思います。何やらドル円が大変なことになって、クロス円はもっと大変なことになって、韓国の実質GNIは前期比3.7%減少となったりしていますが、今日だけは無視させて頂きます。
 本当は全タイトルをリストアップすると、当時の状況が分かりやすいのですが、先ほど数えてみたら250タイトル以上あったので、止めておきます。ちなみに一番下にもありますが、当ブログの過去エントリーは「http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/blog.html」に整理してあります。ご興味がある方は内容も含めてご覧下さい。

■08年3月(2008年3月2日「ホームページ開設と円高のこと」〜「2008年3月31日 中国株式バブル崩壊」まで
 この時期、今は懐かしきベアー・スターンズの危機により、急激に円高が進行したのを強烈に記憶しています。ちょうど「本当にヤバイ!中国経済」執筆時期で、ドル円のリアルタイム・チャートを見ながらキーボードを叩いていました。
 しかし、この時期にドル売りのセリング・クライマックスが起きた瞬間でも、1ドル95円でした(笑) 今や、もう・・・。
 また、ブログ開設当初は溜め込んでいた「日本の外貨依存度」「日本とアメリカの家計資産構成 」などの重要データを、ホームページにアップしました。今や日経新聞さえ「日本は外需依存国」とは言わなくなりましたから、隔世の感があります。

■08年4月(2008年4月2日「発売日が見えました」〜「本当にヤバイ!中国経済 −バブル崩壊の先に潜む双頭の蛇−」 まで
 偶然ですが、この月は最初と最後のエントリーがヤバ中ネタだったのですね。中国経済モノを書いていたのですから当たり前ですが、中国ネタが多くなっています。
 また、「日本の犯罪は増えている!」系の嘘をデータで証明するエントリーもこの月の前後に集中しています。

■08年5月(2008年5月1日「韓国外貨準備高の謎」〜2008年5月31日「国際収支の双子の赤字」まで
 5/31の「国際収支の双子の赤字」とは、もちろん韓国の経常収支・資本収支の双子の赤字の事です。この月から、徐々に韓国経済ネタが増え始めた、裏を返せば韓国経済の凋落が表面化し始めたわけです。
 国際的には、5/12に中国で四川大地震が発生しました。また、胡錦濤が来日し、それまでの中国の露骨な反日政策が、明確に転換されたのもこの頃です。
 五月終盤には、アメリカのサブプライムローン問題を取り上げた「ドル崩壊!」の執筆が始まりました。

■08年6月(2008年6月1日「四川の地震湖と、中国経済への影響」〜2008年6月29日「原油価格142ドル台乗せと、購買力平価GDP」まで
 わずか五ヶ月前なのですが、原油価格が1バレル142ドルに達していたのですね。今や半分以下ですが。
 この時期から、韓国経済に関する報道に「通貨危機再来」という空気が読み取れるようになりました。6/14にはそのものずばり「韓国に迫る通貨危機 」というエントリーを書きました。
 中国の上海総合株価指数の暴落が決定的になり、毎日新聞の変態WaiWai報道で祭りが巻き起こったのもこの月です。

後編に続く
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/21003686.html

開く コメント(17)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事