新世紀のビッグブラザーへ blog

作家 三橋貴明のホームページ「新世紀のビッグブラザーへ」のブログです。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

三橋貴明診断士事務所を開設しました。お仕事のご依頼はこちらから http://takaaki-mitsuhashi.com/
12/24発売のSPA12月30日号にインタビュー記事が掲載されています。(P6です。) http://spa.fusosha.co.jp/
集合知プロジェクト 進行中! http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/folder/1158306.html

 本日をもちまして「メリークリスマス!麻生首相」祭りは終了させて頂きます。皆様のご協力に心から感謝申し上げます。
 わたしの方で議員会館に電話して確認したところ、議員会館「だけ」で麻生総理宛のクリスマスカード1250通(12/24時点)、FAX数百通が届いたとのことでございます。(自民党本部と首相官邸分は確認していませんので、総計はもっと多いでしょう。)
 ニコ動の方が麻生総理にインタビューを掲載してくれたおかげで、総理の生の反応を聞くことが出来ました。折角ですので、麻生総理の声をテキスト起こしさせて頂きました。

 以下、http://www.nicovideo.jp/watch/1230088265 「麻生太郎総理に質問!(2008/12/20収録)」より
『【質問2】麻生総理にクリスマスカードがたくさん届いています。それについて一言お願いします。
麻生総理:「麻生さん、こんにちは。私たち夫婦は、あなたを心から応援しています。強く明るい日本を目指して踏ん張ってください。猛烈に応援しています。」
「有権者二人分の全力の支持を載せて。」
 これは折り紙を折ってもらったと思うんですけども、あの〜こういうのは、沢山頂いていますけれども、どういう経緯で始まったんだか知りませんけれども、2ちゃんねる辺りから、この〜何て言うの、動きが始まったのかな? いずれにしても、こういった一枚一枚随分見せて頂きましたけれども、こういった一つ一つの手紙見たら、とても力を与えて頂けますんで、ありがたいと思って感謝しています。本当にありがとうございました。
【質問】総理、こんなクリスマスカードもいただきましたよ。
麻生総理:え〜っ、こんなのも来てんの! これはクリスマスカードの巨大な版なんだと思いますけれども、これはクリスマスに合わせて作ってもらったんだと思いますけれども、後ろにも色々「Dear Taro Aso」なんて書いてありますけれども、「わたしは麻生さんのおかげで、日本人として誇りを持てるようになりました。そんな麻生さんが日本の総理である事を、わたしは誇りに思います。」
 まことに、こういったものを頂くと、笑いと微笑みと、そして〜、これは昭和二十年代の漫画なんですけれども、いずれにしても、この時代のこともわたしの記憶のあるところでもありますし、こういった手紙を丁寧に書いて頂いて、私どもとしては本当に元気を貰うんで、心から感謝しています。ありがとうございました。
---
 沢山のクリスマスカードありがとうございました。
 みなさんからパワーと愛が詰め込まれたカードは私たちにとって「元気玉」です。大切に読ませて頂きます。
 これからも麻生自民党への応援をよろしくお願いします。  麻生自民党チャンネル』

 今回の祭りの成功の要因は何だったのでしょう。それはもちろん2chを始めとする様々なネット媒体に波及し、急速に拡大したおかげですが、それを言えば、何故2chであれほどまでに盛り上がったのだろうかという疑問が生じます。
 無論、麻生総理のファンが、支持者が多いというのもあるのですが、それ以上に今回の「政治家にポジティブなメッセージを送る」というコンセプトが、皆さんの心を捉えたのではないかと考えるのです。
 祭り開始前日のエントリー「麻生首相の現状認識能力 」のコメント欄を改めて読み返すと、何と言いますか悲壮感に満ち溢れています。
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/21247928.html
 日本人は、特に日本のマスコミや年配の評論家たちは、やたら悲壮感がお好きのようですが、筆者は基本的に日本の未来について楽観的です。もちろん危機意識を持たなければならない問題もありますが、それこそ一つ、一つ、日本人一人一人が努力して解決していけばいいだけです。
 日本が本当に絶望的になる時、それは日本人全員が諦めたときです。そして日本人を諦めさせるにはどうすればいいかと言えば、まずは危機感を煽り、次に悲壮感を持たせ、そして最後に絶望させればいいのです。絶望した人間は、まもなく諦観の域に達することでしょう。それでジ・エンドです。
 というわけで、わたしは決して所謂「日本ダメポ論」には与しませんし、日本の未来に対する楽観主義を捨てません。そもそも、現在の世界で最もリスクが低く、経済的に安定しているのは、明らかに日本です。嘘だ!と反駁する人は、日本よりも通貨が上昇し、日本よりも失業率が低く、日本よりも物価上昇率が低く、日本よりも国債金利が低い国を挙げてみてください。
 昨年までの円安時、天下のNHK様がイタリアの無名経済評論家を引っ張り出してきて「通貨は国力を反映する。日本のように国力が落ちている国は、通貨が下がる」という珍説を放映していました。
 実際はもちろん、日本からの資本輸出が巨額過ぎ、経常収支黒字の効果を打ち消していたために円が下がっていたわけですが、あの番組のプロデューサーさん。最近円高ですが、日本の国力が上がっていっていると理解してよろしいでしょうか?
 
 話がそれました。
 今回の祭りは今後の展開を考える上で、色々と示唆に富んでいます。例えばネット住民によるFAX攻撃、電凸などの圧力と同様に、ポジティブなメッセージを政治家に多量に送付する手法が、大きな効果を発揮するという点。あるいは、やはり2chというメディアが、我々の想像を超える途轍もない力を秘めているという点。
 歴史が大きく揺れ動く転換点に生きる我々にとっては、情報共有こそが最強の武器です。
 今回の祭りの成功は、全体の趨勢から見れば「Small Success」に過ぎないかも知れません。しかしプロジェクトの成功とは、幾つものSmall Successを積み重ね、各人が自信をつけつつ積極的に参加することにより、知らないうちに成し遂げられるものなのです。

 しかし今回の「メリークリスマス!麻生首相」の企画、「どうしようかな〜」と考え始めてから、わずか30秒で思いついたアイデアだったことは、麻生総理には内緒にしてくださいね。

 人気ブログランキングに参加しました。
 日本が大好き!な方は↓このリンクをクリックを。
    https://blog.with2.net/in.php?636493 
 ※人気ブログランキングの「ニュース部門」で一位を継続中です。皆様のご協力に御礼申し上げます。m(_ _)m 

 新世紀のビッグブラザーへ ホームページは↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/index.htm
 新世紀のビッグブラザーへ blog一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/blog.html
 関連blogへのリンク一覧は↓こちらです。
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/link.html

開く コメント(117)

開く トラックバック(4)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事