ここから本文です
ワンだふるLife♪
バロン(2010/12/18♂) 2018/3線維肉腫により下顎切除 2018/9〜リンパ腫抗がん剤治療中
お散歩行こう

玄関を出るまではハイテンションだけど

イメージ 1

敷地からは出たくないみたい

バロンのテリトリーはここまでなんだワン

イメージ 2

でもいったん歩き出すと楽しく歩く

イメージ 3

人間の夕食は【ジンギスカン】
バロンの大好きなラム肉の匂いがするワン

イメージ 4

あれれ
ずいぶん痩せちゃったと思ったけど

お茄子

イメージ 5

今日もたくさん食べました

朝 ブッチ250g+ささ身150g+牛肉200g
夕 ブッチ250g+ささ身150g+ラム200g

イメージ 6

体重45.6kg




この記事に

身体が動かなくて目が覚めた

それは苦痛な重さではなく
幸せな重みでした

イメージ 1

食欲旺盛
元気はつらつ

今日もキュートなバロンちゃん

イメージ 2

頑張っちゃう

イメージ 3

笑って暮らそう

この記事に

抗がん剤投与(4回目)

ドキソルビシンは心毒性(心不全などのリスク)があるため
投与前に心臓エコー検査を行った

心臓エコー撮影中、先生の表情が曇る
なんとなく嫌な予感

検査後の診察でバロンに心臓疾患の恐れがあると告げられる

リンパ腫は抗がん剤が良く効いているようで寛解状態


【リンパ腫】
リンパ腫は抗がん剤治療に非常にとてもよく反応する
状態の悪かった動物が、抗がん剤治療後には見違えるように元気になり
まるで完治したかのように見える
この状態を「寛解」と言う
(臨床徴候が消失した状態でいわゆる完治とは異なる)

癌細胞が見えないだけで、まだまだ多くの細胞が生き残っている
何もしないとすぐに元の状態まで戻ってしまう
状態が改善した後も治療を続ける必要がある
治療が順調に進み数カ月〜数年の間、元気な状態が続いたとしても
リンパ腫に完治は無く再発する
これを「再燃」と言う


ドキソルビシンは投与できず、代替薬「ミトキサントロン」投与

イメージ 1

心臓の状態はかなり悪いらしい

ひとつ山を越えた
そう思うとまた大きくて険しい山が立ちはだかる



9月末はパパのお誕生日だった
バロンのリンパ腫発覚や副作用での入院
ママが体調不良だったり

今日やっとお祝い

イメージ 2

ケーキを狙うバロン

イメージ 3

もうすぐ(12月18日)バロン8歳のお誕生日
その時にはバロン用の美味しいケーキを用意するからね

パパに甘えて、ご飯をたくさん食べてご満悦

イメージ 4

次々と襲い掛かる辛い現実
いまはちょっと頭が回らない状態です

前進なのか
それとも立ち止まるのか

イメージ 5




この記事に

調子が良さそうだったのでお散歩に出てみた

イメージ 1

まさかの時、支えられるように登山用ハーネス着用

イメージ 2

80mほど歩いてお散歩拒否
早々に引き返してブラッシングタイム

イメージ 3

少し歩いてお腹が空いたのかな
ラムレバーに釘づけ

生で食べるかと試してみたけど
食感がお気に召さなかったらしい

イメージ 4

さっとボイルして、ブッチと一緒に完食

イメージ 5

毎日少しずつ回復しているのが嬉しいな

イメージ 6

いよいよ明日は4回目の抗がん剤投与
頑張ってきます


この記事に

食べることは生きる事

今日はとっても食欲旺盛

人間たちの食卓でおねだりバロン

イメージ 1

お友達からいただいた、おいしいお肉をたべよう

凄い食いつきでビックリ


昨日までは拒否していたブッチ
お肉と一緒に食べてくれた〜

イメージ 2

昨日の事

排便姿勢になり、ウンチが出てきたところにしりもち
お尻が大惨事に〜
まぁ、ウンチが出てくれたからよかったけど

腹圧もかけにくいらしく、おしっこのキレも悪い

食べないってことは、こんなに弱るってこと

イメージ 3

食べることは生きる事

バロン、食べてれてありがとう



 人間の娘はいつだって食欲旺盛 

今日も完食するに違いない

イメージ 4




この記事に

踏ん張れない

足腰が弱ってしまったバロン

トイレシートの上で排便の姿勢を取ろうとするけれど
踏ん張っていられなくて倒れそうになる

何度もチャレンジするけれど
ママもバロンの身体を支えているけれど

今日も排便できず

イメージ 1

伏せの体勢から立ち上がるとき
なかなか立ち上がれない状態

でも、カステラやお肉を食べてくれたから
明日は元気が戻ってくるかもしれないね

イメージ 2

 今日の女子大生弁当 

イメージ 3

バロンが食べてくれるなら
身体によい食材で
彩り鮮やかなお弁当を作ってあげたいな

イメージ 4

バロンの体調は、少しずつ上向いています
焦らずゆっくりだね


この記事に

10月7日(日)

敗血症で入院した10月1日から一度も排便していない

病院から腸の動きを改善するお薬が処方されている
ほとんど食事が取れていないから出るものもない

ちょっと気分転換にとお庭で排便を促してみた

この直後、前のめりに倒れこみ、自力で立ち上がれなかった。

イメージ 1

何でもいいから少しでも食べて欲しい

そう思った時、去年の5月に旅立った胴体妹、ワッチョのお顔がうかんだ。
IBDで闘病中のワッチョ、プチシューを好んで食べていた。

イメージ 2

食べた
お目目をキラキラさせて、パクっと食べた
きっとお兄ちゃんを心配してワッチョが来てくれたんだね
ワッチョ、ありがとう

プチシューの中にお薬を入れて食べさせた


10月8日(月)

今日は牛肉とささ身肉に挑戦
ボイルしていると、キッチンまで様子を見に来た

イメージ 3

あーーーーーーん

凄い食いつき
久しぶりにしっかり食べてくれた

ささ身200g+牛肉200g

イメージ 4

バロンのお顔に生気が戻る

イメージ 5

バロンはすごく頑張っているのに
私たちは弱気になっていた

日に日に痩せて弱っていくバロンを見るのが辛かった

きっとこれからも一進一退の闘いが続くだろう

私たち家族にできること
私たち家族にしかできないこと

見つけ出しながら支えなくては

イメージ 6

10/8 44.8kg




この記事に

9/20 【線維肉腫】術後6カ月の定期検査

エコー&レントゲンで全身のリンパ節の腫れが見つかる。
当日午後から急きょ、生検を行う

定期検査+生検=111.996円

イメージ 1

9/22 【リンパ腫】と診断される。
当日より抗がん剤投与、3泊4日の入院

抗がん剤①+抗がん剤②+入院検査=142.290円

イメージ 2

10/1AM 抗がん剤投与の予定が血液検査の結果中止に

検査料=27.389円

イメージ 4

10/1PM 元気消失・体温上昇で受診
【敗血症】と診断され3泊4日の入院

高度衛生管理の元入院治療=142.290円

イメージ 3

10/6 抗がん剤投与

抗がん剤③=36.342円

イメージ 7

9/20〜10/6まで  460.307円

バロンの抗がん剤治療は全26回
まだ3回しか終わっていない状態

ペット保険は半年前の線維肉腫の時に満額使い切る。
(治療費130万円中、70万円は保険を使いました)

イメージ 5

金銭的なことをブログで公表するのはいかがなものか
そう思ったのですが・・・

大切な家族が病に侵されたとき
現実的に、避けては通れない事なので公表します。

イメージ 6

バロンと一緒にがんばります




この記事に

お医者さんごっこ
毎朝・毎晩の日課

バロンの心音や呼吸音を聞きます

イメージ 1

バロンの頭に聴診器
バロンの考えていること、バロンの気持ちも聞きます
本当に聞こえたら嬉しいのにな

イメージ 2

毎日の健康観察で早期に異変を察知

イメージ 3

今日は3回目の抗がん剤を投与しました
サイクロフォスファミド

【主な副作用】
吐き気、嘔吐、発疹、脱毛、倦怠感など

特に注意するのは『出血性膀胱炎』
お水をたくさん飲んで、おしっこをたくさん出すことが大切

イメージ 4

帰宅後、バロンはぐったり

食欲もなくて、ご飯は全く食べない
お肉を焼いたら、少しだけ食べてくれました

イメージ 5

バロンはとっても頑張っています
でも、とても辛そう。

痛みや苦しみをママと分け合えたらいいのにね。

イメージ 6

リンパ腫は完全寛解の状態

全26回の抗がん剤治療
闘いはまだ始まったばかり


この記事に

体調不良者、続々!!

ママの体調不良はかなり長引いています
熱は下がったけれど、酷い咳と鼻水
かれこれ10日以上も続いてるし

特に夜間はほどんど眠れない状態

 鼻をかむときは、この超高級ティッシュで 

イメージ 1

昨夜も咳込んで眠れず

コンコンうるさくてゴメン
これじゃ眠れないよね・・・とバロンの方を見てビックリ

どんだけリラックスしてねんねしてるのよ〜

イメージ 2

とっても落ち着いて生活しているけれど

バロンの食欲はかなり落ちている
大好きなブッチさえも全く食べない

イメージ 3

今日からはパパが風邪気味
お天気も暑かったり寒かったりで体調管理が難しい

明日はバロン3回目の抗がん剤投与
この調子じゃ無理っぽいな

イメージ 4

今日は眠れますように。
明日はバロンが元気になっていますように。


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事