過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

映画:第5惑星

イメージ 1

たぶんメジャーじゃないだろうシリーズの第二弾です。(題名は第5ですが:笑)
この映画もコアなファンがいますし、実は評価も高いです(はず?)

やはり若干古いですし、派手な演出のないSF映画です。

争いを続けている地球人とエイリアン(宇宙人で思考能力は普通にあります)の一名ずつが
戦いの中、ある惑星に不時着して・・・うんぬんかんぬん・・・。
(おお〜〜〜〜っ!前置き・能書き・言い訳をこんなに書かずにレビューしようとした!?)

悔しいので、この映画を観たきっかけを・・・。
とあるラジオ番組で有名な女優さん(日本人)がこの映画を、とても褒めていて、オレッチを
誘うのです。(観ろ〜!観ろ〜!!ミロ〜〜!・・・牛乳を入れたくなりました。ミロ知っている?)

心が温まるいい映画です。

開く コメント(0)

映画:おいしい殺し方

イメージ 1

自分がチョーミーハー映画好きであることを忘れていました(笑)!
ミーハーであるがゆえにレビューする映画が、すでにレビューする意味の無いことに!!!
気づいてしまった・・・。(ドラムロールが欲しいところです)
っがしかしやめません(笑)。っがしかし、すこしはメジャーでないレビューもしたくなったので・・。

これはたぶんコアです。マニアです。主演の奥菜恵を好きでなければ・・・あんま観ないと思う・・・。

そう“おいしい殺し方”!!!・・・映画か?・・・自信が無いけど・・・。
ギャグです!ただギャグです!!内容も訴えるものも、とーぜんありませーん!
そのギャグもかなりシュールです!・・・だけどオレッチは笑ってしまいました。負けました。

オチ?ラスト?では・・・ふざけんなよ〜!っていうラストです。だけど負けたので仕方ありません。

オチが読めたとか、(たぶん読めませんけど。)ストーリーが途中でわかったとか、ではなく、
笑ったら負けの映画です。

内容・ストーリーはメチャくだらないし、どーでもいいのです。ギャグだから・・・。

だからといって、笑わせるだけの下品なギャグや意味不明のギャグを連発する他の映画とは違います。
そんな映画はほめません!・・・褒めていませんでした。褒めるの忘れていました(笑)

結構好きです。・・・いや、かなり好きです。

落ち込んでいるときなどに一杯やりながら観てください。すこーし(0.5mmくらいは)救われます。

開く コメント(0)

イメージ 1

オレッチ定番の料理!家でもキャンプでもどこでも作ります。

〜レシピ〜
材料
 ●鶏胸肉・・・・・食べたいだけ!
 ●漬け汁
  酒・・・・・・・・適量(鶏肉がしたるくらい)
  醤油・・・・・・・適量(酒が醤油色になるくらい:割と大目)
  みりん・・・・・・適量(すこしでいいが少ないと辛く・多いとあまい)
  おろし生にんにく・どっさり!(どっさり)

造り方
 (燭燭ぅ肇譽い坊楸仔を若干切れ目を入れてから(味がしみ込むように)入れます。
 ⊆鯑れます。
 醤油入れます。
 い澆蠅麁れます。
 イろし生にんにくどっさり!入れます。
 Δ砲鵑砲を満遍なく肉に絡めます。
 冷蔵庫に1晩または丸1日いれて漬け込みます。
 ┐垢魁爾靴離リーブオイルをいれフライパンをちんちんに温めます。
 皮から焼き、すこし焦げ目ができるくらいにして
 ひっくり返し弱火で火が通るまで焼きます。
 ※焼くときは必ずふたをして!

がっつり食べます。食べて食べて食べ終わったあと、人に会いましょう!
露骨に嫌な顔されること間違いなし!・・・でもおいしいよ!
 

開く コメント(0)

ゴジラ(旧作)

イメージ 1

暇だっ〜〜〜〜!ってことで開き直って、もう一丁金字塔(笑)シリーズ!?
アメリカ映画ばっかりだったのでそろそろ邦画!・・・禁断の怪獣物!
邦画一発目に怪獣〜〜っ!?やばい?まずい?キモイ?・・・いえいえ侮る無かれ!

日本が世界に誇り!黄金の日本映画全盛期時代!特撮帝国 日本!を築いた伝説の映画です。
“ゴジラ”!!!御存知のように似ても似つかぬトカゲのお化けをハリウッドが“GODZILLA”
とオマージュしたほどです。
実は、“ゴジラ”も元ネタはハリウッド!特撮の巨匠、レイ・ハリーハウゼンのストップ・モーション
・アニメーションでの“原子怪獣現る”(っといわれています)だからネタのキャッチボールなのですが
それでも、非常に高い評価があり、“GODZILLA”のまえの海外版“ゴジラ”もあります。

だから、特撮映画・怪獣物の金字塔!(ほんと、ゴメンナサイ!)

この映画は、とーぜんですが真剣に撮られ、反核の意思もこめられているパニック映画なのです。
当時の様々な映画も(オレッチからすると黒澤映画もある部分同様で)同様で終わり方は
(ゴジラの倒し方のことですが)今から考えれば、エッ!マジ!?他への影響は?って言いたくなるほど
強引な部分はありますが、当時の映画はそんな感じです。むしろ特撮部分・ミニチュアの模型などは
職人の魂がこめられている感があり、とてもすばらしいです。

よく今のCGと比較する方がいますが(気持ちは、わかります:笑)、当時にCGはないのです!
今の若い方からすると信じられないかもしれませんが(そんなわきゃねーだろ)(オレッチも歳?)
パソコンも携帯も無い時代があるんですよ!※ちなみに携帯なんてここ15年くらいだよ!

まっ!なにを言っても怪獣物はキワ物だから〜!仕方ないけど。
2作目くらいまでは怪獣が怪獣で人間の味方ではなかったんだけど・・・。

開く コメント(0)

イメージ 1

え〜加減!タイトルを映画に変えろ!!とお叱りを受けそうですのでなけなしのネタを。
(週末しか出かけないし・・・いじっちゃた後にプログ始めたし・・・愚痴ってもしょーがない!)

わがワーゲンバスは71年製タイプ2 通称レイトバス ウエストファリア社のキャンパー。
巷ではアーリーレイトと呼ばれる外観で、ななななんとフロントはディスクブレーキ!
呼び名はレイトでウェスティなのでレイティ(ひねり無し・・・)

いじったといってもエンジンはノーマル・足回りはノーマルで平4のクーラーをつけ(だけど
エンストしてしますので使えず・・・ガクッ)

いじっている〜〜っと言えるのは冷蔵庫なんです!ソーラーなんです!近未来(気持ちだけ)なんです!
サブバッテリーを積んで、とりあえず2日間は駐車しながら冷蔵庫が使えるのです!!
1日だけならノートパソコン併用で(DVDを観るだけ!)別荘気分が味わえます!
(晴れていれば、晴れていれば、がんばれソーラー!ためろ電気!)

サーフトリップ・撮影旅行の車中泊やキャンプでの冷えたビールは・・・最高っ!
冷蔵庫の中はビールばっか(笑)出かける前から常にビールばっか!

ただもともとついているウエストファリアの保冷庫兼シンクを外さねばならず、VW好きとしては
おおおおおオリジナルの格好良さが・・・(涙)  だけど冷えたビールをとりました(笑)
(まっ、いつでも元に戻せるしー!)

次の狙いは、あったかベバスト!・・・ないと冬は凍死します・・・。

週末になれば(雨さえ降らなければ!どんなときでもピクニック野郎なので雨嫌い!)
どこでも車中泊!景色がよければビールで乾杯!

開く コメント(2)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事