過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

オレッチ命名“ロンジン冒険3大限定シリーズ”第一弾目!!
ロンジンが放つ限定モデルは多数ありますが、これからの3種(今回は1種!)は、増やしようの無い限定版。

栄えある第一弾は、ロンジンの中でも有名で、時計好きなら誰もが知っている“アワーアングル”。

この“アワーアングル”は、ロンジンの限定販売・記念モデルの代名詞になっているほどです。
現在も、節目の年に??年モデルとして販売され続けているのが特徴です。

なぜ?これほど何回にも亘り、販売され、代名詞になったのか?

“翼よ!あれがパリの灯だっ!”誰もが一度は聞いたことのある台詞でしょ。
そう!リンドバーグが大西洋単独無着陸飛行をしたときの台詞です!
(リンドバーグの有名なのは「今すぐKiss Me」じゃないですよ)

そのリンドバーグがロンジンに作らせた時計“別名:リンドバーグモデル”として有名になったからです。

もちろん当時のオリジナルではありません。(そんなのいくらすんのかっ!)

以後、作られていなかったのですが、このキャリーパーL989.2は復刻第一号!初期型です。
しかも、現在のロンジンのように、ムーブメントを他社製造に頼らず、自社開発のムーブメント搭載の
最後の“アワーアングル”!※ちょっち間違いもあり。

以下は参考文献の抜粋。

“オリジナルのアワーアングルウォッチは、パイロットナビゲーション用にC. A. Lindberghによって開発されました。この復刻モデルは、Lindberghが大西洋単独飛行に成功したときに着陸したパリ近郊のLe Bourget空港にて1987年5月21日に発表されました。この日はLindberghの成功からちょうど60年目にあたります。

L989は、Lemania社に売却されて現在はCaliber 8810と呼ばれていますが、2バレルのユニークな自動巻きムーブメントです。このメカニズムによって、トルクが安定し時計の精度が向上した他、パワーリザーブの時間も延びました。しかもこのムーブメントは自動巻きとしてはもっとも薄いムーブメントでした。”

“現行復刻のETA社のものではありません。90年以降の復刻モデルにも自社キャリバーが搭載されているものもありますが、こちらの初期復刻モデルは、ローター部分にロンジンマークが中抜きされているタイプで、このモデルにしか見られない特徴です。復刻版と言っても20年ほど前のものですので、数も少なく市場出ることは稀な希少モデルだと思います。ケースSS、ベゼルと裏ベゼル部分は18KYG、バックスケルトンのハンターケース。ハック機能有り。当時の定価32万円。”もちろん、これも抜粋。

値段は高くはないのですが、探すとなかなか見つからないとおもいます。
オレッチのこだわりです。

・・・本当に見つからないのですが、何故か、価格は本当に安い。・・・なぜだっ?

開く コメント(9)

イメージ 1

最近は、飛行機物、多いッスねぇ〜!おおぅ!しょぱなからタイトルにあったことを・・・。
休みボケで、オレッチの頭の中の二十日鼠っ!まだ寝てます。こいつはまだ夏休みらしい・・・。

っで、ネタに困り、しょぱなからタイトルからみのトークで入っていきます。

ヤバイ!ストーリー説明がべたなオレッチは最初につまんないネタ話をしないと、あっとゆーまに書くことが。

っで“フライング☆ラビッツ”この作品は、“ハッピーフライト”の2匹目のドジョウかと
思ってしまったのですが、ちょい違ってました。(ハッピーフライトまだ観てませ〜ん)

JALの実業団バスケチームの話、ほとんどスッチーの話やシーンはでません。ちょっちはあるよ。
基本バスケの話がメイン。オレッチは中学生時代、部活バスケをやっておりまして、
(神様!懺悔を致します。オレッチは嘘を書いてしまいました。ホントは1年の時だけです。)
とりあえずの基本は知っております。(また懺悔を、たぶんこれも嘘に値してしまうかも。)

この映画!非常に嫌われる場合があります。メチャ褒めている人もいます。(またまた賛否両論)

バスケのシーンが下手だと言うのです。でもオレッチ的にはそこはさっぴいて・・・なぜって?

だって役者のみんながみんなバスケできるわけではないので、そこは大目に。

しかも、基本、これコメディですから、だって高田純次が出ているのですよ。
許しましょう!寛大な心で!

許せれば、結構面白い映画です。青春(社会人の)映画です!

最後のシーンとか、アンパンマンの歌のところとか、思ったとおりの展開で!ベタ最高です!

素直に感動しましょう!作者の意図のとおりに・・・。

開く コメント(0)

映画:ゲーム

イメージ 1

しょぼい夏休み(お盆休み)が終わってしまった。しょぼくても夏休み。
もう、だらだらと寝ていられないんだね。モグモグとず〜〜っと食べていられないんだね。
怠惰な時間を過ごせないんだね。・・・・寂しい。

オレッチはだらしのない生活が大好きなのに・・・もう、駄目なんだね。

さぁ!忘れよう!あの至福の時間を!・・・・さぁ!がんばろうプログの更新を!・・・ありぃ・・・。
プログは仕事じゃないのね。・・・とんでもない勘違いなのね・・・じゃ、がんばろ・・・仕事。

っでもプログも大事!ってことで、今回の映画は“ゲーム”!

“デヴィッド・フィンチャー”作品で、主演“マイケル・ダグラス ”○○○中毒のあの男。
この監督作品の“セブン”は誰もが知っている“ブラッド・ピット”のサスペンス映画。
(って、ほんとに誰もが知っている?)

“ゲーム”は、意外に知れれていない。何故?やっぱ主役が○○○中毒だから?※注ファンの方すみません。
でも、演技はやっぱ、うまいです。

この作品は、賛否両論・好き嫌いが分かれてます。っがオレッチは大好き!非常に面白いです!
人に“なんかいい映画ない?”“サスペンスで面白いのない?”っと聞かれると必ず勧める程。

アメリカ人は、ピエロ好きですよねぇ〜。特にサスペンスとホラーの時は良く使われますよね。
時にはピエロの殺人鬼まで!あの名作“saw”もピエロだし!

内容は、序盤からスタートダッシュがきいて、ず〜とハラハラドキドキ!
何が本当か?ストーリーがくるくる回ります!サスペンスなのに人は・・・。言ってはいけませんね。

ジェットコースター(表現古〜〜っ:泣)サスペンスの連続です!(なんか表現・・・変。)

ストーリーは、ある実業家のもとに弟から“人生を一変するような素晴らしい体験ができる”プレゼントを
もらいます。(わかる人にはわかるオレッチが今回“ゲーム”を選んだわけ:プレゼントつながり)
そこで・・・後は、観てのお楽しみ!(オレッチがストーリー解説が出来ないのは内緒の話。下手なんで)

まぁ、多少強引なところもあります。(そこが賛否両論のもとですが)オレッチの中では十分許せるし、
破綻していないと思ってます。

あなたも、ゲームに参加してみませんか?・・・・・・すっごい高いらしいですが。

開く コメント(5)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事