過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

ムーブメント オートマティック 自動巻き・・・ETA社製7750だったはず・・・エタポン言わないで。
クロノメーター
仕様 スイスメイド
1000ft(300m)防水性能
クロノグラフ
スモールセコンド
ヘリウムガスエスケープ機能・・・・・・・・・飽和潜水の破裂防止!そんな潜れねーよ!
逆回転防止機能付き回転ベゼル
ねじ込み式リューズ
カレンダー(日付)
素材 ガラス:サファイアガラス
ケース:ステンレススティール
ブレス:ステンレススティール
サイズ フェイス直径:約42mm
フェイス厚み:約16mm
腕周り最大:約19.5cm
重さ:約218g

はじめて買った機械式腕時計!オメガといえばムーンウォッチ“スピードマスター:以下SP”が超有名!
NASAの公式腕時計で、かのアポロ11号のアームストロング船長が月面に降りたとき、腕にあり、
映画になった“アポロ13号”の乗組員が最後の時間あわせに使い、無事生還したのも有名ですね。
(映画の中にもそのシーンがあります)

だからもちろん、オレッチもオメガは“スピードマスター”で、それしか知らなかった!
それしか作ってないと思っておりました。・・・無知〜〜!(ムーブが別会社とかは、また今度)

だから風防(普通時計の正面でガラスのところ)が硬質強化プラスチックであったことも!(SPだけ)

ダイアルの中のクロノグラフ(普通の時間を表す以外の2つとか3つの小さなダイアル)が
かっちょい〜〜!(意味しらず)とかしか考えておりませんでした(笑)

そんなオレッチが、シーマスターを買うなんて!!!(でもクロノのかっちょい〜〜は譲れない!)

とっことんミーハーで本家好きのオレッチ!店のおね〜〜〜さんと話していた時、
おねーさんいわく、“”オメガはシーマスターですよ!”の一言で・・・・んなわけは無いです。

SPはシーマスターからの派生だと!・・・それは関係ないでしょ!

単純にサーフィンのときに防水性能が必要でしたし、見比べてシーマスターの方が好きだったからです。

裏面のシーホースの刻印ともマッチしてたしね!

イメージ 1

長澤まさみちゃんのファンです。可愛いです!・・・以上。

ってだけでは、レビューじゃない!

実は、思い出が非常に濃い映画です。上映され、だいぶ時間が過ぎ、レンタルが始まり、時間が過ぎ、
・・・ここが肝!たぶんすぐ観ていたら、ちょっとだけ人生かわったかもしれません。

車のローンが(前の)終わり、秋になり、趣味が増え、カメラに手を出した時!!!
被写体が、撮影の旅が(旅行じゃなく、旅!ここ重要。テストに出ます。赤線引いておくように)、
・・・前の車じゃ面白くない!撮ってもイマイチ、旅にならない!
オレッチは自他ともに認める“自由人”です。(頭悪いです。おばかさんです。)

なんとなく、(このときは全然本気でなく)撮って絵になる、乗って旅になる車が欲し〜いなぁ〜〜〜。
くらいでした。

そのときに、“そのときは彼によろしく”その彼、俺!おれによろしく!ってなにが?
・・・ばかな言い方や妄想はやめましょう。(反省)

オレッチの憧れ(まさみちゃんじゃないよ)の形をした車!っを見てしまった。
車名もわからず、なにがなんだか・・・。

速攻調べました。見つけました。わかりました。“VWタイプ2:通称ワーゲンバスの後期型 レイトバス”
もうだめです。もう無理です。

っで、今の愛車がわが手に・・・うぉ〜〜〜またまたでっかいローンが!!!でも最高!!

っで、映画の内容ですが、巷の評判は、あんまり芳しくありません。悪い映画ではないのですが、
“長澤まさみ”“難病”に世間はあきてしまったのでしょう。

オレッチは、結構好きで何回も観ています。特にレイトバスが出ているところは・・・。

やっぱり、レビューじゃなかった。

イメージ 1

バス乗り、喫煙者の悩み。
ワーゲンバスはいい感じのカップホルダーがありません。(ってオレッチが知らないだけ!?)
そこでダッシュのセンターにあるアッシュトレー(かっこいいでしょ英語って!灰皿だけど)
を外し、たしか2,000円〜3,000円くらいの平4で売っているカップホルダーを代わりに嵌めている方が
多いんではないでしょうか?

ある雑誌(レッツとか!)の古い(ブックオフで買った)ナンバーに送風孔にはめるカップホルダーが
とあるショップで売っているのを見ました。・・・うぉ〜〜!灰皿使って缶も飲める!やったー!!

・・・左右ペアで、6,000円。・・・なめてんのかっ〜〜!

っで、昔懐かしい窓にはめるドリンクホルダー。鉄のステーを曲げるやつ。・・・

ドア開けました。こぼれてドア内側にべっとり。ドア閉めました。こぼれてズボンにべったり。・・・

もう、飲まないか、もう吸わない(昔はこちらも飲むっていうんでした。知ってます!?)

そこに、救世主現る!僕らのヒーローダイソー100均!貧乏人のケンシロウ!

“もう、おまえはつけている”・・・アッタァー!

イメージ 1

映画でなくてすみません。“ホームシアター”つながりで、いってみます(笑)

っがしかし、なぜか“ホームシアター”の力が最も爆発したのが、このDVD!
このDVDは最高です!(オレッチがドリカムファンだから!?いいえ!このDVDを観てからファンです)

先に言ってしまいますが、この後にライブDVDに夢中になり、サザン3枚、安室ちゃん2枚、AI1枚、
他数枚・・・もちろんドリカムもほか3枚を買い、(えーちゃん、BOWY、長渕剛も試しに買ってます)
観ましたが、別格です!音楽は好き嫌いもあるし(上記アーティストはすべて大好きです)、
ライブのやり方も違うと思いますが、こと“ホームシアター”で観るときの臨場感は随一でした。
(※最近は(“ドリカム2008ワンダーランド”以降)買っておりませんのでわかりません)

ライブが始まる前の会場のざわつき(カメラは一般客の中に入り、客目線で写してます)から
吉田美和の登場!一転ステージ目の前から見上げるようなカメラワーク!

ライブ会場が屋内なのでステージ以外は真っ暗(ここが“ホームシアター”にベストマッチ)
もちろん全体の映像やドリカムの二人、バックダンサー、演奏者のアップもあるのですが、
それらが、邪魔にならず、会場にいるような錯覚から覚まさずに、興ざめしません。

通常ライブDVDをテレビで見ている場合、上記のような錯覚を起こさないので、好きなアーティストの
アップやライブに掛ける気持ち等をもっと写し、見ている人を楽しませようとするのですが、
(かっと言ってこのDVDがテレビだとつまらないわけではありません。)
このDVDは会場からの視線を重視しています。

このDVDは“ホームシアター”で見ている人を会場に連れて行ってくれます!!

このライブは、非常にドリカムライブの中でも好評で、曲目も非常にいいです。

“ホームシアター”環境をお持ちの場合、是非とも見てみてください。

※あまりに褒めすぎたので、
ちょっと一言『あくまでもオレッチの感想です。違っても怒らないで:弱っ!』

イメージ 1

まだまだ続く!映画レビュー(内容無くて、役に立たなくて、意味不明でホントッゴメンナサイ:泣)!

そう、賢明な方は、もうお分かりですね!オレッチは映画好きっといってもDVD派です。
(劇場入場券をけっちているわけではありません。っが無料チケットがあれば行きます。)

っということで、オレッチの映画(DVDだけど)鑑賞の環境紹介です。

どこかの誰かさんが言ってました!映画は劇場の大きなスクリーンで、劇場の音響で観る為に、
撮って(録って)いるんだと!

監督さん・音響さん ゴメンナサイ。

・っがしかし、オレッチは、一杯やりながら(ブランデーグラス片手に、バスロープで、裕次郎風に)、
観るのが大好きなんです!!!!・・・焼酎でもビールでも酔えれば何でも・・・・。

・・・っで“ホームシアター”!・・いい響き!“ホームシアター”!(しつこくてスミマセン。)

・・・っが。かかか金が無い!部屋せまい!・・・だけど“ホームシアター”(笑)
安く、安く、安くなんとかせねばっ・・!

もともと5.1ChのDVDプレイヤーはもっていたので、後はプロジェクターとスクリーンのみ!
試行錯誤の上(何もしていない、安いの探しただけ、ネットで・・・)、

.廛蹈献Дターの条件:天井設置できるやつ(上下反転できるやつ)・液晶でなく、DLP
 (液晶よりレンズの寿命が長い・・・オトク)
▲好リーンの条件:ロールスプリング式(部屋せま〜〜っの為、常時出しっぱは無理!電動!?
 貧乏人には手が届きません)・正面投影で透けないやつ(窓側設置なので、透けると外から
 何観ているのかモロ見え!:恥)・80inch(再度、部屋せま〜〜〜っ)

っでなんとか二つ合わせて8万円以下・・・うっほほ〜〜い!

っと、喜んだのが数年前。

真っ暗のなかで(夜ばっか)観ればtaka_bus劇場。これでなんとか許して監督。

古いけど、いい映画・見逃した映画も全部自前のロードショウ!

お気に入りのアーティストのライブもアリーナ席!

DVDばかりなのに、映画レビューと書いても、許してね。

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事