腕時計

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

オレッチ命名“ロンジン冒険3大限定シリーズ”第一弾目!!
ロンジンが放つ限定モデルは多数ありますが、これからの3種(今回は1種!)は、増やしようの無い限定版。

栄えある第一弾は、ロンジンの中でも有名で、時計好きなら誰もが知っている“アワーアングル”。

この“アワーアングル”は、ロンジンの限定販売・記念モデルの代名詞になっているほどです。
現在も、節目の年に??年モデルとして販売され続けているのが特徴です。

なぜ?これほど何回にも亘り、販売され、代名詞になったのか?

“翼よ!あれがパリの灯だっ!”誰もが一度は聞いたことのある台詞でしょ。
そう!リンドバーグが大西洋単独無着陸飛行をしたときの台詞です!
(リンドバーグの有名なのは「今すぐKiss Me」じゃないですよ)

そのリンドバーグがロンジンに作らせた時計“別名:リンドバーグモデル”として有名になったからです。

もちろん当時のオリジナルではありません。(そんなのいくらすんのかっ!)

以後、作られていなかったのですが、このキャリーパーL989.2は復刻第一号!初期型です。
しかも、現在のロンジンのように、ムーブメントを他社製造に頼らず、自社開発のムーブメント搭載の
最後の“アワーアングル”!※ちょっち間違いもあり。

以下は参考文献の抜粋。

“オリジナルのアワーアングルウォッチは、パイロットナビゲーション用にC. A. Lindberghによって開発されました。この復刻モデルは、Lindberghが大西洋単独飛行に成功したときに着陸したパリ近郊のLe Bourget空港にて1987年5月21日に発表されました。この日はLindberghの成功からちょうど60年目にあたります。

L989は、Lemania社に売却されて現在はCaliber 8810と呼ばれていますが、2バレルのユニークな自動巻きムーブメントです。このメカニズムによって、トルクが安定し時計の精度が向上した他、パワーリザーブの時間も延びました。しかもこのムーブメントは自動巻きとしてはもっとも薄いムーブメントでした。”

“現行復刻のETA社のものではありません。90年以降の復刻モデルにも自社キャリバーが搭載されているものもありますが、こちらの初期復刻モデルは、ローター部分にロンジンマークが中抜きされているタイプで、このモデルにしか見られない特徴です。復刻版と言っても20年ほど前のものですので、数も少なく市場出ることは稀な希少モデルだと思います。ケースSS、ベゼルと裏ベゼル部分は18KYG、バックスケルトンのハンターケース。ハック機能有り。当時の定価32万円。”もちろん、これも抜粋。

値段は高くはないのですが、探すとなかなか見つからないとおもいます。
オレッチのこだわりです。

・・・本当に見つからないのですが、何故か、価格は本当に安い。・・・なぜだっ?

開く コメント(9)

イメージ 1

“ハミルトン”って、特に時計好き(もしかしたら時計好きでも知らない人も、だって安いから)
の方にしか聞き覚えの無い、時計メーカーかもしれませんね。

普通、機械式腕時計はスイス製が有名で、スイス製しか認めない人もいるくらいです。

でも、あるんです!アメリカで生まれ、アメリカで育ち、アメリカ人はコレしか(一部の人)
認めないっていう“made in USA”の腕時計!

別名、鉄道時計っと言われているか、いないのか、元は鉄道時計(駅員が持っていた懐中時計)。

広大なアメリカをはしる鉄道の時刻をきっちり計ることで時代を築き上げた時計メーカー。

スイス製の腕時計は、貴族の時計(懐中時計)として宝飾品から始まっていったのに。

(厳密には懐中時計から腕時計への移行、各時計メーカーの成長は戦争における部分が大きいです)

かの有名なエルビス・プレスリー!ミスターアメリカと呼ぶにふさわしいスーパースター。
彼が愛用していたのは“ハミルトン ベンチュラ”世界初のエレクトリック・ウォッチ。(電池式です)

以降、この“ベンチュラ”を愛用するアーティストは多数いるようです。

また、映画“2001年宇宙の旅”において使われた、近未来の時計をになったのもこの“ハミルトン”です。
ハリウッドと蜜接な関係にあり、映画に最も多く登場している時計メーカーといっても過言ではなく、
NASAの公式時計認定の際、若干の横槍(できればハミルトン的な)が入ったことも有名です。

今は、スイスに拠点を移してしまった為、スイス製と思われることがありますが、

生粋の“ヤンキー”です。

開く コメント(5)

イメージ 1

■正規輸入品■自動巻き(ETA7750)・・・・・・・・・・・・やっぱりまたまたエタポン言わないで。
■ステンレススチール(ピンクゴールドプレートケース or ブラックPVDケース)
■メンズ/サイズ:直径44x厚15.5mm(リュウズ除く・ケース足・各ボタン除く)
■サファイアクリスタル・ガラス
■シースルーバック■10気圧防水
■バンド:レザーストラップ 
■日付・曜日・クロノグラフ機能・偏流修正角計算機能つき・・・・偏流修正〜は死ぬまで使いません。
■専用BOX・保証書付き
世界2000本限定モデル・・・・・・・・・・・・・・これとは別でステンレスストラップも2000本限定。
※装着範囲
レザー仕様:【腕周り実寸15.5〜19cm

オレッチを泥沼に引きずり込んだ、いわくつきの腕時計。
オメガを買って数年・・・時計はこだわりのコレ!ず〜〜とコレ一本と思い続けていたのに・・・。

オレッチは、ふだんそんなにおしゃれにこだわりません。(吉田栄作:白Tシャツにジーパン)時代の男。

そんな、オレッチにも服買うぞぉ〜〜!メチャ買うぞ〜〜の周期がございます。

どんなんがイイーんだっ!教えろっ〜となります。(ほとんど猫のさかりの状態です)

ふとした、きっかけで手にした雑誌。めくっていく手がふと止まりました。
服屋とデザイナーのコラボの腕時計。そのとき買い捲っていた服の中の革のコートといい感じ!

ちょうど革のリストバンドがほしいな〜〜っと思っていたときです。
リストバンドっぽい時計でした。

“いいじゃ〜ん。これいいじゃ〜ん。”とヤフって、オークショっていた時です。・・・

これも、とある雑誌の中で、“・・・・ヤバイ、これヤバイッ!これしかないじゃん”っと
とち狂い、夢中にさせ、リストバンドっぽいことから始まった革バンドの時計探しを忘れ、
ハミルトンの日本代理店本社にまで電話をし、“こちらの発売は再来月からです”っといわれ、
なぜか(本当に不思議で馬鹿ですが)いますぐ欲しく、探し回り(何故?本社で再来月と言われたのに)

やはり、何故か見つけてしまった、先行発売の限定モデル。どこでも売り切れで在庫なし。

っが、何故か見つかる未使用中古のこの時計。即注文してしまいました。

そこから、始まる腕時計泥沼物語。・・・・おすすめに載せたいが本当に今売っていません(中古は別です)

開く コメント(2)

王者!ロレックス!

イメージ 1

もちろん、買えません。
デイトナに至っては、見たこともありません。(人が着けているのを:店は別)

日本で高級時計(高給取時計)といえば“ロレックス”!誰でも知っている“ロレックス”!

以前、とある高級時計専門質屋に行った時、まだ若〜〜いカップル(ヤンキーです!)の
男の子が『やっぱ、持つならロレックスだべっ〜〜〜』っと彼女に言ってました。・・・

ざっけんなっ!バカッ!なにが、だべっ〜〜〜っだ!(興奮のあまり失言です。:反省)

別に、いいのですが、そのときの“ロレックス”55万の値札がついておりました。

私は、言葉使いは多少(?)汚いですが、給料を取っているサラリーマンでございます。
決して、サンダルに、ヤンキージャージを着て、まっ金金の頭をしてはおりません。
一生懸命(???)働いておりますサラリーマンでございます。

買えね〜よ。(泣)絶対買えね〜よ。(号泣)宝くじ当たんないと、買えね〜〜〜よ。(凄泣)!

負け惜しみを申し上げますと、高級腕時計の世界に飛び込み、その手の雑誌を読み漁るようになると、
人は狂います。価値観が麻痺します。金銭感覚が完全にネジが15本ほど外れます。

財布の中には、1000円しかないのに100万円以下の時計をオモチャと呼びます。
100万を超えてはじめて時計と呼びます(中には境界線が50万円の場合あり)
ラジオで時計マニアの人が、公然といいきってました。・・・ちょっと泣きそうです。
究極の人は300万円以上から高級時計だという人がいます。・・・完全に壊れています。
(お金が有り余っている人はべつの世界の住人ですので、このプログを無視してください。)

ですから、お金の有る無に係わらず、マニアになると“ロレックス”は高級腕時計ではなくなります。
結構、いい時計・・・っとなってしまいます。

※ただ、ほんとにいい時計ですので“ロレックス”にしか興味がなく、“ロレックス”しか認めない、
 “ロレックス”信者(っと呼ばれる人がいます)には唯一無二の高級腕時計です。

まぁ、ロレックスの世界的な広がり方は、当時“大衆向けの頑丈で壊れない時計”として、
そのブランドを確立したわけですから、当初は他メーカーに対して高級の考えは無かったのでしょう。
腕時計は昔、装飾品(指輪やネックレス等)として扱われ、宝石店で売ってました。
(今でもそんな感じでしょ!)

しかしオイスターケースの出来はほんとにすばらしく、防水性・堅牢性は凄いです!
いつかはクラウン!いつかはロレックス!・・・?

クラウンに全然興味がありませ〜ん。・・・ちなみに腕時計の価格は天井知らず、ン千万のも・・・。

開く コメント(0)

イメージ 1

ムーブメント オートマティック 自動巻き・・・ETA社製7750だったはず・・・エタポン言わないで。
クロノメーター
仕様 スイスメイド
1000ft(300m)防水性能
クロノグラフ
スモールセコンド
ヘリウムガスエスケープ機能・・・・・・・・・飽和潜水の破裂防止!そんな潜れねーよ!
逆回転防止機能付き回転ベゼル
ねじ込み式リューズ
カレンダー(日付)
素材 ガラス:サファイアガラス
ケース:ステンレススティール
ブレス:ステンレススティール
サイズ フェイス直径:約42mm
フェイス厚み:約16mm
腕周り最大:約19.5cm
重さ:約218g

はじめて買った機械式腕時計!オメガといえばムーンウォッチ“スピードマスター:以下SP”が超有名!
NASAの公式腕時計で、かのアポロ11号のアームストロング船長が月面に降りたとき、腕にあり、
映画になった“アポロ13号”の乗組員が最後の時間あわせに使い、無事生還したのも有名ですね。
(映画の中にもそのシーンがあります)

だからもちろん、オレッチもオメガは“スピードマスター”で、それしか知らなかった!
それしか作ってないと思っておりました。・・・無知〜〜!(ムーブが別会社とかは、また今度)

だから風防(普通時計の正面でガラスのところ)が硬質強化プラスチックであったことも!(SPだけ)

ダイアルの中のクロノグラフ(普通の時間を表す以外の2つとか3つの小さなダイアル)が
かっちょい〜〜!(意味しらず)とかしか考えておりませんでした(笑)

そんなオレッチが、シーマスターを買うなんて!!!(でもクロノのかっちょい〜〜は譲れない!)

とっことんミーハーで本家好きのオレッチ!店のおね〜〜〜さんと話していた時、
おねーさんいわく、“”オメガはシーマスターですよ!”の一言で・・・・んなわけは無いです。

SPはシーマスターからの派生だと!・・・それは関係ないでしょ!

単純にサーフィンのときに防水性能が必要でしたし、見比べてシーマスターの方が好きだったからです。

裏面のシーホースの刻印ともマッチしてたしね!

開く コメント(3)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事