大人のアジア予選 最終章

18歳未満、厳禁。リンクフリー、その他全OK

3/25 イラン戦 パチスロ 北斗の拳 最終話 おわり。

<ロスタイム>


中澤、またきたか。イエローか。

10連きた、クリスタルキング流れねえな。


宮本、やっときたか。赤か、えーなんで赤で2回で終わりなの。


中田浩二、鉄拳、ボーリングでストライク入らねえなー。


加地、おれも北斗、うつか、海物語で買ってるし。


高原、なにみんな北斗やってんの。おれもやろうかな。


小笠原、えっなんでこんな代表が、北斗の台に並んでんの?


中田「俊介!」

俊介「なんですか。」

中田「あいつ、サブの!」

俊介「あーあいつ、スタンド使いじゃないですか!」

中田「やっぱりな、日本にもいるんだよ。あいつなんて名前?」

俊介「大黒ですよ。」

中田「しらねえよ。まあ、じゃあ、

あいつが決めるの?」

俊介「そうじゃないですか、あいつじゃないと無理でしょ。」

中田「そうだなおれたち凡人だもんな。スタンド使いには勝てないからな。」

俊介「はやく入ってほしいですね。あっ変えるみたいですよ。」

中田「おう、来たか。いいぞいいぞ。」


大黒、登場、スタンド既に発動!


中田「何!あれ、あのスタンド。」

俊介「なんですかねーあれは?」

中田「おい!なに、あのスタンド、1/1って、一分の一、ってどういうこと。」

俊介「わかりませんね。」

中田「わからねえな。でもあいつにまかせるしかないからなー」

俊介「そうですよ。おれたち凡人ですから。」

中田「じゃああいつにスルーパスだな。」

俊介「そうですね。あいつにまかせましょう。」


小笠原、北斗、10連ちゃん、何、この曲、クリスタルキング

じゃないじゃん。なに、この歌。JOYってなに?


俊介、北斗、12連ちゃん、でたでた、クリスタルキングの


北斗の拳の主題歌、でましたね。きましたね。中田さんは、

どうなのかな。


中田、きたなー、ラオウモードから来たよ。10連ちゃんだな、

何、この曲、クリスタルキングじゃないじゃん。なに、

この歌、旅立ちの日に、ってこれ、卒業式の歌じゃないの。


小笠原、あれ、クリスタルキングになってるじゃん。なんだろ

さっきの、バグか?


小野から、大黒へスルーパス、大黒、いきよいよく蹴る。

枠の外。

大黒のスタンド、1/2へ。


俊介から、大黒へ決定的なパス、大黒、正確にシュート。

枠はずす。

大黒のスタンド、1/20へ。


中田「なに!あいつのスタンド?」

俊介「あれは!なんですか?」

中田「おい、はずすたびに、なんか数字が小さくなってないか?」

俊介「ですよね。決定的なところではずしたら、10倍になりましたね。」

中田「あれは、なに?ようするになんなの、あの1っていうのは何?」

俊介「あーあの1、北朝鮮の時の1じゃないですか!」

中田「なに。あいつ北朝鮮の時、点入れたの?」

俊介「そうですよ。あいつが決勝点ですよ。」

中田「えっでっなんで今、1/20なわけ?」

俊介「確率じゃないですかね。」

中田「なに確率って?」

俊介「シュートの確率?」

中田「そうなの。やばいんじゃない、あいつは、1/20なんだろ?」

俊介「そうですね。あいつ使えないですね。こんど、いつ入るかわからないです

よ。」

中田「新機種ってこと、しかも、確率もわからないと、あんな台に座れる?」

俊介「座れないですね。」


中田、そういえば、俺の背番号、なんで「7」なんだっけ。

そうだそうだ、高校時代、練習さぼって、パチンコいったら、

そうそう、500円で、出たんだよ。たしか、グラデュエーターみたいな

やつだ。そうそう、いきなり「777」なって、そうそう、

それから、おれ、背番号「7」にしたんだ、思い出した、思い出した。


中田、おい、旅立ちの日にがずっと、なんだけど、なに?

俺、卒業ってこと?なにを卒業するわけ?わかんねえな。


小野「ヒデさん。」

中田「なに。」

小野「みんな、北斗の拳やってますねー」

中田「あっそう。だれが一番でてる?」

小野「いまのところだと、中澤さんですね。」

中田「そっか。」

大黒、中田の隣にすわる。

中田「おい、なんだよ。おい、なんで俺の隣なわけ!」

大黒「いいじゃないですか。空いてるんだし。」

中田「やめろよ。まじで、おまえ、あぶないからな。」

大黒「なんですか。あぶなくないですよ。」

大黒、レーバー引く。左、真ん中、右。

画面チカチカ。

大黒「確定ですね。」

中田「あっそう、どうせ1,2回じゃないの。」

大黒「そうですか。わかりませんよ。」


中田、おい、俊介、

俊介「なんですか。」

中田「ロスタイム長くねーか。」

俊介「長いですね。」

中田「おい主審もスタンド使いだぞ!」

俊介「え!あれは、ザ・ワールドじゃないですか!」

中田「まじで、時間止めてるの?まじでー、ひでえなーこの試合」

俊介「ほんと、代表の人、だれでもいいから、昇天させないと。

   やられますよ。」

中田「だれだー」


中田、連ちゃん終わり、全て飲み込まれた。財布を見る?

あと2千円。、まじでー。これで終わりにしないと。

財布の中にCITY BANKのカードがあることに気づく。

うん。イラクにあったけ?だめだめ、そんなこと考えちゃ。

ねっ、なかたくん。


宮本、4万つぎこむ。


中澤、ドル箱もって、交換所へ。


大黒、18連ちゃん中。


俊介、梅松に台替え。


小笠原もやめてる。


中田「あれー、北斗やってるの。宮本と大黒とおれだけ」


大黒、19連ちゃんで終了。


中田、プレミア、獣王出る。


宮本、北斗で虹。


中田、19連ちゃん。


宮本、ユリア、トキ、レイ、ごうしょうは、自力交わす。


日本のセットプレー、俊介から、ゴールに向かっていくボール。


宮本合わせる、


ラオウ昇天。


おわり。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事