ここから本文です

書庫全体表示

お酒とスイーツ

お互い痩せないとねと、会うたびにいうリピーターさんがいます。

彼女は、僕と出会ってから30キロ近く痩せたので、それ以上痩せる必要もないと思うのですが、それでもコンプレックスというものは、ずっと付きまとうようで、食べるものなどを気にされています。

彼女の場合は、だいたいスイーツのようでした。

僕の肥満の原因は、間違いなくお酒です。

お酒とスイーツというのは、対極にあるようですが、その人にとっては、同じ構造なのだということに気がつきました。

甘いものを食べたいと思うときや酔ってしまいたいと思うときには、共通点があります。

それは普段の生活におけるストレスや悩みなどが原因になっているような気がします。

それとは別に、気の置けない友人との会食後のデザートとしてのスイーツや飲酒などは、不満を抱えながら摂取するものとは別物です。

もし仮にダイエットという観点から同じものを摂取したときの結果を考えてみると、マイナス気分で摂取したときとプラス気分で摂取したときとでは、体に対する影響が違うように思います。

酒は百薬の長という言葉もありますが、スイーツに限らず、その人の緊張をほぐすためのものであれば、どんなものでも体にいいのではないかと思うのです。

同じ痩せたい、または太りたいと思っている人がいたとしても、その時の気持ちによって、効果は大きく変わることでしょう。

自分の体調にプラスになるもの。

それは口から入れるものでなくても、音楽やテレビのお笑い番組などの視覚や聴覚に訴えるものでもいいと思います。

また、自然に接したり、人と接したり、自分を見つめなおしたり。

自分が楽しいと思える状況で取り入れられた情報や栄養が、プラスになるのは間違いないと思うのですが、あなたはどう思いますか。

300字小説 第261
=========================

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事