ここから本文です

書庫全体表示

不倫のスタンス

久しぶりに米を買って、ご飯を作ってみたら、あまりのおいしさにバクバクと食べ、眠くなって横になったら、日にちが変わっていました。

元旦から毎日続けていた記事がとうとう途切れてしまいました。

僕の性格上、1年も続くわけがないと思っていたので、ご飯で途切れたというのも本望です。

また今日からぼちぼちと頑張ります!

今日は愛情表現について。

先日、施術を受けられた方から、出会い系サイトでパートナーを見つけられたという報告のメールがありました。

彼女は既婚者で、ご主人とはずっとセックスレスだったようで、年齢的なものからパートナーを探していらっしゃいました。

その彼から愛情表現として、セックスの際にいろいろとお願いをされるようです。

具体的な内容は避けますが、彼女は単なる性欲解消のパートナーというよりも、心から通じ合える相手を希望されているようで、愛するまでにはまだ時間がかかるという彼の言葉と、愛情表現を強要することに対して、疑問が湧いたようです。

愛と恋というのを分けてますかという質問に対し、僕はどちらもあまり考えたことがないという返信をしました。

愛されたいという欲求は、たぶん女性のほうが強いのだと思います。

ただ、結婚しているということを踏まえた上で、パートナーとの関係を構築するほうが、長続きするはずです。

失楽園のように一緒に死のうと思うぐらいの相手とめぐり合えたのなら、何も否定するつもりはありませんが、そうでないのであれば、日常に少しスパイスを入れている程度に考えるぐらいがちょうどいいのではないでしょうか。

セックスレスで悩み、相手が出来ると相手の気持ちを詮索して悩むといった女性の話をよく聞きます。

常に悩む体質を変えるということも、人生を豊に過ごす大事な要素だと思います。

この記事に

  • この女性は 魅力的な体をされているのではないでしょうか

    どのような愛情表現を強要されるのかは
    わからないけど 私なら 喜んじゃうかもです!

    会っているときは お互いの共有時間を思い切り楽しんで 会っていないときは
    自分自身を楽しむのが 良いような気がします

    そのうち、縁があれば 徐々に愛も育まれていくのではないかなぁ

    [ mem***** ]

    2017/5/1(月) 午前 7:04

    返信する
  • 常に悩む体質を変えることは人生を豊かに過ごす大事な要素である。。

    大変奥深い表現だと思います。

    変えるように努めてみるだけでも少しずつ人生が変化するような気がします。

    [ チョコ ]

    2017/5/1(月) 午後 10:38

    返信する
  • 悩みが無くなると不安が生まれる性質の人が居ますね。幸せが怖いのでしょう。私もそういう気質がありましたが、自覚しているので、大丈夫になりました。失楽園は純愛ではなく絶望という欲望にとりつかれた二人が死ぬんです。渡辺淳一氏の理想なんでしょうね。ワタシは好きな男に死のうと言われたら引くかも知れませんね。まだ、この世に楽しみがあるから。

    [ sarara ]

    2017/5/2(火) 午前 2:14

    返信する
  • 顔アイコン

    > mem*****さん

    コメントありがとうございます。

    好きな人とならいろんなことをやってみたいと思うのかも知れませんね。

    縁も大事ですね。

    [ 前田貴久 ]

    2017/5/2(火) 午前 4:02

    返信する
  • 顔アイコン

    > チョコさん

    コメントありがとうございます。

    変えるためには、行動するか環境を変えるかの二つしかないですね。

    わずかな行動でもきっと変化は現れるでしょうね。

    [ 前田貴久 ]

    2017/5/2(火) 午前 4:04

    返信する
  • 顔アイコン

    > sararaさん

    コメントありがとうございます。

    自分の短所を自覚できていれば、問題はそれほどないのでしょうね。

    失楽園はそういう内容だったんですね。

    [ 前田貴久 ]

    2017/5/2(火) 午前 4:06

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事