ここから本文です

書庫全体表示

女性にいってもらいたいと思う男性も少なくないと思うのですが、女性の経験と男性の知識やテクニック不足で、思い通りにいかないこともあり、その時は二人の間に変な空気が流れたりします。

経験が少ない女性は、男性からどうしたら気持ちよくなるかを聞かれたとしても、わからないから答えようが無いわけで、かみ合わない会話をすることもあるでしょう。

また、してほしいことがあったとしても相手の気持ちを考えて言い出せない女性も多いはずです。

イクということに執着しすぎるせいで二人の関係が悪くなってしまうのは本末転倒なわけで、セックスはゲームのように最終的な結果を求めるものではなく、初めから終わりまでの経過を楽しむものだと思います。

結果が思い通りでなくても、それまでの時間が十分満足できればそれでいいはずですし、ふたりの絆も強くなります。

いった経験がない人がいきたいと思う気持ちが湧くのはよく理解できるのですが、その目的を果たしたいのであれば、一旦、イクということにこだわることを止めることが近道のような気がします。

いく事にしても勃起することにしても、そうしようと思えば思うほど、逆の状態になることが多いはずです。

それはたぶん頭で考えることが、逆効果になっているせいです。

話が少しずれますが、お金に執着すればするほどお金が手に入らないことと似ていて、結果はあとからついてくると考えるべきかも知れません。

二人で協力し合って、いくという目標を目指すということであればいいかも知れませんが、独りよがりになってしまうことだけは避けて欲しいと思います。

この記事に

  • 「イッて無いですね」と指摘された時、ショックを受けましたが、あ、実は私も気にしていたのだわ。と、気付いてから不思議と心が軽くなり、今のパートナーとは拘りなく楽しんでいます。お互いに自分の官能を探求することが、相手への気持ちになるという事が分かりました。
    いろんな過程も今は良かったと思います。

    [ sarara ]

    2017/5/7(日) 午前 1:20

    返信する
  • 顔アイコン

    > sararaさん

    コメントありがとうございます。

    自分の官能を探求することが、結局うまくいく秘訣なんですね。

    そんなパートナーと出会えたことが一番の要因でしょうけれど。

    [ 前田貴久 ]

    2017/5/9(火) 午前 3:27

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事