ここから本文です

書庫全体表示

安住の地を求めて

いったん記事の更新が途切れると、ネタがまったく浮かんでこなくなり、どんどん更新頻度が下がってきます。

ノーヒットノーランをあとワンアウトで達成できるピッチャーがヒットを打たれ、そこからどんどん崩れていってしまう状態と似ています。

また気分を変えて、1球ずつ丁寧にピッチングしようと思います。

今回は、安住の地を求めて。

昨日、リピーターさんから、これから会えますかというメールをいただきました。

何分後ぐらいですかと聞くと、近くなので15分後ぐらいですと返信があり、外出モードになっていなかったので、慌てて身支度をしました。

いつもの予約は、必ず事前にされているので、何かあったんだろうと思ってると、出会い系サイトで待ち合わせした男性にすっぽかされたということでした。

自分はいったい何をやっているのだろうと落ち込んでいらっしゃいました。

彼女は既婚者で、ネットで知り合った男性とたまに会って関係を持つこともあるのですが、ほとんど相手の都合に合わせるしかなく、ホテル以外で会うということもないということに満足出来ない状況のようです。

彼女と会うと、出会い系で知り合う男性の話をよく伺います。

メールだけの男性でも怒られたり、傷つけられたりし、会ってみても、合わないことが多いようです。

自分の都合でしか会わないセフレのような相手が、結局は一番ましかも知れないとぽつりとつぶやかれたのが印象的でした。

彼女の話を聞きながら、安住の地を求めて彷徨う旅人を連想していました。

僕は励ましたり、支えたりしながら目的地まで案内するガイドのようなものだなと再確認した1日となりました。

この記事に

  • 話がそれますが😉

    ブログの更新途切れたり頻度が下がる例えが面白すぎます😆

    おにぎりのせいなら本望、とか、
    ノーヒットノーランまじかのピッチャーが崩れていくとか☺

    本文に外れたコメントしてしまいました😅

    [ clo*e*_l*ve_23 ]

    2017/5/10(水) 午前 1:28

    返信する
  • 顔アイコン

    > clo*e*_l*ve_23さん

    コメントありがとうございます。

    意志の弱さを、冗談でごまかそうという作戦なんだと思います。

    [ 前田貴久 ]

    2017/5/10(水) 午前 10:01

    返信する
  • 先日、Eテレでスーパープレゼンテーンションを観たら
    心にも応急処置が必要だ、
    というテーマでプレゼンしていました。
    そこでは、人は怪我などはひどくならないよう治す努力をするけれど、心が傷ついたとき反芻してその事を考えて傷口を広げてしまう、と言っていました。

    番組を観たとき、このブログが頭に浮かび、
    前田さんは応急手当てができるひとなんだなあと思いました。

    [ チョコ ]

    2017/5/13(土) 午前 1:10

    返信する
  • 顔アイコン

    > チョコさん

    コメントありがとうございます。

    応急手当が出来るとは思いませんが、心の傷も体の傷も気にしないでおくのが一番早く治るのだということは感じています。

    最終的に治すのは自分の力でしかないですから、自ら傷口を広げるようなことだけは、しないようにして欲しいと思います。

    [ 前田貴久 ]

    2017/5/14(日) 午前 4:12

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事