ここから本文です

書庫全体表示

懺悔室

外国のドラマを観ているとたまに教会に入って、懺悔室で懺悔をするシーンを見かけます。

調べてみるとキリスト教でもカトリック系の教会にあるようで、懺悔と言わず告解とかゆるしの秘蹟といった言葉で存在しているとありました。

僕のところに来られる女性も、罪を告白し、ゆるしを乞うということではないですが、誰にも話せないことを全部吐き出すということでは共通するのかも知れません。

たぶん男女関係だけじゃなく、極端に言えば殺人を犯してしまった話でも、ただ普通に聞いているのだろうなと想像できます。

僕の場合は、神様に許しを乞いなさいではなく、自分自身を許してあげるべきだと言うことが多いですが、倫理観や責任感などが邪魔して、自分を責めてしまうようです。

倫理や責任とは、いったい誰に対してのものなんでしょうね。

たぶんそれは自分が作り上げたこうあるべきだという理想から外れたときに感じるものなんだと思います。

理想の自分になれないことで、つらい時間を過ごすことに価値があるとは到底思えません。

そもそも思い描く理想が、自分にとって必要なものなのかどうかもあやふやなものです。

自分に対してだけではなく、夫や子供に対しての理想像を描いてしまうこともよくあります。

自分のとった言動を悔い改めるのではなく、それを肯定することをお勧めしていますが、そもそもの目的が苦しいものであるなら、そこは一旦俯瞰して見直すべきなのかも知れません。

わざわざ苦しい行程を選ばなくても、楽しい行程はいくらでもありますから。


この記事に

  • わざわざ大変な方大変な方へ自分の身を置いていき、忙しくしています。
    こうあらねばならない、じゃなくこうありたいという理想は素敵なことと思います。
    しんどいほど楽しい😊
    Mではありませんが、やりとげた爽快感を味わいたいのかもしれません。
    要は自分で選択できてるか、楽しめてるかなのかなと思います。
    ただし、しんどいとこに飛び込むと癒しのオアシスがないと本当に心が折れそうです。
    相談できたり、抱き締められたり、誰かの支えは必要なんじゃないかな、1人では生きていけない生き物だから。
    歌詞のフレーズになっちゃいましたね。

    [ クローバーlove ]

    2017/5/10(水) 午後 1:46

    返信する
  • 顔アイコン

    > clo*e*_l*ve_23さん

    コメントありがとうございます。

    しんどくてもやりがいを感じることなら、たぶん達成したときの爽快感は格別なものなのでしょうね。

    癒しのオアシスっていいですね。

    女性にとって、愛と水とは同じようなものかも知れませんね。

    [ 前田貴久 ]

    2017/5/10(水) 午後 9:04

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事