ここから本文です

書庫全体表示

夫(男性)は3タイプ

結婚する前に付き合っていた男性との関係性が嫌で、それとは真逆の男性を選んで結婚したという話をよく聞きます。

それが成功だったらいいのですが、僕のところに来てくださる女性の大半は、夫に対して不満をもっているかたなので、当然失敗したという話になります。

最近聞いたリピーターさんの話は、現在のご主人と付き合っているころからあまりスキンシップがなく、結婚後も30年近くほとんどセックスレスに近い状態だということでした。

ご主人の前に付き合っていた男性は、とても束縛が強く、自分を常に見ていて欲しいという願望の持ち主で、彼女はそれがうっとうしく感じ、さっぱりしたご主人と結婚したそうです。

でもあまりにさっぱりしすぎていて、夫婦生活において一度も満足出来ないばかりか、二人で旅行や外出したときでも、彼女をおいて先にどんどん歩いていくため、二人の時間を楽しむということもないそうです。

両極端の男性を選んでしまったんですねとその時はいったのですが、あとから考えてみると男性のタイプはどっちかに分かれるのかも知れないと思いました。

付き合った当初は、そういった性格も相手のことを考えて行動するためにそれほど表に出なくても、時間がたち馴れ合いになると相手に対する気遣いが薄れ、自分優先の性格が現れるのでしょう。

と、ここまで書いて、これまでいろいろお聞きした話を思い返すと、それだけではなく妻のことを気遣う夫もいることに気づきました。

セックスレスであっても、日常の会話や行動などは妻と真摯に向き合っている男性もいました。

ということなので、夫(男性)のタイプは3つに分かれるという結論にします。

あなたのご主人は、どのタイプですか?

この記事に

  • 顔アイコン

    う〜〜〜ん、ピタッと当てはまるのがないですが、どれかを選ぶとなると、三番目のような気がします。

    ただ、大切にしてくれているとは思いますが、ふとした時にやっぱり自分のことが一番大事なんだなぁ〜と、感じることがあります。

    友人のご主人は「妻である以前に一人の人間、妻の一度きりの人生だから…」と、夫婦二人の時間を楽しみつつも、束縛せず自由にさせてくれています。

    おまけに結婚25年を過ぎた今でも、一方的ではない、妻を思いやるセックスが定期的にあるそうです。

    非常にまれでしょうが、妻として女性としてうらやましい限りの4つ目のタイプも存在するのではないでしょうか? 削除

    [ mika ]

    2017/11/15(水) 午前 8:49

    返信する
  • 顔アイコン

    > mikaさん

    コメントありがとうございます。

    確かに言われるとおり、第4のパターンもあるでしょうね。

    たぶん前田貴久は、第4になりきろうとしているような気がします。

    [ 前田貴久 ]

    2017/11/15(水) 午後 11:43

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事