ここから本文です

書庫全体表示

博多最終日の朝。

食欲が無いわけではないですが、あまりおかずをとる気にならず、僕にしては結構質素な朝食になりました。

ごはんはてんこ盛りですけどね。

イメージ 1

ごちそうさまでした〜〜!
結局おかわりしませんでしが、とてもおいしいご飯(ひのひかり)でした。大満足です。

イメージ 2

博多から別府へは、ソニックという特急で行きます。

イメージ 3

前の座席の後ろにミニポケットがついていて、車掌さんに見せるときに利用すると便利です。

ソニックは、小倉で進行方向が変わるために、座席を反対に向けるのですが、切符をそのままにしていたので、目の前の自分の切符が無くなっていることに気づいたときは、結構焦りました。

結局、二つ後ろの座席の前にありました。

イメージ 4

1時間ちょいで、別府駅に到着。

待ち合わせまで時間があったので、また散策することに。

イメージ 5

2年前に来たときは気づかなかったのですが、駅のすぐそばに市場があるようです。

イメージ 6

看板どおりに歩いていると市場への入り口が見つかりました。

イメージ 7

市場の中は、想像以上に賑わっていて、BGMの演歌がとてもいい感じでマッチしていました。

魚屋さんには、お刺身の盛り合わせや、お寿司などが並んでいて、日本酒といただいたらおいしいだろうな〜という気持ちが湧きましたが、とりあえず全部見てから判断しようと思います。

イメージ 8

市場の中には、休憩所のような場所もあり、買ったものを食べることが出来るようです。

お刺身と日本酒を前にして、ここで座っている自分をイメージすることが出来なかったので、今回は無しにしました。

イメージ 9

一つ目の市場を抜けると2番目の市場の入り口が。

イメージ 10

こちらは最初の市場よりも少し寂しい感じでしたが、休憩所は立派でした。

イメージ 11

手作り感120%のところがいいですね。

イメージ 12

市場は3つあるようなのですが、3つ目は入り口が無く、道路に面して2・3のお店があるだけでした。

イメージ 13

もう営業していないアマゾン苑。全盛期に一度行ってみたかったです。

イメージ 14

そこから少し歩き、山手の方向を見ると変わった建造物が目に止まりました。その横にはラクテンチと一文字ずつ書かれた看板があり、遊園地のような気がしたので、とりあえず向かってみることにしました。

目的の建造物はゆっくりと回りながら動いています。

イメージ 15

道路の脇にある店は、昔ながらの構えを残しているものも多く、昭和にタイムスリップした気分を味わえます。

イメージ 16

どうしても見過ごせない店が登場!

これ以上、削れないぐらいに潔い食堂でした。営業中の看板もなく、ただ暖簾だけがささやかに主張しています。

イメージ 17

店の前で少し悩みましたが、結局、おそるおそる引き戸を開けてみることに。名古屋の小料理屋さんのときの緊張とは違う緊張感がありました。

イメージ 18

店の中は意外と広々としていて、上品そうなおばあさんが割烹着を着て、ひとりで営業されていました。

イメージ 19

寒いでしょう〜、寒いでしょう〜と何度も言われ、ストーブつけましょうかとも言われたのですが、結構歩いていたせいもあり、丁重にお断りし、壁に貼られたメニューからオムライスを注文しました。

イメージ 20

オムライスに燗したコップ酒が合うのかどうか判りませんが、ビールを頼む気分ではなかったので、お酒を注文。

イメージ 21

綺麗な右肩上がりです。

イメージ 22

これぞオムライスといったオムライスが運ばれてきました。上にかかっているのは、ケチャップではなく、甘めのとんかつソースのようです。

イメージ 23

たまねぎと鶏肉というとてもシンプルだけど、それ以上でも以下でも駄目だというような説得力のある味で、かなりおいしかったです。

お子さんがいらっしゃるのかどうかは聞かなかったですが、もしいたのならお子さんたちはとても幸せだったことだと思います。

イメージ 24

ごちそうさまでした。

どのぐらい営業されているのかを聞いてみると、母親からの代で、60年ぐらいだということでした。

次の代でも続けていって欲しいです。

イメージ 25

別府駅でもらったパンフレットに期間限定で、西野達というアーティストが別府市内のいろんな場所で、作品を披露しているということを知り、興味を持ったので探してみるとこにしました。

イメージ 27

2年前に来たときは、工事中か、もう壊されるのかなと思われた温泉が、元気に営業していました。

宿泊することも出来るようで、また別府に来ることがあれば一度利用してみたいです。ちなみに入浴料は、200円です。(宿泊:個室2600円、広間1600円)

イメージ 26

別府の魅力から逃れられるか? という作品のようです。引っ越そうとした軽トラが街灯に串刺しにされています。

イメージ 28

車の裏をあまり見ることが無いので、いい経験となりました。

イメージ 29

駅前には、油屋ホテルというものあります。もともとここにはぴかぴかのおじさんという銅像があって、最初見たときは工事中なのかなと思っていたのですが、夜間鑑賞会と銘打って、宿泊できるような体験型の芸術作品となっています。

イメージ 30

階段をあがる受付のお姉さんがいて、無料で見学できます。

イメージ 34

ぴかぴかのおじさん。

大きさがわかりづらいですが、かなり大きなおじさんです。

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

おととし見たときには気づかなかったのでが、マントの中にももうひとり子供がいました。

イメージ 35

イメージ 36

花菱ホテルという老舗ホテルの寝室を再現しているそうです。

イメージ 37

洗面所にはアメニティもちゃんと揃えられています。

イメージ 38

イメージ 39

手湯だったところは、露天風呂に。

イメージ 40

体験宿泊された人の中には、実際に入った人もいるとのことでした。

終了後に壊すのがもったいないほどの出来栄えでしたが、この瞬間に遭遇できたのはとてもラッキーでした。

イメージ 41

帰りもソニックに乗り、ピーチで帰阪です。

イメージ 42

イメージ 43

床が木製なので、とても温かみがありますね。

イメージ 44

ピーチが関空に到着したのが、午後10時20分で、そこからのリムジンバスが10時30分発だったのですが、キャリーちゃんを預けていたために、それを待つ間にリムジンバスが出発してしまいました。

最終的に上本町行きのバスに乗ることが出来ず、往復切符を払い戻すこととなりました。

梅田まで行くバスに乗ることが出来たので、そこから地下鉄の最終に乗って、なんばに到着。

午前0時を過ぎたなんばには、まだ人がうろうろしていました。

電柱に積み上げられたゴミ袋の中にがさがさと動くものがあり、よく見ると太ったねずみでした。

店員がねずみごと捨てたとは想像できないので、自分から入っていって、出れなくなったのかも知れません。

イメージ 45

そんな光景は生まれて初めて見ましたが、大阪に帰ってきたんだという実感が湧きました。

法善寺の入り口の上に、月が妖しく輝いていました。

イメージ 46

今回の出張では、結局3人のリピーターさんとお会いするだけとなりましたが、とても充実した時間を過ごせたように思います。

ありがとうございました。

また拙い旅日記を最後までお読みくださって、ありがとうございます。

来年も出張する機会があればこの旅日記も続けていこうと思いますので、よろしくお願いします。

おまけ

ぴかぴかおじさんの2年前の姿。

イメージ 47


サークルで関連記事を探してみよう!

この記事に

  • 顔アイコン

    出張お疲れ様でした! ぴかぴかおじさんのアート、発想が素晴らしいですね。よくこんなこと思いつくなぁと感心しました。二年前の旅日記でも感じたのですが、何か別府ってレトロな魅力に溢れていますね。温泉につかりながらじっくり探検してみたら面白そう。 削除

    [ sinatiku ]

    2017/12/12(火) 午後 3:17

    返信する
  • 顔アイコン

    素敵な食堂ですね。
    かけつぎのかかった暖簾が、おばあさんの人柄を現しているようで…オムライスも美味しそうです。

    前田さんは、いつもお店を見つけるのがお上手ですね!
    野性の勘(笑)ですか⁉ 削除

    [ たんぽぽ ]

    2017/12/12(火) 午後 8:33

    返信する
  • 顔アイコン

    > sinatikuさん

    コメントありがとうございます。

    彼の作品には、同じようなものがあって、結構得意にしているのかも知れませんね。

    仕事がとても綺麗なことに感心しました。

    [ 前田貴久 ]

    2017/12/12(火) 午後 9:42

    返信する
  • 顔アイコン

    > たんぽぽさん

    コメントありがとうございます。

    犬も歩けば棒にあたるって感じでしょうか。
    また機会があれば別のものも食べてみたいです。

    おかずっていうのが一番気になりますけれど。。。

    [ 前田貴久 ]

    2017/12/12(火) 午後 9:43

    返信する
  • 顔アイコン

    旅日記、首を長くして待ってました!

    最後、大阪に帰り着いてホッとした様子がうかがえます😅
    ホントにお疲れさまでした。 削除

    [ すず ]

    2017/12/12(火) 午後 11:59

    返信する
  • 顔アイコン

    > すずさん

    コメントありがとうございました。

    なんとか帰ることが出来たので、ホントにほっとしてたんだと思います。

    今回の九州出張もいい思い出となりました。

    [ 前田貴久 ]

    2017/12/13(水) 午前 0:55

    返信する
  • 毎回、こんなところあるんだ〜〜と
    新しく 楽しい発見を 頂きます🎵

    グルメの方は 落ち着いていて(量が)
    安心して見ることが出来ました

    これからは量より味覚で勝負して下さい
    p(^^)q

    前編最後の「年なんでしょうか〜」に
    哀愁が 漂います

    [ fir***** ]

    2017/12/15(金) 午後 10:48

    返信する
  • 顔アイコン

    > fir*****さん


    コメントありがとうございます。

    僕も書いていて、これからは哀愁を売りにしたほうがいいかなとも思いました。

    フーテンの寅さんが理想かも知れません。

    [ 前田貴久 ]

    2017/12/15(金) 午後 11:59

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事