ここから本文です

書庫全体表示

事実は小説よりも奇なりという言葉もありますが、アベンジャーズみたいな超SF作品のようなものは除外して、現実をテーマとした創作物と比べたら現実のほうが、何倍もすごいことが起きます。

先日の地震もそうですが、自分が思ってもいないことが突然起きるのが、現実の世界です。

こんな前置きをして続けるのもどうかなという気持ちも少しありますが、当事者としては、本当にそんな現実を突きつけられたようでした。

その当事者というのは、昨日の記事に書いた結婚を迫られている女性のことです。

今朝、彼女のところにその彼からLINEがあり、自分の性癖について受け入れてもらえるかどうかが心配だという内容が書かれていました。

はっきりとは書かれていませんでしたが、推測できる内容で、それについてはその嗜好を持つ人でしか到底受け入れがたい内容のものです。

その話を聞き、最初は、ゆっくり話し合って、判断してみたらどうかという気持ちもあったのですが、話しているうちに、せっかく再婚するのに、わざわざそういったハードルの高い人を選ぶ必要も無いかなと思うようになり、最終的には、相手のためにもはっきりと結婚どころか、付き合うこともできませんと言うべきだとアドバイスさせていただきました。

想像を遥かに超える現実というタイトルにしては、よく判らない内容になっていますが、とにかくその男性の性癖は、なかなかすごいものがありました。

それを結婚相手に打ち明けるのは、正直でいいと思いますが、たぶんそんなことを聞かされて、それでも付き合っていける女性は、砂漠で納豆のパッケージを見つけるぐらい難しいと思います。

彼は、とても結婚願望が強いようなので、その嗜好を封印するか、同じ嗜好の女性を見つけるしか結婚する方法が無いはずです。

昨日の今日なので、当事者である彼女にしてみれば、大変な状況の変化に見舞われたはずですし、先のことなど考えられない状況かも知れませんが、一息ついて、また新たな出会いを求めて欲しいです。

男女の関係は、本当に難しいなとあらためて思った事件でもありました。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事