ここから本文です

書庫全体表示

朝食が終わり、満腹で部屋に戻り、とりあえず撮り貯めていた写真を加工し、ブログに貼り付けたところで、あまりの内容の無さに文章を付け加えることができず、というか、まったく思いつく言葉が見あたらなかったので、そのまま放置し、ベッドに横になりました。

その4時間後、お昼少し前に目覚め、行ってみたらどうですか〜というメールをいただいていた場所「日本科学未来館」を目指すことにしました。

まずは、その内容の無い撮り貯めていた写真の解説から。

亀戸駅から徒歩3分ぐらいの路地にある雰囲気満載のうなぎ屋さんです。

イメージ 1

中も外観を裏切らない出来栄えでした。

イメージ 2

柳川ライスというのが、とても気になりましたが、結局白焼きを注文。

イメージ 3

まずは、とりあえずのビールから。

イメージ 4

撮影するのも忘れて、一口食べてしまいました〜。
ふっくらしておいしいのは、おいしかったのですが、皿がすごく温かかったので、たぶん一度焼かれて、その後チンされたうなぎちゃんだったようです。

イメージ 5

もう白焼きには、冷酒しかありません。

イメージ 6

お品書きで、かなり気になったのが、かぶと焼き(2串350円)。

うなぎの頭を焼き鳥風のたれで焼いた串でした。想像以上に量があったのでびっくりです。

空の皿も一緒に持ってきてくれて、食べたあとの骨をそこに出せと指示がありました。

イメージ 7

その言葉をまるまる鵜呑みにしてしまった僕は、とりあえず頭を丸ごと口に入れ、とにかくむしゃむしゃして、そのエキスがなくなるまで頑張っていたのですが、どう考えても口の中のものを出すのは、かなり常識はずれではないかと思いました。

でも、勇気を出して出します!(たぶん皆さん唖然とされてますね)

イメージ 8

その後、正しいうなぎの頭の食べ方を教わりました。身がある部分だけ食べればよかったんですよね。

イメージ 9

手羽先を丸ごと口に入れ、骨をくだいて最後にぺっ!て出したようなものでした。

2時5分ほど前になり、そろそろ閉店しますとお母さんが!

慌てて店を出ました。

有無を言わさず、彼女はお昼の営業の店じまいを始めてます。

イメージ 10

いつもおなじみDIVEさんもついでに撮影。

イメージ 11

晩酌は、例のワインとDIVEさんで買ったから揚げとポテト。これまで何度か食べて、今回初めて気がついたのですが、ここの商品は、普通の人にとっては、あまり体に良くない気がします。

イメージ 12

といいながらも、締めのチリトマト。

イメージ 13

ワインの〆には最高です!

イメージ 14

翌朝、完全な二日酔いとなりました。僕にしては小食です。ふたつの小鉢のとろろには、しょうゆをかけるという頭も働かず、素材の味を楽しみました。

イメージ 15

ごちそうさまです。

イメージ 16

施術を終え、ホテルに戻ったのは、夜でした。またまた新しいぺヤングを見つけたので、とりあえずパチリンコ。

エンドのほうは、youtubeでいろんな人が食べてるんですが、かなりすごい辛さのようです。

イメージ 17

またまた例のワインと、オリジン弁当さんで、エビとブロッコリーのマヨネーズ和えを購入。

海老カレーは、まだ食べずにレンジの上で眠っています。

イメージ 18

で、翌日。
やっと日本未来科学館の日。

ワインも少し控えたので、久しぶりに朝から絶好調です!
このホテルに宿泊して、初めて果物も並べてみました〜〜。

イメージ 19

のりたまもふりかけて、準備は万端です!

イメージ 20

胃が快調だと、どうしてもごはんが進んでしまい、おかわりをしなければいけない状況になります。

イメージ 21

ちょっと一休み。

イメージ 22

お茶碗8分目ほどのおかわりをさせていただき、最後までおいしくいただきました。

ごちそうさまでした〜〜〜。

イメージ 23

このあと、冒頭で説明した通り、4時間牛になったあと、いざ出発です!

文章をなかなか入れなかったお詫びとしてサービスショットを入れておきます。

おっさんの足なんて誰も見たくないでしょうけど。。

イメージ 24

東京は、清々しい秋晴れです。

イメージ 25

カズさんも清々しい〜〜。
僕もこんな風にシュッとなりたいです。足だけならシュッとしてるんですけど、全体は、なすびに爪楊枝なので。。

イメージ 26

珍しくグッドショットです。

イメージ 27

JRからユリカモメに乗りかえて、科学館の近くにある駅を目指していたのですが、その途中に2時間後の施術依頼のメールが。

過去に2度ほど施術させていただいた方からのメールで、今回の出張が最後の東京になるかも知れないという記事をご覧になられて、わざわざ連絡してくださいました。

急遽、予定変更です。

待ち合わせ場所は、池袋。

時間が早かったので、立ち食いそば屋さんの寄りました。結果的に椅子に座ってますけど。

イメージ 28

前日にも、亀戸駅東口を出たところにある文殊というそば屋さんに行っていて、味を比べるために、同じたぬきそばと生卵のトッピングしたものを注文。

イメージ 29

だしは、文殊さんのほうが、おいしかったような気がしますが、麺の太さは、こちらが好みでした。

イメージ 30

ちなみに文殊さんのは、こちらです。

イメージ 42

タブレットで撮影した方が、綺麗に撮れてます。

イメージ 43

ただ、富士そばで食べたときのような感動は、両店ともになかったです。

施術が終わり、そのまま池袋の街を散策しました。

以前、ふらっと寄った立ち食い焼肉屋さんは、一夜干しの定食屋さんに代わっていました。

イメージ 31

イメージ 32

ちょっとそそられました。

イメージ 33

ただ、今回は、初めて池袋に来たときからずっと気になっていた店に行くことにしました。

イメージ 34

透明のガラス越しに日本人では無さそうな若い女性が、暇そうにスマホをいじっていて、逆に入りやすかったです。

イメージ 35

何を注文したらいいのか分からなかったので、なんとなくお得そうなジャンボ天丼というのを注文しました。

イメージ 36

ビールも飲みたかったですが、この店は、天丼オンリーで、いさぎよかったです。

その代わりって訳ではないですが、おしんこを注文。

イメージ 37

ジャンボというだけあって、ご飯も大盛りだったようで、器が結構大きくて迫力がありました。

イメージ 38

急に依頼してくださった彼女が、この旅日記を見てくれていて、僕が今回ローソンのワインを気に入っているということで、自分用に1本と僕に1本プレゼントしてくれました。

これで東京に来て4本目です。

イメージ 39

さすがにカウンターの下で飲むわけにもいかず、おとなしく水と味噌汁で大盛り天丼を流し込みました。

ごちそうさまでした〜〜。
超満腹です!

イメージ 40

明日は、科学館に行くぞ〜〜〜!!

と、決意を固めるための晩酌をしながらブログが完成です!

今日もおつまみは、オリジン弁当のエビとブロッコリーのやつです。(卵は抜きました。どうでもいいですね)

イメージ 41


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事