ここから本文です

書庫全体表示

9月20日。
前日、行けなかった日本科学未来館に向けて、この日も朝から絶好調です。結果的に写真をたくさん撮りすぎたせいで、完食写真は無しです。

イメージ 1

隅田川を優雅に船に乗って、お台場に行こうと目論んでいたのですが、今にも降りそうなお天気だったので、船をあきらめ、かもめに乗って行くことにします。

イメージ 2

ゆりかもめのある新橋へは、亀戸から秋葉原で乗り換えるのですが、途中に東京駅があったので、下車し、ネットで予約していた新幹線の切符を受け取りに行きました。

イメージ 3

エキスプレス予約は、JR東日本との連携がよくないみたいで、自動販売機での受け取りが出来ず、カウンターで対応しています。

とりあえず、帰りの切符はゲットです。乗り遅れないように注意しないと。

イメージ 4

東京駅では、幸い、改札内に受け取りカウンターがあったので、切符をあらためて買うことなく、新橋に到着。

イメージ 5

JRの改札を出るとすぐにゆりかもめの新橋駅が見えてきます。雨がパラパラしてきていたので、雨雲あっち行け!パワーを出しました。

イメージ 6

ゆりかもめのバッジのガチャポンが並んでいます。隣にスタンプもありました。

イメージ 7

大阪のモノレールやニュートラムとは違い、高低差があったり、ビルとビルの間を進んだりして、おっさんの僕がかなりのテンションになり、何枚も写真をとってしまいました。新交通というだけあって、未来をイメージするような構造でした。

イメージ 8

JRAの場外馬券売り場があまりに立派過ぎて、ちびりそうでした。

イメージ 9

新橋から20分ほど(正確には16分)で日本科学未来館のある船の科学館駅に到着。

イメージ 10

駅の目の前に船の形をした建物がありました。もしかすると未来科学館よりも面白かったかも知れません。

イメージ 11

駅から5分ほど歩くと、目的地である科学館が見えてきました。

イメージ 12

開館は、午前10時で、僕が到着したのが、10時20分頃でしたが、結構人がいました。外国のお客さんが多いのが印象的です。

入館料は、620円で、常設展が観れます。僕はドームシアターで上映しているものも見たかったので、追加で300円を支払いました。

「あ」という企画展もやっていて、それも観たい場合は、全部観れるチケットとして1600円で販売されています。

イメージ 13

ドラマのシーンで見たことがある場所です。

イメージ 14

座って移動できる乗り物がありました。これに乗って、館内を説明してもらいながら周れるツアーもありました。700円だったように思います。

イメージ 15

最初に入った部屋には、カウチのようなものが広いスペースに点在していて、そこに寝そべりながら、真上の地球を眺めます。

イメージ 16

モニター付のカウチでは、タッチパネルで地球のいろいろが分かるのかも知れません。そこで長い時間トドみたいなおっさんが寝そべっていることが恥ずかしかったので、ちょっと触ってすぐに部屋を出ました。

イメージ 17

宇宙からみた地球です。たくさんのLEDパネルが貼られた構造で、自転している様子や雲の動きなどがリアルに分かります。

イメージ 18

月にも変化し、地球からは見えない裏側も見ることが出来ました。

イメージ 19

三階の常設展示会場では、ASIMOの登場を待つ外国人でいっぱいでした。

イメージ 20

走って登場。歓声が上がりました。

イメージ 21

リアルな顔をしたロボットがあり、係りの女性を気にしながら、撮影しました。

イメージ 22

決まった時間にデモンストレーションがあるみたいです。

イメージ 23

係りの女性だと思っていた人は、ロボットでした。

イメージ 24

ドームシアターの時間が近づき、6階に上がります。

イメージ 25

本当は、この「9次元から来た男」というのを観たかったのですが、タイミングが悪く、観るためには、かなりの時間を過ごさなければいけなくて、もうひとつの内容のほうを観ました。

ナレーションが、催眠術師?っていうぐらい、よく眠れました。

イメージ 26

上映後、すぐに7階にあるレストランへ。出汁バーと醤油バーというものに引き寄せられました。

イメージ 27

とても開放的な空間で、注文する前に席を確保するシステムみたいです。僕は外が見えるカウンターに傘を置いて、オーダーの列に並びました。

イメージ 28

女性が立っているところが、出汁バーでその右隣に醤油入れが並んでいます。勝手に取り放題だと思っていたのですが、一回ぽっきりのようで、ちょっと拍子抜けしました。

イメージ 29

インスタ映えを狙ったのでしょうか。気持ち悪い豚マン。

イメージ 30

鶏竜田丼(720円)だったっけ。をチョイス。醤油バーも使いたかったので、とろろ(150円)も注文。出汁は、かつお・こんぶ・じゃこ・とりの4種類の中から選ぶようです。

僕はこんぶで。こんぶ〜って感じの味です。

イメージ 31

目の前には、フジテレビの社屋とガンダムがいました。歩いていける距離でしたが、雨のせいかあまり乗り気にならず寄らずに帰りました。

イメージ 32

5階にある常設展に宇宙ステーションがありました。

イメージ 33

飛行士さんの部屋。

イメージ 34

こちらはトイレ。もよおすと、すぐに漏らしてしまう僕には絶対に無理な構造です。

イメージ 35

時間を見ると午後1時ごろだったので、東京でお会いしたリピーターさんから教えてもらっていた店に行くことにしました。

竜田丼で満腹になっていたのですけれど、営業時間を調べてみるとぎりぎり間に合いそうだったので、急いで科学未来館をあとにしました。

大阪には無い、ライザップゴルフ。ライザップのフィットネスジムのポスターも見ました。

イメージ 36

ミート矢澤のある五反田駅。

イメージ 50

まったく予備知識無しで来たので、思ったよりもお洒落な建物にびっくりしました。店の外には15人ほどすでに並んでいます。

イメージ 37

待合場所に入りきらない人は、向かいの川沿いで待つようです。パラパラとまた雨が降って来たので、二度目のあっち行けパワーを送りました。

イメージ 38

かなり待つのかなと思ったら、意外と流れが速く、トータルで15分も待っていなかったように思います。待合場所に貼ってあった、ランボソコンボというのが気になります。

ランボソってなんだろう〜。

イメージ 39

席に着くと、担当の男性にランボソコンボは、まだありますかと確認の上、ビールと赤ワインとともに注文。

あまりに早く注文したため、自分のメニューを撮影するのを忘れてしまってました。

イメージ 40

まずサラダを持ってくるシステムのようです。

イメージ 41

ランチにしては、結構な値段だと思いましたが、期待でいっぱいでした。

イメージ 42

しかし、しばらくして、先ほど最後のが出てしまいました〜ということで、結局一番オーソドックなハンバーグに変更。

イメージ 43

沖縄産のオクラと北海道産のミニトマトの説明がありました。オクラがとてもおいしかったです。

イメージ 45

ごはんは、もちろん大盛りで!

イメージ 44

と、言いたかったですが、1時間ほど前に満腹になっていたし、肉を食べるときはお酒だけのことが多いので、大・中・小の小を注文しました。セットで最初から味噌汁とご飯がつくようです。

イメージ 46

和牛100%ということだったので、お約束の肉汁を!と切ってみたものの期待していたお汁は出てきませんでした。

かなりのレア加減で、びっくりです。和牛ならではですね。

イメージ 47

デジカメの画像が悪いので、タブちゃんで再度撮影。

おいしいお肉をそのままどうぞ〜って感じの味でした。

イメージ 48

夕方、3日連続のおつまみを買ってホテルに戻りました。4本目のワインが半分ほど残っていたので、それを空けて横になっているといつの間にか眠ってしまってました。

イメージ 49

今日、大阪に戻ります。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事