ここから本文です

書庫全体表示

ED解消

セックスレスの原因のひとつに夫の勃起不全があります。

年をとったせいでそうなってしまったというのではなく、結婚当初から挿入したとたんに萎えてしまって、そこでセックスが中断してしまうことを繰り返していくうちに、夫のほうがしたくなくなってしまうという話を聞きます。

女性が不感症かも知れないと悩む以上に勃起不全で悩む男性のほうが切実かも知れません。

また勃起不全とは別に膣内射精障害に悩む男性もいるということを最近知りました。

女性との性交ではなく、マスターベーションなどで強い刺激を与えて射精をすることに慣れてしまったために、実際のセックスで射精することが出来なくなってしまうことがあるそうです。

その治療法として、弱い刺激でも射精することが出来るようにトレーニングすることなどがあり、男性向けのオナニーグッズで有名なメーカーのTENGAは、メンズトレーニングカップというそれようの商品まで開発しています。

性器への刺激の仕方に注目されていますが、僕は男性も女性も絶頂を迎えるためには、脳にどのような刺激を与えるかが重要だと思っていて、外的な刺激は、それの補助でしかないように思うのです。

女性に対する不感症改善と同じぐらい男性のそれらの問題にも取り組んで行きたいという気持ちが、少し芽生えて来てるような気がします。

女性がその問題と向き合って対応してくれるほうが、効果があるはずなんでしょうけれど。

この記事に

  • 顔アイコン

    私の知り合いの男性は、
    逆に、早くイッてしまう事に悩んでたみたいです。
    年齢を重ねると余計に早くなってきて、もたないそうです。
    物理的に受け身の女性と違って、男性の方が悩みを抱えると深刻なのかもしれませんね。 削除

    [ フミフミ ]

    2019/2/2(土) 午後 4:29

    返信する
  • 顔アイコン

    > フミフミさん

    コメントありがとうございます。
    早くいってしまうのも切実な悩みですね。

    女性からするといつまでもいかないよりはいいかも知れませんけれど。

    [ 前田貴久 ]

    2019/2/3(日) 午前 0:36

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事