ここから本文です

書庫全体表示

宿命と使命

ヴェンジェンスという映画を観ました。

レイプに遭った女性と知り合いの警察官が、無罪になったレイプ犯に法以外の裁きを受けさせるという内容です。

レイプ犯の一人を正当防衛という形で射殺したため、警察の内部調査があり、その中で、宿命という言葉を使っていました。

レイプに遭った女性とは、その夜にたまたまバーで少しだけ一緒に飲んだだけの関係だったのですが、そんな彼女や家族のために殺人までしてしまうのは、宿命以外の何物でもないなと思います。

彼は、調査員に宿命だと思うといったあとに、むしろ使命かもしれないと言っていました。

もちろん調査員には、レイプ犯であるということなど知らなくて、単に正当防衛で、警察官としての職務をまっとうする使命があるとごまかしていましたけれど。

僕は、施術予約で、初めてお会いするといつも不思議な気持ちになります。

それはやはり縁を感じるのです。

たった一度きりしか逢わない人であっても、彼女の人生のほんの一瞬でも僕が登場したことが、とても不思議なのです。

僕の場合は、施術を受けに来られたかたにしか、影響を与えることが出来ませんが、それでも彼女たちの人生に少しでもプラスになれればと思っています。

これは宿命だと思います。

と、だいそれたことは言えませんが、僕に与えられた使命なのかなと自信をもって言えるようになれればいいなと思います。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事