ここから本文です

書庫全体表示

いじりといじめ

キングコングの梶原さんが、カジサックというネーミングでyoutubeで活躍されているのですが、その活動のひとつが今ちょっとニュースになっています。

イベントに招待されたカジサックさんと別の招待された方とのゲームで、カジサックさんのいじりがあまりにひどく、相手が気分を害して途中で帰ってしまったとのこと。

帰った方は、カジサックさんのあげた動画の編集の仕方が気に入らなかったらしく、何度もツイートして、カジサックさんのいじめのような行動を批判されていました。

僕は、その動画を観ていないので、よく判らないのですが、いい大人が芸人の悪ふざけに対して、いじめだと言って本気で怒るのは格好悪いなという印象を持ちました。

カジサックさんの動画が好きで、結構観ているのですが、他の人との絡みでも、かなりいじり倒しているシーンをよく観ます。

それを相手が、逆手にとって笑いに変えていくのですが、まったくそういったユーモアを理解出来ないまたは、返す技術を持ち合わせていない人に芸人と同じようなのりでいじるカジサックさんにも否があるような気がしました。

お笑いの世界では、ハゲやデブやブスなどの身体的なことをいじったり、運動が得意ではないということを笑いに変えているシーンをよく見ます。

そのこと自体、不快に感じる人も多いのかも知れませんが、そういったことを指摘してしまう風潮は、たぶんなくならないでしょうし、それならば、そういうことに対して、笑いに変換することが出来る技術を学ぶほうが、よさそうに思います。

子供の頃にとても気になっていたことが、大人になると気にならなくなることも多いでしょうし、逆に年をとればとるほど気になってくることもあるでしょう。

自分が自分のことをいじるのか、いじめているのかによって、気分がかなり変わるはずです。

少し話がそれてしまいましたが、いじりといじめの境界はとても曖昧で、自分の度量次第でかなり変わるはずです。

大人になってもいじめは存在しますが、いじめをいじりだとして、切り返すことが出来れば、少しは減っていくような気がします。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事