ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全225ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ごはんのお替り自由がセールスポイントのひとつである定食屋のやよい軒が、試験的に何店舗かで、お替りを有料にしたというニュースを見ました。

お替りをしない人たちから不公平だと言う声を受けてのことだそうですが、もしそれが本当のことだとしたら、不公平だと言っている人たちが心配になります。

お替りをしない人たちは、お替りは禁止だと強制されている訳ではなく、自分の意思でしないだけであって、それで満足して帰っているはずです。

でも、他人がお替りをしているのを見て、自分が損をしているように感じている訳です。

もうこれは自分にとってまったく必要のない感情で、むしろそんな気持ちになることは、害にしかならないのです。

夫に浮気をされて悩む奥さんに対して、よくあなたには関係の無いことだから気にしないようにしてくださいと言うのですが、このやよい軒の話は、もっと本人には関係のないことです。

世の中には、自分に関係の無いことに対して、正義感や僻み妬みなどで、全く関係の無い人たちをバッシングする風潮があります。

そうすることで、社会がよくなっていくと勘違いしているのか、単に日ごろのストレスの発散場所をそこにしているのは判りませんが、とにかく気持ちのいいものではありません。

僕は自分や自分の大切な人たちに関係の無いことに無関心ですし、相手の為になるようなことであっても、首をつっこもうと思いません。

他人に利益をもたらす行為も害を及ぶ行為も、どちらも同じだと考えている人間です。

説明しないと誤解を生みそうですが、今回は説明しません。

とにかく自分に直接関係が無いことに干渉してもいいことなど何も無いのです。

やよい軒のお替りが有料になった理由は、やよい軒の勝手な言い訳であると信じたいです。

イメージ 2

友達限定のお茶会や懇親会情報をお届けします。ぜひ友達に追加してくださいね。


初回お試しコース(80分) 8,000円より

施術予約は、メールまたは電話でお願いします。(24時間受付)
メール:takahisa69@gmail.comgmailからの返信が受けられるように設定をお願いします。)
電話:080-9521-0504

開くトラックバック(0)

これから先の未来は、自分の選択によって様々な結果が用意されていると思われてますが、結局ひとつしか選択することは出来なくて、最初から決まっていたのかも知れないとその状況になったときに思うことがあります。

過去と未来って、自分にとってなんとなくつかみどころの無い存在ではあるのですが、1分後の未来も2分後からみたら過去になる訳で、今というのは、過去と未来が同時並行で進行しているのです。

過去は変えることが出来ないと思う人はいるかも知れませんが、過去に起きた出来事に対する印象を変えることはできます。

自分にとって消し去ってしまいたい、思い出したくも無い過去。

とにかく最悪だと思うような過去であっても、自分の人生の中で、一番重要で必要だった経験だったのかも知れないと思えるときが来るかも知れず、今、マイナスに思っている過去であっても、未来の自分からするとキラキラ光るような出来事に感じるときが来ることもあります。

僕自身もそんな過去を持っていて、今では、そのことに感謝しています。

過去を変えるというのは、そういうことです。

今、とても辛い思いをしながら毎日を過ごされている方がいるのであれば、この記事を心の片隅に残しておいていただけたらと思います。

きっとあなたのにとっても辛い過去が光り輝くときが、来ると思いますから。

キングコングの西野さんが、近畿大学の卒業生に向けた祝辞がとてもよかったので、最後にご紹介します。



イメージ 2

友達限定のお茶会や懇親会情報をお届けします。ぜひ友達に追加してくださいね。


初回お試しコース(80分) 8,000円より

施術予約は、メールまたは電話でお願いします。(24時間受付)
メール:takahisa69@gmail.comgmailからの返信が受けられるように設定をお願いします。)
電話:080-9521-0504

開くトラックバック(0)

こんばんは。
前田です。

2年ほど前から予約してくださる方が減ってきていて、僕の中でも年齢的にもそろそろ現役を辞める時期が近づいているのかなという思いがあったのですが、それは単に言い訳でしかなくて、自分の気持ち次第で、今まで以上に予約をしてもらえるのではないかという気持ちになっています。

何が原因と言うことではないのですが、実際に利用してくださる女性の年齢層は、更年期に差し掛かる時期で、その方たちからみれば、それほど僕の年齢がかけ離れている訳でもないということに改めて、自覚しました。

2日ほど前に、以前広告費を払って掲載してもらっていたサイトに、また掲載をお願いし、目立つ場所に表示していただけるようになりました。

ちなみにそのサイトは、こちらです。

イメージ 1

思った以上に反響が無いということで、またシュンとなってしまうかも知れませんが、とにかくしばらくは、右斜め上を眺めながら前に進みたいと思います!

皆様からの応援も是非お願いいたします。

イメージ 2

友達限定のお茶会や懇親会情報をお届けします。ぜひ友達に追加してくださいね。


初回お試しコース(80分) 8,000円より

施術予約は、メールまたは電話でお願いします。(24時間受付)
メール:takahisa69@gmail.comgmailからの返信が受けられるように設定をお願いします。)
電話:080-9521-0504

開くトラックバック(0)

こんにちは。
前田です。

いよいよ、とうとうLINEデビューをすることにしました。

僕が運営している性感施術室のライン@です。
皆様からの友達追加を楽しみにお待ちしています。

よろしくお願いします!

イメージ 1

開くトラックバック(0)

上野千鶴子さんの祝辞

東京大学の名誉教授でジェンダー研究の第一人者である上野千鶴子さんが、新入学生に向けた祝辞が話題となっているみたいです。

全文も紹介されていて、全部読みました。

フェミニズムというのは、女性も男性と平等に扱われるための活動だとばかり思っていたのですが、それはまったくの間違いであると気づき、反省しています。
そのことを気づかせてくださった一節をご紹介します。


女性学を生んだのはフェミニズムという女性運動ですが、フェミニズムはけっして女も男のようにふるまいたいとか、弱者が強者になりたいという思想ではありません。フェミニズムは弱者が弱者のままで尊重されることを求める思想です。

フェミニズムに限らず、障がいを負った人たちや、老人や子供なども同じでしょう。

その立場にいる人たちが一番快適に過ごせる社会になることが理想であるのは、間違いないはずです。

しかし弱者である人たちが、勘違いしている場合もあるような気がします。

僕が間違った知識を持つ原因となったのは、女性も男性以上に優秀であるから、もっと世の中に出て活動すべきだと唱えているフェミニストの言葉を聞いたことです。

上野さんの話は、東大の新入生だけでなく、実際に社会に出ている人や結婚している人にも参考になります。

性感マッサージを仕事としてやり始めた頃に一度彼女の本を買ったことがあるのですが、それほど心に残っておらず、途中で読むのをやめてしまったと思います。

もう一度本棚を整理して、あらためて読みたい気分になりました。




初回お試しコース(80分) 8,000円より

施術予約は、メールまたは電話でお願いします。(24時間受付)
メール:takahisa69@gmail.comgmailからの返信が受けられるように設定をお願いします。)
電話:080-9521-0504

開くトラックバック(0)

全225ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事