ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全193ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

12月に予定している九州出張の日程を決めました。

詳細は以下の通りです。
12月4日(月)〜8日(金)

タイミングの合うかたは、ぜひご利用ください。
よろしくお願いします。

予約可能日
12月4日(月)×
12月5日(火)◎ 博多
12月6日(水)◎ 博多
12月7日(木)×
12月8日(金)×

お問い合わせ、予約は下記アドレスにメールにてご連絡ください。
※必ずgmail.comからのメールが受信できるよう設定をお願いします。

施術・コンサルティングの費用は以下のとおりです。

施術費用
2時間12000円(延長30分3000円)
ホテル代は別途必要です。
※出張費についてはご相談ください。

コンサルティング費用
■性感マッサージ師になるためのコンサルティングを行います。
1時間8000円(延長30分4000円)
※出張費についてはご相談ください。
※申し込まれた方には「集客の書」(非売品)を進呈いたします。

この記事に

開くトラックバック(0)

前回で終わりのつもりだったのですが、いつもの癖で写真を撮ったので、おまけとして投稿させていただきます。

最終日。
いつものように朝食会場へ。
4日目にして初めてサラダコーナーにポテトサラダが並んでました。

昔からサラダとごはん、特にハムサラダにポテトサラダがついたのとごはんは、僕の中ではおにぎりについで最強コンビだと思っていて、朝からテンションが上がりました。

イメージ 1

ごちそうさまでした〜〜。
納豆は、二日目同様、食べれなかったので返却。

イメージ 2

池袋で施術を終え、午後7時半ごろ東京駅に着きました。

朝食から何も口にしていなかったので、空腹度マックスです。

東京出張の最終日は、僕の気のせいかも知れませんが、肉を食べていることが多いように思います。

今回も、ザ・NIKUって感じの肉を食べたいなと思いながら店を物色しているといい感じの店に遭遇しました。

雨が降っていて、寒いはずなのですが、スーツを着ていたせいか、汗が滝のように流れていて、とりあえずのビールとワインを注文。

撮影するのを忘れて、ぐびぐびいってしまいました。

イメージ 3

肉のプレートを注文し、大人のポテトフライというのを頼んだら、プレートのほうにもポテトフライがついてますよと、店員さんが親切に教えてくれたので、トマトを注文しました。

たぶんお洒落な名前がついていたと思うのですが、忘れました。

イメージ 4

なんとかという肉となんとかという肉の盛り合わせです。

向かって右側の肉が脂も適度にのっていて、やわらかくておいしかったです。

イメージ 5

ビールをおかわりし、胃はパンパンとなりました〜。
ごちそうさまでした!

イメージ 6

急いで新幹線の切符を購入し、白ワインとコーヒーをゲット。

途中何度か通り過ぎる車内販売で、弁当でも買ったらうけるかなと思いつつ、胃がやめておけと叫んでいたので、今回は自粛しました。

イメージ 7

新大阪に着く直前に、棚からキャリーちゃんを下ろし、スーツの上着を着ようとしていて、ふとななめ後ろを見ると、そこにジャック・スパロウがいました。

あまりにジャック・スパロウだったので、上着の袖を通し忘れるほどです。

車内で撮影させてもらったらよかったのですが、臆病者の僕は、盗撮のような感じで撮影させてもらいました。

船ではなく、新幹線にも乗るんですね。

イメージ 8

新大阪に着いたのが、午後11時過ぎで、マクドナルドだけが営業していました。

フィレオフィッシュを5つぐらい食べたい衝動にかられたのですが、結局また胃さんからとめられました。

イメージ 9

地下鉄の御堂筋線の車内広告が全てB’zになってます。

イメージ 10

日が変わる前に家に着き、スーツを脱ぎ捨て、手を洗い、うがいをして部屋着に着替え、グラスに氷を入れ、ウイスキーを注ぎました。

イメージ 11

今は、2杯目を飲んでいるところです。

今回の出張では、お茶会を含めて、初めてお会いする方が3名と2度以上お会いしたことのあるかたが8名の合計11名のかたとお話させていただきました。

それぞれの方が、いろんな思いをもっていらっしゃるのだということを今回の出張では特に心に響くこととなりました。

それと同時に人の縁というものの不思議さをあらためて実感する出張となりました。

忙しい時間をさいて、会っていただいた方々に、感謝いたします。
ありがとうございました。

12月は福岡・大分出張となります。
日程が決まりましたら、また告知させていただきます!

この記事に

開くトラックバック(0)


1キロおにぎりのせいで食べることが出来なかった朝食2食分です。

イメージ 1

ごちそうさま。なぜかお替りできずに納豆は、そのまま返却しました。

イメージ 2

次の日。

イメージ 3


ごちそうさまでした〜。

今年の2月の東京出張でもこのホテルをチョイスしたのですが、単純にごはんがおいしかったからなのです。

朝食がおいしいのではなく、ごはんがおいしいんですよね。

つくづく、自分は米が好きなんだなと思います。

イメージ 4

10月18日、今日はこの出張の中で、一番晴れた日になりました。

イメージ 5

1キロおにぎりの店です。1キロ弁当との死闘は、前回の東京出張の際の旅日記にありますので、興味のあるかたは、ご覧ください。

イメージ 6

1キロおにぎりと何ぐらむおにぎりかは、わかりませんが、ごろごろしてました〜。

ソフトボール部の部室みたいです。

イメージ 7

前回、2月に亀戸に来たときに行きたいと思っていたすた丼です。

イメージ 8

イメージ 9

から揚げもすごいボリュームです。

イメージ 10

これは17日の夜の画像です。

すた丼を絶対食べたいと思っていたので、飯増し(730円ぐらい)というのをテイクアウトしました。

1キロおにぎりほどではなかったですが、いっきに食べれませんでしたけれど、最後までおいしくいただきました。

牛丼のような甘辛く煮た肉ではなく、にんにくが効いた醤油がかかった豚どんぶりでした。

イメージ 11

イメージ 12

翌日、18日は、青空が見えたので、亀戸天神に行きました。

イメージ 13

近くまでいっても、亀戸天神への案内がなくて不安に思いながら歩いていると、三つ目の信号が、入り口ですというような張り紙を見かけ、それにしたがって歩いていくと参道入り口が見えました。

参道が続くのかなと思っていたら、予想に反して、すぐに神社の鳥居が見えました。

イメージ 14

亀戸ということなのかも知れませんが、太鼓橋の下にある池には作り物ではないかと思う亀さんがいました。

イメージ 15

イメージ 16

この人は、体操のあん馬でもしているかもしれないようなスタイルでした。両足をピンと伸ばして前足だけでささえている亀さんを見れただけで、来たかいがありました。

イメージ 17

5歳の菅公像です。

周りには、学業を祈願した絵馬がたくさん奉納されていました。

イメージ 18

スカイツリーがへんにマッチしていました。

イメージ 19

東京、最終日の夜は、居酒屋さんによって、最後は残ったお酒をたいらげるということになりました。

イメージ 20

明日、大阪に帰ります。

あまり盛り上がりのない旅日記でしたけれど、ご覧いただいてありがとうございました。

またブログもがんばります!

この記事に

開くトラックバック(0)


今回の日記は、食べ物の写真ばかりだということと大変お見苦しい写真が混ざっていることを最初に謝罪しておきます。

ごめんなさい!

名古屋最終日の朝食からスタート。

新幹線のホームにあるきしめん屋さんに行こうと思ってるので、軽めにしました。お替りしましたけど。

イメージ 1

淡い期待をもってゆで卵の殻を剥きましたが、普通のゆですぎ卵でした。

イメージ 2

ごちそうさまでした。

イメージ 3

駅に着いたのが10時半頃で、出発が42分なので余裕できしめんが食べれそうです。

イメージ 4

名古屋駅のいろんなホームに目的の住よしがありました。新幹線のホームは上りと下りの二つで、どちらにもあります。

とぼとぼとぺんぎんのような歩き方をしていた駅員にきしめん屋さんはどこですかと聞くと、下を向いたまま4号車!という返事が返ってきました。

イメージ 5

一番人気のかきあげと卵が入ったきしめんの食券を購入。
570円です。

イメージ 6

とてもいい感じの写真ですね。どんぶりがおいしそう〜。(日本語が変ですけど)

イメージ 7

チケットを渡し、水を入れて戻ったらすでに出来上がってました。たぶん7秒ぐらいです。

最後にかつおぶしを乗せるのが、この店の特徴かも知れません。

イメージ 8

麺がつるつるして程よい歯ごたえがあり、かつおの利いただしにちょうどマッチしていて、おいしかったです。

隣は若い女性がひとりで食べていて、そのあとも一人で食べにくる女性の姿が目立ちました。

イメージ 9

ごちそうさまでした。

イメージ 10

お腹がいっぱいだったので、日本酒だけ購入。
結局、一口も飲まずに東京についてしまいました。

イメージ 11

施術が錦糸町で待ち合わせだったので、そのまま総武線に乗り換え。

イメージ 12

快速に乗ったのですが、グリーン車もある電車で、不思議な感じがしました。

イメージ 13

予約をしてくださったのは、東京出張の際には毎回予約をしてくださるリピーターさんで、とりあえず居酒屋に行くこととなりました。

普段は月から金までしか営業していないのですが、JRAが開催されている土・日は特別に開けていて、競馬新聞を持ったおっちゃんたちが大量にいる店に入りました。

もつの刺身です。

イメージ 14

すじの煮込みは、コンビーフかと思うぐらい柔らかくなっていました。

イメージ 15

競馬新聞のようなメニュー。3枠のコツネ串というのが人気のようで、ひとり1本しか注文できません。

イメージ 16

松坂牛となんこつを混ぜたコツネ串です。柔らかくてこりこりしたつくねの串です。

イメージ 17

ここにもザ・昭和がありました。

イメージ 18

イメージ 19

ごちそうさまでした。

イメージ 20

錦糸町駅前に有名な魚屋さんがあり、写真だけ撮らせてもらいました。

イメージ 21

まぐろとたこのぶつ切りが人気のようで、それを目当てにした人たちが並んでいました。左はしの青い服を着たおばあちゃんが漬物を売っています。

イメージ 22

あまりにこじんまりした店だったので、撮影させてもらおうと白菜を購入。

イメージ 23

今回も前回と同じ亀戸駅にあるホテルに宿泊したのですが、DIVEという弁当屋で、前回購入できなかった1キロおにぎりが売れ残っていたので、200円の弁当と100円のポテトサラダと一緒に購入。

イメージ 24

やりたかった丸かぶり!
おにぎりは枝豆が入っているだけでした。

イメージ 25

200円のお弁当はなかなかお値打ちだと思います。

イメージ 26

開始10分でこんな感じになりましたが、もう米の味がコンクリートのように感じてきていて、ギブアップしました。

イメージ 27

おにぎりを弁当に詰めようと思ったのですが、もうその作業をすることも出来ないほどダメージをくらっていて、写真の状態でベッドに倒れこみました。

見苦しい写真ですみません。。。

イメージ 28

朝方目が覚め、かちかちにひからびていたおにぎりをとりあえずラップで包み、弁当に蓋をしたところで、再度眠りにつきました。

イメージ 29

結局、ホテルの朝食には行けず、起きたのは午後1時を過ぎていました。13時間も寝ていたようです。米を消化するのは結構時間がかかります。

シャワーを浴びて、ひとかけのハンバーグとポテトサラダで残りの枝豆ごはんを平らげました。

ごちそうさまでした!

イメージ 30

晩御飯は、駅で買ったカップ酒と冷えすぎた冷蔵庫のせいで、アイス化した白菜の漬物です。

一口かじったら、じゃりじゃりくんでした。

イメージ 31

明日はおいしいものを食べようっと!

この記事に

開くトラックバック(0)

お茶会を三越百貨店の横の商業ビル内のカフェで行いました。

今回は、二名のかたが参加していただいたのですが、お二人とも経験豊富な方なので、僕はまたまた終始お酒を飲んでいるだけといった感じで終わりました。

参加していただいたお二人には、この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。
ありがとうございました。

カフェを出たのは午後5時過ぎでしたが、曇り空のせいかすでに夜がそこまで来ていました。

建物のデザインには似つかわしくないのれんが出ていたので、思わず撮影しました。

イメージ 1

雨が上がったので、歩いてホテルに戻ることにしました。帰りにワインと簡単なおつまみを買い、この日は終了となりました。

イメージ 2

翌朝、といっても午前11時半を過ぎていますが、この日は予約が無く、1日時間があったので、大須商店街とnago-1グランプリというイベントに行こうと思います。

きっとたくさん食べることになると思ったので、朝食は焼きそばとごはんと味噌汁という超貧相なビジュアルだったので、撮影しませんでした。

イメージ 3

宿泊しているホテルからどちらも歩いていけるのですが、その途中に白川公園というのがあり、そこにある電気科学館で時間が合えばプラネタリウムを観ようと考えています。

お乳をつまむ人。
タイトルは航海です。

イメージ 4

初日から気になっていたおにぎり屋さん。
前日のお茶会に行く途中に見たときは営業していたので、そのときを逃さず買っておけばよかったと少し後悔してます。

イメージ 5

なかなかおいしそうなパスタ屋さん。

イメージ 6

科学館に到着。

イメージ 7

球体の建物とロケットが印象的です。

イメージ 8

プラネタリウムは、40分後だということだったので、一瞬考えましたが、結局やめる事にしました。

座席がリクライニングだけでなく、向きを変えられるのでとてもゆったりした気分で観れるプラネタリウムで、以前一度だけ観たことがあります。

ロケットの噴射するところが展示されてました。なんていうんでしたっけ。

イメージ 9

科学館から10分足らずのところに大須観音駅がありました。商店街がどこにあるのかは全然わかりませんが、のぼりが見つかり、近くに来ているのだということが判りました。

イメージ 10

しばらく歩くと大須観音があり、その入り口でパンフレットのようなものをいただきました。

この日は、大須大道町人祭というお祭りをしていて、普段よりもたくさんの人が集まっているようです。

イメージ 11

境内では、プロレスが始まろうとしています。

イメージ 12

立派な建物です。

イメージ 13

境内を通り過ぎるとすぐに商店街の入り口があり、その横でサーカスをやっていました。たぶん想像されているサーカスではないと思いますが、演者の人がサーカスと言ってたので、サーカスだと思います。

イメージ 14

商店街に入って、すぐに目に付いたのが、射撃場でした。

イメージ 15

初日の怖い小料理屋よりも入りづらい雰囲気だったので、ライフルを持つことはありませんでした。

イメージ 16

不思議の国のアリスにちなんだ雑貨屋さんのようです。左端の小さな扉が入り口です。今の僕は通れそうにありません。

イメージ 17

商店街から少し外れたところに大須演芸場がありました。
昔、愛知県に住んでいたときに、一度行ったことがあった記憶があるのですが、建物は僕の記憶とはまったく別物でした。

イメージ 18

ふたたび商店街に戻ります。

イメージ 19

みたらしときなこの2種類を選べる団子屋さんがありました。かなりおいしそうでした。

イメージ 20

信号を渡るとまた違った名前の商店街がありました。かなり人が多くて、どうしようかなと思っていると、遠くから口上のような声が聞こえてきました。

イメージ 21

花魁道中に遭遇。3人の花魁がゆっくりと目の前を歩いて行きました。

イメージ 22

イメージ 23

おいらん宿というところに行列が入っていき、そこで見世物になるようです。稀勢の里の土俵入りを思い出しました。

イメージ 24

量り売りの服屋さん。初めてみたので、パチリ。

イメージ 25

女の子がめちゃくちゃいい表情で、白熊と撮影していたので、あわてて撮影。間に合わなかったですが、子持ちがほっこりしました。

イメージ 26

この商店街で一番気になったのは、いろんな国の屋台風の店が多かったことです。

イメージ 27

昭和を思い出すような和風の店とも混在しているところが面白かったです。

イメージ 28

ベトナム料理屋さん。

イメージ 29

イメージ 30

想像以上に大きな商店街で、またいつかゆっくり来てみたいと思います。

イメージ 31

安い!

イメージ 32

商店街のど真ん中にぴかぴかのお寺がありました。別の意味で入りづらいです。

イメージ 33

商店街を抜け、そのままnago-1をやっている矢場公園を目指します。

途中でみそかつで有名な矢場とんがありました。だいたいいつも行列が出来ているようです。

イメージ 34

矢場とんの並びにあった喫茶店。営業していたら入ってみたい店構えです。

イメージ 35

高速の高架の下では、アイドルのような人たちが踊っていて、男たちの威勢のいい掛け声が聞こえてきます。

イメージ 36

今回のてくてく旅で一番気になったお店。nago-1に行くという目的がなければ、135%ぐらい入っていたことでしょう。

ステーキを筆頭にハンバーグやとんかつなどの洋食を扱っているお店でした。

イメージ 37

ビジュアル的には、こっちの店が1番かも。店内がどんな感じなのか確認する必要があります。和食のお店のようです。

イメージ 38

会場に到着しました。雨も上がっていたので、それなりに人がいました。

イメージ 39

ICカードかチケットでしか、商品を買えないということだったので、とりあえず3000円分のチケットを購入。

イメージ 40

nago-1グランプリは、愛知の食材を使った料理を競うもののようで、どれも500円で販売されています。

イメージ 41

最初にヨコイのあんかけスパを購入。その横には、過去2年連続で優勝している店が出展していて、それも並んで購入。

イメージ 42

伝説のスパゲッティと山賊焼きです。

イメージ 43

山賊焼きを買うために結構長いこと時間をかけたのですが、まだ温かくておいしかったです。麺はそーれとほとんど同じで、ソースはピリ辛だったので、ビールが進みます。

イメージ 44

山賊焼きのほうは、ご飯とサラダもついていて、かなり良心的な印象です。もしかすると3連覇するかも知れません。

イメージ 45

ビールを含めて1500円分のチケットを使ったのですが、その時点でお腹がいっぱいになり、残りは持ち帰ることにしました。

味噌串カツ重とすき焼き風に味付けされた肉寿司です。

イメージ 46

イメージ 47

500円の缶ビールを買おうとチケットを渡し、もって帰るのでふたを開けないでくださいと言ったのにも関わらず、公園の規定で明けないといけないと言われ、有無を言わさずぷしゅっとされました。

なんと融通の利かない若者たちだろうと涙を飲み込み、そのまま会場を後にしました。

こちらがお土産です。肉寿司のほうが、とても寂しいビジュアルとなってしまいました。

この二つだったら、温泉卵もついた串カツ重の圧勝です。

イメージ 48

名古屋4泊で、結局ワインを3本空けました。でもあまり飲んだって印象が無いのですが、おかしくなってしまったんでしょうか。

イメージ 49

明日は、新幹線で東京に向かいます。
ホームで売っているきしめんがおいしいという噂を聞いているので、ぜひそれを食してみようと思ってます!

この記事に

開くトラックバック(0)

全193ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事