ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全185ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ponanza(ポナンザ)

ポナンザというのは、人工知能を持つ将棋ソフトです。

佐藤天彦名人と今年の4月と5月に対局し、2連勝したことで、将棋においてはAIが人間を超えたという結論のようなものが出ました。

今日、敗れた佐藤名人のコラムを読んだのですが、人間がAIに負けたとしても将棋の魅力がなくなる事は無く、コンピューターには作り出せない人間同士の熱戦と言うものが存在するということに僕も納得がいきました。

よくよく考えてみれば、人間よりも早く走れるものはたくさんありますが、オリンピックの100メートル走の決勝に熱狂します。

将棋においては、今日、デビューから負け知らずで28連勝をしている藤井4段が、新記録をかけた対局をしますが、コンピューターがいくら連勝したところで、これほどの盛り上がりにはならないでしょう。

AIがもっと進化していけば人間のやる仕事がほとんどなくなるとも言われていますが、効率だけを求めた社会に魅力を感じるとは思えません。

AIの進化を仕事をとられてしまうという脅威ではなく、より人間らしさを取り戻す、いい機会と捉えるべきでしょう。

ただでさえ昔とくらべて世知辛い世の中になってきてるのですから。

この記事に

開くトラックバック(0)

真面目と不真面目

不倫を奨励しているわけではないですが、施術を受けに来られる既婚女性は、夫に性の対象としてみてもらっていないか、その逆である場合が多いので、目の前のパートナー以外を探すしか方法がありません。

職場の同僚や知り合い、趣味のサークルやスポーツクラブなど、その気になって周りをみれば結構いるかも知れませんし、手っ取り早く出会い系のコンパやサイトなどを利用する方法もあります。

ただ、一般の人が相手となると、発覚した場合や関係がこじれて相手がストーカーのようになってしまうといったリスクもあり、性感マッサージや出張ホストを利用する女性もいらっしゃいます。

昨日は、ご主人とはほとんど会話が無いというリピーターさんが来られました。

僕のところ以外もたまに利用するそうですが、年に2・3回ぐらいだそうです。

既婚者限定のコンパのようなものにも参加されたそうですが、自分にはそういった場は合わないと半ばあきらめのような表情で話してくれました。

そういった行動をしていることに対して、自分は不真面目だと仰ったのです。

夫以外の男性にはわき目も振らず、たんたんと主婦業をこなすのが、真面目な人なのかも知れませんが、彼女の行動が不真面目だとは思えないのです。

そもそも結婚生活において、真面目不真面目の境界がよく判りませんし、そんな言葉が適切でも無いような気がします。

夫の浮気や風俗遊びを発見してしまい、精神的なショックを受けられる女性は多いですが、自分とは関係の無いことだから気にしないようにすればいいとアドバイスをします。

それもその夫を不真面目だと思っていないせいなのかなとこの記事を書きながら思いました。

病気をもらったり、借金を作ったり、不倫関係がこじれて迷惑をかけられたりしていないのであれば、相手の不誠実さや倫理観の欠如などを理由に怒ったり、悲しまなくてもいいはずです。

浮気をする=不真面目

という方程式は、一見正しく感じますが、結婚生活ではそれほど簡単な方程式では表すことが出来ないはずです。

自分の行動にうしろめたさを感じている人がもしいらっしゃるのでしたら、それは真面目さからでた行動だと思うようにするといいと思います。

この記事に

開くトラックバック(0)

筆おろし

パン・うどん・パン・パン・ピザ・サンドウィッチ・パンと盆踊りのリズムのような感じで、糖質生活を続けています。

昨日はあまりに食べ過ぎたせいなのかは判りませんが、とにかく野菜が食べたいと思って、スーパー玉出に駆け込みました。

体質がどんどん変わって、お腹が発酵した生地のようになり、このままだと団子になってしまうと焦りました。

あらためてパン屋さんのすごさが判りました。

現状報告はこの辺にして、今日は筆おろしについて。

童貞の男性が、初めて経験することをいいますが、リピーターさんの知り合いで、上司から童貞を捨ててしまいなさいと遊郭に連れて行ってもらった人がいるそうです。

周りの人たちは、男女問わず皆そのことを知っているようで、顔を合わせるとおめでとうなどと声をかけ、本人もありがとうございますと返答しているとのことです。

リピーターの彼女が思ったことは、その男性(30前)に芯が出来たということでした。

あきらかに経験前と後では、人間が変わったと感じたそうです。

この話になる前に、彼女から女性が変わったとしたら、どんな風に変わるかを聞かれました。

施術を受けに来られた女性についてなのか、それとも一般的に変わるとしたらという前提かによって、多少違ってきますが、やはり一番判りやすいのは、化粧やヘアスタイル、服装などが、かなり変化します。

結婚してから夫以外の男性を知らなくて、初めて施術を受けに来られたある女性が、施術前日に服を決めるのにかなり時間がかかったと話してくださいました。

男性を意識するだけでも、いつもと違う脳の部分を使うのかも知れません。

男女共に、それまで経験しなかったことを勇気を出して、前に一歩踏み出すと、外見や中身に変化が伴うようです。

施術はどうしても抵抗があるという方がいらっしゃいましたら、お茶会からでも前に踏み出してみてください。

へんなナンパのような記事になってしました。

僕もパンを作るという新しい挑戦のせいで、体が発酵しだしたようです。


この記事に

開くトラックバック(0)

突然ですが、7月3日(月)に大阪の梅田で、女性限定のお茶会をします。

お茶やケーキなどを食べながら、2〜3時間程度、集まった人たちと歓談する会です。特にテーマなどは決めていませんので、興味のある方はご連絡ください。

既婚・未婚は、問いませんが、20歳以上の女性に限定させていただきます。

現在、4名の方から申し込みをいただいておりますので、残り1名で締め切らせていただきます。

詳細は以下の通りです。

日時:7月3日(月)午後2時
場所:大阪駅か梅田駅周辺のカフェ
参加費用:5000円(飲食代は含みます)
※参加費用は、事前に振込みをお願いいたします。

お申し込み、ご質問は以下のgmailまでお願いいたします。

※必ずgmailからのメールが受け取れる設定にしておいてください。

この記事に

開くトラックバック(0)

性感マッサージを開業してから5年を過ぎようとしていますが、本日2度目のすっぽかしに遭いました。

なんばまで出向いていたので、以前から気になっていたペッパーランチさんへ。

いきなりステーキは、何度か行ったことがあるのですが、違いを調査するべく訪問。

時刻は午前11時です。

お昼までまだ時間があるせいか、客は僕のほかに年配の男性がひとりいるだけでした。

イメージ 1

ドリンク券を持っているかと聞かれました。
来店した人に無料券を配っているようです。

イメージ 2

ハンバーグかステーキでいろいろ種類があるみたいです。基本的にはいきなりステーキと似たような選択方法かなと思います。

ワインがあれば注文したかも知れませんが、アルコールはビールだけだったので、ライスと肉オンリーにします。

イメージ 3

僕が注文したのは、ワイルドジューシーカットステーキの200グラムです。ライスは付いているのですが、ライスなしの場合は190円引いてくれると食べ終わる頃に知りました。

ライスの量は小・中・大から選べます。大でも値段は同じです。(小なら少しやすくなるのかな?)

イメージ 4

もう作ってたんじゃあないの! っていうぐらい、早く出てきました。

イメージ 5

食べ方のレシピが書かれたシートがあったのですが、よく判らなかったので、目の前のソースをかけて普通にいただきます。ちなみにライスは中です。

イメージ 6

とびはね防止のためにレシピシートを折りたたんでくれていたのが納得できるほど、熱々だったようです。

ソースをかけるとじゅ〜〜っという音とともに湯気が立ち上りました。

出てきたときはまだ表面が生でしたが、自分の好みに焼いて食べるようですね。

程よい堅さで、肉の味もしっかりしていて、おいしかったです。

イメージ 7

ごちそうさまでした〜〜。

肉と米ととうもろこし! 以上! って感じです。

イメージ 8

最近、施術予約が激減しているために時間をもてあますことが多く、暇な人間ほどよからぬことをしでかすという本能が命令したのかも知れませんが、何故かフランスパンを焼いてみようという気持ちになり、先日、アマゾンでパンが焼けそうなオーブンを買いました。

近くに高島屋があったので、この際だから材料を揃えようと地下の食料品売り場に行ってみました。

百貨店ならパンを作る材料ぐらい揃うだろうという推理からです。

スーパー玉出とは違う新鮮さが、漂ってます。

イメージ 9

撮影ミスであまり新鮮そうに見えませんね。

イメージ 10

麺だけでもおしそうです。

イメージ 11

小麦粉のコーナーには、あまり種類がなかったのですが、必要な強力粉と薄力粉をGET。

イメージ 12

ドライイーストを探していたのですが、よくわからず、酵母ドライという商品を見つけ、たぶんこれがそれなんだろうということで、購入。

パンの絵がなかったら、店員さんに聞いていたことでしょう。

イメージ 13

家に帰って少しすると、パン作りのための道具が届きました。

グッドタイミングです。

イメージ 14

オーブンは6000円ほどで、道具のほうが高くつきました。ボウルと水切りで4000円ぐらいです。

商品選択基準がおかしいのでしょうか。

イメージ 15

で、こちらが材料。

イメージ 16

で、6000円のオーブンちゃん。

彼はレンジさんという名前にします。

イメージ 17

ほんでもって、クックパッドにあった一番短時間でフランスパンが出来るレシピを印刷。

イメージ 18

レシピどおりだと1時間で食べれるとありました。

開始時刻は、午後2時25分です。

イメージ 19

レシピに忠実にグラム数を計ります。

140グラムの強力粉なのに141グラムも入れてしまいました。

ボウルの右に並んでいる白い物体は怪しいものでなく、麺棒の大と小です。

フランスパンには必要ありませんでした。

イメージ 20

薄力粉60グラム、塩 小さじ2分の1(3グラム)を入れ、スクレッパーというものをヘラ代わりにして混ぜます。

イメージ 21

140CCのぬるま湯(人肌ぐらい)に砂糖を4グラム入れます。

イメージ 22

人肌というのが、妙に難しく、冬場だと多少低くても温かさを感じるんだろうななどと妄想に入っていました。

イメージ 23

そこにドライイーストを入れて、ふやかすとレシピにあるのですが、買ってきたものが違うせいなのか、ふやかし感ゼロで、単純に溶かして混ぜただけです。

もしかすると混ぜないで、そのまま放置しておくべきだったのかも。

イメージ 24

最初だしなんでもいいだろうということで、適当にそのお湯をまんべんなくかけ、赤いので切るようにまぜていたら塊が出来てきました。

イメージ 25

どのぐらい混ぜたらいいのかがまったく判らなかったのですが、適当な段階で皿に移し、ラップをしてレンジ(こちらはレンジさんではなく、電子(でんこ)ちゃんのほうです)の解凍モードで30秒温めます。

イメージ 26

汚れが目立ちますね。ちゃんと拭いておけばよかったです。

イメージ 27

この時点で、約20分が経過。

イメージ 28

こちらがシリコンで出来たマットです。幅50センチほどでそれほど大きくはありません。

イメージ 29

電子ちゃんで温めたあと、15分ほど放置とあったので、その間に本の続きを読むことにしました。

もう予約も入りそうにないので、ワインもいただきます。

イメージ 30

よく考えるとレンジさんの使い方をまったく知らなかったので、慌てて説明書を開きました。

イメージ 31

そこにもいろんなレシピがあり、パンはバターロールだけでしたが、それを参考に設定します。

イメージ 32

あっという間に15分が過ぎ、レシピでは2倍ほどに膨らむとありましたが、微妙な大きさになっています。

イメージ 33

指で優しく押さえながら空気を抜いてください。

って、あるのですが、まったく空気が溜まっている感じではありませんでした。

この時点で何かが違っているように思います。

イメージ 34

二つに分け、楕円形に伸ばしたものを適当に何度か折りたたみ、パンの形にしました。

たぶんこの作業が、一番大事だと思うのですが、初めて作るので、どんな状態がいいのかが判らないので、適当にさせていただきました。

長さが違うのは、半分にたたむと書かれていたために最初の1本は長さが半分になるような折りたたみ方をしたためです。

折りたたんだあとに、今の折り方は違うよな〜と気づき、やり直したのが長いほうです。

イメージ 35

それをまた解凍モードで30秒、その後、濡れふきんをかけて15分寝かします。

イメージ 36

で、3時15分となりました。

イメージ 37

今回は膨らんだことがよく判ったのですが、あまり離さず並べていたために、仲良くひっついてしまいました。

切り離すとえらいことになりそうだったので、このまま作業を続けます。

イメージ 38

クープという切れ目を入れます。ゾンビのようになってしまいました。

クープを入れると自然に開くそうですが、まったく開いてくれませんでした。

あとでレシピを読み返すと、開かないときは、たたむ作業からやり直すべきだったようです。

イメージ 39

とりあえずレンジさんへ。

230度で10分。10回ほど霧吹きし、蒸らすそうですが、霧吹きがなかったので、手に水をつけてレンジに向けてパシャパシャしました。

伝わるかな〜〜。

イメージ 40

10分後覗いてみると、パンのような物体が!

イメージ 41

色むらが出ないように上下を反対にして入れ替えます。

イメージ 42

そこから200度で10分から20分と書かれていましたが、10分後にはそれっぽい色になっていたので、取り出すことにしました。

イメージ 43

なんとなくフランスパンです。

イメージ 44

フランスパンというよりも、こんなパンがあってもいいかもパンです。

イメージ 45

ひっついているところを開けてみると、なかから湯気がもわ〜〜と。

イメージ 46

写真だと完全にパンですね。

イメージ 47

ちなみに裏はこんな感じ。

味はレシピどおりなので、可もなく不可もなくって感じでしたが、やっぱり膨らみ方が足りないせいか、すこし生地が重たくなりました。

この日はもう一度作ってみたのですが、1回目よりもまだ軽くなりましたが、おいしいと思えるレベルまではまだまだです。

塩と砂糖はほぼ倍にしたのですが、味はそれによって良くなったような気がします。

また挑戦します!(1年後かも知れないけど)

イメージ 48

この後、パンを2本食べ、ワインを飲んだら急に眠くなったので、昼寝をしました。

起きたら午後8時過ぎで、もう一度パン作りに挑戦しようと思ったのですが、その前にうどんを作りました。

特製うめうどんです。

イメージ 49

ちぢれた麺になってしまいました〜〜。

うどんというよりも、細くて少し堅いだんごって感じでした。

イメージ 50

ダイエットをしたいと思っているのに、この日は粉だけで600グラム以上も食べたことになります。

米・肉・コーンも食べたしな〜〜。

シュッとするのはまだまだ先になりそうです。

この記事に

開くトラックバック(0)

全185ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事