ここから本文です

書庫はじめての方へ

記事検索
検索

全1ページ

[1]

こんにちは。前田です。

僕は女性向けの性感マッサージ師をしています。

利用されるかたを多い順に挙げると

①既婚女性
②独身女性
③結婚経験がある独身女性

となります。

彼女たちが施術を依頼される理由は、性欲の処理や単なる好奇心といったものから、心の充足や今の自分からの脱却などといった精神的な満足を得たいという気持ちまで多種多様に及びます。

性感マッサージで検索するといろんなサイトやブログ、掲示板などがあり、その内容やコンセプトは様々です。

僕の提供するサービスは、会話やマッサージなどを媒介として、心にエネルギーを与えることだと思っています。

心にエネルギーを与えたいと思うようになったきっかけは、施術を通してクライアントをみているうちに、とても精神的に疲れている人が多いことに気がついたからです。

怒りや不安、不満、苛立ち、焦燥感などの感情が湧くと、肉体的にもとても疲れてしまいます。人間ですからそういった感情が起きることはしかたがないことですし、それがあるからこそ喜びや充足感などを味わえると思います。

ただ、物事に対して負の感情が起きることは仕方がないとしても、その感情に対してさらに思いつめ、必要のない負の感情を抱え込んでいる人もいらっしゃいます。

なんとかしたいけれども考えれば考えるほど、余計に悩む時間が長くなっていく。

光も出口も見えない場所をやみくもに歩き回っている。

僕の施術はそういった人に対して、いったん休憩をしてもらうようなものだと思います。

ゆっくりと心の充足感を味わいながら、自分の現在地と目的地を確認していただくために休憩する。

心にエネルギーが溜まると自分にとって本当に必要なものを見つけやすくなります。

心と体は互いに影響しあうものなので、心にエネルギーが増えると体にもいい影響が出ることとなり、行動を起こすことが容易になります。

行動を起こすと必ず変化が訪れます。

あなたもその変化を楽しんでみませんか。

タクティリスト 前田貴久



この記事に

開くトラックバック(0)

1年経って・・・

性感マッサージを本気でやり始めてほぼ1年になります。

この1年の間に離婚をし、子供たちとも数回程度しか会えない状況になりましたが、後悔はまったくありません。

家族全員が暮らす家は失いましたが、親子の関係は変わらずに存在していると思っています。

失ったもの以上にたくさんの人との出会いを得ました。

その中でもずっと繰り返して関係を維持してくださる方々もたくさん増えました。

施術を受けてくださる方やブログやサイトなどをたまに見てくださる人たちの存在が、感じられているからこんなに根気のない僕であっても続けられているのだと思います。

これからの計画としては、このブログを継続するとともに300字小説以外にも本気でモノを書くことに取り組もうと思っています。

今日の記事は、決意表明ではなく自分に出来ること、自分にしか出来ないことがわかったような気がしたので、書いてみました。

本を出版して印税生活で悠々自適の生活を送りたいと思ったわけではなく、こうしてキーボードをたたいたり、いろんな本を読んでいるときが、本当に幸せだと実感したせいかも知れません。

施術を受けられる方からもたくさんの本を紹介していただいたり、いろんな刺激をいただきます。

自分だけが行動しているのではなく、関わっている皆さんに動かされているように感じたりもします。

ほぼ毎日思いついたことを思うがままに投稿していますが、それでも興味をもって訪問していただけるのは、本当にありがたいと思いますし、そのエネルギーを感じることが翌日の投稿へとつながっているようです。

昨日は、生きる意味という本を紹介しましたが、意味を探すのではなくこういった毎日の繰り返しが生きるということかも知れません。

これからの1年にどのような環境の変化があるかわかりませんが、今、自分が楽しいと感じていることに変わりはないと思います。

あなたの世界の片隅に前田貴久という人間がいる限り、なにかの刺激を発信していることと思います。

今後ともよろしくお願いします。

タクティリスト
前田貴久

300字小説 第48回
=========================
『八大童子』

八大童子は、不動明王より出生し、仏の智恵である四智と、金剛界大日如来の周りを取り囲む四波羅蜜(しはらみつ)菩薩の役割をしていたとされている。

8体の像は、全て運慶の作品ではなく、快慶をはじめ複数の仏師で製作していて、6体までが国宝に指定され残りの2体は付属となっている。

運慶の作品だと言われている矜羯羅(こんがら)童子・制多伽(せいたか)童子は不動明王の使者の二童子として最もポピュラーで、今回の特別展の案内では制多伽童子の写真が使われていた。

制多伽童子は、民衆に対して悪性を持って接していたそうだが、その像からは怒りなどのエネルギーなどはまったくなく、逆に知的で爽やかな印象さえうかがうことができる。
=========================


この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事