ここから本文です

書庫カウンセリング

記事検索
検索

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

次の約束

今日は、久しぶりにカウンセリングをさせていただきました。

もともと施術も受けていただいてたリピーターさんだったのですが、現在お付き合いされてる彼のことを思うと施術は出来ないということで、相談だけになりました。

喫茶店で2時間ほどお話を伺いました。

彼女は既婚者で、施術予約を初めてされたのが、5年前です。

その時は、仕事関係で知り合った既婚男性とお付き合いされていたのですが、いろいろあって別れてしまい、その後、出会い系などでいろんな男性と知り合い、最終的に現在のかたに落ち着いたようです。

複数の男性と知り合い、体の関係も持たれたそうですが、他の男性と彼とはまったく違っていたそうです。

他の男性もそれぞれ真面目だったようなのですが、たいていその場限りの関係で終わることが多かったようで、彼だけが、初めて会ったその日に、次の約束までしてくれたのだそうです。

帰ってからも、LINEで、お礼が来たり、次に会うまでの間でも毎日連絡があり、彼女としては、とても大切に扱われているという実感を持たれたのかも知れません。

今回相談をされたのは、そんなまめな彼が、それまでと違い少し距離をおかれたように感じたからでした。

既婚者なので、家庭や仕事のことに時間や気持ちを向けなければいけないときもあるのですが、それを自分だけが取り残されたように感じ、不安も同時に感じたようです。

カウンセリングの依頼から、実際にお会いするまで、数日間あり、その間に彼との話し合いで、すでにその不安は解消され、心も落ち着いていたそうですが、今回は、出会いからこれまでの経緯を自分の中で確かめるために僕との時間を設けられました。

結局、2時間もの間、僕はほとんど聞いているだけでしたが、僕に話すことによって、彼女の中でいろいろ整理し、今後についてもある程度覚悟を決めることが出来たように思います。

以前付き合っていた彼のことから、現在の彼のことまで、これまでいろいろ相談を受けていたのですが、彼女の話をじっくり聞きながら、とても強くなったなというのが僕の印象です。

不倫などせず、日常のちょっとしたことで幸せを感じて、生活をしている人をうらやましいといった発言もあったのですが、それが理想では決して無いと思うし、幸せの基準はひとそれぞれで、自分を卑下する必要も無いと話しました。

不倫にはリスクがつきものですが、もしそれが家族にばれたとしても、後悔だけはしないようにすることが大切だと思いますよと締めくくりました。

前回の乙女のリピーターさんのときも感じたのですが、やっぱり男性は、女性に対して積極的であるべきなんだなと思いました。

僕ももっと積極的になれたらいいのになと少し反省しています。




初回お試しコース(80分) 8,000円より

施術予約は、メールまたは電話でお願いします。(24時間受付)
メール:takahisa69@gmail.comgmailからの返信が受けられるように設定をお願いします。)
電話:080-9521-0504

開くトラックバック(0)

再婚に関する相談

一度離婚され、婚活パーティーなどにたまに参加されるリピーターさんがいます。

もう1年以上、お会いしてなかったのですが、先日、急に連絡があり、久しぶりにお会いしました。

彼女は30代後半で、まだ子供も十分に生める年齢でもあるので、再婚して、また新しい人生を歩くのも選択のひとつとしてありだと思います。

先日、参加されたパーティーで、カップリングが成立した男性と何度かデートをされたようですが、40代で結婚経験の無いその男性から発せられる、かなりの結婚したいオーラに押しつぶされそうになっていたようです。

それについての男性目線のアドバイスが、欲しいというのも今回の予約理由になってます。

まだ肉体関係はおろか手も握ったことも無いようで、それだけ女性を大切に扱いたいという気持ちを持った男性なのかも知れませんが、もし結婚するのであれば、事前に何度か関係を持つべきだとアドバイスしました。

いくら体の相性がよくても、結婚生活を続けているうちにセックスレスになったり、浮気をされたりして、二人の間のスキンシップがなくなる夫婦をたくさん見てきたので、最初から相性がよくない相手とわざわざ結婚することだけは避けて欲しいと思ったからです。

結婚したら、改善されてセックスの相性もよくなるなんてことは、ほぼ無いといってもいいと思います。

初めての結婚ならいざしらず、二度目の結婚から苦痛を伴うセックスをする必要も無いわけで、そんなことをするぐらいなら、ひとりで過ごすほうがよっぽど幸せです。

僕は、二度と結婚するつもりはありませんし、したいという気持ちもまったくありません。

まず結婚生活に向いていないということが判ってるし、自由を捨てたくないというのもあります。

もっと年齢を重ねて状況が変われば、二人で過ごしても自由だと感じることが出来る人間になっているかも知れませんけれど、今の僕にはありえない話です。

そんな僕でも、やはり微妙な年齢の彼女のことを思うと、結婚して幸せになって欲しいと思う気持ちがあります。

知り合って間が無いので、とにかく相手のことをじっくり観察する時間をとるべきだと思います。

とは言っても、昨日の記事の続きではないですが、どんな選択をしたとしても、それは自分にとって最良の選択だと思うことが大切です。

今後、なにかあったら、いつでもアドバイスしますので、メールしてくださいと言って別れたのですが、自分で言っておきながら、不思議な立場だなと思いました。

とにかく彼女には、幸せになって欲しいと思います。

開くトラックバック(0)

リピーターの既婚女性からメールをいただきました。

彼女は、ある事情で、定期的にあっていた男性と連絡をしなくなっていたのですが、また彼女のほうから再会を願って、メールを送ったそうです。

また時間を作るねという返信があったそうですが、約束していた日が過ぎても連絡がなく、忙しいみたいですねというメールを再送されました。

男性の気持ちが知りたいということで、僕にメールを送ってくれたのですが、その人と僕とは違うし、知ったところでどうなることも無いので、その言葉を信じて、待つべきだという返信をしました。

結局、好きになる気持ちが大きいほうが損ですねという結論のようなメールが届いたので、好きになる気持ちが大きいと損ではなくて、自分を安売りすると結果的に不満が残ると思いますよと返信しました。

それに対しての返信は無かったのですが、彼女としては安売りしているという気持ちは無いと思います。

言葉に語弊があったかも知れませんが、追いかけられていると思うと安心し、相手をぞんざいに扱ってしまう傾向は、男女ともにあると思います。

とくに一部の男性の場合は、ますます図に乗ることになりかねないので、自分の気持ちを抑制し、男性からのアプローチを待つ覚悟を持つべきだと思います。

それによって相手が自分から去っていったのであれば、それはそれ以上の男性と出会うチャンスが出来たと前向きに考えることです。

好きなったほうが負けではなく、好きなったという事実を楽しむこと。

恋愛に年齢は関係ありません。

自分で青春を終わらせるのだけはしたくないですね。

開くトラックバック(0)

これでもいいんだ!

4年前に大阪の友人に会いに来た際に初めて予約をしてくださった女性との会話をしているときに、性感マッサージを利用したことで何か変化がありましたかという質問をしました。

当時の40代後半だった彼女は、新幹線にも乗ったことがなく結婚してから一人で旅行をすることもなかったそうで、性感マッサージを利用したということよりも、そういった行動をしたことで、それまでのこうでなければならないといった固定観念がなくなり、これでもいいんだ! という気持ちが芽生えたそうです。

それ以来、結婚とか子育てとかいった見えない鎖に捉われなくなり、年に何度かは一人旅をされているようです。

別のリピーターさんからも結婚してから、家族とは別に旅行をしたことが無いという話を聞いていたので、たぶん大多数の既婚女性は、ひとりや友人と旅行をした経験が無いのかも知れません。

常に家族がセットになって、結婚後の人生を送っているような気がします。

男性は結婚しても仕事と言い訳して、自分の時間を確保できますが、女性の場合は簡単ではありません。

ただ、もしかするとそう思っているだけで、育児に時間をとられる時を別にして、自分の気持ち次第で、もっと人生を楽しむことが出来るのではないかと思います。

一度、清水の舞台から飛び降りた気持ちになって、行動してみてはどうでしょうか。

こんな簡単なことが今まで出来なかったんだと発見するはずです。

開くトラックバック(0)

心の過食症

今を最高に幸せだと思えば不満でストレスがたまったり、体を壊してしまうことは無いと思うのですが、どうしてもコンプレックスや対人関係などでマイナス要素に反応してしまいます。

そんな話を施術中にしていたのですが、不満を抱えている人は常に満たされないのかも知れないなと思ったときに過食症に似ているなと感じました。

今の状況から少しよくなったとしても、またその状況で不満を抱え、それが解消されても、次の段階でまた理想を求めてしまうのです。

常に向上心を持つということと、常に不満を解消させたいと思うこととはまったく違うものです。

僕は、向上心も持つ必要はないと思っているほうなのですが、それはさておき、どんなにお金を持っていたとしても、怒りが湧いたり、不安に襲われたり、悲しみにくれるときがあるはずです。

結局、これだけの生活なら満足というのは、不満を抱える体質、心の過食症の人には訪れないような気がします。

逆に生きているだけで幸せだと感じる心を持つ人は、ずっと満たされているのではないでしょうか。

足りないところ、劣っているところ、他人の嫌な部分などに関心を持たず、恵まれているなと思うところにフォーカスすれば過食症から脱却できるはずです。

いつも満たされていないと思いがちな人は、心の過食症ではないかと疑ってみてはいかがでしょうか。

開くトラックバック(0)

全15ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事