takajun's room

ビデオ、パソコン、オーディオ、カメラを中心としたBlogです

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
先週封切りとなったジブリの新作 「借りぐらしのアリエッティ」 (原題:The Borrowers) を妻と高2の息子の3人で観てきました。かなりの人気作品のようで興行収入も良いとのこと。観客の 60% が女性だそうです。
宮崎駿氏の作品には好きなものが多いので大体観ていますが、この作品も妙に心に残る良い作品でした。
ネタバレになるので、内容についてはあまり記載しませんが、ちょっと切なさが残ります。あと、父親のポッドが半田付けをするシーンが面白かったです。半田付けのシーンに反応する人は極々少数でしょうし、あれが半田付けと分かる人も少ないかと。
小人(というかニンフ)は日本では一寸法師くらいしか思いつきませんが、海外ではポピュラーな話材なのかもしれません。
「借りぐらしのアリエッティ 」 はやや大人向けにストーリーを振ったせいか、ポニョの再来を期待して集まった幼稚園児〜小学生低学年児からは、映画終了後「どういうことなの? おかあさん」という声があちこちで上がっていました。
私はというと、原作が読みたくなり アマゾンに The Complete Borrowers 全巻を発注。 英文で 全720ページですが、夏休みの読書には内容が軽くて丁度よいかも。
米amazonからの発送です。
お届け予定日: 2010/8/12 - 2010/8/19
1 "The Complete Borrowers"
Mary Norton; ペーパーバック
販売: Amazon.com Int'l Sales, Inc.

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事