あきりんの映画生活

評価は★★★★4つで満点です。(4つ半や5つは個人的な思い入れ加算です。)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

2015年 日本 139分
監督:堤幸彦
出演:江口洋介、 本木雅弘、 仲間由紀恵、 綾野剛

日本の原発は安全か? ★★★

なんといっても、東野圭吾が今から20年前にこの小説を発表していたことに感嘆する。
あの福島原発の事故以後は、日本中の人が、もし、原発が・・・という恐怖を現実のものとして感じるようになった。
しかし20年前には、原発の安全神話は、たとえそれが絵空事であっても、ほとんどの日本人は疑いもしていなかっただろう。
東野圭吾の先見の明に感嘆。

さらにいえば、よくぞこの映画を作成したな、という感心もした。
どこかの国に比べれば、まだ日本は言論の自由がある国。
それでも、資本大会社界ではこれまで暗黙の内にタブー視されてきた原発の危険性を題材にした映画を、よくぞ制作したものだ。

映画の骨子はもうよく知られているから、くどくどとは書かない。
自衛隊が発注していた大型ヘリを乗っ取った犯人は、そのヘリを遠隔操作で原発の上にホバリングさせる。
ヘリの燃料が切れるまでに日本中の原発を使用不能にしなければ、ヘリを原発の上に墜落させるぞ。

ヘリのなかに偶然取り残されてしまった子どもの救出作戦や、警察の犯人捜しなど、アクション部分、サスペンス部分も、巧みに組み込まれている。
言葉による原発の状況説明などがやや煩雑な感じもするが、これは映像では伝えにくい内容なので、ある程度は致し方なかっただろう。

この犯人は、ヘリコプターに積み込んだダイナマイト10本分ぐらいの爆発では原発は壊れないことを計算尽くだった。
そのうえでこの計画を実行している。
彼の言いたかったことは、これがダイナマイト100本分の爆発だったらどうなっていたのか、そんなことが絶対に起こらないとなぜ日本国民は思ってしまっているのか、もう一度考え直して欲しい、ということだったのだろう。
鋭い。

それにしても東野圭吾の巧みなところは、そんな真剣な問題提起を、完全にエンターテイメントとして差し出して来ているところである。
ただやたらに原発反対と叫ぶのではなく、充分な娯楽性を持った作品としているところが、すごい。
(もちろん、原作小説やこの映画が反原発を主張しているわけではないし、原発を容認しているわけでもない。)

主人公は一応は江口洋介だったが、実際の主人公は本木雅弘だったと思う。
彼の行動の意味が、この映画の主題だったと考えられる。
最後近くに、本木が原発の建物の屋上で天に向かって手をさしのべる映像があった。
ここはイメージ映像なのだが、彼の過去の大きな意味を持つ行為と重なり合って、思わず唸ってしまった。
この映像がクライマックスであった。

タイトルの巧みさにも感心した。
子供は蜂に刺されるまでは蜂が危険だとは気付かない。なるほど、その通りだ。
原作小説が書かれて16年後に起こった福島の原発事故は、未だに傷の癒えていない、そして未だに癒える目途がまったく立っていない蜂の刺し傷だったわけだ。

繰り返しになるが、エンタメ性を損なうことなくこういった社会問題を提起してきた作品として、感心した。

それにしても、原作にはなかったエピローグは、やはり余分に思えた。
あの部分が好かったという人もいるようなのだが・・・。

閉じる コメント(16)

顔アイコン

3.11以来、原発論争がありますが、その意味では、問題を提起した映画かもしれませんね。

5月に試写会で見ましたが、ちょうど、ドローンが話題になっていた時期と重なって、タイムリーで、これも使い方次第ということですね。

ナイス&TBさせてください。

2015/10/4(日) 午後 10:14 fpd 返信する

顔アイコン

fpdさん>
この問題提起作を、よく原発ムラが黙認したなあと思いました。
本木雅弘の熱演が光っていました。綾野剛もいま注目している俳優さんです。
ナイス&TBをありがとうございました。

2015/10/4(日) 午後 11:18 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

原作未読・観賞予定も無いんですが
評判が良いですよね!!
面白そうです!!!

2015/10/5(月) 午前 0:33 [ oichi ] 返信する

顔アイコン

確かにエピローグは、今ならではのカットでしたね。原作を読んでみたい作品ですが、今までの原子力産業を皮肉っている所や、結局人間の学習能力は低いんだという面を感じた作品でしたが。
TBお願いします。

2015/10/5(月) 午前 10:26 atts1964 返信する

顔アイコン

oichiさん>
これは観ておいてもよい作品だと思います。
アメリカ映画では「チャイナ・シンドローム」がありました。次に感想を書きますよ。

2015/10/5(月) 午後 2:10 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

atts1964さん>
20年前の原作発表当時とは情勢が変化している面もありました。
我が国での高速増殖炉といえば「もんじゅ」ですが、漏洩火災を起こしたり、炉内の落下事故を起こしたりしていますね。
TBをありがとうございました。

2015/10/5(月) 午後 2:41 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

予告で観ただけで観ていませんが、記事を読むと観たくなりますね。
今、まさに観るにはタイムリーな時かもしれません。
こむずかしくなり過ぎず、エンターテイメント性のある作品にしたのは良かった気がしますね。

2015/10/10(土) 午後 6:07 ゆうちゃん 返信する

顔アイコン

ゆうちゃんさん>
そうなのです、充分なエンターテイメント作品としてこの題材を扱っているところに感心しました。
ということで、映画自身も大変に面白く出来上がっています。ぜひ。

2015/10/10(土) 午後 9:22 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

わ〜、深いな〜。いろいろ勉強になりました。
東野さんの小説は、エンターテイメント性が高く時代への嗅覚が鋭いですよね。
映像化は難しいと思ってたのに、見事〜です。
本木さんの熱演も素晴らしかった。江口さん… いまイチかな。

2015/11/7(土) 午後 9:42 [ わかめ ] 返信する

顔アイコン

わかめさん>
お褒めにあずかり恐縮です(汗)。
いろいろな(政治的、経済的)情勢から商業的な映画化は無理だろうとされていましたが、よくぞ作ったものです。
江口洋介は”三上君”以来のファンですが、この映画では本木雅弘に負けていましたね。
TBをありがとうございました。

2015/11/9(月) 午後 2:22 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

今の日本に非常にマッチした作品でしたね。
原発を肯定も否定もせずに我々に問いかける内容が絶妙でした。
TBお願いします。

2015/12/22(火) 午前 6:57 かず 返信する

顔アイコン

かずさん>
鋭く原発問題を問いかけながらもエンタメ性を失っていないところがたいしたものでした。
松竹が映画化するときに妙な邪魔は入らなかったのでしょうか。
TBをありがとうございました。

2015/12/22(火) 午後 1:57 [ あきりん ] 返信する

そうなんですよ、3.11よりずっと以前にこれを書いてるという発想力に、震えました。東野さん、本当にすごいと思います。
またちゃんと映画にしたというのも素晴らしいと思う。

私は2011につなげた最後は好きです。
ね、やっぱ神話だったでしょう?という意味合いと
ここから目をそむけちゃだめだぞいう意味合いをかんじたんで。
TBよろしくです。

2016/6/28(火) 午前 10:11 恋愛映画 返信する

顔アイコン

恋愛映画さん>
あらためて東野圭吾のアンテナの鋭さを知った作品でした。
映画化したからには、やはり最後の場面は必要だったのかもしれませんね。
みんなが、3.11はこれからも起こりうる、ということを知ってしまったのですから。
TBをありがとうございました。

2016/6/28(火) 午後 3:47 [ あきりん ] 返信する

原作が書かれたのは1995年ですからね…あのエンディングは映画オリジナル。
それにしても、20年前にこの状況を予見していたとは、人気作家恐るべし!

2017/1/22(日) 午後 11:05 やっくん 返信する

顔アイコン

やっくんさん>
1995年当時は、原発はもしかすれば事故を起こす可能性のある危険な施設だ、と思っていた日本人はほとんどいなかったのではないでしょうか。
今は、事故が起きれば人が住めなくなる国土ができるのだということを、みんなが知ってしまいました。
TBをありがとうございました。

2017/1/22(日) 午後 11:21 [ あきりん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事