あきりんの映画生活

評価は★★★★4つで満点です。(4つ半や5つは個人的な思い入れ加算です。)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

2015年 アメリカ 130分
監督:アダム・マッケイ
出演; クリスチャン・ベール、 スティーブ・カレル、 ライアン・ゴズリング、 ブラッド・ピット

金融業界もの。 ★★

副題は「華麗なる大逆転」。
この映画の題材はあのリーマンショック。全世界に影響がでたサブプライム・ローンの破綻を逆手にとって、一大バクチに勝った連中のドラマ。

私は経済学にはまったく疎い。
我が家の貯蓄状況も妻任せだし、妻が運用している株がどうなっているかも知らない。
で、この映画は実際のところ、よく判らずじまいだった。

映画には当然のことながら専門用語が出てくる。
えっ、MBSって何のこと? 不動産担保証券の事らしいけれど、これは何?
えっ、CDOって何のこと? 債務担保証券の事らしいけれど、さっぱり判らんぞ。
ということで、彼らが何をしているのか、どういうからくりだったのかは十分には判らずじまい。

とにかく一番鋭かったのはクリスチャン・ベイル。
低所得者にも十分な担保もなしにどんどん住宅ローンを組んでしまうのは、おかしいぞ、と考える。
リーマンショックについては今ではみんな知っているが、その当時は住宅が値下がりするなんて誰も考えていなかったのだ。
それにいち早く気づいたベイルは偉い。

大音響で音楽をガンガンとかけて部屋に閉じこもって経済の動きだけを相手に生活している人物像をベイルが好演。
トレーダーは、大なり小なり、こういう生活をしているのだろうか。

そのベイルが持ちかけた空売りの相談から銀行員のライアン・ゴズリングも、これは?と気づく。
そしてスティーブ・カレルを巻き込んでいく。
捨て置かれていた資料を偶然に見た2人の若者も、ブラッド・ピットを相談役にして、バクチに出る。

皮肉なのは、世界経済が破綻してくれないと、私財をなげうってバクチに出た彼らは儲からない、というところ。
カレルやピットはその事を感じ取っているので、バクチに勝つことを単純には喜べないでいる。
しかし、マネーゲームというのは、本質的にはそんなもので、誰かが損をするから誰かが儲けるのだろう。

登場人物たちの人間性はよく描かれていて、それぞれの個性も面白かった。
う〜ん、経済の仕組みがもっと判れば、映画はもっと面白かったのだろうな。
残念でした。

閉じる コメント(10)

顔アイコン

私も専門用語はほとんどさっぱり。ただ、見た詳しい方に後で聞いて、しくみがわかると面白いんだということが解りました。
再見する時は事前に用語をおさらいしたい(^^)
TBお願いします。

2016/4/24(日) 午後 7:57 atts1964 返信する

顔アイコン

atts1964さん>
経済の仕組みが判っていると、このドラマの面白さ、スゴさももっと楽しめたのでしょう。残念。
モノポリみたいな、プライムローン・ゲームというのを誰か考えませかね?(笑)
TBをありがとうございました。

2016/4/24(日) 午後 11:22 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

株も全くしないので、からくりや専門用語がポンポン出てきて、説明があっても、理解しにくかったですね。

アカデミー賞戦線では、「スポットライト」の方が面白かったですね。

TBお返しします。

2016/4/25(月) 午後 6:35 fpd 返信する

顔アイコン

fpdさん>
どういう仕組みを利用して、どういうところが抜け道だったのか、そのあたりが判らなかったので、面白さ半減でした(涙)。
スティーブ・カレルの人間性などは面白かったのですが。
TBをありがとうございました。

2016/4/25(月) 午後 8:29 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

おもしろそうだな〜と思いますが、私も経済の事など、まるでわってませんし、専門用語も知りません。観るなら少し勉強してからの方が、良さそうです〜(笑)

2016/4/28(木) 午後 11:51 ゆうちゃん 返信する

顔アイコン

ゆうちゃんさん>
映画の途中で経済用語の説明も少しはしてくれるのですが(きれいなお姉さまが湯船に浸かりシャンペンを片手に解説してくれたりします 笑)、それだけではやはり充分には判りません。
予習をしてから観ると、面白さは倍増すると思います。
登場人物の描き方は、それぞれに個性的で好かったですよ。

2016/4/29(金) 午前 0:24 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

専門用語が右から左に抜けていきました(笑)
なーんとなく、リーマンショックなどの仕組みは知ってるつもりですけど。まだまだ複雑の仕組みであの不況が起きたんだなーという点は理解できたと思います。
逆転劇よりも人間ドラマが良かったです^^
TBよろしくお願いします<(_ _)>

2016/4/29(金) 午後 8:36 ryane 返信する

顔アイコン

ライアンさん>
経済学部出身者でもないと、なかなかこの映画のからくりは判らなかったのではないでしょうか(単に私のひがみ? 笑)。
登場人物たちのそれぞれの人間性は面白かったですね。
TBをありがとうございました。

2016/4/29(金) 午後 9:07 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

世界がどんな不景気に見舞われてもその中で儲ける人っているものですよね。
リーマンショックの背景を知っていればさらに楽しめる内容ですね!
TBお願いします!

2016/6/7(火) 午前 7:52 かず 返信する

顔アイコン

かずさん>
本当にマネー・ゲームというものはあるのでしょうね。
札束が目の前に積み上げられるわけではなく、単にコンピューターの中の数字を操作するだけでお金が動いてしまうのですから、考えてみれば怖ろしいです。
TBをありがとうございました。

2016/6/7(火) 午後 0:45 [ あきりん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事