あきりんの映画生活

評価は★★★★4つで満点です。(4つ半や5つは個人的な思い入れ加算です。)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

2015年 日本 前編:121分 後編:146分
監督:成島出
出演:藤野涼子、 板垣瑞生、 清水尋也

校内裁判もの。 (両方合わせて)★★☆

ご存じ宮部みゆきの原作を前編「事件」、後編「裁判」の2部作にまとめたもの。
雪の朝に中学校の校庭で一人の男子生徒の転落死体が見つかる。
その死の真相を探るために、同級生たちが校内裁判を始める、というのが大きな流れ。

当初は、警察も学校も屋上からの飛び降り自殺と判断する。
しかし、そこへ彼の死は自殺ではなく、不良少年たちの殺人だったとの匿名告発状が届く。
告発はマスコミでも取り上げられ、学校も警察も大弱り。
なんとか自殺と言うことで穏便に事を収めたいぞ。
いや、そんな大人の言うことなんか信用できない。私たち自身で裁判をして真相をつきとめるわ。

この校内裁判という設定に入れるかどうかで、この作品の評価は分かれるだろう。
一般常識としては、生徒が自主的に検事役や弁護士役、陪審員役をやって、まともに裁判風のものが成立するとは思えない。
教師や父兄、さらには刑事までもがその裁判劇に本気でつき合ってくれることは、通常ではありえないだろう。
でも、そこがこの作品の骨子なのだ。

主演はオーディションで選ばれたという藤野涼子。
ちょっと蒼井優に似た雰囲気の彼女が、とても好い演技を見せる。
その他の大部分の生徒役もオーディションで選ばれたとのこと。素晴らしいな。

被告となった不良少年たちをはじめとする登場人物たちの生活背景も丁寧に描かれている。
不良少年たちによる苛め事件も、深い関わりを持ってきはじめる。
確かにここまで描くのには、前後2本分の長さが必要だったろうなあ。
(なにしろ原作は単行本3冊、文庫本6冊分だった)

証人の証言など、裁判物としての体裁もよく取られている。
被害者の電話の通話履歴から、死の直前まで彼に電話をかけてきていた人物の存在が明らかになってきたり・・・。

(以下はネタバレ気味)

さて、裁判も大詰めになるにしたがって、・・・あれ?
おいおい、そんな方向に行くのかよ。
第一、彼のその行動、思考が生じてきた経緯がこれまで何も描かれていなかったではないか。
そんなことをいきなり言われても、観ている者としては素直にはついていけないぞ。

ということで、校内裁判という (この作品のウリの) 部分をはずして、純粋なサスペンスものとしてみた場合、明かされた真相には不満だった。
なんだ、そんなことだったのかよ、という気持ちにどうしてもなる。

せっかく校内裁判という関門を乗り越えて観たのに、彼の言う”偽善”だらけで終わってしまった気がするなあ。

(校長の、あの事件以来はこの学校にはいじめは一件も起こっていません、なんて、そりゃ貴方が知らないだけでしょ、と言いたくなったぞ。)

閉じる コメント(12)

顔アイコン

やや辛口の評価ですね(笑)。

「前編」は、出演者のほとんどが出た舞台挨拶付きで4,000人規模の試写会で見ました。気合が入っていました。


中学生たちも、すでに高校生ですが、3−4人は引き続き映画やドラマに出ているので、今後どんな女優、俳優になっていくか注目しています。

2016/7/2(土) 午後 9:53 fpd 返信する

顔アイコン

fpdさん>
前編の試写会からだと入り込み方も違うでしょうね。私はDVDでの連日鑑賞でした(汗)。
藤野涼子はこれからが期待できる新人だと思いましたが、しばらくは学業専念なのでしょうか。
8つものTBをありがとうございました。

2016/7/2(土) 午後 11:55 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

前後編の問題が最近出ていますよね。前編は後編につながるので力が入りますが、後編はつじつまあわせと言うか、回答偏になってしまうんですよね。
子供たちの裁判は面白かったんですが、仮にも人が死んでいる事件を取り上げたので、終わった後の彼らの充実した表情に違和感が正直ありました。
TBお願いします。

2016/7/3(日) 午後 9:00 atts1964 返信する

顔アイコン

atts1964さん>
今公開中の「64」も前・後編での公開ですね。
前編は謎を出して、いろいろと引っかかるものを出して、巧い作りでした。
後編がちょっと物語をまとめすぎた感がありました。
裁判が終わって出てきた人たちが皆淡々としていて、あれ、と思いましたね。
2つのTBをありがとうございました。

2016/7/3(日) 午後 9:29 [ あきりん ] 返信する

前編がスリリングだったし、緊張感もありました。が、後編の予告を見たとき
思春期特有の盛り上がりが前編なんだと感じました。
大人になるととるに足らない小さなことも、十代の感情は大きく脹らみきってしまいますものね。
その分、亡くなった友人にもう少し気持ちを寄せてもよかったのかなぁと思います。

2016/7/3(日) 午後 10:01 まう 返信する

結構前でしたか、地上波で放送してましたね。
録画しているんですがまだ見れていません^^;
なかなか映画版、評価も高いようで、期待しています。

2016/7/4(月) 午前 0:21 WANTED222 返信する

顔アイコン

まうさん>
昔は長編映画、たとえば[風と共に去りぬ」とか「ドクトル・ジバゴ」「史上最大の作戦」などは、途中に休憩が入れて、1本にしていました。
今は4時間越えの作品を1本にすると採算がとれないのでしょうね。
ところで、柏木君の両親は登場していましたっけ?

2016/7/4(月) 午後 9:06 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

WANTED222さん>
録画されていると、前編、後編の一気見ができますね(笑)。
いろいろな賞も受賞していますね。主役の藤野涼子も新人賞を幾つも取ったことはあるだけの好演でした。
ご覧になったら感想をぜひ聞かせてください。

2016/7/4(月) 午後 9:13 [ あきりん ] 返信する

地上波放映を録画して一気観賞しました♪
宮部みゆき作品は大好きなものが多いのですが、
現代物は時々「え?」と思うものもあります。
本作は未読のまま映画を観たので大きく「え?」はありませんでしたけれど
あまりにきれい事の様にまとめ過ぎている感じがしました。
あれ以来いじめが一掃されたなんて有り得ないよね〜と・・・。
藤野涼子は今後が楽しみな女優です。
TBさせていただきます♪

2016/8/30(火) 午前 9:56 風森湛 返信する

顔アイコン

風森湛さん>
私も、ちょっときれいにしすぎたな、という感想でした。
原作ではどうなんだろ?と興味があるのですが、なにしろ長いので躊躇してしまっています(汗)。
TBをありがとうございました。

2016/8/30(火) 午後 7:16 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

最後まで自殺した少年の行動が意味不明
ベストセラー作家、宮部みゆきさんの原作も謎解きがこんなにスカスカだったのか?というのは気になりますね
中学生を演じた子どもたちの熱演は評価したいです

トラバお願いします♪

2018/3/27(火) 午後 8:43 ベベ 返信する

顔アイコン

ベベさん>
宮部みゆきですから、おそらく原作は納得できる結末になっているのではないかと想像はするのですが…(何しろ長編なので読めていません(汗)。
出演者たちは良かったです。
TBをありがとうございました。

2018/3/28(水) 午前 8:27 [ あきりん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(12)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事