あきりんの映画生活

評価は★★★★4つで満点です。(4つ半や5つは個人的な思い入れ加算です。)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

2013年 アメリカ 118分
監督:ジョージ・クルーニー
出演:ジョージ・クルーニー、 マット・デイモン、 ケイト・ブランシェット
    ビル・マーレイ、 ジョン・グッドマン

第二次大戦秘話。 ★★★

ヒトラーは若い頃に画家を目指したことがある、というのを、どこかで読んだような気がする。
いずれにしても、ヒトラーが名画好きだったことは確かなようだ。

そのヒトラーは、侵攻した各国から名画や彫刻などの美術品を略奪し、祖国で総統美術館なる(けしからん)ものを作ろうとする。
こうしてナチスに奪われようとしていた美術品を取りかえそうと、特殊部隊“モニュメンツ・メン”(これが原題)が結成される。
この映画の物語は、実話を基にしているとのこと。

豪華な出演陣である。
モニュメンツ・メンのメンバーに、ジョージ・クルーニー、 マット・デイモン、 ビル・マーレイ、ジョン・グッドマンなど。
そしてレジスタンスのように協力してくれる美術館員にケイト・ブランシェット。
監督はジョージ・クルーニー本人。まるで「オーシャンズ11」の歴史物みたい(笑)。

連合国のノルマンディ上陸後のヨーロッパが舞台なので、ナチスは撤退に次ぐ撤退をしているころ。
めぼしい美術品を列車に積み込んでは持ち去ろうとする。
そして持ち去らない美術品は火炎放射器で焼き払ってしまう。なんということだ!
ゲルマン民族優秀思考のヒトラーは、劣った人種に奪われるぐらいなら燃やしてしまえ!と考えていたらしい。なんということだ!

モニュメンツ・メンの7人は果敢に行動して美術品を取り返していく。
実際に彼らがいなかったら、どれだけの美術品が失われていたことか。
ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」や「モナリザ」、ゴッホの「ひまわり」、ルノワールやフェルメール、それにミケランジェロの作品、などなど。
ということで、物語自体は、こんなことがあったのか、と初めて知ることばかりで面白かった。

映画自体はややあっさりとした感じがあった。
戦時下なのに、その特有の悲惨さを思わせる緊張感は薄く、どこか淡々としていた。
こういう感じがクルーニーの好み?

戦争映画ではなく、あくまでも戦争の犠牲になりかけた芸術を守った男たちの物語でした。

閉じる コメント(12)

顔アイコン

一旦は公開中止になり心配しましたが、予告編もちょっと砕けた感じにして無事公開してくれました。
私はこういう作品は好きでしたが。
後ほどTBお願い致します。

2017/3/2(木) 午後 7:31 atts1964 返信する

顔アイコン

こんな活動をしていた人達がいたことを、この映画を観るまで知りませんでした。
そのおかげで美術品が残っているんですね。
TBさせてくださいね。

2017/3/2(木) 午後 8:00 spooky1999 返信する

顔アイコン

実話というのが素晴らしいですよね。
こういう方々いたからこそ、芸術品が残っていると思うと嬉しい限りです。
そしてヒットラーって、どんだけ自分勝手な暴君だったかが解ります。
TB挑戦させて下さい m(_ _)m

2017/3/2(木) 午後 10:19 [ ロゼ ] 返信する

劇場で観ようと思っていたんですけど、何か公開が無くなってたんですよね〜…。
G・クルーニーは社会派の人間なんで、割と淡々と、という印象があります。
とにかく真面目、って感じですね笑。

2017/3/3(金) 午前 0:08 WANTED222 返信する

わたしもこの作品を見て、戦争時の美術品の動きを初めて知りました。
もっと派手な感じにも出来たのに
妙になるほど、と思いましたね。

2017/3/3(金) 午後 2:53 まう 返信する

顔アイコン

atts1964さん>
この映画、これだけの豪華俳優陣なのにどうして2年間も公開が遅れたのでしょう? 不思議です。
派手なアクションをほとんど入れていないところがクルーニーの持ち味なのでしょうね。
TBをお待ちしています。

2017/3/3(金) 午後 3:21 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

すぷーきーさん>
最近の東南アジアなどでも貴重な仏像群を破壊してしまったことがありましたね。
一度壊してしまえば、もう二度とその美術品は蘇らないと思うと、ヒトラーの狂気のすさまじさをあらためて思います。
TBをありがとうございました。

2017/3/3(金) 午後 3:31 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

ロゼさん>
美術のためにこんな危険なことをおこなった人たちが実際にいたんだ、ということがすごいです。
TBは無事に成功していますよ。ありがとうございました。

2017/3/3(金) 午後 3:39 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

WANTED222さん>
描き方が大人しかったせいか、あまり評判を聞かない映画でした。俳優陣はものすごく豪華なんですが・・・。
クルーニーとしては、エンタメ性にはこだわりたくなかったのでしょうか。

2017/3/3(金) 午後 3:42 [ あきりん ] 返信する

顔アイコン

まうさん>
バート・ランカスターの「大列車作戦」もナチスが持ち去ろうとする名画を守る映画でした。
ドイツへ行く線路をこっそりつなぎ変えてフランス国内に逆戻りさせたりして、あちらはかなりハラハラドキドキの作りになっていました。

2017/3/3(金) 午後 3:44 [ あきりん ] 返信する

派手なドンパチを期待してがっかりする人が多かったようですね。
ワタクシは淡々としたB級映画に慣れているので、そこそこ面白かったんですが。
むしろクルーニー、マット、ケイトなどの大物をごっそり外したB級映画感を出した方が、評価が高くなったかもしれませんね。
「意外とよかった」という感じで。

TBお返しヨロシクです。

2017/4/25(火) 午後 8:24 どらごんづ★ 返信する

顔アイコン

どらごんづさん>
豪華メンバーだっただけに、思いの外あっさりしていた感じが受けなかったのでしょうね(汗)。
たしかに無名俳優でやった方がリアル感が出て、真面目な史実映画として成功したかもしれません。
TBをありがとうございました。

2017/4/25(火) 午後 8:36 [ あきりん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事