あきりんの映画生活

評価は★★★★4つで満点です。(4つ半や5つは個人的な思い入れ加算です。)

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

2015年 アメリカ 101分
監督:ジョン・ウェルズ
出演:ブラッドリー・クーパー、 シェナ・ミラー、 ダニエル・ブリュール、 オマール・シー

偏屈天才料理人の再起物語。 ★★★

料理人のアダム(ブラッドリー・クーパー)は、腕は天才的によいのだが性格が悪い。
あまりに腕がよかったので、俺様キャラになってしまっていたのだろうな。
ミシュラン二つ星の店をつぶしてアフリカあたりを放浪していたようだ。
そして一念発起してロンドンに戻ってくる。
さあ、この店をミシュラン三つ星のフレンチ・レストランにするぞ。

しかし、店をオープンさせたくても、かっては周りの人に迷惑ばかりかけたアダムだから簡単にいくはずもない。
ここで登場するほのぼの系の人物が、親のレストランを引き継いでいた旧友。
どうやら彼はアダムに片思いなのだ! で、アダムに店を任せてくれることになる。好い奴だなあ。
アダムはかっての料理人仲間に声をかけ、これはと思う料理人を引き抜いて店をオープンさせる。

それにしても、流行っているレストランの厨房というのはすごいものだとあらためて思う。
次から次へと注文が来る。次から次へと作らなければならない。
それも、一流レストランともなれば、どの料理でも失敗は許されないわけだ。
ちょっとした塩加減、ソースの煮込み具合・・・。
それを分単位で休みなくこなしていく。う〜ん、すごい。

私は休日だけは妻と二人分の夕飯を作るのだが、それだけで手がいっぱい。
あんな戦争のような厨房の忙しさは考えただけで卒倒しそうである。
しかも、毎日! 毎日だよ!(苦笑)

クーパーが料理人にしては運動鍛え系の肉体。
あまり料理人らしくない(笑)。厨房のしたから狙撃銃を取りだしてくるのではないかと思うほど。
「シェフ 三つ星フードトラックはじめました」という映画の主人公はお腹が出ていて、いかにも一般的なイメージの料理人おじさんだった(笑)。

仲間の一人が、あの「最強のふたり」のオマール・シー。
前の映画のイメージもあって、気のいい仲間だなあと観ていた。
しかし、彼がとんでもないことをしでかす。う〜ん、そうか、そうだったのか・・・。

さて、アダムはミシュラン三つ星をめざしていたのだが、その星について、「スターウォーズ」をたとえにしての会話があった。
一つ星でもすごいことだ。いってみればルーク・スカイウォーカーぐらいすごい。
じゃあ、二つ星は? アレック・ギネスだ。
三つ星になったら、もうそれはヨーダだ。
これには、笑った。そうか、三つ星はそんなにすごいのか(フォースがともにあらんことを・・・)。

そのミシュランの調査員は、こっそりと店に食べに来るようなのだ。
そしてこっそりと料理の評価をして帰って行くのだ。
でも、ちゃんと調査員を見分けることもできるという。ここも面白かった。
わざとフォークを床に置いて(落としたふりをして)フロア係の態度をみる、というのには、なるほどと思った。
今度、私もやってみようかな。

はじめは放漫なアダムの態度が観ていても鼻についたのだが、次第に彼も成長していく。
最後は、おお、そこまで人間的に成長したか。よくぞ言った!

料理を題材にした映画には良品が多い気がする。
先に挙げた「シェフ」もよかったし、少し前の映画では「幸せのレシピ」もよかった。
もし未見の方がいらっしゃったら、ついでにどうぞ。

開く コメント(14)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事