あきりんの映画生活

評価は★★★★4つで満点です。(4つ半や5つは個人的な思い入れ加算です。)

た行で始まる映画

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

2016年 フィリピン 228分
監督:ラブ・ディアス

冤罪の女の復讐劇。 ★★★★

全編モノクロで撮られた4時間近いフィリピン映画。
30年間も無実の罪で服役していた女ホラシアの復讐劇なのだが、昂ぶったところは一つもなく、淡々と描かれている。

元小学校教師だったホラシアは、身に覚えのない殺人の罪で服役していた。
30年も経ってから、真犯人が自白して自殺した。
その犯人は、ホラシアの元恋人ロドリゴの差し金で彼女に罪を着せたと告白していたのだ。
出獄したホラシアだったが、夫は既に他界、息子も行方不明になっていた。
おのれ、私をこんな目にあわせたロドリゴを絶対に許さないわよ。絶対に復讐してやるわよ。

今は街の一大有力者になっているロドリゴの情報を得るために、ホラシアは夜の街に出没する。
深く野球帽をかぶった彼女がそこで出会うのはオカマの娼婦、バロット売りの男、物乞いの女、などなど。
みんな社会の底辺で細々と活きている人たち。
ホラシアは、彼らにときに経済的な援助もしながらロドリゴの周辺を探り、復讐の機会をうかがう。

このバロットというのはなんだろうと思って調べたところ、孵化直前のアヒルのタマゴをゆでたものだった。
フィリピンでは夜の街中や住宅街に流しのバロット売りがいるのは普通のことらしい。
バロットの写真も見てみたが、卵の殻を割ると中にヒナになりかけたアヒルが見える。
これ、本当に食べるの?

それはさておき。
乏しい光と、圧倒的な影で映し出される夜の画面が美しい。詩的である。
カメラはほとんどの場面で固定されていて、引いた位置から情景を捉えている。
傍観者のような視点で物語は捉えられていく。

こう書くと、ちょっと退屈してしまうのでは、と思うところだが、まったくそんなことはなかった。
延々と続く物語なのだが、なにか魅せるものを画面が持っているのである。

復讐劇は意外な展開を見せてあっさりと終わっていく。
つまり、この映画は始めから復讐劇を見せようというところには目的を置いていなかったのだと思える。
夜のフィリピンの田舎町の、湿った空気感を伝えたかったのだろうか。

その一方で、復讐しようとする心とは何か、それは復讐が為された後に残るものは何かという問題に繋がっていくのだが、を描いてもいる。
人はどこから”立ち去る”のか、そして、どこへ”立ち去る”のか。
そんなことを観ている人に考えさせる映画でもあった。

ベネチア国際映画祭で金獅子賞を取っています。

開く コメント(6)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

2017年 日本 128分
監督:小泉徳宏
出演:広瀬すず、 野村周平、 松岡茉優

競技カルタ部の青春の第3作目。 ★★☆

競技カルタ部の青春を描く「ちはやふる」の第3作。
前2作が、競技カルタってこんなに肉体勝負事なのだと知らされて面白かった。
だからこれはいわゆるスポ根青春ものなのである。

ヒロインの千早は高校3年生になっていて、最後の全国大会へ臨む。
”無駄美人”の千早は恋愛などには鈍感なのだが、周りの男どもはそうはいかない。
幼なじみのカルタ仲間の太一(野村周平)と新(新田真剣佑)は、ともに千早に恋心を抱いて三角関係が秘かに生じ始める。

今は別の高校へ通っている新は千早に告白をして、彼女のカルタ部と闘うために新しい部を作る。
そこには個人戦で千早を破ったこともある準クイーンもいたのだ。
しかも彼女は新が好きだったのだ。
新が好きなのは千早だったのね。ようし、彼女になんか負けないわよ。

なんといってもヒロイン役の広瀬すずが可愛い。
高校時代にこんなに可愛い子がいるのだったら、私も絶対に競技カルタ部に入っていたなあ(笑)。

今回は団体戦が中心となっている。だからその戦法、駆け引きも面白い。
一斉に札を取っていくのだから、どの対戦者たちにも残っている札は同じなわけだ。
最後の2枚になったときに、どちらが次の1枚(運命札)を取るかが勝負の分かれ目になる。
5つの対決のなかで3勝を挙げるために同じ札を自軍に残しておくという戦法をとるわけだが、残った札のどちらにそろえるか。
このあたりの駆け引きが面白かった。

「恋すてふ」と「忍れど」の2枚が残る。
「忍れど」は2枚札。一方の「恋すてふ」は6枚札。さあ、どちらを自軍に残すのが有利なのだ?
おまけにすでに読まれた札が何であるかによって決まり字は刻々と変化する。
これは奥が深いなあ。

ひとつ疑問に思っていたことがあった。
競技カルタでは札を取るときにぱあ〜っと勢いよいよく札を払う。数枚の札が空を舞う。
あれじゃお手つきをしても(隣の札を払っても)判らんのじゃね?と思っていた。
いやいや、ちゃんと決まりがあった。
出札がある陣の札は何枚払ってもお手つきではないというルールだったのだ。なあんだ。

前2作は競技カルタの世界が物珍しくて大変に面白かった。
第3作ともなると、その物珍しさが薄れて物語勝負となっていた。
ほんわかとした片思い合戦も絡んでいて、雰囲気は悪くなかった。
でも、そのあたりは何も競技カルタ特有のことではないので、☆半分減となった。

でも、それにしても、広瀬すずは可愛かったなあ(汗)。

開く コメント(10)

開く トラックバック(2)

イメージ 1

2005年 日本 132分
監督:源孝志
出演:豊川悦司、 田口トモロヲ、 原田知世、 吉川晃司、 寺島しのぶ
    田口智子、 宇津井健、 淡島千景

クリスマス・イブの群像劇。 ★★★☆

こんな年明けにクリスマス・イブの映画かよ(苦笑)。
雪が降りはじめるイブの夜に東京の街は停電になってしまう。
そんな一夜の12人の群像劇。

出演陣は豪華である。
たとえば、地下鉄も止まってしまい、産気づいた昔の恋人(寺島しのぶ)をおぶって病院に向かう元ヤクザ(吉川晃司)。
重病の父に出生の秘密を打ち明けられた男に田口トモロヲ。
彼は愛人と別れる決意をしたのだが、すでに妻(原田知世)は離婚を考えていた。
田口トモロヲから別れを告げられた女(井川遙)は、中国人のベルボーイと一緒にホテルのエレベーターに閉じ込められてしまう。

彼らはどこかで互いに繋がっていたりする。
ロウソクの灯りの中で老妻(淡島千景)は、結婚前に生んだ子がいると、夫(宇津井健)に打ち明ける。
その子は田口トモロヲである。
閉店を決めたジャズ・バーのマスター(豊川悦司)は、最後に昔の彼女に会いたいと思っているのだが、その彼女は原田知世である。

秘かに豊川悦司に好意を寄せているのは、向かいのキャンドル・ショップの田畑智子。
手作りのロウソクでバーにほのかな明かりを灯す。
彼女が脇役的な立ち位置なのだが、物語の雰囲気に合っていて、好かった。

12人の登場人物の行動には必ずしも共感できないことも多い。
田口トモロヲは今になってわざわざ生みの母に会いに行くか。
原田知世が豊川悦司に会いに行ってしまったのは、わからなくもない。
そして店には入らずに引き返す、その選択もうなずける。

ツッコミどころも少なくない。
宇津井健が寺島しのぶと吉川晃司を見かけて病院へ送るのはいいのだが(もちろん、そこはに田口トモロヲの父が入院している)、その車は無断拝借していたものであり、おまけに飲酒運転までしている。
それに、吉川晃司サンタはどこであのプレゼントを用意したんだ?

それでも、甘ったるい一夜だけの群像劇は雰囲気があって好かった。
豊川悦司と田畑智子がいるジャズ・バーには、ロウソクの明かりに惹かれるように宇津井健、吉川晃司、井川遥がやって来る。
それぞれの人生がひととき触れあって、また離れていく。

音楽もなかなか好くて、誰かなと思っていたら、菊池成孔だった。
なるほどな。
(彼のCD「南米のエリザベス・テイラー」は愛聴盤です。特に2曲目の「京マチ子の夜想曲」は好いです)

長い夜が明けて、人々の新しい一日がはじまる。
内容にはかなり甘い設定もあったのだが、それでも何となく好きな映画というのがあり、これはその一つ。
全体の雰囲気が好きなのかなあ(苦笑)。

開く コメント(8)

開く トラックバック(2)

イメージ 1

1985年 台湾 119分
監督:エドワード・ヤン
出演:ホウ・シャオシェン、 ツァイ・チン

ひと組の男女の思いが台北の街で揺れる。 ★★★

エドワード・ヤン監督が1985年に撮った2作目の映画。
ヤン監督は2007年に亡くなっている。私は最後の作品「ヤンヤン 夏の想い出」(2000年)を観たことがある。
この映画は、2017年になって、今は監督として有名なホウ・シャオシェンが4Kデジタルで修復し、やっと日本初公開されたとのこと。

舞台は1980年代の台北。
この頃の台北は急檄に経済が成長して大きく都市化が進んだようだ。
どことなく懐かしさを感じるような都市風景のなかで、ひと組の恋人たちの思いが静かに揺れ動く。

アジン(ツァイ・チン)は有能なキャリアウーマンだったが、会社の併合があり職を失ってしまう。
アリョン(ホウ・シャオシェ)は、かっては少年野球の花形だったのだが、今は家業を継いで布地販売をしている。
幼なじみの二人は、もう長い間恋人関係らしいのだが、その長さの分だけ馴れ合いとも倦怠ともつかない惰性のような雰囲気をかもし出している。

物語は淡々とすすむ。
アジンは元会社の上司との不倫もしているようだし、アリョンは東京で暮らす元妻と会ったりもしているようだ。
しかし、それらのことも静かな映像で伝えられるだけで、特別にドラマチックに描かれることもない。淡々としているのだ。

落ち着いた色彩の映像は美しい。
富士通やNECの巨大なネオンサインが見えるテラスでの夜景は特に印象的だった。
ノスタルジックなお洒落感がある。
何かに似ているなと思っていたのだったが、ああ、そうか、ホウ・シャシェ監督の映画「珈琲時光」の雰囲気だった。
やはりヤン監督とホウ監督の感性は似ているところがあったんだな。

アリョンもアジンもそれぞれに一生懸命に生きている。
今のままではなくてなんとかしたいという焦燥のようなものも抱えているようだ。
それなのに、どこかやりきれないような諦感が伝わってくる。

アジンは二人でニューヨークへ移住しようという夢をアリョンに伝えたりもする。
そのアリョンは本質的に善人。しかも少年時代の栄光から抜け出せないような弱さもある。
アジンの父親が莫大な借金を背負うと、貯金をはたいて返済してやったりもする。

ヤン監督は「アリョンとアジンはそれぞれ台北の過去と未来を表している」と言っていたとのこと。
男女を描きながら、台北という街も描いていたのだろう。

淡々としていた映画の最後に事件が起きる。
しかしそれも無駄な説明を省いた映像だけで、ああ、そうなってしまったのか、と観ている者に伝えてくる。
台北という街が過去と決別した?

開く コメント(4)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

2012年 フランス 111分
監督:レジス・ロワンサル
出演:デボラ・フランソワ、 ロマン・デュリス、 ベレニス・ベジョ

洒落た恋愛もの。 ★★★

パソコンもワープロもできる前は、文字種類の多い日本では文章を書くのはすべて手書きだった。
しかし、表音文字を使う外国には便利なタイプライターがあった。

この映画の舞台は1950年代のフランス。
その頃の有能な秘書は、タイプライターが使いこなせなければならなかったのだ。
都会に憧れて田舎から出てきたローズ(デボラ・フランソワ)は、ルイ(ロマン・デュリス)の会社秘書なる。
失敗ばかりしているローズだったが、タイプだけは早く打てた。
実は彼女の家には古いタイプライターがあり、彼女は幼い頃からそれで遊んでいたのだ。

ローズのその才能に目をつけたルイは、なんとタイプライターの早打ち大会へ出場をさせる。
しかしそんなに話がうまくいくわけがない。
ローズは地方予選であっさり負けてしまう。
すると、ルイは孟特訓を始めるのだ。

ということで、タイプライターの早打ち世界大会に挑むヒロインを描くエンターテインメント作品。

1本指タイプだったローズに5本指タイプを教えるルイ。
なんと、打つ指ごとにキーボードを5色に色分けして、打つ指もそれに合わせた5色のネイル。
なるほど、これは上達が早いかも知れない。
(ちなみに私は今でもブラインド・タッチはできなくて、基本的に1本指タイプ 笑)

背筋を伸ばして、キーを打つべし、打つべし!
どこかで聞いたような言い回しだが、手首を捻ってえぐるように、打つべし、打つべし!
ああ、そうか、丹下団吉の不滅の教えだった(笑)。

厳しいトレーニングをおこなってローズは見事に地方大会を勝ち抜く。
このタイプライターの早打ち大会というのも面白い。
一斉に決められた文章をタイプで打つのだが、1行打つごとにレバー操作で紙送りをする。
その動作で誰がリードしているのかが観ている者にもわかるわけだ。

そして5分の試合時間が終わる合図で、選手は一斉にキーから離した両手を上に上げる。
なるほどなあ。
(でも、1文字、2文字の差で世界記録になるというのに、ちょっと曖昧な感じもあったなあ。)

地方大会の次は、全国大会。
そしていよいよパリで開かれる世界大会。
さあ、ローズはどうなる?

もちろんその試合経過にからめて、ローズとルイの恋模様も描かれる。
ヒロインの名前のローズにあやかってのピンク色のタイプライター。
それも含めて衣装とか小物とか、女の子が好きそうな雰囲気にあふれている映画。

適度にコメディ・タッチもあって、軽い気持ちで観ることができる根性もの+恋愛ものでした。

開く コメント(14)

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事