BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

全体表示

[ リスト ]

快天山古墳

<><>快天山古墳<><>
 快天山古墳(かいてんやまこふん)「平成16(2004年)年9月30日 国指定史跡」 は、香川県丸亀市綾歌町栗熊東の国道32号を少し入った所の山の頂上付近にあります。発掘調査後埋め戻したと思いますが石棺が少しですが露出しています。
 快天山古墳は、前方後円墳で築造されたのは古墳時代前期頃で墳長は98.8mを測り、四国地方では第2位の大きさを誇ります。
 発掘調査は1950年(昭和25年)より香川県教育委員会が中心となって進められた。埋葬施設は、後円部に3か所確認されており、それぞれ「刳抜式(くりぬきしき)」の「割竹形石棺(わりたけがたせっかん)」を有する。石棺の石材は香川県「鷲の山(わしのやま:国分寺町)」産の石材が使用され、割竹形石棺を採用した古墳の中では最古期に属すると考えられている。墳丘は、大半が地山の削り出しによって形成されているが、後円部の上半部は盛土で構築されている。3段以上の築成により、各段のテラス部には円筒埴輪が、斜面部には葺石が配されている。墳丘の主軸や埋葬施設の主軸から検討すると、讃岐型前方後円墳の築造様式と畿内前方後円墳の築造様式の双方の特徴が見られることから、非常に貴重な考古資料といえる。
 記事は、現地案内板などから記載しました。
 写真は、2010年3月2日撮影
 
 手前が方部分
イメージ 1

 石塔がある所が石棺が埋まっている。
イメージ 2

 ロープで石棺のある所を示している。
イメージ 3

イメージ 4

 石棺の写真(案内板より)
イメージ 5

この記事に

閉じる コメント(4)

25年前に一度行ったことがありますが、こんなにキレイじゃなかったような・・・。
近いうちに行って見たいと思います。

2010/3/9(火) 午後 7:07 ろりす 返信する

顔アイコン

どこの古墳も、山や林のような姿に変身していますな。

2010/3/9(火) 午後 8:46 [ rec*u*ive_s** ] 返信する

顔アイコン

ろりすさん、前方後円墳といっても型が崩れていて全容が判りづらいです。何にも無い所ですが史跡に指定されているので行ってきました。

2010/3/10(水) 午前 10:30 [ ロッキー ] 返信する

顔アイコン

そん君さん、どこでもこんなもんですか?。
駐車場にある案内板で期待したんですけど・・・。石棺が少しだけでも見えていたので良かったです。

2010/3/10(水) 午前 10:35 [ ロッキー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事