BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

全体表示

[ リスト ]

<><>山本ふれあい公園と千田堤<><>
 山本ふれあい公園と千田堤は香川県三豊市山本町にある運動公園と山本町生涯学習センター(図書館)と千田堤の復元保存を主にしている公園です。
 生涯学習センターには、小さいですが遊具も作られている。公園周遊遊歩道も作られています。また財田川沿いには桜が植えられています。
 野球などが出来るグランド・テニス場・ゲートボールが楽しめる所です。
 <><>千田堤<><>
 財田川の度重なる洪水の被害を防ぐため、山本町大野出身の丸亀藩士「千田数馬興義」(寛永3年1626年〜元禄10年1697年)が築造した堤で、彼の名をとって「千田堤」と呼んでいます。
 長さ600m、幅6m、高さ1.3mの堤防は、両岸は平均直径30cmほどの石で築き、内部は砂や礫をつめ、ぐり石で固めたものでした。
 この堤は、洪水をせき止めるというよりも、水勢を緩和するよう石をついたものです。水が押し寄せても急激に人家の方まで浸入せず、じりじりと浸透し徐々にあふれるため、被害を最小限にくいとめることができ、また、堤の損失をも防ぎました。
 堤の築造は1670年頃(寛文年間)と推察されています。なお、山本町のふれあい公園入り口の堤は平成12年8月に復元(レプリカ)して「千田数馬興義」の偉業を永久保存してたものです。
 http://www.city.mitoyo.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=1389
 山本町の田畑には、石積みの畔が現在もあっちこっちに残っている。

 アクセス:高松からは、国道377号を豊浜方面へ山本町交差点を右折観音寺方面へ次の信号のある交差点を右折すると直ぐに橋が有り橋を渡ります。道なりに進むと左に山本ふれあい公園の入口があります。
 写真は、2010年3月12日・2010年4月6日撮影


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 7

イメージ 6

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

広そうな駐車場と、図書館がある。
バッチリだ。図書館でガイドブックを調べて遊びに行く計画を立てましょう。

2010/4/12(月) 午後 9:30 [ rec*u*ive_s** ] 返信する

顔アイコン

調べ方がわかりません。図書館を利用したには、生涯で3回です。

2010/4/12(月) 午後 9:59 [ ロッキー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事