BLOG青い国四国路

四国の綺麗な所・美しい所・古い所のBOLG

全体表示

[ リスト ]

【特別史跡・讃岐国分寺跡】
 奈良時代の天平13年(741年)、聖武天皇は国家の安全を祈って、諸国に僧寺と尼寺を建てることにしました。当時、香川県は讃岐国に属し、讃岐国分寺・国分尼寺は現在の高松市国分寺町国分・新居に置かれました。
 讃岐国分寺は、創建当時東西220m、南北240mと大きな敷地を占め、奈良の大寺院に比べても見劣りのしない伽藍が営まれており、中心部分は、今もなお法灯を伝えています。
ここでは、昔の建物を復元したり伽藍の模型を作るなど遺跡の整備をはかり、散策しながら歴史に親しめる場所としたものです。現地案内板より
 西側に隣接する坂出市府中町には、讃岐国府があった所で、讃岐国司を歴任した有名人の中には菅原道真がいます。
 讃岐国分寺は現在でも四国80番札所として参拝者で賑わっています。境内には、金堂跡・塔跡の礎石が残り、現在の国分寺本堂には平安時代後期の千手観音像が祀られています。地境などの痕跡から昭和27年3月29日には現国分寺境内を含む東西330m、南北227mの範囲が「讃岐国分寺跡」として国の特別史跡に指定されました。(昭和3年3月24日史跡指定) 毎週月曜日(休日の時は翌日)と年末年始はお休み・館内のみです。館外はフリーです。以上の記事は、パンフレットから転載しました。
 写真は、2009年6月2日・2009年11月2日・2010年5月20日撮影

 旧国分寺伽藍想像模型
イメージ 1

 築地塀復元
イメージ 2

 僧房跡礎石
イメージ 3

イメージ 4

 建物の中
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

ここで、僧侶が共同生活してたのね。
プラーベートなし。。厳しい修行ですね。

2010/5/22(土) 午後 5:24 [ rec*u*ive_s** ] 返信する

顔アイコン

現国分寺境内に金堂跡礎石・塔跡礎石がそのまま残っています。本堂は、講堂跡に建てられているようです。
http://blogs.yahoo.co.jp/takamaturocky/27725727.html

2010/5/22(土) 午後 6:00 [ ロッキー ] 返信する

顔アイコン

おお〜
我が家の御近所ではないですか!!お寺は御参りに行きましたが、こんな場所があったとは知らなかった。
今度、行ってみたい。
今、讃岐国府の跡地を調査中ですね。早くわかればいいのになあ・・

2010/5/22(土) 午後 6:26 [ - ] 返信する

顔アイコン

すみれさん、
お寺の北側に位置します。お寺の西側から入ることもできます。
建物の中に入るには月曜日以外で国分寺資料館が開館中なら開錠しているので自由に見学できます。(無人ですけどOKです。確認済み)

2010/5/22(土) 午後 9:15 [ ロッキー ] 返信する

顔アイコン

国分寺の伽藍は模型に見えますが、写真では実物大に見えます。
岐阜県大垣市には美濃国分寺跡がありますが、だだっ広いだけなので、かつての雰囲気がわかるところが素晴らしいです。ぽち!

2010/5/22(土) 午後 10:36 [ sum*5*yam*noue ] 返信する

顔アイコン

sumiさん、
伽藍の模型以外は、礎石の上に現物大で復元した様子を表しています。発掘調査でわかっているのは、現国分寺内にある金堂礎石・塔礎石・僧房礎石・鐘塔礎石・掘立建物跡・築地跡位しか解っていません。掘立建物も何に使われていたのかも解っていないようです。
ポチ!。ありがとうございます。

2010/5/23(日) 午後 0:53 [ ロッキー ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事